ヤマレコ

記録ID: 1235630 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

富士山 プリンスルートから登り、須山口ルートを下る

日程 2017年08月24日(木) 〜 2017年08月25日(金)
メンバー , その他メンバー1人
天候1日目 曇り
2日目 晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
水ヶ塚駐車場 1回1000円
富士宮新五合目までシャトルバス 片道1150円 往復1800円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
7時間38分
休憩
2時間27分
合計
10時間5分
御殿場口七合九勺・赤岩八合館02:1002:29御殿場口八合目03:35御殿場口頂上04:00富士山05:1505:44吉田口頂上05:5006:10御殿場口頂上06:13浅間大社奥社06:1506:18御殿場口頂上07:00御殿場口八合目07:11御殿場口七合九勺・赤岩八合館08:1508:50御殿場口七合目09:12宝永山馬ノ背09:52二合八勺10:28四辻10:45幕岩12:15水ヶ塚駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
下山で利用した須山口ルートは不明瞭だった

写真

水ヶ塚駐車場から富士山を見上げる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水ヶ塚駐車場から富士山を見上げる
3
富士宮口新五合目到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士宮口新五合目到着
1
家族連れも多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
家族連れも多い
3
外人さんも多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外人さんも多い
1
メイゲツソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メイゲツソウ
1
ヤハズヒゴダイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤハズヒゴダイ
1
宝永山へプリンスルートに入る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永山へプリンスルートに入る
1
しばらく山腹を巻いていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく山腹を巻いていく
1
コケモモの実 
まだちょっと青い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケモモの実 
まだちょっと青い
2
タイツリオウギ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タイツリオウギ
2
ハイマツみたいに地面を這うカラマツ 
風の強さがわかる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツみたいに地面を這うカラマツ 
風の強さがわかる
1
宝永火口が見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永火口が見えてきた
1
ムラサキモメンヅル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムラサキモメンヅル
8
宝永火口内へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永火口内へ
1
火口底から見上げる  
残念ながら上は雲の中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口底から見上げる  
残念ながら上は雲の中
1
火口壁を登る  
ザレザレでとっても登りづらい  
踏み込んでもズルっと下がってしまう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口壁を登る  
ザレザレでとっても登りづらい  
踏み込んでもズルっと下がってしまう
1
砂丘の中のような道 
ここを右に行くと宝永山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂丘の中のような道 
ここを右に行くと宝永山
1
馬の背に出ると視界はゼロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背に出ると視界はゼロ
1
宝永山山頂  
富士山頂は見えず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永山山頂  
富士山頂は見えず
2
とにかく上へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく上へ
1
ブル道は立ち入り禁止
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブル道は立ち入り禁止
1
今日のお泊り処は赤岩八号館  
まだまだ先です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のお泊り処は赤岩八号館  
まだまだ先です
1
やっと七合目
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと七合目
1
わらじ館を通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わらじ館を通過
1
雲が取れてきた  
赤岩八号館がまだあんなに上だ・・(;'∀')
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が取れてきた  
赤岩八号館がまだあんなに上だ・・(;'∀')
3
すぐそこに見えてるのになかなか近づいてこない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐそこに見えてるのになかなか近づいてこない
1
やっと到着(^O^)/  
疲れた〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと到着(^O^)/  
疲れた〜
1
晴れてきた  
空が青いです(^O^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてきた  
空が青いです(^O^)
1
夕方 影富士が出た(^O^)/ 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方 影富士が出た(^O^)/ 
11
愛鷹山の向こうに三島の街の明かり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛鷹山の向こうに三島の街の明かり
1
夕焼けもきれい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕焼けもきれい
7
早朝2時10分 
真っ暗の中登山開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝2時10分 
真っ暗の中登山開始
1
やっと3400m  
あと標高差376m💦
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと3400m  
あと標高差376m💦
1
下界の明かりを撮ったがブレてしまった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界の明かりを撮ったがブレてしまった
1
真っ暗い中、突然鳥居が現れた 
やっと御殿場口頂上に着いた〜(^O^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ暗い中、突然鳥居が現れた 
やっと御殿場口頂上に着いた〜(^O^)/
1
浅間大社奥社もまだお休み中 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間大社奥社もまだお休み中 
1
馬の背を剣ヶ峰へ 
風が強く砂が飛んでくる・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背を剣ヶ峰へ 
風が強く砂が飛んでくる・・
1
これを登れば山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを登れば山頂
1
日本のてっぺんに立ちました(^O^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本のてっぺんに立ちました(^O^)/
18
明るくなってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくなってきた
3
富士山頂三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山頂三角点
2
もうすぐ・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ・・
5
火口内も明るくなってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口内も明るくなってきた
2
日本最高峰から御来光
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本最高峰から御来光
13
雲の感じもいい色合いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の感じもいい色合いです
6
何も言うことなし・・ 
絶景です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何も言うことなし・・ 
絶景です
6
足元をなにやら這い回っている物体がいた 
モグラの仲間 ヒメヒミズ 
日本最高所にいるなんて、スゴイ 
相方のスマホで撮ってもらったが動きが速くちょっとブレてしまった 
この後溶岩のすき間に消えていった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元をなにやら這い回っている物体がいた 
モグラの仲間 ヒメヒミズ 
日本最高所にいるなんて、スゴイ 
相方のスマホで撮ってもらったが動きが速くちょっとブレてしまった 
この後溶岩のすき間に消えていった
5
暗くてわからなかったが、後ろは観測所だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暗くてわからなかったが、後ろは観測所だった
2
御来光を拝んだ後、お鉢巡りへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御来光を拝んだ後、お鉢巡りへ
2
大沢崩れを見下ろす  
おお、怖っ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢崩れを見下ろす  
おお、怖っ
1
河口湖と富士吉田の街
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河口湖と富士吉田の街
1
勾玉のような形の山中湖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勾玉のような形の山中湖
1
遠くに相模湾
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに相模湾
6
富士吉田口頂上はものすごい混雑  
こっちから登らなくてよかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士吉田口頂上はものすごい混雑  
こっちから登らなくてよかった
1
遠く伊豆大島が浮かんで見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠く伊豆大島が浮かんで見える
3
宝永山を見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永山を見下ろす
2
下る前に奥社に参拝し下山の無事を祈願
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下る前に奥社に参拝し下山の無事を祈願
1
御殿場口を戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場口を戻る
1
標高3450m付近に咲いていたイワツメクサ  
ここより上に植物はなく、日本最高所の花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高3450m付近に咲いていたイワツメクサ  
ここより上に植物はなく、日本最高所の花
3
もうすぐです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐです
1
赤岩八号館に戻った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩八号館に戻った
1
これから朝飯 
簡素だけどとっても美味しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから朝飯 
簡素だけどとっても美味しい
3
宝永火口を見にちょっと立ち寄り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永火口を見にちょっと立ち寄り
1
大砂走りを見上げるとけっこう急だな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大砂走りを見上げるとけっこう急だな
1
踏み込むとこんなに潜ってしまう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み込むとこんなに潜ってしまう
1
若者が大砂走りを走って下って行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若者が大砂走りを走って下って行きます
3
須山口歩道分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須山口歩道分岐
1
ここを下って行けば水ヶ塚に戻れる・・はず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを下って行けば水ヶ塚に戻れる・・はず
1
荒涼とした風景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒涼とした風景
2
フジアザミがたくさん咲いていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フジアザミがたくさん咲いていた
1
この辺でルートを見失う 
視界に人の姿は全くありません(T-T) さすがマイナールートの無人地帯・・ 
踏み跡もなくテキトーに歩く 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺でルートを見失う 
視界に人の姿は全くありません(T-T) さすがマイナールートの無人地帯・・ 
踏み跡もなくテキトーに歩く 
1
左のコブが宝永山、右のコブが富士山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左のコブが宝永山、右のコブが富士山頂
1
地面から直接咲いているホタルブクロ 
環境の厳しさが窺い知れる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地面から直接咲いているホタルブクロ 
環境の厳しさが窺い知れる
2
目印の標柱を見つけルートに戻ったが人が歩いた跡はほとんどない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印の標柱を見つけルートに戻ったが人が歩いた跡はほとんどない
1
はるか向こうに水ヶ塚駐車場が見える 
まだまだ遠い・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はるか向こうに水ヶ塚駐車場が見える 
まだまだ遠い・・
1
樹林帯に入り涼しくなった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯に入り涼しくなった
1
ここは富士山自然休養林歩道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは富士山自然休養林歩道
1
あと20分  
相方が足を痛めザックを二つ担いで歩く💦
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと20分  
相方が足を痛めザックを二つ担いで歩く💦
1
水ヶ塚到着 
富士のてっぺんから標高差約2300mを無事下り切りました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水ヶ塚到着 
富士のてっぺんから標高差約2300mを無事下り切りました
2
ここから出てきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから出てきました
2

感想/記録

相方がまだ富士山に登っていないので一緒に登ることにした。
自分は何と30年ぶりの富士登山。
昨年ブラタモリで宝永火口をやっていて非常に興味をそそられ、宝永山を経由して登ることにした。以前皇太子さまが登られたルートなので「プリンスルート」と呼ばれている。

水ヶ塚駐車場に車を置き、シャトルバスで富士宮口新五合目へ。平日なのにけっこう混雑している。
新六合目から宝永ルートに入る。人はめっきり減り、山腹を巻くようにしてしばらく歩くと宝永火口に着いた。
宝永火口は上のほうが雲に隠れるくらいデカかった。
そこから火口壁につけられたルートを登って行く。ザレていて一歩踏み出しても半歩下がってしまう状態で難儀しながら登る。
やっと宝永山頂に着いたがガスがかかり展望はゼロ。ここで昼飯とした。
あとはひたすら登るだけ。今日のお宿は御殿場ルート最上部の赤岩八号館でまだ標高差が700mもある。
ジグザグ登山道を登って行く。遥か上にいくつか山小屋が見え、その一番上がたぶんそうだろう。頑張って行くしかない。
いいかげん飽きたころ、やっと赤岩八号館に着いた。
明日はサブザックで登るのですぐにその準備をしてからゆっくりする。
夕食のカレーはとても美味しく、2杯もおかわりをしてしまった。夕食後に外を見ると、見事な影富士が出現していた。
午後7時、早々に就寝。

あまり眠れなかったが午前1時45分起床。防寒具や飲み物、行動食など最小限の荷物を持って出発。真っ暗な中ヘッドランプ頼りに登って行く。荷物が軽いので快調に登れる。人も少なくペースも早かったので思ったより早く御殿場口頂上到着。
すぐ剣が峰に向かうが、直下の馬の背はものすごい強風で、暗さもあってちょっと怖かった。それに耐えて登り、午前4時ちょうど、やっとこさ日本の最高峰に着いた。
事前情報では、剣ヶ峰は順番待ちで渋滞が起きるとか書いてあったが、この時間ではまだ10人ほどしかいなかった。
ここで御来光を待つことにする。防寒具をさらに着込んで待つこと1時間、だんだん空が明るくなって、午前5時過ぎ、雲の中から光が現れた。御来光のお出ましだ。
もう感動、感動、大感動。夜中に登った甲斐があった。
喜んでいると何やら足元で黒い小さなものが這い回っている。捕まえてみると、それはヒメヒミズというモグラの親戚のような小動物だった。
こんなところでどうやって暮らしているのか不思議だが、日本最高所に生息する哺乳類には間違いない。放すと溶岩のすき間に逃げ込んでいった。
ちょっとほっこりした感じでお鉢巡りに向かう。
ところが、これがまた強風で大変だった。小石まで飛んでくる。飛ばされないよう足を踏ん張りながら何とか半周し、吉田口頂上までくると、ここは大勢の人でごった返していた。御殿場口とは大違い。人混みはキライなので先を急ぐ。相変わらず強風の中、1時間ほどで1周。下山前に浅間大社奥社に参拝し、安全祈願。
下山はあっという間。50分ほどで小屋に戻り、やっと朝飯にありつく。簡単だけどとても美味しかった。
さて、あとはひたすら下るだけ。バスは使わず大砂走りから須山口下山道と呼ばれているルートを通って水ヶ塚まで直接下る長い道のりなので気合を入れなおす。
天気がいいので宝永火口をもう一度見るためにちょっと寄り道。雄大な火口を見てから大砂走りをどんどん下って行く。足首まで砂礫に埋もれながら下る道は、富士登山駅伝で下りのハイライトとなっているところだ。
二合八勺の分岐から須山口ルートに入る。途端に道が不明瞭になり、踏み跡も定かでない。荒涼とした風景の中、歩いているのは自分たちだけで、とにかくフジアザミやオンタデが咲く砂礫の中を適当に歩いていく。標柱が現れ正規ルートに乗ったはずなのに踏み跡もなく、ほとんど歩かれていないようだ。
天気が良すぎてカンカン照りの中を歩き続け、四辻を過ぎてやっと樹林帯に入って涼しくなった。
とにかく長い下山ルートだが、このころから相方が足が痛いと言い出し、ザックをふたつ担ぎながら歩く。風景の変わらない中、車の音が聞こえ、駐車場に着いたときはほっとした。
富士登山といえば大勢の人というイメージだが、今回歩いたルートは人も少なくて満足できた。
訪問者数:285人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/16
投稿数: 128
2017/8/27 8:07
 去年似た様な体験を(ー ー;)
kotakkyさんと同じよう理由で
昨年登りました(^。^)
この時期の富士山は激混みです。
40年前もそうでした(吉田口)
数年前から、相方が「一度は行きたい」、と。

何とか少しでも空いてる事を考慮し、
須走口、然も日月の日程で、。
コタッキーさん達程では無いですが、
空いてました。
然し、須山口ルートは登山道がはっきり
しないようで不安でしたね( ̄▽ ̄)
しかも、二人だけ⁉

40年前は剣ヶ峰には気象レーダーがあり、
直下には残雪が大量に有りました(^。^)
お鉢巡りの時に覗いた火口底からは、
ほんのり水蒸気も出てた記憶があります。
地球温暖化は現実として進んでますね。
登録日: 2012/8/5
投稿数: 19
2017/8/27 8:38
 Re: 去年似た様な体験を(ー ー;)
taheさん おはようございます。

taheさんと同様、30年前に吉田口から登った時は平日にもかかわらず所どころ渋滞していた記憶があり、今回このようなルートを選択してみました。
もともと人混みが大キライなので、結果的に今回のルート選択は正解でした。
ただし、須山口下山道は予想よりも不明瞭で長かったですが・・、誰もいない大平原の中を歩くのもまた面白かったです。

コメントありがとうございました(^O^)/
登録日: 2014/5/21
投稿数: 77
2017/8/27 18:06
 はじめまして!
kotakkyさんはじめまして😊
ルートを拝見してすれ違っていたかもと思ったら、火口へ降りる手前の写真に我々4人組が写っていました😁
大砂走、宝永山の辺りはズブズブでこれ登りだと大変だな〜と思っていたんですが😅😅😅
ご来光、影富士も綺麗に見えて良かったですねー
お疲れ様でした😄

あ、投稿への拍手ありがとうございました🙇😊
登録日: 2012/8/5
投稿数: 19
2017/8/27 20:00
 Re: はじめまして!
akitanamahagさん こんばんわ。
コメントありがとうございます。

写真見て思い出しました。
宝永火口淵から少し下ったあたりですれ違った4人グループの方ですよね。
おっしゃる通り、火口底から宝永山への登りはとっても大変でした。
でもそのおかげで素晴らしい影富士と御来光に出会えて良かったです。

akitanamahagさんのレコ拝見しますと、先月秋田駒に行かれてますが、私もその2日後に秋田駒に行ってるんです。そのほかにも赤城山など似たようなところを歩かれてますので、またどこかでお会いできるかもしれませんね。
登録日: 2014/5/21
投稿数: 77
2017/8/27 21:05
 Re[2]: はじめまして!
そうなんです!秋田駒ビックリでした。
大焼砂も登りで回られてましたね〜😁

地蔵岳もあんなに花があると思いませんでした。今度行ってみようかと思います❕❕
早池峰も行ってみたいし、高麗周辺も...
行かれてる場所で気になる場所が多いんです😄レコ色々と参考にさせて頂きますね〜😁

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ