ヤマレコ

記録ID: 1224970 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

五竜岳・テレキャビン使わず日帰り登山!

日程 2017年08月14日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白馬五竜スキー場登山者用駐車場利用(無料)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間11分
休憩
2時間5分
合計
13時間16分
Sスタート地点03:3103:38白馬五竜スキー場エスカルプラザ05:03白馬五竜アルプス平05:29地蔵の頭05:3106:37小遠見山06:4107:00中遠見山07:0207:33大遠見山07:3408:14西遠見山08:1709:22白岳09:23遠見尾根分岐09:2409:28五竜山荘10:0611:00五竜岳11:2012:08五竜山荘12:3112:35遠見尾根分岐12:38白岳12:4113:24西遠見山13:52大遠見山14:16中遠見山14:2414:40小遠見山14:4115:14地蔵の頭15:1515:23白馬五竜アルプス平15:3716:43白馬五竜スキー場エスカルプラザ16:4716:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
アルプス平駅までスキー場内のブル道を歩くので、ガスで視界が悪くても迷いませんでした。但し、登るにつれ急勾配になり、大変歩きずらかったです。(もう二度と歩きたく有りませんが、帰りも歩いてしまいました・・・。)

西遠見山から白岳の間は鎖場が数ヶ所ありましたが、特に難しくありませんでした。

五竜山荘から五竜岳山頂までの間は、岩場や鎖場が多数有ります。場所によっては、高度感の有る所や、足元が滑る岩場が有るので注意が必要です。

帰りはテレキャビンの運行時間が有るので、皆さん飛ばして歩いておられました。
(私達は、下りもテレキャビン使わないので、マイペースで飛ばしました。)

写真

ゴンドラを使わず登山開始!。(注:もちろん妻は、嫌がっていましたよ。)
2017年08月14日 03:39撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラを使わず登山開始!。(注:もちろん妻は、嫌がっていましたよ。)
17
すぐにガスガスになり視界が悪くなります。草むらを登り、ブル道を探し、道なりに登ります。
2017年08月14日 03:46撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにガスガスになり視界が悪くなります。草むらを登り、ブル道を探し、道なりに登ります。
2
だんだん空が明るくなって来ました。
2017年08月14日 04:32撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん空が明るくなって来ました。
3
写真では砂利道を歩いている様にしか見えませんが、実際は凄く歩きにくいし、結構な勾配でこの先必要な体力を無駄に消耗してしまいます。
2017年08月14日 04:51撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真では砂利道を歩いている様にしか見えませんが、実際は凄く歩きにくいし、結構な勾配でこの先必要な体力を無駄に消耗してしまいます。
5
振り返れば雲海ですが、なんかイマイチだし、汗だくだし、ヘトヘトだし・・・。
2017年08月14日 04:54撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば雲海ですが、なんかイマイチだし、汗だくだし、ヘトヘトだし・・・。
4
ようやくアルプス平に着きました!。ハイペースで登って約1時間25分。テレキャビンならわずか8分・・・。
2017年08月14日 05:03撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくアルプス平に着きました!。ハイペースで登って約1時間25分。テレキャビンならわずか8分・・・。
9
更に先のペアリフトの終点まで登ります。その上に地蔵ノ頭のケルンが見えます。
2017年08月14日 05:10撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に先のペアリフトの終点まで登ります。その上に地蔵ノ頭のケルンが見えます。
3
右側には八方尾根のゴンドラが見えました。
2017年08月14日 05:10撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側には八方尾根のゴンドラが見えました。
4
花畑の中を歩きます。
2017年08月14日 05:14撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花畑の中を歩きます。
5
ペアリフトの終点に到着。普通ならココがスタート地点になりますが、五竜岳への往復はコースタイムで11時間程。正直おバカな計画をしたものだと後悔しました。
2017年08月14日 05:18撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ペアリフトの終点に到着。普通ならココがスタート地点になりますが、五竜岳への往復はコースタイムで11時間程。正直おバカな計画をしたものだと後悔しました。
3
もう、おバカな事はしません、無事登頂デキマスように。(地蔵ノ頭ケルンは、祠になっているようですね。)
2017年08月14日 05:29撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう、おバカな事はしません、無事登頂デキマスように。(地蔵ノ頭ケルンは、祠になっているようですね。)
15
カン!カン!カン!カン!カン!カン!カン!カン!カン!カン!カン!
2017年08月14日 05:32撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カン!カン!カン!カン!カン!カン!カン!カン!カン!カン!カン!
10
小遠見山までは、トレッキングコースですが、途中からどこまで行けるのだろうかと、弱気になってしまいました。
2017年08月14日 05:40撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小遠見山までは、トレッキングコースですが、途中からどこまで行けるのだろうかと、弱気になってしまいました。
2
見返り坂から見返る。地蔵ノ頭ケルンが見えます。雲が無ければ白馬の街並みも見えると思います。
2017年08月14日 05:45撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見返り坂から見返る。地蔵ノ頭ケルンが見えます。雲が無ければ白馬の街並みも見えると思います。
でかいクワガタのメスを発見。
2017年08月14日 05:51撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でかいクワガタのメスを発見。
18
五竜岳から唐松へ続く景色が見えて来ました。
2017年08月14日 06:09撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳から唐松へ続く景色が見えて来ました。
五竜岳の山頂には雲が掛かっていますねー。
2017年08月14日 06:09撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳の山頂には雲が掛かっていますねー。
3
小遠見山からの展望。左に鹿島槍ヶ岳と右に目指す五竜岳が見えました。(まだまだ、遠い。本当に日帰り出来るのだろうか・・・)
2017年08月14日 06:36撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小遠見山からの展望。左に鹿島槍ヶ岳と右に目指す五竜岳が見えました。(まだまだ、遠い。本当に日帰り出来るのだろうか・・・)
4
鹿島槍ヶ岳の下の「カクネ里雪渓」は氷河の可能性があるらしいとの事ですよ。
2017年08月14日 07:06撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳の下の「カクネ里雪渓」は氷河の可能性があるらしいとの事ですよ。
8
とても良い道ですが、よそ見は禁物です。
2017年08月14日 07:16撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても良い道ですが、よそ見は禁物です。
6
ルートには池塘(ちとう)と呼ばれる小さな池が幾つも有ります。
2017年08月14日 07:32撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートには池塘(ちとう)と呼ばれる小さな池が幾つも有ります。
2
大遠見の池塘。この辺から下山してくる方が多くなって来ました。(この後、団体さんもおられました。)
2017年08月14日 07:33撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大遠見の池塘。この辺から下山してくる方が多くなって来ました。(この後、団体さんもおられました。)
1
西遠見にはまだ残雪がありました。
2017年08月14日 07:59撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西遠見にはまだ残雪がありました。
2
西遠見から先は、細尾・根鎖場・等々と注意書きが有ります。
2017年08月14日 08:21撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西遠見から先は、細尾・根鎖場・等々と注意書きが有ります。
7
右側の谷は怖いのですれ違いには注意です。普通に歩く分には問題ないです。
2017年08月14日 08:22撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側の谷は怖いのですれ違いには注意です。普通に歩く分には問題ないです。
6
遠見尾根の後半はキツイ登りが続きます。もうとっくに膝ガクガクです。
2017年08月14日 08:34撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠見尾根の後半はキツイ登りが続きます。もうとっくに膝ガクガクです。
5
この鎖場は、下る人達でちょっと混雑気味になりました。(白岳までの間には他にも鎖場が有りましたが、特に難しくありません。)
2017年08月14日 08:44撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この鎖場は、下る人達でちょっと混雑気味になりました。(白岳までの間には他にも鎖場が有りましたが、特に難しくありません。)
6
登ったら白岳かと思ったら、まだ先でした。
2017年08月14日 08:47撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ったら白岳かと思ったら、まだ先でした。
1
右から上がって来ましたが、正面の白岳のピークを巻いてしまいました。帰りに寄ります。
2017年08月14日 09:18撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右から上がって来ましたが、正面の白岳のピークを巻いてしまいました。帰りに寄ります。
1
白岳から五竜山荘まで下りです。(帰りは登り返しかと思うと、しんどくなります。)
2017年08月14日 09:23撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白岳から五竜山荘まで下りです。(帰りは登り返しかと思うと、しんどくなります。)
2
五竜山荘が見えました。今日は沢山の人とすれ違ったので、昨夜は宿泊者で賑わっていたのでしょうね。
2017年08月14日 09:24撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜山荘が見えました。今日は沢山の人とすれ違ったので、昨夜は宿泊者で賑わっていたのでしょうね。
2
五竜岳は雲の中。休憩後、ザックを替えて登ります。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 五竜岳は雲の中。休憩後、ザックを替えて登ります。
1
山荘から1時間の行程ですが、すでに体力的にキツイです。
2017年08月14日 10:18撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘から1時間の行程ですが、すでに体力的にキツイです。
気を付けないと谷底逝きです。
2017年08月14日 10:25撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気を付けないと谷底逝きです。
2
コレだけ目立っていました。
2017年08月14日 10:28撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コレだけ目立っていました。
4
岩場になって来ました。
2017年08月14日 10:32撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場になって来ました。
3
晴れていたら怖いと思いました。(お陰様で、それ程怖く有りません。)
2017年08月14日 10:34撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていたら怖いと思いました。(お陰様で、それ程怖く有りません。)
7
だんだん険しくなって来ます。
2017年08月14日 10:49撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん険しくなって来ます。
1
岩が滑るので注意。
2017年08月14日 10:52撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩が滑るので注意。
ルートはしっかりしているので、問題ないかと思いますが、油断出来ません。
2017年08月14日 10:53撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートはしっかりしているので、問題ないかと思いますが、油断出来ません。
4
鹿島槍ヶ岳方面への分岐の先に山頂が見えて来ました。
2017年08月14日 10:59撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳方面への分岐の先に山頂が見えて来ました。
1
おー山頂に青空が出た!。
2017年08月14日 10:59撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おー山頂に青空が出た!。
13
展望は無いが、山頂の風景が見れて良かった。
2017年08月14日 11:00撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望は無いが、山頂の風景が見れて良かった。
8
ようやく五竜岳山頂に到着!。先行していた若いグループの方に撮って頂きました。
2017年08月14日 11:03撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく五竜岳山頂に到着!。先行していた若いグループの方に撮って頂きました。
51
途中までの経過を振り返ると、よくぞ山頂まで辿り着けたものだとしみじみ思いました。
2017年08月14日 11:02撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中までの経過を振り返ると、よくぞ山頂まで辿り着けたものだとしみじみ思いました。
8
展望は残念でしたが、心は晴れやかでした。
2017年08月14日 11:13撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望は残念でしたが、心は晴れやかでした。
3
さてと、帰るか。(下山は慎重に!)
2017年08月14日 11:22撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてと、帰るか。(下山は慎重に!)
2
ん!。
2017年08月14日 11:57撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ん!。
11
雷鳥だ!。
2017年08月14日 11:58撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥だ!。
30
初めて雷鳥を見ました。(普通に登山道を歩いていました。)
2017年08月14日 11:58撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて雷鳥を見ました。(普通に登山道を歩いていました。)
23
戻って来ると、テントが増えていました。
2017年08月14日 12:05撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻って来ると、テントが増えていました。
色々と補給物資を山小屋で調達して、下山します。(始めは登りですが・・・。)
2017年08月14日 12:31撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色々と補給物資を山小屋で調達して、下山します。(始めは登りですが・・・。)
1
白岳のピークによります。
2017年08月14日 12:38撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白岳のピークによります。
1
白岳から唐松岳へ続く稜線です。いつかは私も歩いてみたいです。
2017年08月14日 12:39撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白岳から唐松岳へ続く稜線です。いつかは私も歩いてみたいです。
3
キレイ。
2017年08月14日 12:57撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレイ。
6
これから歩く遠見尾根。
2017年08月14日 12:58撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから歩く遠見尾根。
1
中央の鞍部に五竜山荘が見えます。
2017年08月14日 13:12撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央の鞍部に五竜山荘が見えます。
4
くたくたですが、帰りに地蔵の沼に寄ってみました。んー特にコメントなし。
2017年08月14日 15:10撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くたくたですが、帰りに地蔵の沼に寄ってみました。んー特にコメントなし。
4
テレキャビン終了時刻には余裕で間に合いましたが、ココまで来たら、意地でも歩いて帰ります。
2017年08月14日 15:36撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テレキャビン終了時刻には余裕で間に合いましたが、ココまで来たら、意地でも歩いて帰ります。
8
ああ〜この道きつかったの忘れてた。本当に急なんですよ!。久しぶりに雪山以外でストックを使ってしまいました。
2017年08月14日 15:41撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああ〜この道きつかったの忘れてた。本当に急なんですよ!。久しぶりに雪山以外でストックを使ってしまいました。
4
って!、本当はゴンドラで帰ったんじゃね!と、思わせブリな写真ですが、下を横切って歩いた時に撮ったんですよ。(本当ですよ!)
2017年08月14日 16:10撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
って!、本当はゴンドラで帰ったんじゃね!と、思わせブリな写真ですが、下を横切って歩いた時に撮ったんですよ。(本当ですよ!)
9
この下り、かなりしんどかったです。普通は8分の所を1時間も掛かりました。間違い泣く今迄で一番キツイ登山でした!。
2017年08月14日 16:38撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この下り、かなりしんどかったです。普通は8分の所を1時間も掛かりました。間違い泣く今迄で一番キツイ登山でした!。
10
ようやくゴール!。(最後の力を振り絞って鐘を鳴らす妻。)
2017年08月14日 16:44撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくゴール!。(最後の力を振り絞って鐘を鳴らす妻。)
15
おまけ1:五竜岳山荘で勢いで買ってしまったTシャツとバッジ。(このTシャツ、いったいドコで着るのだろうか・・・。)
2017年08月15日 17:31撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ1:五竜岳山荘で勢いで買ってしまったTシャツとバッジ。(このTシャツ、いったいドコで着るのだろうか・・・。)
17
おまけ2:登山前日に寄った、国営アルプスあずみの公園。ココは広くてナカナカ良い所でした。後で気が付きましたが、ココに有ったアスレチックの遊具は12歳未満まででした!。
2017年08月13日 11:47撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ2:登山前日に寄った、国営アルプスあずみの公園。ココは広くてナカナカ良い所でした。後で気が付きましたが、ココに有ったアスレチックの遊具は12歳未満まででした!。
5
おまけ3:こちらも同日に訪れた鷹狩山山頂です。眼下には大町の町並み、雲が無ければ北アルプスの山々が見れる大展望スポットなのですが・・・。
2017年08月13日 13:06撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ3:こちらも同日に訪れた鷹狩山山頂です。眼下には大町の町並み、雲が無ければ北アルプスの山々が見れる大展望スポットなのですが・・・。
3

感想/記録
by kaz01

お盆休みの連休は、イマイチの天気予報でしたが、この日はそんな中でも比較的に良い予報日でした。
今回五竜岳には、遠見尾根から日帰りで登りますが、私達はゴンドラとリフトを使わずに登る計画を立てました。
前日の夕方に一度、五竜スキー場を訪れて、営業時間外に徒歩で登るルートを下見しておきました。
当日は、まだ夜明け前の暗闇で、しかもガスの中でしたが、下見したお陰でスキー場の中をさまよう事無く、順調に進む事が出来ました。
しかし、進むにつれ傾斜は予想以上にキツくなり、かなりしんどい思いをして登るハメになり、途中から何でこんな計画したんだろうと後悔しました。
通常のリフトのスタート地点に辿り着いた時には、体力の消耗と大量の汗をかいて、クタクタになってしまい、これから始まる長い登山が果たして無事計画通リに進めるのか心配になってしまいました。
稜線の白岳までは、長ーい遠見尾根を適度にアップダウンしながら進みますが、この尾根の後半になると、ルートは急登になり鎖場も出て来て、前半無駄に体力を消耗した私達には、かなりキツく感じました。
ようやく登った白岳も五竜山荘までは下るので、帰りはキツイ登り返しになるのだろうと、思いました。
山荘前は多くの登山客でにぎわっていて、早朝には槍ヶ岳等の展望が有ったと言っていましたが、この時は目の前に有るはずの五竜岳すら見えない状態でした。
山頂までは、必要な荷物だけを持って登ります。
ここからは、足元の悪い岩場や、数ヶ所の鎖場が出て来るので、慎重に登って行きました。(ルートはしっかりしているので、心配はありませんが、テン泊等の大きな荷物の方は大変そうでした。)
山頂からの展望は有りませんでしたが、山頂に到着する頃には、青空が出て来て嬉しかったです。
力を振り絞って登って来た妻も、登って来て良かったと言っていました。
下山も長い行程になり、体力も限界になってきましたが、下りも当初の予定通リ意地でもゴンドラを使いませんでした。
久しぶりの北アルプスは、とてもキツイ行程の登山となりましたが、終わってみると大変達成感のある登山でした。
今度訪れる時は、素直にゴンドラで登ります・・・。
訪問者数:1002人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/2/12
投稿数: 414
2017/8/16 22:27
 あっ!廃道で登ったんですね!
11時間以上の山歩き、お疲れ様でした!
下からリフト終点までのコースタイムは?と思い地図を見たら、その間は一般登山ではなく、しかも廃道になってますねー!!北アルプスを普通の登山道を歩かないなんて、さすがkazさんです*\(^o^)/*

絶景ではなかったようですが隣の山や稜線が見えていたようなので、前日に私が登った時よりは天気は良かったんだと思います♪
五竜〜唐松は、いつかは縦走したいです(*^o^*)

おまけ1
Tシャツは次回に山に行く時に着るとか、次回の飲み会で着るのはいかがでしょう?😄そういえば私も先月の会津駒ヶ岳の山小屋Tシャツを買い、そこには「とんでもない 私は
山に行きますよ」とか書いてありました(笑)

おまけ2,3
安曇野には広い公園があるんですね!!私が行った公園よりkazさんが行った公園の方がずっと広いようです!
鷹狩山は、安曇野にいくつかある低山の中で、どうしてこの山を選んだんでしょう?もしかして車でどこかですれ違っていたかもしれませんね!(笑)

そして最後に、登山の前後はどこに宿泊したんですか?
*/
登録日: 2013/4/11
投稿数: 1471
2017/8/16 22:40
 お盆休みでしたね
kazu01さん 今晩は

五竜岳でしたね 全く知りませんでした
遠征したんですね 

結構鎖場があり岩場と歩くのはしんどそうですね

ゴンドラ使わず歩いたのは体力ありましたね
自分だったら乗って体力温存にしています

北アルプスいい思い出作れましたね
登録日: 2014/8/9
投稿数: 298
2017/8/16 23:54
 Re: あっ!廃道で登ったんですね!
やはり登山はキチンと計画しないといけませんねー、ましてやソコが北アルプスなら、なおさら・・・。
スキー場内の道は車ではとても登れない様な急登で、ブルドーザー等の重機が登る道でした。
登山道ではないので、コースタイムなどは載っていませんが、適当に時間を見積もりしたら、見事に合っていました。
でも、予想以上に歩きにくくて、リフトの終点まで登ってきた時には、前回塔ノ岳に急いで登った時と同じ位の疲労感で、はたして五竜まで本当に行けるのかと、思いました。
その後の、長いルートは思う様にペースは上がらず、稜線手前の急登区間は、あまりの疲労で何度も立ち止まってしまいました。
しかし結果は、自分で設定したコースタイムより1時間早く戻って来れました。
(どうやら、地図のコースタイムはだいぶ余裕があるみたいですね。)
でも、苦労した分達成感はありましたよ!。
Tシャツは買っている人が何人もいたので、つられて買ってしまいました・・・。
popieさんが買ったシャツも面白い事が書いて有るんですね。
また皆さんで飲み会したいですね、その時着ようかな。
私が行った公園の施設に、北アルプスの模型が展示されていたり、アスレチックや野生の猿が沢山いたりで、楽しい所でした。
鷹狩山は、当初行く予定では無く、近くの唐花見湿原に行く予定でしたが、駐車場に大きなスズメバチが沢山いて車から降りれなかったので、急遽変更して行きました。
鷹狩山は知りませんでしたが、とても景色の良い所でした。
それと登山の時はいつも車中泊です。
白馬にあるサンサンパーク白馬で、お風呂は道の駅美麻をよく利用しています。
ホテルや旅館も良いですが、車中泊の方が自由なので好きです。
登録日: 2014/8/9
投稿数: 298
2017/8/17 0:11
 Re: お盆休みでしたね
こんばんは、shou2さん。
私がまだ登山を始める前に、八方池に観光で行った時に、五竜岳の存在感が凄かったです。
当時山の名前は、富士山と大山ぐらいしか知りませんでした。

五竜岳への登山は、ゴンドラとリフトを乗っても日帰りはキツイので、普段からジョギングをして体力を付けておいて良かったです。

予想以上にクタクタになりましたが、お陰様で何とか山頂まで往復出来ました。
登録日: 2010/4/27
投稿数: 437
2017/8/17 0:55
 長時間お疲れさまでした
3時半 ⇒ 17時前までかなりの長時間だったようですが、達成感ある登山だったようで何よりです。こちらも私は未開の地ですが、素敵な日帰りルートですねー。前半後半のゴンドラ区間は本当にお疲れさまでした。でもサスガkazさん&奥様です 最後の岩場など写真だけ見ててもTHE・北アって感じで気持ちがそそられるものがありますねぇ。いいなー。そして初・雷鳥!おめでとうございます。雷鳥、びっくりするくらい人慣れしていますよね。近年は稜線近くまでカラスや猿などが来て襲われてしまうケースもあるようですが・・・。山Tシャツはpopieさんも書かれているように、登山で着る分には何処で使っても全く大丈夫ですよ。私も幾つか買いましたが、山で重宝しています
登録日: 2014/8/9
投稿数: 298
2017/8/17 20:40
 Re: 長時間お疲れさまでした
いや〜それにしても疲れた1日でした。
事前に五竜岳に登ろうと調べていたのですが、日帰りされている方の中には、ゴンドラの終電?に間に合うように、時間に追われ登山を楽しんでいる余裕が無かったり、急いでいて転んだりしたというレコを見掛けました。
コースタイムよりもゴンドラの営業時間の方が短いのです。
でも、間に合いそうに無ければ、途中で電話をすると追加料金で待っていてくれます。
そこで私は、だったら歩いて帰ればいいのでは?と、余計な事をひらめいてしまいました・・・。
しかし、地図に載っていなく迷ってしまうと困るので、だったら最初から登りながら確かめればいいと思い、結局ゴンドラを使わないという計画を立ててしまいました。
その結果、このゴンドラ区間が一番しんどい区間となってしまい、その後はクタクタになり修行の様な登山になってしまいました。
つくずく私はいい加減で、ryoさんのようにきちんと計画が立てられないので、またまた反省しました。
でも、お陰様で無事山頂まで行けましたし、なんと言ってもいつもより達成感が有りました。
雷鳥も初めて見れたので、良かったです。
(疲労で足がガクガクだったので、山頂直下は慎重に登りました。)

次は、ryoさんの番ですね!。
天気が良くなってくれる事を私も願っております。
また今度皆さんで飲みたいですね。山Tシャツはその時着たいです。
登録日: 2015/1/24
投稿数: 297
2017/8/20 0:04
 五竜岳に行かれたんですね(^^)
kazさんこんばんは〜〜
久しぶりのお山ですね。
五竜岳に行かれたんですね
それもテレキャビン使わないで
確かテレキャビン以外では下山出来ない様なレコを見た気がしますが道あるんですね!
流石普段からバリルートで鍛えているkazさん
ブル道で登る事が出来るんですね。
他に歩いている方はいられたのでしょうか?

私も高尾山のTシャツと唐松岳の山が好きと書いてあるTシャツ持ってますが
いつも山に登る時に来てます。
せつかくなので丹沢行く時着てくださいね。
涼しくなったら塔ノ岳行こうと思ってます。
その前にもう少し鍛えねば🍀と思います。
baboより
登録日: 2014/8/9
投稿数: 298
2017/8/20 1:17
 Re: 五竜岳に行かれたんですね(^^)
こんばんは、baboさん。
何だか最近天候が悪く、夏山を満喫できませんね。
そんな中、お盆休みでは一応良い天候を狙って登ってみました。
テレキャビンは計画段階で使わない事にしましたが、慣れない山域でしたので、前日にスキー場を訪れて少し下見をしておきました。
そのお陰で、地図に無いルートは重機の走る道と言う事が分かりましたが、まさかあんなに急登だった事は誤算でした。
お陰様で、普通に登ってもキツイ五竜岳ですが、私達は修行の様に辛い登山となってしまいました。
もっと丹沢で鍛えて、経験値を上げねばと思いました!。
辛かった登山でしたが、その分達成感も有り、勢いで山Tシャツを買ってしまいましたが、まだ袖を通していません。
酒が好きと書いてあるので、チョット着るのが恥ずかしいですが、今度山で着たいと思います。
夏の丹沢は、本当に暑すぎると思うので私も、もう少し涼しくなってからにしようと思っています。
この時期は晴れると、運動するのも大変なのでbaboさんも、ムリしないでください。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ