また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1241622 全員に公開 ハイキング塩見・赤石・聖

赤石岳〜荒川三山 夏のソロ縦走

日程 2017年08月26日(土) 〜 2017年08月28日(月)
メンバー
天候1日目:小雨のち晴、2日目:晴、3日目:晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
畑薙第一ダム駐車場−椹島間は送迎バス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間40分
休憩
50分
合計
8時間30分
Sスタート地点08:0012:20赤石小屋13:0013:00富士見平15:50赤石岳・小赤石岳間分岐16:10赤石岳16:2016:30赤石岳避難小屋
2日目
山行
5時間40分
休憩
50分
合計
6時間30分
赤石岳避難小屋06:2006:30赤石岳・小赤石岳間分岐06:40小赤石岳06:5008:00荒川小屋08:2009:40前岳09:50中岳11:20悪沢岳11:4012:30千枚岳12:50千枚小屋
3日目
山行
3時間20分
休憩
10分
合計
3時間30分
千枚小屋06:1006:30駒鳥池06:4009:40椹島G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所はありませんでした。長い長い樹林帯歩きで心が折れる心配あり
その他周辺情報下山後は白樺荘の温泉を利用
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

備考 避難小屋用にシュラフを持って行きましたが、マットを忘れました。腰が痛くなります

写真

この日は6:50に臨時便が出ました。ギリギリ乗車
2017年08月26日 06:35撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は6:50に臨時便が出ました。ギリギリ乗車
南アルプス登山のベースキャンプ地ですね
2017年08月26日 08:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス登山のベースキャンプ地ですね
1
赤石小屋までは1/5
2017年08月26日 08:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石小屋までは1/5
2/5、ずっと樹林帯です
2017年08月26日 09:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2/5、ずっと樹林帯です
2/5、まだまだ
2017年08月26日 09:27撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2/5、まだまだ
3/5が見つけられず4/5
2017年08月26日 11:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3/5が見つけられず4/5
ここに来て歩荷返しがキツイ
2017年08月26日 11:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに来て歩荷返しがキツイ
赤石小屋到着、水は無料でいただけます
2017年08月26日 12:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石小屋到着、水は無料でいただけます
2
この時は明日行く予定だった聖岳
2017年08月26日 12:55撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時は明日行く予定だった聖岳
1
稜線への最後の登り、この頃は青空が
2017年08月26日 14:42撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線への最後の登り、この頃は青空が
稜線に到着
2017年08月26日 15:47撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に到着
目指す赤石岳、ピークまでさらに登ります
2017年08月26日 15:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す赤石岳、ピークまでさらに登ります
赤石岳到着。撮影を頼まれたお返しに撮っていただきました。顔がひきつってます
2017年08月26日 16:12撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳到着。撮影を頼まれたお返しに撮っていただきました。顔がひきつってます
3
山頂直下の避難小屋
2017年08月26日 16:24撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の避難小屋
1
明日行くことになる荒川三山
2017年08月26日 16:24撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日行くことになる荒川三山
1
避難小屋2Fの寝床スペース。基本シュラフ持参ですが、寝具も借りられます
2017年08月26日 16:43撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋2Fの寝床スペース。基本シュラフ持参ですが、寝具も借りられます
2
小屋入り口の佇まい
2017年08月26日 17:07撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋入り口の佇まい
1
この時は夕陽は難しいかなという雲行き
2017年08月26日 18:11撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時は夕陽は難しいかなという雲行き
雲海と富士山、この後何度も登場します
2017年08月26日 18:13撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海と富士山、この後何度も登場します
地平線近くに雲がなく、夕陽が
2017年08月26日 18:31撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地平線近くに雲がなく、夕陽が
辺りを夕陽が染めます
2017年08月26日 18:33撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辺りを夕陽が染めます
1
荒川三山も
2017年08月26日 18:33撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川三山も
そして夏の夕暮れ
2017年08月26日 18:42撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして夏の夕暮れ
夕暮れの余韻と赤石岳
2017年08月26日 18:45撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れの余韻と赤石岳
翌朝晴れるはずが、期待と裏腹に雲多め
2017年08月27日 05:24撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝晴れるはずが、期待と裏腹に雲多め
この日の朝は約10度、風が冷たい
2017年08月27日 05:28撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日の朝は約10度、風が冷たい
雲の切れ間からご来光
2017年08月27日 05:29撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の切れ間からご来光
雲海に浮かぶ富士山
2017年08月27日 05:34撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ富士山
それなりに楽しめました
2017年08月27日 05:35撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それなりに楽しめました
避難小屋を出発
2017年08月27日 06:23撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋を出発
雲海に浮かぶ富士山
2017年08月27日 06:31撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ富士山
この日歩く縦走路
2017年08月27日 06:32撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日歩く縦走路
南アルプスは山が大きい
2017年08月27日 06:34撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスは山が大きい
椹島への下降点
2017年08月27日 06:47撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椹島への下降点
小赤石岳
2017年08月27日 06:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小赤石岳
ここでSoftBankがつながり、家族へルート変更の連絡
2017年08月27日 06:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでSoftBankがつながり、家族へルート変更の連絡
もう秋の雲ですね
2017年08月27日 06:58撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう秋の雲ですね
荒川中岳への登り返し
2017年08月27日 07:26撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川中岳への登り返し
荒川小屋。ここも新しくてキレイ
2017年08月27日 08:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川小屋。ここも新しくてキレイ
1
荒川中岳への登り
2017年08月27日 08:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川中岳への登り
荒川中岳
2017年08月27日 09:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川中岳
2
千枚小屋へ到着
2017年08月27日 13:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚小屋へ到着
翌朝、百枚小屋前から
2017年08月28日 04:46撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、百枚小屋前から
千枚岳からご来光
2017年08月28日 05:26撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚岳からご来光
日の出と富士山
2017年08月28日 05:31撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出と富士山
笠をかぶった富士
2017年08月28日 05:33撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠をかぶった富士
荒川三山を目指したもうひとつの理由はこの景色を撮ること
2017年08月28日 05:38撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川三山を目指したもうひとつの理由はこの景色を撮ること
千枚岳からの日の出楽しめました
2017年08月28日 06:14撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚岳からの日の出楽しめました
千枚小屋を出発
2017年08月28日 06:14撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚小屋を出発
1
駒鳥池
2017年08月28日 06:35撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒鳥池
苔に覆われた独特な雰囲気
2017年08月28日 06:37撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔に覆われた独特な雰囲気
樹林帯が延々と続く樹林帯
2017年08月28日 06:38撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯が延々と続く樹林帯
ゴール間近の吊り橋
2017年08月28日 09:24撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール間近の吊り橋
沢へ降りてみる、水がきれい
2017年08月28日 09:28撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢へ降りてみる、水がきれい
千枚小屋登山口付近
2017年08月28日 09:34撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚小屋登山口付近
旅のゴール、椹島へ戻ってきました
2017年08月28日 09:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旅のゴール、椹島へ戻ってきました
白樺荘の温泉施設内
井川のヒーローなんでしょうね
2017年08月28日 12:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白樺荘の温泉施設内
井川のヒーローなんでしょうね
1

感想/記録

■Day0
週末の天気予報が見る度に快方に向かっているので、温めていた南アルプス南部のソロ山行へ向かうため、月曜の休みを申請して退社。自宅で3h睡眠。

■Day1
AM0:30起床。1時過ぎに久しぶりのクルマで東名用賀インターへ。新静岡インターから70km、山道が長過ぎてなかなか着きません。畑薙第一ダム駐車場に6時前着。椹島行きバスの1便が7:30か、まだバス停に並ぶのもなと思っていると、椹島方面から送迎バスの臨時便が来て、急いでバス停へ向かいます。ギリギリ乗車できて6:45頃出発、椹島7:50着。
8時に出発して、いきなり急登が始まります。その後もずーっと急登&急登。シャリバテ、足攣り、水分不足にならないよう、1時間間隔の休憩毎にとにかく無理やり食べて飲みます。足攣り防止にはマグネシウム入りスポーツようかん&ポカリスエット粉末を溶かしたドリンク、シャリバテ防止にはおにぎり&ミックスナッツが良かったかな。赤石小屋ではカップヌードルで塩分補給と汗で冷えた体を温めます。既に宿泊者が食堂を使ってるということで食堂は入らせてもらえず、玄関内なら食べてもいいとのこと。ありがたい。足攣りそうなので、ここに泊ってしまおうかとも思いましたが、きっと後悔するので、予定通り赤石岳避難小屋を目指します。富士見平からはまさかの下降で精神的に凹み、森林限界を超えてからは視界に稜線が入ってもなかなか近づかず。沢沿いの道付近で水を汲みます。水場マークは見つけられませんでしたが、登山道のすぐ脇を流れてるのでカンタンに汲めました。ある程度登ってからだと流れが細くて難しいかもしれません。なお、避難小屋に水場はありませんが、天水を沸かしたお湯は頂けたので食事用に使う分は結果的に要りませんでした(時期によっては必ずしもお湯はいただけないかもしれません)。稜線に出て赤石岳ピークへの最後の登りを意地で登ります。
小屋到着は16時を過ぎてしまい、小屋のオヤジさんに遅くなりましたと伝えましたが、特に怒られたりはせず。2日目は聖平小屋、3日目は茶臼小屋経由で畑薙大吊り橋へ向かう予定だと伝えると、もし辛くて3日目に聖岳登山口へ下降したときのお守りとして、送迎バス乗車のための小屋泊領収書を持っておきなよとオヤジさん。噂通り優しくて気さくな方でした。その後シュラフを広げる場所が隣同士になったソロのブロガー君とすぐに仲良くなり談笑。他にもグループやソロの違いに関わらず、どなたとも気さくに話して打ち解け合う感じで、オヤジさんの持つ雰囲気が目当てでこの小さな小屋に集まってるんだろうなと思う。
その後、夕飯&ビールを済ませ、6時が近づくと大勢で近くの赤石岳ピークへ夕陽を見に。この日はとっても焼けました。オヤジさんの話しだと、これまでずっとガスガスでこんなに晴れたのは久しぶりなんだとか。

■Day2
ご来光に期待して4:30起床。山頂直下なので小屋前で日の出を待ちます。東の空に雲がかかってあまり焼けませんでしたが、北岳より近くて大きく見える富士山の存在感はハンパなく、雲海とご来光を楽しめました。
小屋に戻ると、続々と皆さん出発されていきます。オヤジさんはその度に小屋の前で見送り、皆さん口々にまた来ますと言っていました。この日悩んだあげくコースを荒川三山にすることにしたことをオヤジさんに言うと、今度は聖岳の方からまた来てよと言われ、ぼくもまた来ますと伝えました。仲良くなったブロガー君も今夜は千枚小屋に泊るということで、後でまた会おうと伝え、出発します。
右手にずっと富士山を見ながら、小赤石岳を超えて、荒川小屋への道は広々とした気持ちの良い道。300mくらい下降して、荒川中岳へ向けて400mの登り返し。何度かすれ違うソロの人と立ち止まって談笑。なんだかこの山域全体がいい雰囲気。標高差がハードで山慣れした健脚な人が集まる→人少ない→人に会うと話したくなるからかしら。
中岳への登りはお花畑の中を登ります、特に危険な場所はなし。悪沢岳への登りは手足を使う岩稜エリア。先月の沢登りの感覚でスムーズに登れた気がします。
その後は丸山、千枚岳を経由して千枚小屋へ。小屋前の水場で頭を濯ぎました、超気持ちいい! 小屋は新しくとてもキレイでしたが、シュラフ持参の素泊まりは一番奥の素泊まり棟の百枚小屋へ。最初は1人でしたが、お好み焼き屋さんを営むご夫妻、昨日仲良くなったブロガー君、もう1人の合計5人。ここでもご夫妻と仲良くなり話したり飲んだり。ご夫妻は翌日赤石岳避難小屋で山登れ!酒飲め!Tシャツを買うのが今回の山行の目的だとか。

■Day3
この日は下山のみだけど、千枚岳へ登りご来光を撮影することに。小屋前からもご来光&富士山は見れますが、千枚岳まで登ると空が広くて気持ちいい日の出が見れます。空身で登れば20分ほど。
3時過ぎに出発したご夫妻と別れ、この日はゆっくり下山するブロガー君とも別れ、再びソロ状態。途中駒鳥池に立ち寄り苔に覆われた池でまったり。その後は10:30のバスを目指してひたすら樹林帯を下ります。椹島手前で岩稜を登り返すウソだろという区間がありますが、それを越えて吊り橋を渡り、フィナーレ。6:00出発で9:30着はなかなか巻けました。この日は10:30発のバスが増便で2台出ました。

当初計画したルートは聖岳経由で3日間ハードに歩き通すコースでしたが、初日の疲労が激しく一般的なルートにチェンジしたことで、北岳のときのような達成感はなく、一度は今回は敗退だなと考えてましたが、色んな人と仲良くさせてもらって、ソロ山行としてはなかなか良かったんじゃないかと感じてます。ハードに歩くことばかりでもね。

帰りは白樺荘で温泉、静岡県に来ているという理由から突然海鮮丼が食べたくなってしまいました。温泉併設の食堂にはなく、新東名に乗るまでに探すも海鮮丼を食べられそうな所はなく、海鮮丼を求めてそのままJR清水駅へ。15時はどこもやっていなくて、渋々と海鮮居酒屋チェーンで海鮮丼を注文。ネタが小さくて酢飯でもなく、これじゃない状態。最後に悲しい思いをしましたが、赤石岳〜荒川三山はお会いした方々のおかげで楽しい山行になりました。
訪問者数:291人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ