ヤマレコ

記録ID: 1220728 全員に公開 ハイキング奥武蔵

2017年山の日(雨)は基本に返って棒ノ折山〜蕨山周遊

日程 2017年08月11日(金) [日帰り]
メンバー
天候霧雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
さわらびの湯手前の無料駐車場。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
基本赤実線なので道、案内は明瞭。
大丹波の渓谷は林道合流地点まで渡渉あり。
橋が多数ありますが、老朽化したものがあるので注意が必要。
橋は基本滑るので慎重に。

写真

おはようございます。
2017年の山の日は雨です。
2017年08月11日 05:52撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはようございます。
2017年の山の日は雨です。
3
霧雨の中、いざ!
2017年08月11日 05:56撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧雨の中、いざ!
根っこ好きにはたまらないであろう。
2017年08月11日 06:22撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根っこ好きにはたまらないであろう。
岩茸石。
岩茸石山との関係は?
2017年08月11日 06:49撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩茸石。
岩茸石山との関係は?
1
棒ノ折山(棒ノ峰)。
ま、当然景色は真っ白です。
2017年08月11日 07:10撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ折山(棒ノ峰)。
ま、当然景色は真っ白です。
4
いつものコースは長尾丸ですが、本日はチャレンジ。
百軒茶屋へ。
2017年08月11日 07:15撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつものコースは長尾丸ですが、本日はチャレンジ。
百軒茶屋へ。
3
安定の関東ふれあいの道。
2017年08月11日 07:26撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安定の関東ふれあいの道。
ちっさな滝とかありますよ。
2017年08月11日 07:37撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちっさな滝とかありますよ。
2
絶対滑る橋。
2017年08月11日 07:41撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶対滑る橋。
1
ワサビ田があります。
2017年08月11日 07:42撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ田があります。
3
百軒茶屋のキャンプ場とか。
2017年08月11日 07:49撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百軒茶屋のキャンプ場とか。
1
目指すは獅子口。
2017年08月11日 07:49撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指すは獅子口。
舗装の車道を2kmほど上がります。
なかなか長いよ。
2017年08月11日 07:58撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装の車道を2kmほど上がります。
なかなか長いよ。
お山は雲の中。
2017年08月11日 08:04撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お山は雲の中。
1
ヘリポート。
ここでサルの一団に遭遇。
ボスサルは1m以上あって結構でっかかったです。
ビビります。
鈴の音を聞いて集団でお山へ行ってくれました。
2017年08月11日 08:12撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘリポート。
ここでサルの一団に遭遇。
ボスサルは1m以上あって結構でっかかったです。
ビビります。
鈴の音を聞いて集団でお山へ行ってくれました。
2
お山は雲の中。
2017年08月11日 08:16撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お山は雲の中。
2
ここにいます。
2017年08月11日 08:20撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにいます。
増水時危険とか、雨降ってるんでどうなの?
ヤバかったら引き返すくらい気持ちで。
ちなみに、未舗装の林道をそのまま進んでも合流します。
渡渉を回避したい場合は林道直進がGood!
2017年08月11日 08:22撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
増水時危険とか、雨降ってるんでどうなの?
ヤバかったら引き返すくらい気持ちで。
ちなみに、未舗装の林道をそのまま進んでも合流します。
渡渉を回避したい場合は林道直進がGood!
沢沿いのルート。
2017年08月11日 08:25撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いのルート。
橋がいっぱいあります。
2017年08月11日 08:26撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋がいっぱいあります。
だよねー。
2017年08月11日 08:31撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だよねー。
なんとか大丈夫なくらいの水量。
渡渉ポイントが何度かあります。
水没してもいいくらいの覚悟で進みます。
2017年08月11日 08:31撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか大丈夫なくらいの水量。
渡渉ポイントが何度かあります。
水没してもいいくらいの覚悟で進みます。
3
ここらあたりで林道と合流。
これ以降渡渉ポイントはありません。
2017年08月11日 08:40撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここらあたりで林道と合流。
これ以降渡渉ポイントはありません。
1
こんな近場にこんな素敵な渓谷があるなんて。
真夏の暑い時期ひんやり良いかもです。
いやぁ、これはお勧めですよ。
2017年08月11日 08:42撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな近場にこんな素敵な渓谷があるなんて。
真夏の暑い時期ひんやり良いかもです。
いやぁ、これはお勧めですよ。
4
橋はいっぱいありますが、老朽化していたり、こんなん傾いていたり。
基本ツルッツルなので、慎重に。
2017年08月11日 09:01撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋はいっぱいありますが、老朽化していたり、こんなん傾いていたり。
基本ツルッツルなので、慎重に。
1
たまに小屋とか。
2017年08月11日 09:03撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに小屋とか。
1
ワサビ田とか。
2017年08月11日 09:08撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ田とか。
5
ヤバめの橋。慎重に。
道は明瞭ですが、結構神経疲れしてしまいます。
2017年08月11日 09:18撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤバめの橋。慎重に。
道は明瞭ですが、結構神経疲れしてしまいます。
ようやっと、一区切り。
2017年08月11日 09:21撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやっと、一区切り。
1
獅子口小屋跡。
2017年08月11日 09:22撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獅子口小屋跡。
ここから川乗山〜日向沢ノ峰の稜線に最短コース行きたいところですが、通行止め。
急がば回れでもう一つのコースへ。
2017年08月11日 09:23撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから川乗山〜日向沢ノ峰の稜線に最短コース行きたいところですが、通行止め。
急がば回れでもう一つのコースへ。
1
稜線に乗ってメインルートに合流。
2017年08月11日 09:46撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に乗ってメインルートに合流。
1
通行止めからはここにつながります。
(レコでは実際にこのルート歩いている方もいるようです)
2017年08月11日 10:00撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通行止めからはここにつながります。
(レコでは実際にこのルート歩いている方もいるようです)
1
日向沢ノ峰に到着。
本日最高峰。
2017年08月11日 10:16撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向沢ノ峰に到着。
本日最高峰。
1
晴れていれば見えるはずの富士山、蕎麦粒山は当然雲の中。
2017年08月11日 10:16撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていれば見えるはずの富士山、蕎麦粒山は当然雲の中。
雲中に溶けてゆく送電線。
2017年08月11日 10:29撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲中に溶けてゆく送電線。
1
仁田山。
ここ、ぼーっとしてたら道間違えました。
2017年08月11日 10:43撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁田山。
ここ、ぼーっとしてたら道間違えました。
こんなはっきりした踏み跡あったら行っちゃいますよね?(言い訳)
GPSで運よく気づいてそそくさと戻ります。

GPSで間違ってるのを見たときの反応。
・あ、GPS精度悪ぅー。コース外れてる。んなわけない。
・GPS再起動して確認。
・やっぱり現在位置おかしい。
・はぁ?んなわけないだろ?もっかい再起動。
・やっぱり現在位置おかしい。川の流れの音とか聞こえるのおかしくね?
・コンパスで確認。どっち向いてるんだよ。
・マジか?道間違えたのか?え??どこで?そんなとこあったか?
・しょうがないとりあえず戻ろう。
・GPS確認しながら、GPSの誤差との疑いを払拭できず、確認しながら移動。
・やっぱりコース間違いということが判明。
・まじかぁ、こんなん歩きなれたとこで。
・ありえん、きっと道しるべが悪いのだ。
・間違えポイントに復帰。
・これといった道しるべは無い。しいて言うなら、間違えた道の方が踏み跡明瞭。
・こんなん、誰だった間違えるだろー!(やり場のない人のせい)

人ってまず自分の間違いを認めたくないものなのですよねぇ。。。なんとか間違いを無かったことにしようとして、無理やり登り返すとか、そのまま突き進むとか、余計困難になります。誰も見ていないのだから素直に来た道を戻りましょう。これ大正解!!!(反省)

歩きなれた道でも太陽が出てないと方向見失いますのでご注意を。

間違えた道、しっかりしたルートだったので今度行ってみたいVRですよ。



2017年08月11日 10:50撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなはっきりした踏み跡あったら行っちゃいますよね?(言い訳)
GPSで運よく気づいてそそくさと戻ります。

GPSで間違ってるのを見たときの反応。
・あ、GPS精度悪ぅー。コース外れてる。んなわけない。
・GPS再起動して確認。
・やっぱり現在位置おかしい。
・はぁ?んなわけないだろ?もっかい再起動。
・やっぱり現在位置おかしい。川の流れの音とか聞こえるのおかしくね?
・コンパスで確認。どっち向いてるんだよ。
・マジか?道間違えたのか?え??どこで?そんなとこあったか?
・しょうがないとりあえず戻ろう。
・GPS確認しながら、GPSの誤差との疑いを払拭できず、確認しながら移動。
・やっぱりコース間違いということが判明。
・まじかぁ、こんなん歩きなれたとこで。
・ありえん、きっと道しるべが悪いのだ。
・間違えポイントに復帰。
・これといった道しるべは無い。しいて言うなら、間違えた道の方が踏み跡明瞭。
・こんなん、誰だった間違えるだろー!(やり場のない人のせい)

人ってまず自分の間違いを認めたくないものなのですよねぇ。。。なんとか間違いを無かったことにしようとして、無理やり登り返すとか、そのまま突き進むとか、余計困難になります。誰も見ていないのだから素直に来た道を戻りましょう。これ大正解!!!(反省)

歩きなれた道でも太陽が出てないと方向見失いますのでご注意を。

間違えた道、しっかりしたルートだったので今度行ってみたいVRですよ。



6
仁田山二回目。(笑)
2017年08月11日 10:55撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁田山二回目。(笑)
霧雨の中でも全く問題のないルート。
2017年08月11日 10:55撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧雨の中でも全く問題のないルート。
雲の中で有間峠。
2017年08月11日 11:02撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の中で有間峠。
有間山。
2017年08月11日 11:39撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有間山。
2
真夏のミストシャワーで快適。
2017年08月11日 11:45撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真夏のミストシャワーで快適。
何度でも言おう、ここが蕨山なのだ。
2017年08月11日 11:55撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度でも言おう、ここが蕨山なのだ。
2
展望台ね。
2017年08月11日 12:00撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台ね。
5
蕨山からの大好物のダウンヒル。
こんなん倒木ポイントがあります。
2017年08月11日 12:33撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕨山からの大好物のダウンヒル。
こんなん倒木ポイントがあります。
こぇーよ。
2017年08月11日 12:45撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こぇーよ。
2
ここんとこ雨続きだからキノコ天国。
タマゴタケの集会場。
2017年08月11日 12:47撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここんとこ雨続きだからキノコ天国。
タマゴタケの集会場。
5
金毘羅神社跡を過ぎればもう少し。
2017年08月11日 12:55撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金毘羅神社跡を過ぎればもう少し。
ゴール!ってやっぱりお山は雲の中でした。
2017年08月11日 13:14撮影 by SH-M03, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール!ってやっぱりお山は雲の中でした。
5

感想/記録

2017年の山の日はどこを見ても天気予報はいまいち。
こんなときは、初心に返って低山を満喫ですよね。
スタートからミストシャワーでクールダウン。
8月なのに余裕で棒ノ峰の到着。
予定ではいつものコースで長尾丸ですが、頂上で百軒茶屋の道しるべを見つけてしまい、お!これは未体験ということでコース変更でいざ下ります。
百軒茶屋でお茶屋さんがいっぱいかと思いましたがキャンプ場があるだけ。そこから舗装された林道を2kmほどひたすら登ります。太陽が出ていたらこれはきつそうです。その代わり大丹波川の渓谷に入ると様相は一変、こんなすごいところがこんなところにあるのか!といわんばかり、なかなかの渓谷が堪能できました。沢沿いの道で橋がたくさんあり、中には老朽化してビビりまくりながら渡るものもありますが、なかなかアドベンチャーなコースでここは新発見です。
獅子口小屋跡からは、通行止めのルートを迂回して川苔山から日向沢ノ峰のおなじみルートへ。
もちろん雲の中、景色もなくミストシャワーの中進みます。
仁田山ではまさかの道間違い。VRっぽいですがかなりはっきりした踏み跡に引きずり込まれてしまいました。
雨、疲労、慢心、太陽が分からず、道間違いの条件いっぱいでした。
早々に気づいてルート復帰しましたが、間違えたルート、なかなかしっかりした道で、テープなどあり今度行ってみたくなりました(負け惜しみ)。
終始霧雨の中でしたが、暑くもなく、大丹波渓谷の新しい発見と、山の日に山に登れた満足感で幸せ気分。ビールうまし!
訪問者数:303人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ