また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1266010 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

【久々1dayロングハイクに挑戦】 常念山脈縦走 常念岳-大天井岳

日程 2017年09月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後時々曇り
暖かく穏やかな一日
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●登山口・駐車場
 一ノ沢の駐車場(上の方)を利用 トイレなし 携帯電波圏外
 舗装林道を1kmほど歩くと登山口、そこに登山相談所とトイレがある
 前夜23:00頃到着時、7割くらいの入り
 数百メートル手前の林道沿いにも駐車場所あり
 
◆アクセス
 長野道安曇野IC方面からだと、豊科の町より30分足らずで到着
 穂高カントリ−・安曇野カントリー方面へ入り、一ノ沢林道を道なりに進む
 途中、常念岳の標識も出ている
 一ノ沢林道は全面舗装、道幅広めで、運転しやすい部類に入る
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間23分
休憩
1時間36分
合計
10時間59分
S常念岳登山者用駐車場05:0605:16一ノ沢登山口05:2505:32山ノ神05:3306:05王滝ベンチ06:0606:23烏帽子沢06:43笠原沢07:18最終水場07:2707:54常念小屋07:5708:41常念岳09:0509:38常念小屋09:4310:27横通岳10:3111:12東天井岳11:55大天荘12:05大天井岳12:0812:13大天荘12:2813:04東天井岳13:57常念小屋14:1514:35最終水場15:04笠原沢15:16烏帽子沢15:29王滝ベンチ15:48山ノ神15:4915:54一ノ沢登山口15:5716:05常念岳登山者用駐車場16:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●全般
 メジャーエリアのメジャールート
 道筋明瞭、整備良好で歩きやすかったです
その他周辺情報●下山後の温泉
「安曇野蝶ヶ岳温泉ホリデーゆ〜四季の郷」を利用 530円
 http://www.holiday-you.co.jp/spa.html
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

一ノ沢登山口
駐車場からヘッデン点けて林道を1km歩く
出たときは真っ暗
正直、熊が潜んでいないか怖かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ沢登山口
駐車場からヘッデン点けて林道を1km歩く
出たときは真っ暗
正直、熊が潜んでいないか怖かった
9
まずは常念岳目指して
いざ行かん!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは常念岳目指して
いざ行かん!
2
出だし、山の神という社があった
今日のハイクは、今の自分には、ややムリ目な挑戦かもしれない

貴重な機会、ナイスハイクになることを願って・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だし、山の神という社があった
今日のハイクは、今の自分には、ややムリ目な挑戦かもしれない

貴重な機会、ナイスハイクになることを願って・・・
2
すぐに明るくなってきた
沢沿いの道
稜線が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに明るくなってきた
沢沿いの道
稜線が見えてきた
この赤いのは何だっけ?
ゴゼンタチバナの実でしたね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この赤いのは何だっけ?
ゴゼンタチバナの実でしたね
5
稜線に近づくまで道は緩やか
とても楽だね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に近づくまで道は緩やか
とても楽だね
6
沢沿いで水が豊富な一ノ沢ルート
登山道自体が沢になっているところも
大雨の時はどうなるのだろう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いで水が豊富な一ノ沢ルート
登山道自体が沢になっているところも
大雨の時はどうなるのだろう
2
胸突八丁
いかにもな厳しそうな名称
ここから斜度がアップするのか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胸突八丁
いかにもな厳しそうな名称
ここから斜度がアップするのか?
2
でも整備良好で歩きやすい
その先も斜度はそんなにきつくなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも整備良好で歩きやすい
その先も斜度はそんなにきつくなかった
3
登山道補修の資材を運ぶヘリが何度も飛来
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道補修の資材を運ぶヘリが何度も飛来
2
最終水場
水は命
「最終」って教えてくれるのが親切
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終水場
水は命
「最終」って教えてくれるのが親切
4
ベンチが第1〜3まであった
なんだか燕岳のようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチが第1〜3まであった
なんだか燕岳のようだ
1
稜線が近づくと黄葉が始まっていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が近づくと黄葉が始まっていた
13
いいねえ
なかなかいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいねえ
なかなかいい
17
もうそんな季節なのですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうそんな季節なのですね
9
そうしてこうして、常念小屋がある常念乗越に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうしてこうして、常念小屋がある常念乗越に到着
5
穂高大キレット
手前の緑の山と向こうの岩稜
なんだか合成画像のようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高大キレット
手前の緑の山と向こうの岩稜
なんだか合成画像のようだ
9
まずは常念岳へ
400mのアップとなる
ここまで省エネ歩行で来ている
まだまだ余裕だよ(やせ我慢)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは常念岳へ
400mのアップとなる
ここまで省エネ歩行で来ている
まだまだ余裕だよ(やせ我慢)
8
落とし物手袋が「常念岳あっち」と指差す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落とし物手袋が「常念岳あっち」と指差す
5
やがて、あっち方向に山頂が見えてきた
この登り、今日初めて身体が重くてしんどいと思う
高所反応だろうか
呼吸を整えて、身体の動きと馴染ませるように・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて、あっち方向に山頂が見えてきた
この登り、今日初めて身体が重くてしんどいと思う
高所反応だろうか
呼吸を整えて、身体の動きと馴染ませるように・・・
4
三股からの道と合流
2年前の10月、常念・蝶縦走の時に歩いてきた道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三股からの道と合流
2年前の10月、常念・蝶縦走の時に歩いてきた道
4
ちょっときつかったが、なんとか常念岳山頂到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっときつかったが、なんとか常念岳山頂到着
15
賑わう山頂
近くにいた女性が登頂に感極まって、かなりハイテンションに・・・
なんか叫んではりましたな
その横でゴソゴソと行動食を補給していたマイペースなオッサンはワタクシです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賑わう山頂
近くにいた女性が登頂に感極まって、かなりハイテンションに・・・
なんか叫んではりましたな
その横でゴソゴソと行動食を補給していたマイペースなオッサンはワタクシです
10
槍穂全景
本日も展望良好
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂全景
本日も展望良好
7
もう4年ほど行っていない穂高
吊尾根、何とカーブが美しいこと
また歩いてみたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう4年ほど行っていない穂高
吊尾根、何とカーブが美しいこと
また歩いてみたい
11
奥穂〜北穂
標高3100m級が連なる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂〜北穂
標高3100m級が連なる
8
大キレット
穂高界隈、今年も死亡事故が何件も起きていると聞く
安全第一で行こう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大キレット
穂高界隈、今年も死亡事故が何件も起きていると聞く
安全第一で行こう
11
そして槍ヶ岳
急峻に突き上げているのがよく分かる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして槍ヶ岳
急峻に突き上げているのがよく分かる
17
雲海も見事
南アルプス、八ヶ岳、妙高方面は上だけ見えていた
少し前まで富士山も見えていたらしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海も見事
南アルプス、八ヶ岳、妙高方面は上だけ見えていた
少し前まで富士山も見えていたらしい
3
北方
裏銀座もよく見えている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方
裏銀座もよく見えている
3
立山〜剱もバッチリ
いい日です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山〜剱もバッチリ
いい日です
4
燕岳
その奥は針ノ木岳か
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳
その奥は針ノ木岳か
5
後立山
双耳峰の鹿島槍
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山
双耳峰の鹿島槍
4
さて、次に目指すは大天井岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、次に目指すは大天井岳
7
この中では大天井は左端
ピストンして今日中に下山するなんて、今の自分にはチャレンジなのか、はたまたギャンブルなのか・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この中では大天井は左端
ピストンして今日中に下山するなんて、今の自分にはチャレンジなのか、はたまたギャンブルなのか・・・
6
常念小屋まで下ると、横通岳への登り返し
気楽に行こう
時間的・体力的に無理そうなら、途中で戻って来ればいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念小屋まで下ると、横通岳への登り返し
気楽に行こう
時間的・体力的に無理そうなら、途中で戻って来ればいい
6
登り返し
ハイマツを抜けると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返し
ハイマツを抜けると
2
すぐに開けてくる
斜度は見た目よりも緩い道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに開けてくる
斜度は見た目よりも緩い道
1
横通岳
地図上はトラバースして山頂は通らないが、行きは寄って行こう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横通岳
地図上はトラバースして山頂は通らないが、行きは寄って行こう
5
踏み跡を辿り、山頂へ
ちょっときつかったが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡を辿り、山頂へ
ちょっときつかったが・・・
9
登り切ってしまえば大天井が少し近づいた気が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切ってしまえば大天井が少し近づいた気が
2
同じ山でも、縦走だと移動して違った角度で見えるのがいい
涸沢ヒュッテが見えてきた
ザイテンは、なかなか急傾斜に見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じ山でも、縦走だと移動して違った角度で見えるのがいい
涸沢ヒュッテが見えてきた
ザイテンは、なかなか急傾斜に見える
1
あれは東天井岳かな
山頂への取り付きがよく分からず、行きも帰りも正規ルートで直下を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれは東天井岳かな
山頂への取り付きがよく分からず、行きも帰りも正規ルートで直下を通過
3
この縦走路アップダウンは緩やか
足下は優しく、障害物も限定的
なんて歩きやすい
調子が上がる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この縦走路アップダウンは緩やか
足下は優しく、障害物も限定的
なんて歩きやすい
調子が上がる
6
石室の跡かな
そういえば、スライドした女性からライチョウ情報をいただいたけど、会えなかった
これで2年会えてない
行いが悪かったかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石室の跡かな
そういえば、スライドした女性からライチョウ情報をいただいたけど、会えなかった
これで2年会えてない
行いが悪かったかな
2
少しずつ高度を上げていく
引き続き道は緩やか
あの正面も見た目ほどではなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しずつ高度を上げていく
引き続き道は緩やか
あの正面も見た目ほどではなかった
4
そろそろ往路終盤
あれはピークじゃなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ往路終盤
あれはピークじゃなかった
3
大天荘まで1km!
足どり軽く、思ったより早く着けそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天荘まで1km!
足どり軽く、思ったより早く着けそう
1
大天井ホワイトロード
眩しい眩しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井ホワイトロード
眩しい眩しい
3
常念乗越から2時間ほど
ついに大天井岳が目前に
直下に山小屋大天荘が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念乗越から2時間ほど
ついに大天井岳が目前に
直下に山小屋大天荘が見える
3
先に大天井岳山頂へ行っとこう
標高2922m也
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に大天井岳山頂へ行っとこう
標高2922m也
11
染まり始めた表銀座縦走路と槍穂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
染まり始めた表銀座縦走路と槍穂
4
針ノ木岳と高瀬ダム
水の色が特徴的
まさに水色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木岳と高瀬ダム
水の色が特徴的
まさに水色
3
まだ見えてる立山と剱
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ見えてる立山と剱
2
水晶岳
別名黒岳と言うだけあって、ほかの山より黒い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳
別名黒岳と言うだけあって、ほかの山より黒い
6
野口五郎さん
対照的に白くてなだらか
山頂で昼寝できるなら、ここがいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野口五郎さん
対照的に白くてなだらか
山頂で昼寝できるなら、ここがいい
3
鷲羽岳
翼があれば、三俣山荘まで飛んでいってコーヒータイムだな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳
翼があれば、三俣山荘まで飛んでいってコーヒータイムだな
4
なだらかに見える双六岳〜三俣蓮華岳
黒部五郎さんはあの向こうでしょうね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかに見える双六岳〜三俣蓮華岳
黒部五郎さんはあの向こうでしょうね
3
大天荘前で一服
ここも山頂直下の山小屋
標高2900mを感じさせない、なだらかで平和な場所
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天荘前で一服
ここも山頂直下の山小屋
標高2900mを感じさせない、なだらかで平和な場所
4
それでは元来た道を・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでは元来た道を・・・
7
この縦走路、ずっと槍ヶ岳が友達
ここまで来ると小槍まで見える
それにしても北鎌尾根の厳つさときたら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この縦走路、ずっと槍ヶ岳が友達
ここまで来ると小槍まで見える
それにしても北鎌尾根の厳つさときたら
5
これをずっと下降していったら、いつかは上高地に辿り着くのだろうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これをずっと下降していったら、いつかは上高地に辿り着くのだろうか
4
帰りの横通岳はトラバース道を
正に「横」を「通」らせていただく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの横通岳はトラバース道を
正に「横」を「通」らせていただく
1
最後の登り返しを終えて
常念乗越へ下る
正面そびえる常念
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登り返しを終えて
常念乗越へ下る
正面そびえる常念
2
常念乗越に戻り縦走終了
この眺めも見納め
これからテント泊、いいですね
日中は暖かいが、早朝は結露が凍るようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念乗越に戻り縦走終了
この眺めも見納め
これからテント泊、いいですね
日中は暖かいが、早朝は結露が凍るようです
2
一息入れて下山にかかる
近くの紅葉にガスがかかる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一息入れて下山にかかる
近くの紅葉にガスがかかる
4
少し下ったところの樹林帯
こんな所もあったのか
往路はまったく気づいていない(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下ったところの樹林帯
こんな所もあったのか
往路はまったく気づいていない(笑)
5
一ノ沢へ下りていく
登山の事故は下山中に多い
丁寧に足を運ぼう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ沢へ下りていく
登山の事故は下山中に多い
丁寧に足を運ぼう
1
このルート、徒渉がたくさんあるが、もれなく丸太橋が架けられている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルート、徒渉がたくさんあるが、もれなく丸太橋が架けられている
朝のヘリで運ばれた資材
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝のヘリで運ばれた資材
寡黙な作業員お2人でまだまだ作業中だった
ここまでは歩いて来るのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寡黙な作業員お2人でまだまだ作業中だった
ここまでは歩いて来るのかな?
1
割と高度感あるトラバース道
往路は先に進むことに夢中で、あまり覚えていない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
割と高度感あるトラバース道
往路は先に進むことに夢中で、あまり覚えていない
これを下ると沢へ
胸突八丁の標識のところ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを下ると沢へ
胸突八丁の標識のところ
沢に下りると斜度が緩くなるので、ランも交えて快調に下る
こんな所も突っ込む、そして何度も滑ってコケる(笑)
人様の目の前でズッコけること3回
お騒がせしました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に下りると斜度が緩くなるので、ランも交えて快調に下る
こんな所も突っ込む、そして何度も滑ってコケる(笑)
人様の目の前でズッコけること3回
お騒がせしました
2
古池や蛙飛びこむ水の音
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古池や蛙飛びこむ水の音
2
山の神様
ありがとうございました
ナイスハイクになりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神様
ありがとうございました
ナイスハイクになりました
3
尻上がりに調子が良くなり、あっという間に登山口
こういう時は、いい意味で感覚が麻痺
あまり疲れた気がしない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尻上がりに調子が良くなり、あっという間に登山口
こういう時は、いい意味で感覚が麻痺
あまり疲れた気がしない
3
素敵なご夫婦に話しかけられ、一枚撮っていただく
稜線で私とスライドされて、見覚えがあったようです
ところで、オッサン、まだまだ余裕あるんと違う?
イヤ、ソウデモナイヨ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵なご夫婦に話しかけられ、一枚撮っていただく
稜線で私とスライドされて、見覚えがあったようです
ところで、オッサン、まだまだ余裕あるんと違う?
イヤ、ソウデモナイヨ
12
林道を1km歩いて駐車場へ
11時間の長旅もこれで終わりだ
無事終了して何より
運転気をつけて帰ろう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を1km歩いて駐車場へ
11時間の長旅もこれで終わりだ
無事終了して何より
運転気をつけて帰ろう
4
温泉はホリデーユ〜へ
すっかり寛いでしまい、もう泊まってしまいたかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉はホリデーユ〜へ
すっかり寛いでしまい、もう泊まってしまいたかった
7
帰りの運転前に、館内で早めの夕食を
信州サーモン丼を食す
ニジマスの改良品種みたい
美味し!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの運転前に、館内で早めの夕食を
信州サーモン丼を食す
ニジマスの改良品種みたい
美味し!
10

感想/記録
by 3120m

1dayロングハイク、定義は人それぞれだと思うが、
長丁場が苦手な自分の場合、過去の経験から総合すると、

概ね(あくまでも)
 距離:20km以上
 累積標高差:2000m以上
 出発→帰着:10時間以上
そして、「やりきった〜!」という心地良い疲労感があること

大体そんなところだ。

上記スペック以上のハイクを、常時サラリとこなせたらいいのだが、
元々のんびり屋で、スポーツマンでもないから、
性格的に、この趣味に関してもそんなにストイックにならない(なれない)。
そして、サボっているとすぐに衰えてしまい、良い時との差が大きい(笑)。

ただ、日常生活との兼ね合いで、なかなかロング日程で山に入りにくいので、
そんな時に、ちょっと頑張れる余剰体力・精神力があれば、
1泊や2泊が定番の憧れのコースでも、うまくいけば1日で回ることができる。
それに、途中で調子が乗ってきて一線のようなものを越えると、
ランナーズハイのような状態になり、
思わぬ好パフォーマンスに繋がることがある。

たとえ遊びでも、できなかったことができるようになるというのは、
何歳になっても素直に嬉しいし、気持ちを明るくもち続けることができますしね。

今回歩いたルートは、
2年前に旧友2名と三俣発で常念・蝶と縦走したときに、常念岳から眺め、
見た目「なんて良さげな縦走路なんだろう」と、ずっと気になっていた。

本当は、1泊2日行程で大天荘でテント泊したらのんびりできる。
しかし、なんとか1dayで行けないだろうか?
あーでもないこーでもないと考慮。
ムリ目かとも思ったが、思い切って実行してみることにした。

今年の夏山シーズンは完全なる場数不足。
身体が出来上がっておらず、
今月初旬の南アルプスの時など、散々たる調子の悪さだった。
それでも、翌週の八ヶ岳では少しもち直し、
さらに調子を上げていきたかったところで先週の台風だった。

知らず知らずのうちに雑になっていた、コンディショニングや補給の面については、
助言をいただいたりしながら自己反省。
自己流だが、平素のトレーニングは細々続けている。
うまく噛み合えば、なんとかなるんじゃないかという気もしていた。

前半、常念岳と横通岳への登り、即ち標高2500mを越えるような高所の登りでは、
相も変わらず、絶望的に身体が重く苦しかった。
そこでムキにならずに、呼吸や歩調を整えて丁寧に対応。
面倒くさがって補給も怠らないようにして、なんとか凌いだ。

幸い、縦走路がとても歩きやすかったおかげか、
その後は尻上がりに調子がよくなった。
久しぶりに、ちょっとしたナチュラルハイ状態を味わい、
そんなに疲労感もなく無事終了。
目標通りに歩けて素直に嬉しかった。

高所の稜線では、天気次第でもういつ雪が降ってもおかしくないこの時期。
今年も、素人が安心して歩けるのは、もう僅かな間かもしれない。

紅葉が始まり、
気分的には、どこかでコーヒーを湧かすようなのんびり散策もいいし、
でも、今日みたいなのをもう1回やってみたいと思ったり・・・
優柔不断の気まぐれ人間、
現金ですが、進みゆくこの秋、
自分の休日と天気が、噛み合うことを願うばかりです(笑)。
訪問者数:567人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/26
投稿数: 257
2017/9/25 20:21
 相変わらずハードな行動ですね
3120mさん こんばんは
相変わらず すごい距離と時間ですね。
もう足の方は大丈夫なようですね。

気持ちは「もっとやりたい」と思うのですが、私のロングは、山なら12辧∋間なら6〜7時間というところです。
若いときでもすぐにケイレンが起こり、ロングな山行はできませんでした。

槍穂高などしっかり見えて最高の登山日和でしたね。
このコースはやはり天気が良ければ最高のコースですね。
登録日: 2010/8/9
投稿数: 1782
2017/9/26 0:15
 素晴らしいですね!
3120mさんの山に対する誠実さ、ご自身に対する誠実さ、
そして、その成果物として得られた今回のハイクの結果、
全て感動しました

疲れずハイクを終えられる、それって満足度が高いですよね。
当然、クタクタになったハイクで得られる達成感もひとしおでしょうが、
山という偉大なものへのチャレンジの結果、
自身の力を残せた状態で終えられるというのは、
それ自体が嬉しいですし、余裕があると山を、絶景を、より楽しめますものね

ワタクシも、緩いのも良いけどロングも良いなぁと同じように迷っており、
残り少ないアルプスハイクをどう楽しもうか。。。
お互いシーズンアウトに向け、良いハイクが出来ると良いですね^^
登録日: 2013/8/17
投稿数: 538
2017/9/26 18:33
 Re: 相変わらずハードな行動ですね
100yamaさん、こんばんは

ありがとうございます。
6月頃におかしかった股関節周辺は、まあ持病のようなものでして、騙し騙しですが、その後はひどい再発はなく、軽い違和感程度で、ストレッチや補強トレのおかげか、今回も大丈夫そうです。

運動強度や距離など、人それぞれの落としどころがあると思います。
僕の場合も、トレランの大会など友人から誘われ、そういうのも取り入れれば、もっと強くなるのは分かっているのですが、生来の自由人なもので、大会のために日時を拘束されたり、大人数で狭い山のコースを追われるように進んだりとか、レギュレーションを頭に入れたりするのも苦手なもので(笑)、相も変わらずのマイペースを楽しんでいます。

今回のハイクでも、60〜70代と思われる方々をたくさんお見かけしました。
みなさん、すごいバイタリティです。
私など、もしその年代に生きていたとしたら、とてもそんな元気はなく、すっかりインドアになっていると思いますよ。
登録日: 2013/8/17
投稿数: 538
2017/9/26 18:46
 Re: 素晴らしいですね!
messiahさん、こんばんは
気まぐれオヤジに、身に余るお言葉。
全くもって恐縮しております。

それよりも、こちらこそ今日もmessiahさんのザ・グレーテストピストンを見かけてしまいました。
また後ほどお邪魔したいと思います。

おかげさまで、今回も導入部から前半を丁寧に進めたことにより、大天井への途中であきらめて引き返すことなく、最後まで行ってくることができました。
常念への登りなどは相も変わらず失速気味ですが、まあこれはこの先の課題ですね。

それでも、最初は遠くに見えた山々が、自分の脚で歩き続けることにより、だんだんと近づいてくるのは、たまらなかったです。

初めてのコースだったので、時間的な目安が今一つ分からなかったですが、幸い歩きやすい道だったことも手伝い、捗りました。
帰りの運転もありますし、やはり余力をもって終われるというのはいいものですね。

残り少ない夏山アルプスシーズン、悪天候などで週末がつぶれないことを祈るばかりです。
登録日: 2013/7/20
投稿数: 862
2017/9/27 7:26
 下調べに…!
3120mさん

おはようございます〜♪
実は今週末に常念岳へ行く予定で
検索しレコを見ていたら3120mさんのレコに即辿り着きました(笑)

おかげ様で細かい登山道の様子を確認出来きました♪
参考にさせて頂きますね!
(常念岳ピストン予定ですが…(^_^;))

素晴らしい景色でしたね。
次の日曜日、同じようにお天気が良いと良いなぁ!

いつか私も表銀座や裏銀座を歩いてみたいですね。

しかし3120mさんの脚力は相変わらず凄いですね…(^_^;)
お疲れ様でした!
登録日: 2013/8/17
投稿数: 538
2017/9/27 18:27
 Re: 下調べに…!
Ekkorinさん、こんばんは
ありがとうございます。
この夏山シーズンは思いの外歩けていませんでしたが、ちょっと調子が上がってきたのもあり、思い切ってステップアップにと、サボり癖を振り払うべく頑張ってみました(笑)。

週末、常念岳行かれますか!
天気の周期は良さそうですね。
冷え込みがくるとか言ってますが、いかほどのものでしょうかね。

僕も一ノ沢コースは初めてでしたが、オーソドックスで申し分ないトレイルだったと思います。
小屋から山頂への登りが息が切れましたが、1時間弱の辛抱ですね。
常念ピストンだけでも絶景なので、色々と展望を楽しむことができると思います。
穂高〜槍が手に取るように近くに見られるのは、定番の眺めとは言え圧巻ですね。

私も、谷川苗場方面にはとても興味をもっており、色々調べていたらレコを拝見しました。
標高低めでももう紅葉がほぼピークなんですね。
こちらからは少々遠く、今年はムリかも知れないけど、必ず訪れてみたいと思っていますよ!
登録日: 2014/7/8
投稿数: 1788
2017/9/27 21:05
 ナチュラルハイの爽快感、良いですね!
3120mさん、こんばんは。

まさか、大天井岳の方にいらしてたのですね。あの稜線のラインを始めて見たのですが、歩んでみたくなります。何よりも槍穂高を見ながら目指せれるってのが良いですね。ちっぽけながらも自然に溶け込みつつも、大地を踏み締めながら一陣の風になる...な〜んて巡られるのは良いな〜って思いますよ(私なんて樹林帯が長くて、いつもの山行みたいでしたし
登録日: 2015/6/27
投稿数: 201
2017/9/27 21:47
 稜線の景色がホント素晴らしいですね!!
3120mさん、こんばんは
1dayロングハイク、お疲れ様でした。

綺麗な紅葉や美しい稜線、遠くの山々の素晴らしい展望などなど、写真を見ていて自分も常念〜大天井縦走してみたくなりました。

調子がいいときのナチュラルハイ状態、私もわかります。
目標通りや目標以上に歩けたときってすごく嬉しいですよね。

綺麗な写真が見れてよかったです。ありがとうございました(^^)
登録日: 2013/8/17
投稿数: 538
2017/9/27 22:42
 Re: ナチュラルハイの爽快感、良いですね!
karuさん、こんばんは
こちらにまでありがとうございます。

新穂~の道は、確か4年前に南岳新道で槍平に降りてから下りで使っていますが、確かに地味で長かった印象があります。
でも過去には、熊被害や豪雨の滝谷では事故も起きてますから、どこでも油断は禁物ですよね。

日曜はとても過ごしやすい1日でしたね。
稜線の風は適度で寒くもなく心地よかったですし、この時期、もう虫もたかってこないですから、こんな時期が長く続くといいのですが・・・
秋の過ごしやすい時期というのはホント短くて・・・

常念のラインは、2年前の蝶への縦走の時が初めてでしたが、槍穂の眺めは分かっていても、まるで合成ではないかと思うほど圧巻です。
常念に登るのはやや急坂かなと思いますが、この界隈が道が歩きやすく、景色もいいということで、とてもお勧めです。
駐車場から林道バスや乗合タクシーに乗らなくても、すぐに歩き出せるのもいいですね。
登録日: 2013/8/17
投稿数: 538
2017/9/27 22:51
 Re: 稜線の景色がホント素晴らしいですね!!
yama-memoさん、こんばんは
ありがとうございます。

もう思ったより紅葉が進んでいまして、驚きでした。
南アルプスなんかもこれからあっという間なんでしょうね。

ソロハイクでは計画立案から実行、そして無事に帰宅するまで、まあなんと申しましょうか、自分との対話のようなところがありますよね。
yama-memoさんのソロハイクなどを拝見していても、ホントそう思います。

仰るように調子が上がっていくときは、やはりいいものですね。
遊びでも、惰性ではなくて自分なりにちょっとした目標をもってやっていますと、時々、やっぱり来て良かったな!などと味わえる瞬間があって、何歳になってもそういうのは、やはり嬉しいですよね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ