また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1221432 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

第2回となる山の日記念山行は、火打山

日程 2017年08月11日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・ 駐車場
笹ヶ峰登山口
https://www.yamareco.com/modules/yamainfo/ptinfo.php?ptid=4309

・ 登山口までの道路状況
特に問題なし

・ トイレ
笹ヶ峰登山口、高谷池

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間22分
休憩
1時間9分
合計
8時間31分
S笹ヶ峰登山口06:3407:10黒沢橋07:1409:02富士見平分岐09:50高谷池ヒュッテ10:0610:23天狗の庭10:2510:57ライチョウ平11:1111:45火打山12:0312:25ライチョウ平12:2812:47天狗の庭13:03高谷池ヒュッテ13:1013:44富士見平分岐14:28黒沢橋14:3215:04笹ヶ峰登山口15:0515:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・ 山と高原地図
記載エリア : 妙高・戸隠・雨飾
標準コースタイム : 約15時間20分
標高 : 火打山(2461.8m)
標高 : 妙高山(2454.0m)
標高差 : 笹ヶ峰より(1161.8m)

↑ 当初の予定では、テント泊にて日本百名山2座を登頂のプランでした。
その他周辺情報・ 下山後のお風呂

杉野沢温泉センター 苗名の湯
http://www.myoko.tv/spa/1485.html

登山口から近く、高速道路のインターに向かう途中にあるので今回はコチラを利用しました。
料金は安いものの特色もなく、露天や水風呂もなし。
脱衣場は鍵はないので、浴場入口の貴重品入れを利用することになります。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 コンパス ヘッドランプ 予備電池 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス ストック カメラ

写真

山の日だからか?
警察や消防、テレビ局の人なども来ていました。
06:18
2017年08月11日 06:18撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の日だからか?
警察や消防、テレビ局の人なども来ていました。
06:18
スタートから木道です。
06:21
2017年08月11日 06:21撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートから木道です。
06:21
何処まで続くのかな?
06:27
2017年08月11日 06:27撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何処まで続くのかな?
06:27
沢をこえる橋なんかもあります。
暑い日には、涼しいでしょうね。
06:47
2017年08月11日 06:47撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢をこえる橋なんかもあります。
暑い日には、涼しいでしょうね。
06:47
さすが山の日、大勢の登山者がいました。
06:55
2017年08月11日 06:55撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが山の日、大勢の登山者がいました。
06:55
山頂まで9kmあるみたいですね。
07:07
2017年08月11日 07:07撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まで9kmあるみたいですね。
07:07
ここの沢、下山時には下におりて顔を洗いました。
トレランの人たちは、ガッツリ沢に浸かってましたよ。
07:10
2017年08月11日 07:10撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの沢、下山時には下におりて顔を洗いました。
トレランの人たちは、ガッツリ沢に浸かってましたよ。
07:10
沢をすぎた辺りから傾斜も少しきつくなります。
それでもやっぱり木道なんですね。
07:27
2017年08月11日 07:27撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢をすぎた辺りから傾斜も少しきつくなります。
それでもやっぱり木道なんですね。
07:27
この12曲りは緩〜い九十九折れの登り。
07:28
2017年08月11日 07:28撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この12曲りは緩〜い九十九折れの登り。
07:28
この辺りは、紅葉の時季は綺麗なんだろうな〜♪
07:39
2017年08月11日 07:39撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは、紅葉の時季は綺麗なんだろうな〜♪
07:39
12曲りの終わりは、少し休憩できそうな場所があります。
07:51
2017年08月11日 07:51撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12曲りの終わりは、少し休憩できそうな場所があります。
07:51
ここの岩場が唯一の危険箇所か?
08:02
2017年08月11日 08:02撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの岩場が唯一の危険箇所か?
08:02
ゴゼンタチバナ。
08:28
2017年08月11日 08:28撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ。
08:28
何箇所か、こういう説明の標識がありました。
08:36
2017年08月11日 08:36撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何箇所か、こういう説明の標識がありました。
08:36
クルマユリ。
09:41
2017年08月11日 09:41撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマユリ。
09:41
ハナニガナ。
09:43
2017年08月11日 09:43撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナニガナ。
09:43
高谷池ヒュッテに到着しました。
09:49
2017年08月11日 09:49撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高谷池ヒュッテに到着しました。
09:49
本当はここにテントを張って、妙高山もやるはずだった。
09:51
2017年08月11日 09:51撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当はここにテントを張って、妙高山もやるはずだった。
09:51
イワカガミ。
10:12
2017年08月11日 10:12撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ。
10:12
とてもたくさん群生しています。
10:16
2017年08月11日 10:16撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とてもたくさん群生しています。
10:16
シロバナニガナ。
10:22
2017年08月11日 10:22撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナニガナ。
10:22
アザミ。
10:22
2017年08月11日 10:22撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミ。
10:22
天狗の庭に到着。
10:23
2017年08月11日 10:23撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の庭に到着。
10:23
すると晴れ間が ・・・ 。
10:26
2017年08月11日 10:26撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると晴れ間が ・・・ 。
10:26
ワダスゲがかわいい。
10:27
2017年08月11日 10:27撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワダスゲがかわいい。
10:27
1
トリカブト。
10:44
2017年08月11日 10:44撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト。
10:44
マルバダケブキ。
10:45
2017年08月11日 10:45撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバダケブキ。
10:45
ヤマハハコ。
10:52
2017年08月11日 10:52撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ。
10:52
ライチョウ沢。
なんと写真には撮れませんでしたが、雷鳥にあえました!!
11:02
2017年08月11日 11:02撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライチョウ沢。
なんと写真には撮れませんでしたが、雷鳥にあえました!!
11:02
山頂が近づくにつれガスって。
しかし、一滴も雨に降られないだけましか?
11:32
2017年08月11日 11:32撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が近づくにつれガスって。
しかし、一滴も雨に降られないだけましか?
11:32
何度か、ここがピークか?と思う処をすぎて、今度こそ山頂か?
11:44
2017年08月11日 11:44撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度か、ここがピークか?と思う処をすぎて、今度こそ山頂か?
11:44
広い山頂です。
晴れてれば、素晴らしい展望でしょうね。
11:45
2017年08月11日 11:45撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い山頂です。
晴れてれば、素晴らしい展望でしょうね。
11:45
42座目の日本百名山です。
11:45
2017年08月11日 11:45撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
42座目の日本百名山です。
11:45
帰りはピストンで。
12:55
2017年08月11日 12:55撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはピストンで。
12:55
ここの樹の根元が緩〜いカーブになってて、登るときはあまりの睡魔に勝てずに少し寝てしまいました。
14:18
2017年08月11日 14:18撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの樹の根元が緩〜いカーブになってて、登るときはあまりの睡魔に勝てずに少し寝てしまいました。
14:18
お風呂は、苗名の湯へ。
あんまり長風呂しないし、サッパリできればいいやってタイプの自分でも少し物足りない感じかな?
15:31
2017年08月11日 15:31撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お風呂は、苗名の湯へ。
あんまり長風呂しないし、サッパリできればいいやってタイプの自分でも少し物足りない感じかな?
15:31
天気の都合で断念したテント泊。
いつかリベンジしたいと思います。
2017年08月11日 22:35撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気の都合で断念したテント泊。
いつかリベンジしたいと思います。

感想/記録

 
(1)

当初の予定では、高池谷にテントを張って日本百名山の「火打山」と「妙高山」を一気に踏破してみようという目論見でした。

貧乏金なし ・・・ じゃなくて暇なしで、最近まともな休みが取れないんで、久しぶりのテント泊にテンションマックスです。

しかもテントを張るのは、アメリカのCNN社から「日本の最も美しい場所31選」に選ばれた高谷池。

登山をやってる人で、このプランがやりたくない人はいないんではないか?と思うんですが ・・・ 、

如何せん、天気が微妙です。

悩みに悩んで、ドチラか片方だけの日帰りに変更。

そして選んだのは、山と高原地図にもお花畑の記載がある火打山です。


(2)

火打山は妙高戸隠連山国立公園内、最高峰の山ですが、木道が整備され、比較的歩きやすいコースです。

一番の見どころは雪解け後に姿を現す高谷池と天狗の庭周辺の、池塘とお花畑です。
その美しさは地上の楽園ともいわれます。

ブナ林や高谷池の紅葉も見事です。
日帰りもできますが、高谷池ヒュッテに宿泊して大自然の中での特別な時間を満喫するのがおすすめです。

↓ 参考出典もと。

http://www.yamakei-online.com/yk/article/myoko_togakushi.php


(3)

今回は天気図から判断して大丈夫だろうと思い決行することにしました。
同じく火打山を予定していたマイミクさんと会えるか?と思っていたんですが、天候判断で中止にしたんだとか。

残念 ・・・ 。

結果的に一滴も雨には降られずに済んだんですけどね。
下山するころには随分と晴れ間も見えてきて、テントを担いでこなかったことを一瞬後悔したんですが、帰宅してからの夕立に正しい選択だったのかな?と。


ついでに天気に関して最近思っていることを ・・・ 、

便利な世の中になって、スマホで調べれば分からないことは何もなくなりましたね。
天気とくらすのサイトをにらめっこして山行を決めている人も多いかと思います。

しかし、肝心の天気のことを知らないのではいくら有益な情報を見ていても、その見方が分からないんではないでしょうか?

また、山にきて山を見ず。
スマホばっかり見てる人もよく見かけます。

(´・ω・`) 何しに来てるんでしょうか?


ちなみに、山の日に荒船山をチョイスしたマイミクさんたちもいたんですが ・・・ 、

なぜ?ただでさえ雨の多い内山峠の近隣の山をチョイスしたのか?

せめて、あの辺りならレンゲショウマの鼻曲山にしとけば ・・・ 、

と思って、レンゲショウマの話も軽く振ったんだけど、ダメでした。


(4)

ちなみに、火打山や高妻山は北信五岳には入っていません。

北信五岳 - Wikipedia

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E4%BF%A1%E4%BA%94%E5%B2%B3

この中では、まだ斑尾山と戸隠山しか登ったことがないんですよね。

帰りのサービスエリアからの展望を眺めながら、残りの3座も年内には行きたいなぁーッと思いました。


(5)

登山道は、最初から木道です。

先日の八甲田山で充分満喫したんで「もう木道はいいかなぁーッ?」なんて思ってたんですが、植生保護のため木道があるってことは、高山植物の宝庫だってこと?
ちょっと期待してスタート。


(6)

八ヶ岳の縞枯山荘を彷彿させるトンガリ屋根の高谷池ヒュッテに到着。

八ヶ岳の麓の子供たちに山小屋の絵を描かせたら誰もが縞枯山荘のトンガリ屋根を描くことだろうと、誰かが言ってたな?

そんな縞枯山荘を彷彿させる高谷池ヒュッテ。
日本の最も美しい場所31選に選ばれた場所を眺める最高のロケーションにテントを張れるって素敵ですよね。

そして、期待していたよりずっと素敵なお花畑もよかったですよ。

天候が芳しくないのに、これだけいい山なんだから晴れた日に来たなら ・・・ と妄想してしまいます。

ライチョウ平では、写真にこそ撮れなかったけど雷鳥に逢えました!!
って自分では気づかなかったんだけど、他の人に教えてもらったんですが。

山頂は、なかなか広くて展望も抜群です。


(7)

下山後のお風呂は、近い処でチョイスしたんですが、お薦めはできないかな?

帰りの高速道路のサービスエリアでは、戸隠蕎麦も売ってました。
ちょっとお値段が高かったんで躊躇してしまったことを今は後悔しておりまする。


(8)

帰宅してから荷物の整理をしていたら出てきた、ポークランチョンミート。
最近、テント泊を直前に断念する理由の1つが料理の楽しみと準備不足だと思う。

雨が降っても、快適にテント内で本が読める。
そんな準備を万全にしておきたい ・・・ と反省中。
訪問者数:310人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ