また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1255861 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

黒部五郎岳 ライチョウが案内人

日程 2017年09月10日(日) 〜 2017年09月12日(火)
メンバー
天候初日晴れ⇒2日目曇り⇒3日目雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高温泉付近に登山者用の無料駐車場あり。しかし、当日朝来たのでは満車で停められない。前日入りした方が良い。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間42分
休憩
2時間12分
合計
8時間54分
Sスタート地点05:3505:43新穂高温泉バス停05:52登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)05:5506:10お助け風穴06:23中崎橋06:31笠新道登山口06:3206:43わさび平小屋06:4907:08小池新道入口07:49秩父沢出合07:5508:07チボ岩08:0808:35イタドリが原08:3609:01シシウドヶ原09:2110:05鏡池10:1410:22鏡平山荘10:3611:46弓折乗越12:2112:27弓折岳12:32弓折岳(分岐)12:4212:45弓折岳12:49弓折乗越13:0413:17花見平13:30くろゆりベンチ13:3514:08双六池14:18双六小屋14:2414:29宿泊地
2日目
山行
7時間18分
休憩
58分
合計
8時間16分
双六岳中道分岐06:0306:36双六岳06:58中道分岐07:30丸山07:51三俣蓮華岳07:5608:17三俣蓮華岳巻道分岐08:1809:09黒部五郎小舎09:4112:07黒部五郎の肩12:16黒部五郎岳12:3512:48黒部五郎の肩12:4913:27雷岩(黒部五郎カール)14:19黒部五郎小舎
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所、特になし。道はよく整備されていたと思う。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 保険証 携帯 時計 タオル ストック ナイフ カメラ

写真

05:35
無料駐車場。朝は満車。
いざ出発!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:35
無料駐車場。朝は満車。
いざ出発!
05:43
駐車場から8分歩いて、新穂高登山指導センター前。登山口はまだまだ先。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:43
駐車場から8分歩いて、新穂高登山指導センター前。登山口はまだまだ先。
05:52
左俣林道のゲート。わさび平小屋まで約70分。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:52
左俣林道のゲート。わさび平小屋まで約70分。
05:59
天気は良好。林道を進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:59
天気は良好。林道を進む。
06:23
この橋の欄干は何故こんなにも凸凹に折れ曲がってしまったのか…?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:23
この橋の欄干は何故こんなにも凸凹に折れ曲がってしまったのか…?
06:32
笠新道入口。ここで出ている水で顔を洗った。
笠ヶ岳を登った時はここを入っていったが、今回はここを素通り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:32
笠新道入口。ここで出ている水で顔を洗った。
笠ヶ岳を登った時はここを入っていったが、今回はここを素通り。
06:43
わさび平小屋に到着。ここで小休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:43
わさび平小屋に到着。ここで小休憩。
06:49
牛乳(200円)を購入。直ぐに飲み干した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:49
牛乳(200円)を購入。直ぐに飲み干した。
06:54
林道をひたすら進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:54
林道をひたすら進む。
07:07
小池新道入口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:07
小池新道入口
07:18
こういう石畳、誰が敷いてくれたのか…。本当に有り難い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:18
こういう石畳、誰が敷いてくれたのか…。本当に有り難い。
07:51
秩父沢に架かる小さな橋を2つ渡る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:51
秩父沢に架かる小さな橋を2つ渡る。
07:51
秩父沢の上流方向。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:51
秩父沢の上流方向。
08:05
ぬ?大量の羽蟻に遭遇!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:05
ぬ?大量の羽蟻に遭遇!
08:12
振り返って撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:12
振り返って撮影。
08:26
イタドリヶ原
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:26
イタドリヶ原
1
09:01
シシウドヶ原(2,090m)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:01
シシウドヶ原(2,090m)
09:45
「鏡平まで500m」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:45
「鏡平まで500m」
10:06
鏡平に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:06
鏡平に到着。
10:18
なるほど。これが鏡平か。
奥に望むのは穂高連峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:18
なるほど。これが鏡平か。
奥に望むのは穂高連峰。
1
10:18
一瞬、雲間から槍ヶ岳が見えた!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:18
一瞬、雲間から槍ヶ岳が見えた!
10:18
雲が邪魔・・・。穂高連峰の稜線全部を見る事は出来なかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:18
雲が邪魔・・・。穂高連峰の稜線全部を見る事は出来なかった。
10:22
鏡平山荘に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:22
鏡平山荘に到着。
10:23
ここの名物はかき氷。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:23
ここの名物はかき氷。
10:27
かき氷(レモン)を美味しくいただいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:27
かき氷(レモン)を美味しくいただいた。
10:37
鏡平山荘付近にはいくつか池がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:37
鏡平山荘付近にはいくつか池がある。
10:39
池にはオタマジャクシが沢山居た。(この時期に?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:39
池にはオタマジャクシが沢山居た。(この時期に?)
11:00
鏡平から少し登って、その鏡平を見下ろしたところ。
鏡平山荘の屋根も少し見えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:00
鏡平から少し登って、その鏡平を見下ろしたところ。
鏡平山荘の屋根も少し見えている。
11:12
あ!槍ヶ岳が雲間から見えた!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:12
あ!槍ヶ岳が雲間から見えた!
11:12
4倍ズームで槍ヶ岳を急いで撮影!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:12
4倍ズームで槍ヶ岳を急いで撮影!!
11:53
弓折岳分岐の到着。
ここでも休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:53
弓折岳分岐の到着。
ここでも休憩。
12:28
写真の右奥が弓折岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:28
写真の右奥が弓折岳。
12:35
弓折岳 山頂(2,588m)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:35
弓折岳 山頂(2,588m)
12:36
弓折岳からの眺望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:36
弓折岳からの眺望。
13:07
中央に写っているのは鏡平山荘。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:07
中央に写っているのは鏡平山荘。
13:10
稜線沿いを双六小屋へ向かって進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:10
稜線沿いを双六小屋へ向かって進む。
13:28
ここを下りた馬ノ背地点にベンチがあり、そこでも休憩した。
弓折岳分岐と双六小屋の中間地点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:28
ここを下りた馬ノ背地点にベンチがあり、そこでも休憩した。
弓折岳分岐と双六小屋の中間地点。
13:45
双六小屋が見えた!
その奥に見えるのは鷲羽岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:45
双六小屋が見えた!
その奥に見えるのは鷲羽岳。
2
13:54
なかなか近くならない双六小屋(写真中央)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:54
なかなか近くならない双六小屋(写真中央)。
13:54
前の写真の4倍ズーム!(このカメラの限界)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:54
前の写真の4倍ズーム!(このカメラの限界)
14:07
うし、双六小屋までもう少し!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:07
うし、双六小屋までもう少し!
14:12
初日の宿、双六小屋に到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:12
初日の宿、双六小屋に到着!
14:19
布団12セットの部屋がこの日の寝床。番号は24まで割り振られている。混雑時は2人で布団1枚となる模様。この日はこの部屋に5人だったので余裕だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:19
布団12セットの部屋がこの日の寝床。番号は24まで割り振られている。混雑時は2人で布団1枚となる模様。この日はこの部屋に5人だったので余裕だった。
14:25
冷えたジュース(小屋で購入)と鷲羽岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:25
冷えたジュース(小屋で購入)と鷲羽岳。
17:03
双六小屋での夕食。天麩羅だった。山奥に来て、こんなしっかりした食事が摂れるのは本当に有り難い。美味しく戴きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17:03
双六小屋での夕食。天麩羅だった。山奥に来て、こんなしっかりした食事が摂れるのは本当に有り難い。美味しく戴きました。
1
17:45
夕暮れの鷲羽岳を背負って記念撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17:45
夕暮れの鷲羽岳を背負って記念撮影。
05:32
2日目の朝。窓は当然の様に結露。外は10℃以下。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:32
2日目の朝。窓は当然の様に結露。外は10℃以下。
05:33
関西では有名な(?)リピート山中氏のコンサートポスター。宿泊当日がコンサートの日だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:33
関西では有名な(?)リピート山中氏のコンサートポスター。宿泊当日がコンサートの日だった。
05:38
双六小屋の北側をパノラマ撮影。
ん〜、上手く合成できてないな…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:38
双六小屋の北側をパノラマ撮影。
ん〜、上手く合成できてないな…。
05:38
鷲羽岳を撮って、いざ出発!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:38
鷲羽岳を撮って、いざ出発!
05:42
少し進んで、振り返って双六小屋を撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:42
少し進んで、振り返って双六小屋を撮影。
05:54
巻道分岐。
双六岳へ進んだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:54
巻道分岐。
双六岳へ進んだ。
05:57
中道分岐。
双六岳へ進んだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:57
中道分岐。
双六岳へ進んだ。
06:05
何度も撮ってしまう鷲羽岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:05
何度も撮ってしまう鷲羽岳。
1
06:05
あ!槍の先だけ雲を出た!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:05
あ!槍の先だけ雲を出た!
06:05
4倍ズームで槍先を再撮影!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:05
4倍ズームで槍先を再撮影!
1
06:17
あ、また槍先が雲の上に!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:17
あ、また槍先が雲の上に!
06:17
また4倍ズームで槍先を撮影!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:17
また4倍ズームで槍先を撮影!
06:17
鷲羽岳〜槍ヶ岳までのパノラマ写真。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:17
鷲羽岳〜槍ヶ岳までのパノラマ写真。
06:34
双六岳山頂(2,860m)に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:34
双六岳山頂(2,860m)に到着。
06:37
毎度ながら、山頂での記念撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:37
毎度ながら、山頂での記念撮影。
06:46
三俣蓮華岳へ向けて出発!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:46
三俣蓮華岳へ向けて出発!
06:46
双六岳を下る。
だいぶガスってきた・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:46
双六岳を下る。
だいぶガスってきた・・・。
06:57
ガスが濃くなってきた。視界50mくらいかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:57
ガスが濃くなってきた。視界50mくらいかな?
06:58
中道稜線分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:58
中道稜線分岐
07:36
右の白いのは残雪だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:36
右の白いのは残雪だ。
07:48
三俣蓮華岳に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:48
三俣蓮華岳に到着。
07:51
三俣蓮華岳山頂(2,841m)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:51
三俣蓮華岳山頂(2,841m)
08:00
休憩を終えて、黒部五郎小舎へ向けて出発!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:00
休憩を終えて、黒部五郎小舎へ向けて出発!
08:07
ますますガスが濃くなってきた…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:07
ますますガスが濃くなってきた…。
08:17
巻道への分岐。
巻道では無く、黒部五郎岳ルートを進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:17
巻道への分岐。
巻道では無く、黒部五郎岳ルートを進む。
08:26
この辺りもガスが晴れれば景色が良い筈なんだけど・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:26
この辺りもガスが晴れれば景色が良い筈なんだけど・・・。
08:50
黒部五郎小舎が見えた!!(写真中央の赤い屋根)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:50
黒部五郎小舎が見えた!!(写真中央の赤い屋根)
08:56
雲が低い・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:56
雲が低い・・・。
09:07
黒部五郎小舎に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:07
黒部五郎小舎に到着。
09:21
小舎で買った不二家ネクター(桃ジュース)をサクッと飲み干した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:21
小舎で買った不二家ネクター(桃ジュース)をサクッと飲み干した。
09:42
小舎のベンチで休憩後、黒部五郎岳を目指して改めて出発!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:42
小舎のベンチで休憩後、黒部五郎岳を目指して改めて出発!
10:00
途中、小さな沢を沢山渡る。ここでは顔も洗った。笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:00
途中、小さな沢を沢山渡る。ここでは顔も洗った。笑
10:11
ここで初めて持参したアクエリアスを飲んだ。(それまでは、カフェオレや、小屋で購入のジュースだった。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:11
ここで初めて持参したアクエリアスを飲んだ。(それまでは、カフェオレや、小屋で購入のジュースだった。)
10:15
向こうの山に山荘が見えた。雲の平山荘かな?
(4倍ズーム)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:15
向こうの山に山荘が見えた。雲の平山荘かな?
(4倍ズーム)
10:50
折角のカールが…、ガスでよく分からない。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:50
折角のカールが…、ガスでよく分からない。。。
10:52
足元には大きなナメクジが居た。
この三日間の山行で、5〜6匹このサイズに出くわした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:52
足元には大きなナメクジが居た。
この三日間の山行で、5〜6匹このサイズに出くわした。
11:06
巨石が沢山あった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:06
巨石が沢山あった。
11:15
奥には少し残雪も見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:15
奥には少し残雪も見えた。
11:17
九十九折りの急な坂が見えた。カールを登っていく道だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:17
九十九折りの急な坂が見えた。カールを登っていく道だ。
11:19
急な坂を登る手前で小休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:19
急な坂を登る手前で小休憩。
11:35
急な坂を登っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:35
急な坂を登っていく。
11:59
稜線に出た!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:59
稜線に出た!
12:02
稜線上を進んでいく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:02
稜線上を進んでいく。
12:17
黒部五郎岳を登頂!
日本百名山68座目クリア!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:17
黒部五郎岳を登頂!
日本百名山68座目クリア!
1
12:24
山頂の標札の直ぐ後ろは賽銭置き場になっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:24
山頂の標札の直ぐ後ろは賽銭置き場になっていた。
12:38
約20分間、山頂を独占させて貰った。
風も強めで、何も見えなかったけど。
これを撮って、下山開始!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:38
約20分間、山頂を独占させて貰った。
風も強めで、何も見えなかったけど。
これを撮って、下山開始!
12:44
この岩場では視界も悪く、目を凝らして道を見極めないと迷いそうだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:44
この岩場では視界も悪く、目を凝らして道を見極めないと迷いそうだった。
12:59
さっき来た道を戻る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:59
さっき来た道を戻る。
12:59
さっき登った急坂を下りていく。
下(写真中央)では学生パーティが休憩していた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:59
さっき登った急坂を下りていく。
下(写真中央)では学生パーティが休憩していた。
13:08
あ、黒部五郎小舎が見えた!
(写真中央付近)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:08
あ、黒部五郎小舎が見えた!
(写真中央付近)
13:09
前の写真じゃ分かり難いので、4倍ズーム!!
うん、やっぱり黒部五郎小舎だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:09
前の写真じゃ分かり難いので、4倍ズーム!!
うん、やっぱり黒部五郎小舎だ。
13:13
カールを下りた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:13
カールを下りた。
14:08
道の隙間から小舎が見えた!(4倍ズーム)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:08
道の隙間から小舎が見えた!(4倍ズーム)
14:13
黒部五郎小舎に戻ってきた〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:13
黒部五郎小舎に戻ってきた〜。
15:34
布団6セット敷かれた部屋に4人。この日も余裕だった♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:34
布団6セット敷かれた部屋に4人。この日も余裕だった♪
15:37
雲が更に低くなってきた。小舎の上数十mしかない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:37
雲が更に低くなってきた。小舎の上数十mしかない。
15:37
夜からは雨予報。テント泊は厳しそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:37
夜からは雨予報。テント泊は厳しそうだ。
15:41
ストーブは四六時中大活躍!これが無いと小舎内は寒かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:41
ストーブは四六時中大活躍!これが無いと小舎内は寒かった。
17:31
黒部五郎岳小舎の夕食。双六小屋と同様、しっかりした夕食だ。本当に有り難い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17:31
黒部五郎岳小舎の夕食。双六小屋と同様、しっかりした夕食だ。本当に有り難い。
05:52
雨・・・。前日の予報通りではあったけど、3日前にこの予報は無かった。様子を窺いつつ、ずぶ濡れ覚悟で出発!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:52
雨・・・。前日の予報通りではあったけど、3日前にこの予報は無かった。様子を窺いつつ、ずぶ濡れ覚悟で出発!
05:57
前日に下りた道は完全に沢と化していた。ここを登り返す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:57
前日に下りた道は完全に沢と化していた。ここを登り返す。
06:07
沢、もとい登山道なんだけど、流量が多い。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:07
沢、もとい登山道なんだけど、流量が多い。。。
06:12
既に靴の中は水浸し。笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:12
既に靴の中は水浸し。笑
06:15
足を滑らせないよう、慎重に登り返した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:15
足を滑らせないよう、慎重に登り返した。
06:27
傾斜が緩くなり、沢登りではなくなったものの、足元は水浸しで、雨風も結構強い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:27
傾斜が緩くなり、沢登りではなくなったものの、足元は水浸しで、雨風も結構強い。
06:54
風は西(写真右)からだった。道は稜線の少し東側にあり、西側のハイマツが防風林代わりとなって、風雨に直接晒されることはあまり無かった。逆風だったらキツかったかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:54
風は西(写真右)からだった。道は稜線の少し東側にあり、西側のハイマツが防風林代わりとなって、風雨に直接晒されることはあまり無かった。逆風だったらキツかったかも。
07:05
巻道の分岐まで来た。双六岳は前日に登ったので、巻道(写真左)へ進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:05
巻道の分岐まで来た。双六岳は前日に登ったので、巻道(写真左)へ進む。
07:42
中道分岐。三俣方向(写真左上)へ進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:42
中道分岐。三俣方向(写真左上)へ進む。
07:45
前日も来た三俣蓮華岳山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:45
前日も来た三俣蓮華岳山頂。
07:50
ここからは殆ど下り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:50
ここからは殆ど下り。
07:57
三俣峠に到着。双六小屋巻道を進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:57
三俣峠に到着。双六小屋巻道を進む。
07:57
この辺も道は小さな沢状態。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:57
この辺も道は小さな沢状態。
08:12
沢越え。って程の沢でも無いか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:12
沢越え。って程の沢でも無いか。
08:25
ひたすら雨。全然止む気配なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:25
ひたすら雨。全然止む気配なし。
08:31
道の横からくる沢。普段なら流量が少ないはずだけど、結構な勢いで道を横切っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:31
道の横からくる沢。普段なら流量が少ないはずだけど、結構な勢いで道を横切っている。
08:31
その沢を3〜4歩で横切る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:31
その沢を3〜4歩で横切る。
08:39
既に3時間弱、雨に打たれて外観ずぶ濡れ。中まで濡れる事は無かったけど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:39
既に3時間弱、雨に打たれて外観ずぶ濡れ。中まで濡れる事は無かったけど。
08:40
まずは双六小屋を目指して、ひたすら雨の中を進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:40
まずは双六小屋を目指して、ひたすら雨の中を進む。
08:46
横からくる沢をいくつも横切る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:46
横からくる沢をいくつも横切る。
08:48
これは笑った。道が完全に沢になっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:48
これは笑った。道が完全に沢になっている。
08:48
沢(ルート)を気を付けて登っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:48
沢(ルート)を気を付けて登っていく。
08:49
斜度からして、沢と言うよりちょっとした滝。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:49
斜度からして、沢と言うよりちょっとした滝。。。
08:51
ちょっとした滝登りは暫く続いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:51
ちょっとした滝登りは暫く続いた。
08:58
斜度が緩くなり、滝登り終了。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:58
斜度が緩くなり、滝登り終了。
09:18
巻道の分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:18
巻道の分岐。
09:27
ようやく双六小屋に到着。ひとまずここで雨宿りしつつ、休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:27
ようやく双六小屋に到着。ひとまずここで雨宿りしつつ、休憩。
09:38
CCレモンで水分補給♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:38
CCレモンで水分補給♪
09:49
少し雨脚が増した中、再出発!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:49
少し雨脚が増した中、再出発!
09:50
テント泊の人達は辛そうだ…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:50
テント泊の人達は辛そうだ…。
10:15
「鏡平まで2.5km」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:15
「鏡平まで2.5km」
10:17
あ!斜面にライチョウを発見!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:17
あ!斜面にライチョウを発見!!
1
10:19
双六小屋と弓折岳分岐の中間地点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:19
双六小屋と弓折岳分岐の中間地点。
10:26
またライチョウに遭遇!
暫くの間、進路を先導してくれた♪笑(下に動画あり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:26
またライチョウに遭遇!
暫くの間、進路を先導してくれた♪笑(下に動画あり)
10:56
振り返って撮影。
初日も撮った風景だけど、晴れと雨で全然違う・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:56
振り返って撮影。
初日も撮った風景だけど、晴れと雨で全然違う・・・。
10:56
鏡平と、山荘が見えた!(写真じゃ善く分からないけど。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:56
鏡平と、山荘が見えた!(写真じゃ善く分からないけど。)
11:08
鏡平山荘に到着。
ここでも雨宿りしつつ、休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:08
鏡平山荘に到着。
ここでも雨宿りしつつ、休憩。
11:18
ここでも不二家ネクター(フルーツミックス)を買って、水分&栄養補給!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:18
ここでも不二家ネクター(フルーツミックス)を買って、水分&栄養補給!
11:28
雨の中、再び出発!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:28
雨の中、再び出発!
1
11:29
鏡平、雨の中では鏡も無し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:29
鏡平、雨の中では鏡も無し。
11:33
ここも沢沿い・・・というか、沢を下っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:33
ここも沢沿い・・・というか、沢を下っていく。
11:54
シシウドヶ原(2,090m)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:54
シシウドヶ原(2,090m)
12:05
山道横から流れてくる沢水。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:05
山道横から流れてくる沢水。
12:09
イタドリヶ原
わさび平まで1:30
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:09
イタドリヶ原
わさび平まで1:30
12:15
沢を横切る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:15
沢を横切る。
12:19
チボ岩を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:19
チボ岩を通過。
12:27
秩父沢に到着。水量はだいぶ増しているが、橋2つが流される程では無かった。セーフ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:27
秩父沢に到着。水量はだいぶ増しているが、橋2つが流される程では無かった。セーフ!
12:28
秩父沢、荒れ狂い気味(?)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:28
秩父沢、荒れ狂い気味(?)。
12:28
「秩父沢」の標識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:28
「秩父沢」の標識
12:32
誰が敷いてくれたのか、天然石の石畳。雨の中でも歩き易い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:32
誰が敷いてくれたのか、天然石の石畳。雨の中でも歩き易い。
12:34
少し先に橋が見えた!小池新道入口だ。林道まであと少し!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:34
少し先に橋が見えた!小池新道入口だ。林道まであと少し!
12:36
「小池新道」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:36
「小池新道」
12:48
橋の無い沢を横切る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:48
橋の無い沢を横切る。
12:58
さっき見えた橋(小池新道入口)に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:58
さっき見えた橋(小池新道入口)に到着。
12:59
あとは林道をひたすら戻るのみ。これが長い・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:59
あとは林道をひたすら戻るのみ。これが長い・・・。
13:03
林道を横切る沢水。最後の沢渡り(?)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:03
林道を横切る沢水。最後の沢渡り(?)。
13:13
わさび平小屋に到着。ここで暫し休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:13
わさび平小屋に到着。ここで暫し休憩。
13:30
笠新道入口に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:30
笠新道入口に到着。
13:30
笠新道入口のホースからの水に頭を突っ込んで、頭&顔を洗った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:30
笠新道入口のホースからの水に頭を突っ込んで、頭&顔を洗った。
13:36
各山荘への荷揚げ等に使用するヘリコプター。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:36
各山荘への荷揚げ等に使用するヘリコプター。
13:51
ん!?あの石積みは何!?重機で積んだのか??自然ではないよね。ワカラン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:51
ん!?あの石積みは何!?重機で積んだのか??自然ではないよね。ワカラン。
14:14
左俣林道のゲートまで戻ってきた。駐車場までもう少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:14
左俣林道のゲートまで戻ってきた。駐車場までもう少し。
14:18
林道手前の道は、路上駐車対策としてポールが置かれてロープが張られていた。2年前に来た時はここまではされて無かったなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:18
林道手前の道は、路上駐車対策としてポールが置かれてロープが張られていた。2年前に来た時はここまではされて無かったなぁ。
14:20
2日前の朝は満車だった有料駐車場。空になっていた・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:20
2日前の朝は満車だった有料駐車場。空になっていた・・・。
14:28
無料駐車場への細道。これも少し長い・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:28
無料駐車場への細道。これも少し長い・・・。
14:30
やっと駐車場へ到着!無事に下山完了〜♪
黒部五郎小舎から8時間38分掛かった・・・。終始雨の中、長かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:30
やっと駐車場へ到着!無事に下山完了〜♪
黒部五郎小舎から8時間38分掛かった・・・。終始雨の中、長かった。
14:45
中崎山荘 奥飛騨の湯
2年前もここを利用した。今回は平日だったお陰で自分一人で貸し切り状態だった。大人800円。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:45
中崎山荘 奥飛騨の湯
2年前もここを利用した。今回は平日だったお陰で自分一人で貸し切り状態だった。大人800円。
16:10
温泉入浴を完了し、帰路に就いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:10
温泉入浴を完了し、帰路に就いた。

感想/記録
by jun-ns

今回3連休が取れて、土日と合わせて5連休になった。
毎年1座は登ろうと思っている北アルプス。
今回はこの連休を利用して奥深い黒部五郎岳を登ってきた。

初日は天気良好。
鏡平では鏡の意味がよく分かった。
弓折岳分岐では既にヘトヘトに疲れて、大休憩をとった。
そこから少し折り返して弓折岳も登った。
かなり休憩をとりながらではあったけど、
ほぼ予定通り14時過ぎには双六小屋へ到着できた。
当初、そこから双六岳を登ろうと思っていたが、
思いの外、疲労が大きかったのと、
双六岳が完全に雲の中だったこともあり、
初日の双六岳登頂は辞めた。

2日目、曇りの中の出発。
終日、雲が晴れる事は無く、青空も見られなかった。
双六岳、三俣蓮華岳を経由して、黒部五郎岳を登頂した。
双六岳は未だ遠くまで見渡せたが、
後者2座では雲に巻かれて景色は全く無かった。
黒部五郎岳から黒部五郎小舎へ戻る途中、擦れ違った人に
「直ぐそこで小熊を見ました。
 親熊も居るかもしれないので気を付けて下さい。」
との情報を得た。
それまでしまっておいた鈴を急いで付けた。
結局、自分が熊を目にする事は無かったが、
小舎では熊を見たという人が複数居た。

3日目、本降り雨の中の出発。
黒部五郎小舎裏の山道は完全に沢になっていて、
暫くはその沢登りだった。
双六岳の巻道では滝のようになった道もあり、
ちょっとした滝登り気分を味わった。
出発時、風雨の状況が不安ではあったが、
コースタイムより早めに双六小屋へ到着できた。
風雨の強さは波があったけど、
問題無しと判断して、その後も下山を続けた。

双六小屋と弓折岳分岐の間ではライチョウに遭遇した。
数分間、道を先導してくれた。






二泊三日の山行は初めてだった。
最終日は雨に祟られてしまったけど、満足のいく山行だった。
鷲羽岳,水晶岳を登る時は全日晴れてくれることを期待する!


















訪問者数:157人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ