ヤマレコ

記録ID: 1234175 全員に公開 アルパインクライミング槍・穂高・乗鞍

北穂高岳・滝谷ドーム 中央稜

日程 2017年08月18日(金) 〜 2017年08月21日(月)
メンバー , その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
車・バイク
坂巻温泉
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

写真

上高地BT
2017年08月18日 07:10撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地BT
T−1 懸垂点 
2017年08月19日 15:13撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
T−1 懸垂点 
2
T−1から25mの懸垂してT−2へ
2017年08月19日 15:13撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
T−1から25mの懸垂してT−2へ
4尾根 方面
2017年08月19日 15:39撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4尾根 方面
1
北穂高岳
2017年08月20日 05:20撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂高岳
3
前穂高岳
2017年08月20日 05:21撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂高岳
2
涸沢岳・奥穂高岳
2017年08月20日 05:21撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳・奥穂高岳
2
中央稜 1P目 
2017年08月20日 09:56撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央稜 1P目 
1
中央稜 2P目
2017年08月20日 10:49撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央稜 2P目
1
中央稜 4P目
2017年08月20日 11:59撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央稜 4P目
1
中央稜 5P目
2017年08月20日 12:24撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央稜 5P目
1
中央稜 ドームの頭にて
2017年08月20日 12:48撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央稜 ドームの頭にて
2
撮影機材:

感想/記録
by kazuce

8月18日:上高地BT〜涸沢ヒュッテ(幕営) 曇/雨
8月19日 :涸沢ヒュッテ〜北穂高 テント場〜滝谷ドーム中央稜取付確認 雨/晴れ
8月20日:滝谷ドーム中央稜 〜 北穂高 テント場 晴れ/曇り
8月21日:北穂高 テント場 〜 上高地BT 晴れ/曇り

今回の山行については天候の具合もあり計画し難い部分もあったが、クライミング仲間のSさんと日程調整がついたので実施することになった。

18日 上高地BTを7:30出発し、涸沢ヒュッテへは13:00頃到着。
雨が降っているので急いでテントを設営し、涸沢ヒュッテで昼食。
15時ぐらいから雨足が強くなり天気が気になり、翌日の行動予定
について協議して就寝。

19日 翌日も朝から雨が強く降っていたので、下山する事も考えたが、
午後の晴れ間を期待して北穂高のテント場を目指し進む事にした。
涸沢ヒュッテを9:00頃出発し、北穂高のテント場へは12:30頃に
到着。
この頃には雨は上がり青空も見えてきたので昼食を済ませてから滝谷
ドーム中央稜の取付点の下見に行く事した。
翌日の天気の具合が気になるので登攀具を1式持ってSさんと滝谷へ向かう。
縦走路から最初の鎖場を飛騨側に降り、30分程踏み跡を進み顕著なピナクル
を越えるとT−1の懸垂点があり、ロープを取り出し25m下降しT−2へ。
そこから10分程 左上し中央稜の取付点に14:30に着いたが、小雨が降って
きたのでテント場へ引き返す。
テント場に戻り天候の具合を考えながら食事を済ませ就寝。

20日 早朝より雲が若干あるが天気は問題ないようで、簡単な食事を済ませ
テント場を7:30頃に出発。
滝谷に入ってからは既に2PTの方々が先行している。
こちらを含めて3PTで自分たちは最後に登ることに。
ここで休憩しながら準備をし9時30前後から登攀開始。

リードは、1P,4PはSさん 2P,5Pは自分 

滝谷ドーム中央稜のルートは5Pで
1Pチムニー(-)  2Pスラブ(検法 3Pリッジ歩き (供法 4P凹角〜スラブ(検法5P凹角〜フェース(検法

1P目
岩のコンデションについてはフェース部分は乾いており快適であったが、クラックやチムニー内部は濡れているが特に問題ないが、チムニー出口でザックが引っ掛かり
面倒であった。

2P目
快適なスラブだが、部分的に岩が脆い箇所があるのと上部は高度感があり風が強いと
緊張させられると思う。

3P目
安定した岩場の通過。

4P目
凹角からハングした岩を乗り越す。

5P目
凹角からクラックが走るスラブを登る。

12:30前後に登攀終了。

先程の先行PTの方々が休憩していたので少し談笑して後にする。
暫くしてガスが湧き始めてきたので急いで縦走路までの踏み跡を辿るが途中でガスが
濃くなったので身動きが取れず。
ガスの晴れるのを待ち踏み跡を辿り縦走路へ合流。

昼食をするため北穂高小屋へ向かうが13:30頃に着いたのでインスタントの食事
しか摂れず非常に残念であった。
その後、テント場へ戻り就寝。

21日 早朝よりテント場を出発し涸沢小屋経由で横尾・徳澤・明神で休憩しながら
上高地BTへ。
13:50分のバスに乗り坂巻温泉へ戻り、温泉に浸かってから松本市内のレストランで食事をしながら反省会をして解散。

 


訪問者数:269人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ