また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1220037 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

富士山登山 −プリンスルートから吉田ルート−

日程 2017年08月09日(水) 〜 2017年08月10日(木)
メンバー
天候1日目:晴れ、時々曇り。
2日目:晴れ(但し、下界は曇り)
アクセス
利用交通機関
バス
行き
大阪からの移動だったため、富士宮駅まで高速バスを利用(\7,400)。富士宮駅から富士宮五合目からは富士急バスを利用(\2,030)。
大阪シティエアターミナル発 21:55
富士宮駅着 7:03
富士宮駅発 7:30
富士宮五合目着 8:50

帰り
富士スバルライン五合目からバスタ新宿まで高速バスを利用(\2,700)。
富士スバルライン五合目発 10:00
バスタ新宿 12:35(渋滞で30分ほど遅れました。)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
随所に案内があり、道に迷うことはないかと思います。ご存知の通り、富士山は登りと下りで道が異なる場所が多いのでそこだけ気をつければ大丈夫かと思います。
富士宮五合目に登山ポストあります。その場で記載して提出しました。
その他周辺情報富士スバルライン五合目は観光地化してました。もう行きたくないかな…
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

富士スバルライン五合目に到着。いきなりの絶景です。愛鷹山塊の存在感が凄い。
2017年08月09日 08:53撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士スバルライン五合目に到着。いきなりの絶景です。愛鷹山塊の存在感が凄い。
1
先ずは高度順化の為に時間を潰しながら、写真撮影を。そしてレストハウスで腹ごなし。
2017年08月09日 08:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ずは高度順化の為に時間を潰しながら、写真撮影を。そしてレストハウスで腹ごなし。
さあ、出発です。この看板の前で昔写真を撮ったことを思い出しました。
2017年08月09日 09:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、出発です。この看板の前で昔写真を撮ったことを思い出しました。
すこし登ると、富士宮ルートと道を分かちます。私は宝永山経由御殿場ルートといういわゆるプリンスルートを選びましたので、真っ直ぐ進みます。
2017年08月09日 09:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すこし登ると、富士宮ルートと道を分かちます。私は宝永山経由御殿場ルートといういわゆるプリンスルートを選びましたので、真っ直ぐ進みます。
プリンスルートの初期はこんな道。
2017年08月09日 09:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プリンスルートの初期はこんな道。
1
結構崩れてますね。
2017年08月09日 09:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構崩れてますね。
おー、宝永火口です。大きさが凄い。あのルートを登るのかとテンション上がります。(実際には登ったら辛かった…)
2017年08月09日 09:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おー、宝永火口です。大きさが凄い。あのルートを登るのかとテンション上がります。(実際には登ったら辛かった…)
宝永火口の底には結構な大きさの岩が転がっています。
2017年08月09日 09:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永火口の底には結構な大きさの岩が転がっています。
1
宝永山に向かいます。ここからの登りはがれていて歩きにくいことこの上ない。
2017年08月09日 09:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山に向かいます。ここからの登りはがれていて歩きにくいことこの上ない。
雲が出てきました。嫌な予感が。
2017年08月09日 10:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が出てきました。嫌な予感が。
ようやく、尾根まで上がりました。宝永山山頂に向かいます。
2017年08月09日 10:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、尾根まで上がりました。宝永山山頂に向かいます。
1
曇っているせいではないと思いますが、誰も居ませんでした。
2017年08月09日 10:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇っているせいではないと思いますが、誰も居ませんでした。
1
立派な山頂標識がありました。(ここには乗ってはいけないようです。)
2017年08月09日 10:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な山頂標識がありました。(ここには乗ってはいけないようです。)
1
この尾根は風がすごかった。帽子が飛ばされました…
2017年08月09日 10:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根は風がすごかった。帽子が飛ばされました…
1
少し登ると晴れてきました。宝永山方面もあんなに曇っていたのに、今は晴れ晴れしてます。くそー!
2017年08月09日 10:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登ると晴れてきました。宝永山方面もあんなに曇っていたのに、今は晴れ晴れしてます。くそー!
1
頂上方面を望みます。まだまだ先は長い。
2017年08月09日 11:53撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上方面を望みます。まだまだ先は長い。
1
本日泊まりの赤岩八号館に到着しました。夕飯はカレー食べ放題。お世話になりました。
ここから頂上まで1時間30分程という事で、往復してくる方も居ましたね。
2017年08月09日 13:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日泊まりの赤岩八号館に到着しました。夕飯はカレー食べ放題。お世話になりました。
ここから頂上まで1時間30分程という事で、往復してくる方も居ましたね。
夕飯後の写真撮影タイム。影富士でました。
隣は箱根の山々です。
2017年08月09日 17:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕飯後の写真撮影タイム。影富士でました。
隣は箱根の山々です。
1
影富士伸びてくる。
2017年08月09日 18:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
影富士伸びてくる。
1
どんどんのび〜る。雲の形もどんどん変わりますね。
2017年08月09日 18:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどんのび〜る。雲の形もどんどん変わりますね。
1
お宿に貼ってありました。逆は聞いたことあるけど、これは初めて聞いた。
2017年08月09日 18:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お宿に貼ってありました。逆は聞いたことあるけど、これは初めて聞いた。
2
翌日です。丁度、1時間半で山頂到着です。ここまでがキツかった。9合目以降は本当に少し歩くだけで息が切れますね。
それにしても写真ブレてるなぁ…
2017年08月10日 04:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日です。丁度、1時間半で山頂到着です。ここまでがキツかった。9合目以降は本当に少し歩くだけで息が切れますね。
それにしても写真ブレてるなぁ…
1
その名の通り、朝日岳方面から日が登るようです。周りは人がいっぱいです。
2017年08月10日 04:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その名の通り、朝日岳方面から日が登るようです。周りは人がいっぱいです。
1
富士宮ルートですな。
2017年08月10日 04:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士宮ルートですな。
1
頂上の火口の風景。剣ヶ峰を目指します。
2017年08月10日 04:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の火口の風景。剣ヶ峰を目指します。
剣ヶ峰。まだまだ登るなぁ…人もいっぱい居ますね…
2017年08月10日 04:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰。まだまだ登るなぁ…人もいっぱい居ますね…
1
剣ヶ峰からの風景。ようやく太陽見れました。周りは人だらけ。嫌になり早々に退散。
2017年08月10日 05:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰からの風景。ようやく太陽見れました。周りは人だらけ。嫌になり早々に退散。
1
念のため、三角点タッチ。
2017年08月10日 05:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念のため、三角点タッチ。
1
再び影富士。今度は朝日での影富士です。
2017年08月10日 05:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び影富士。今度は朝日での影富士です。
1
半周ほどしました。西側はあまり人が居ませんね。
2017年08月10日 05:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半周ほどしました。西側はあまり人が居ませんね。
東側に来ました。吉田ルート、須走ルートから登ってくる人で大変な賑わいに。外国人の方も多いですね。
ここで再び嫌になり、一周は辞めて下山することに。帰りは東京までの帰りを考えて、吉田ルートを選択。
2017年08月10日 05:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側に来ました。吉田ルート、須走ルートから登ってくる人で大変な賑わいに。外国人の方も多いですね。
ここで再び嫌になり、一周は辞めて下山することに。帰りは東京までの帰りを考えて、吉田ルートを選択。
帰りはあっという間。2時間程で富士スバルライン五合目に到着。最後の方はやっぱりバテました。何気に六合目からが長いです。
2017年08月10日 06:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはあっという間。2時間程で富士スバルライン五合目に到着。最後の方はやっぱりバテました。何気に六合目からが長いです。

感想/記録
by legazo

大阪からの帰りに急遽、富士山登山を決行。近々行こうとは思っていましたが、まさか今年とは思っていなく、あまり情報を得ていない中での登山となってしまいました。(もう少し調べておけば良かったかな…)
行きはプリンスルート(富士宮五合目から宝永山を経て御殿場ルート)を行きます。全体的に平日だからかそこまで人が多い印象はありませんでした。この日は7合9勺目にある赤岩八号館に宿泊しました。(訳わからん。)宿泊者は比較的多いみたいで、寝床はぎっしりでした。宿代は夕食のみで\7,000だったので、山小屋にしてはリーズナブル。(朝飯は5時以降の提供と言うことで、ご来光登山をする自分は選択できず。)夕飯もカレー食べ放題ですし。帰りは、頂上から時計回りに剣ヶ峰を通って、吉田ルートに下山しました。帰りのバスが10時始発という事で結構待ちました。もう少し早いバスがあると嬉しいかな、という所です。剣ヶ峰と吉田ルートは人が多く、富士山人気を実感しました。(その分嫌になってしまいましたが。)
九合目以降は、空気の薄さのせいか、少し歩くだけで休憩が必要になるという状態で、何とか頂上まで。富士山は舐めたらいけないな、とようやく実感できました。2日間に渡り天候は基本晴れてくれたので、概ね満足な山行となりました。
訪問者数:175人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ