また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1217449 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山〜空いていたはずの御殿場口は…

日程 2017年08月06日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴時々霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
御殿場登山口駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
休憩、仮眠等 約1.5時間
コース状況/
危険箇所等
間違って下山道やブル道に入り込まないよう注意
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

満月は早々に沈んだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満月は早々に沈んだ
1
自衛隊の人たちに抜かれる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自衛隊の人たちに抜かれる
1
ヤマテン予報通り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマテン予報通り
1
素敵な1日が始まる気配
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵な1日が始まる気配
2
鉄わらじを通過し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄わらじを通過し
1
惚れ惚れする宝永山のライン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惚れ惚れする宝永山のライン
3
知らなかったけど今日は富士山駅伝の日だった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知らなかったけど今日は富士山駅伝の日だった
2
この辺りからしんどくなる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからしんどくなる
3
駅伝の人たちが次々上り降り。ファイト、ガンバと声をかける。自分も励まされてるみたいな気持ち。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅伝の人たちが次々上り降り。ファイト、ガンバと声をかける。自分も励まされてるみたいな気持ち。
1
駅伝渋滞に巻き込まれつつもなんとか登頂!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅伝渋滞に巻き込まれつつもなんとか登頂!
1
頂上で会った友人と一緒に、計画変更してお鉢巡り半周後、吉田口より下山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上で会った友人と一緒に、計画変更してお鉢巡り半周後、吉田口より下山。
3
御殿場口まで送ってもらい。お疲れふじさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿場口まで送ってもらい。お疲れふじさん。
1

感想/記録

7回目の富士山は先日の宝永山で下調べしておいた御殿場口から。お友達が吉田口から登る予定で、運が良ければ頂上で会えるかも。ロングを覚悟して3時からスタート。上の駐車場は満車だった。このガチなルートを歩く人も結構いるんだなと感心するけど、あとから今日は富士山駅伝の日と知った。
満月は早々に沈んでしまい、真っ暗な砂地をヘッデンで歩く。御殿場の夜景がとても綺麗。
満天の星に山小屋の光を灯した富士山のシルエットは、まるで星屑の海にそびえる要塞のよう。
ずるずる滑る砂地を踏みしめて、単調な暗闇を歩く。時折ライトが光り、すれ違う人が宇宙人みたいだ。
夜が明ける頃、自衛隊の隊員さんがたくさん登って来て、どんどん抜いて行く。最初は訓練かしらと思ってたけど、駅伝のスタッフさんたちだった。
間違えてブル道に入りそうになったり、標高2000メートルの標識に絶望しながら、宝永山の分岐まで。ほんとこの景色はクセになる。伊豆諸島につながる火山のライン。噴火の歴史なんかをリアルに想像して、ずっと見ていたくなるけど。
さあここからが未知のルート。山頂はなかなか近づかない。高山病か寝不足か。すごい眠気が襲ってくる。隊員さんも砂に転がって寝ているからたぶん、みんな同じなんだろう。
小一時間仮眠したら少し頭がスッキリした。ペースを上げてこれは11時には頂上に着けるかなと思ったら、駅伝のトップが登って来た。その後、続々と登るランナーとありえない勢いで駆け降り、突進してくるランナー。
彼らはなんのために走るのか?あたしだって、何のために、こんな無心に登るのか?達成感か勝負か自己満足か?
ランナーが通るたび、傍に避けて声援を送る。声援が自分にも返ってくる。そんな風に頻繁に立ち止まりながら、ようやく頂上に着いたら、思いがけなくお友達が待っていてくれた。ほんとびっくり感動。
お友達の誘いもあって、久しぶり、快晴の剣ヶ峰からお鉢周り。結局、一緒に降りようということになり、吉田口から下山という計画変更となった。
吉田口は驚くほどの人々でごった返していた。さらに多国籍。もう夕方なのにこれから登る人たちもたくさんいる。降りて来た人の憔悴感と、これから登る小綺麗な人たちは一目で見分けがつく。
計13時間。長かった。御殿場口に戻って見上げる清々しい富士山にありがとう。噂通りの鬼畜なルート。また来てしまいそうな予感がする。
訪問者数:386人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

雲海 テン ヘッデン ロング 高山病
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ