また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1227664 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

双六岳(新穂高〜鏡平〜双六岳 じっくり撮影)

日程 2017年08月14日(月) 〜 2017年08月16日(水)
メンバー
天候1日目:晴れ→曇
2日目:曇→雨
3日目:雨
アクセス
利用交通機関
バス
毎日あるぺん号
【往路】竹橋(22:30)→新穂高温泉口(5:50頃)
【復路】新穂高温泉口(14:45)→新宿(20:20頃)
3列シート(トイレ付)で前後もゆったり。睡眠もバッチリ。
各席にコンセント付。スマホの充電が手軽にできて助かりました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間57分
休憩
38分
合計
5時間35分
Sスタート地点06:3506:43登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)06:5407:12お助け風穴07:1407:30中崎橋07:42笠新道登山口07:55わさび平小屋08:1608:37小池新道入口08:3909:51秩父沢出合09:5210:10チボ岩10:47イタドリが原11:15シシウドヶ原11:1612:07鏡池12:10鏡平山荘
2日目
山行
6時間23分
休憩
1時間20分
合計
7時間43分
鏡平山荘06:0007:10弓折乗越07:2007:52花見平08:15くろゆりベンチ08:1708:59双六池09:0109:04双六小屋10:0210:40双六岳巻道分岐10:4110:48双六岳中道分岐10:5111:53双六岳11:5712:23中道分岐13:01双六岳中道分岐13:05双六岳巻道分岐13:43双六小屋
3日目
山行
4時間49分
休憩
1時間9分
合計
5時間58分
双六小屋05:3705:39双六池06:10くろゆりベンチ06:18花見平06:1906:31弓折乗越06:3407:09鏡平山荘07:2307:24鏡池07:2507:58シシウドヶ原08:0008:20イタドリが原08:2208:36チボ岩08:51秩父沢出合08:5509:32小池新道入口09:50わさび平小屋10:2910:40笠新道登山口10:49中崎橋11:02お助け風穴11:0311:17登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)11:1911:31新穂高温泉バス停11:35中崎山荘 奥飛騨の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【登山・下山ポスト】新穂高登山指導センター
【トイレ】
わさび平小屋、鏡平山荘、双六小屋
【水】
わさび平小屋、鏡平山荘、双六小屋
【危険個所】
なし
登山道は整備されていて非常に歩きやすい。
小池新道は岩が歩きやすく並べられ、雨でも足を取られることが少なく安全に下山できる。
登山口〜わさび平小屋はアスファルトまたは砂利で舗装されていて危険はないが、わさび平小屋から登山口に向かう帰り道はかなり辛かった(;´Д`)
その他周辺情報温泉は複数あり。
今回立ち寄ったのは新穂高センターから徒歩2分程度にある中崎山荘。
http://www.okuhida.or.jp/archives/3311
鍵付きロッカーでセキュリティがしっかりしていて安心感がある。
内湯と露天風呂は適温で快適。男湯には乳液とシェービングフォームあり(剃刀は無い)。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
備考 稜線からのパノラマを撮るつもりで超広角レンズを持って行ったが、天気が悪く景色を撮る機会がなく花の撮影にシフトしたので、結果論ではあるけどマクロレンズを持参していれば良かった。

写真

【1日目】わさび平小屋でトイレ休憩・水の補給
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【1日目】わさび平小屋でトイレ休憩・水の補給
小池新道の途中でも休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小池新道の途中でも休憩
登山開始は晴れていたのに…ガスガスの鏡平山荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山開始は晴れていたのに…ガスガスの鏡平山荘
この日は槍ヶ岳は見えず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は槍ヶ岳は見えず。
【2日目】天候が怪しい…。
2017年08月15日 05:18撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【2日目】天候が怪しい…。
弓折乗越辺りから見下ろす鏡平
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弓折乗越辺りから見下ろす鏡平
弓折乗越から一瞬だけ槍様が見えた!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弓折乗越から一瞬だけ槍様が見えた!
花見平でライチョウの親子に出会えた(^^♪
この子は母親かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花見平でライチョウの親子に出会えた(^^♪
この子は母親かな。
ハクサンフウロがまだ咲いてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロがまだ咲いてました。
ここのチングルマは花が咲き終わって綿毛に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのチングルマは花が咲き終わって綿毛に。
鏡平から写真を撮りつつ歩くこと約3時間、双六小屋が見えてきました。ガスガスで視界不良だけど(^^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平から写真を撮りつつ歩くこと約3時間、双六小屋が見えてきました。ガスガスで視界不良だけど(^^;
双六台地までもう少しのはずだけど真っ白で先が見えない(´;ω;`)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六台地までもう少しのはずだけど真っ白で先が見えない(´;ω;`)
1
一面のお花畑がガスガスで見えないのが残念
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一面のお花畑がガスガスで見えないのが残念
チングルマ。山頂付近にはまだ残ってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマ。山頂付近にはまだ残ってました。
花の名前わからん。。。(^^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花の名前わからん。。。(^^;
双六台地。晴れた日はこの先に笠ヶ岳が見えるらしい。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六台地。晴れた日はこの先に笠ヶ岳が見えるらしい。。。
双六岳山頂。真っ白で何も見えず(´;ω;`)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳山頂。真っ白で何も見えず(´;ω;`)
双六岳下山時はお花畑と稜線を期待して中道を選択した。
(けどやっぱり真っ白で稜線は見えず)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳下山時はお花畑と稜線を期待して中道を選択した。
(けどやっぱり真っ白で稜線は見えず)
1
ヨツバシオガマ
2017年08月15日 12:28撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ
中道のお花畑
2017年08月15日 12:33撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中道のお花畑
撮影機材:

感想/記録

初日は鏡平山荘到着後、荷物を軽くして弓折岳に登る計画をしてたけど、曇り空で霧とガスに包まれていた上、予報でも回復が見込めなかったこともあり断念。
結局夕食まで昼寝(笑)

二日目は朝から曇り。双六小屋に到着したころには小雨が降っていて、双六岳山頂に行っても何も見えないような気がしていたけど当初の計画通り山頂へ。で、やっぱり天気は回復せず真っ白で何も見えなかった。。。

三日目は朝から霧雨。天気予報は終日雨予報。仕方なくレインウェアを着てひたすら下山。わさび平小屋に着くころには晴れ間が見える天気に回復したからレインウェアを脱いだら全身があり得ないぐらいびっしょりだった(^^;

毎回下山時に雨でレインウェアを着ての下山になって暑さでパフォーマンスが下がるんだけど、今回は帰りのバスの時間が決まっていて、その前にどうしても温泉と昼食は外したくなかったから、結構頑張って標準タイムより速く下山できたのが自分にとっては収穫でした。

そして今回も雄大な山々や稜線を全くと言っていいほど撮れなかった(見れなかった)のが残念でした。晴れた日にもう一度チャレンジしたい!
訪問者数:320人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ