また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1272713 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

【北アルプス】上高地~前穂~奥穂~涸沢【縦走】

日程 2017年09月29日(金) 〜 2017年09月30日(土)
メンバー , その他メンバー1人
天候9/29 くもりのち晴れ
9/30 晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
あかんだな駐車場からバスで上高地へ向かう。
朝6時20分始発の時点で沢山の人の行列。4台目のバスに乗れた。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間30分
休憩
2時間0分
合計
8時間30分
S上高地バスターミナル07:0007:10河童橋07:3007:30日本山岳会上高地山岳研究所07:30岳沢湿原・岳沢登山口09:00岳沢小屋09:1011:10紀美子平11:2011:50前穂高岳12:1012:30紀美子平13:0013:30南稜の頭14:30穂高岳15:0015:30穂高岳山荘
2日目
山行
6時間50分
休憩
2時間10分
合計
9時間0分
穂高岳山荘05:3005:50涸沢岳06:0006:10穂高岳山荘06:3007:30ザイテングラート08:00涸沢小屋08:00涸沢08:10涸沢ヒュッテ09:1010:00屏風のコル10:30屏風の耳10:5011:00屏風のコル11:1012:30新村橋(パノラマ分岐)13:00徳澤園13:40明神館14:00小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)14:10河童橋14:2014:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
重太郎新道、吊尾根ともに岩稜地帯だが難所はない。
紀美子平から前穂頂上までの道は落石しやすいので注意。

涸沢からのパノラマコースは切り立った崖が連続するので、三点支持をしっかりと。
その他周辺情報高山の「ひだまりの湯」で登山の疲れを癒やした。
1050円、露天風呂ぬるい、ペプシ炭酸暴発。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 タオル

写真

河童橋から朝の焼岳。
2017年09月29日 07:27撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋から朝の焼岳。
1
河童橋から朝の奥穂。
2017年09月29日 07:28撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋から朝の奥穂。
1
気持ちいい道。
2017年09月29日 08:36撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちいい道。
1
山の中を行く...
2017年09月29日 08:54撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の中を行く...
と思ったら「撮る人を撮る」
2017年09月29日 08:54撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったら「撮る人を撮る」
西からのくもが分厚い。
2017年09月29日 09:07撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西からのくもが分厚い。
もうすぐ岳沢小屋。
2017年09月29日 09:07撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ岳沢小屋。
岳沢小屋に到着!
2017年09月29日 09:12撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳沢小屋に到着!
重太郎新道、はしごを登る。
2017年09月29日 09:52撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重太郎新道、はしごを登る。
緑と黄色のコントラストがキレイ!
2017年09月29日 10:29撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑と黄色のコントラストがキレイ!
3
あっという間に前穂登頂!
山頂はガスってた。少し居眠り。
2017年09月29日 11:53撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に前穂登頂!
山頂はガスってた。少し居眠り。
1
吊尾根の途中から晴れてきた!
2017年09月29日 13:29撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊尾根の途中から晴れてきた!
2
常念山脈!
常念岳のピラミダルな感じがいい。
2017年09月29日 13:31撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念山脈!
常念岳のピラミダルな感じがいい。
4
歩いてきた道をふりかえる。
2017年09月29日 13:32撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた道をふりかえる。
1
そして奥穂に登頂!
山頂は吹きすさぶ風でめっちゃ寒い!
2017年09月29日 14:23撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして奥穂に登頂!
山頂は吹きすさぶ風でめっちゃ寒い!
2
ジャンダルム、笠、黒部五郎、槍、常念!
2017年09月29日 14:38撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルム、笠、黒部五郎、槍、常念!
2
ジャンダルム!
てっぺんに人がいる!
2017年09月29日 14:38撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルム!
てっぺんに人がいる!
2
穂高岳山荘が見えた!
2017年09月29日 15:14撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘が見えた!
涸沢岳を背に。
ご来光を拝む。クソ寒い!
2017年09月30日 05:37撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢岳を背に。
ご来光を拝む。クソ寒い!
奥穂と前穂。
2017年09月30日 05:38撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂と前穂。
北穂と槍。
2017年09月30日 05:41撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂と槍。
ザイテングラートを下る。
2017年09月30日 07:06撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザイテングラートを下る。
涸沢カールと常念山脈。
テン場が見える。テント沢山。
2017年09月30日 07:23撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢カールと常念山脈。
テン場が見える。テント沢山。
晴れてきた!
2017年09月30日 07:50撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてきた!
紅葉。
2017年09月30日 07:55撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉。
紅葉。
紅がすごい!
2017年09月30日 07:55撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉。
紅がすごい!
4
紅、黄色、緑!
2017年09月30日 07:58撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅、黄色、緑!
1
見るものすべてがキレイ!
2017年09月30日 08:01撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見るものすべてがキレイ!
3
涸沢小屋から。
涸沢ヒュッテはすぐそこ。
2017年09月30日 08:07撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢小屋から。
涸沢ヒュッテはすぐそこ。
1
絶景。
2017年09月30日 08:23撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景。
7
絶景。
2017年09月30日 08:24撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景。
6
こっちはGoogleエフェクト。
色が際立ってはいるが、元の画像でも十分。
それほどまでに、色彩豊かだということか。
2017年09月30日 08:24撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちはGoogleエフェクト。
色が際立ってはいるが、元の画像でも十分。
それほどまでに、色彩豊かだということか。
7
Googleパノラマ。
前穂、吊尾根、奥穂、涸沢岳、涸沢槍、北穂。
2017年09月30日 08:32撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Googleパノラマ。
前穂、吊尾根、奥穂、涸沢岳、涸沢槍、北穂。
2
常念岳。
涸沢からだとピラミダルな立体感が薄くなる。
2017年09月30日 08:53撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳。
涸沢からだとピラミダルな立体感が薄くなる。
絶景!
2017年09月30日 08:54撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景!
5
絶景!
2017年09月30日 08:55撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景!
1
ナナカマドの実と涸沢カール。
ナナカマドメイン。
2017年09月30日 09:01撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの実と涸沢カール。
ナナカマドメイン。
6
ナナカマドの実と涸沢カール。
両方メイン。
2017年09月30日 09:01撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの実と涸沢カール。
両方メイン。
5
ナナカマドの実と涸沢カール。
涸沢カールメイン。
2017年09月30日 09:02撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの実と涸沢カール。
涸沢カールメイン。
3
そしてパノラマコースへ。
2017年09月30日 09:15撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてパノラマコースへ。
屏風の耳へ。
2017年09月30日 10:08撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風の耳へ。
絶景!
2017年09月30日 10:14撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景!
1
ぜ、ぜ、ぜ、絶景!!!

前穂、吊尾根、奥穂、北穂、大キレット、槍!
2017年09月30日 10:27撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぜ、ぜ、ぜ、絶景!!!

前穂、吊尾根、奥穂、北穂、大キレット、槍!
6
奥穂、北穂、大キレット、槍!
2017年09月30日 10:31撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂、北穂、大キレット、槍!
3
常念山脈!

燕、大天井、常念、蝶ヶ岳!
2017年09月30日 10:41撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念山脈!

燕、大天井、常念、蝶ヶ岳!
1
名残惜しいが下山。
2017年09月30日 11:14撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいが下山。
空がキレイ。
2017年09月30日 11:34撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空がキレイ。
石河原を何度か通過。
2017年09月30日 12:03撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石河原を何度か通過。
森の道を歩く。
2017年09月30日 12:36撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の道を歩く。
徳沢。
2017年09月30日 12:55撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢。
明神岳。
2017年09月30日 13:03撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神岳。
明神。
2017年09月30日 13:37撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神。
Poul & John & Myou-Jin.
2017年09月30日 13:42撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Poul & John & Myou-Jin.
河童橋から奥穂。
2017年09月30日 14:33撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋から奥穂。
3
河童橋から焼岳。
2017年09月30日 14:33撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋から焼岳。
1
最後はいつものソフトクリーム。
2017年09月30日 14:30撮影 by G3116, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はいつものソフトクリーム。
1

感想/記録

★★★まとめ★★★
ついに、この時が来ました。

今年7月、常念山脈を縦走して、オプショナルコースの涸沢から眺めたあの景色。
「あの頂に登ろう」と強く心に刻んだ、あの時の鼓動。

「前穂・奥穂登頂」達成しました。

お付き合い頂いた、Oさん&鉄人、どうもありがとうございました。
お二人のおかげで、最高に充実した山行になりました!
また登りましょう!

★★★9/29(金)★★★
今回は会社関係者のOさん&鉄人と一緒に山行です。
目指すは穂高連峰、ガチの登山+相当寒そうなので装備を整えて万全の体制で挑みます。

午前3時に豊田市集合、朝6時にあかんだな駐車場に到着。
すでに沢山のクルマが停まっていて、始発のバスにも行列ができていました。金曜日なのにすごいですね。紅葉シーズンですね。
ってかクソ寒い!途中の高山は気温3度!
ニット帽、ネックウォーマー、グローブ、タイツ、早速フル装備です。

朝7時、上高地に到着。
前穂、奥穂を目視で確認。...なんか、上の方、白くない?気のせい?
雪です!
ルートどうするか相談。コース上には積雪なしと判断して、予定通りのコースで出発。

朝9時に岳沢小屋に到着。ここまでは余裕ですね。ここから重太郎新道+吊尾根なので、ヘルメットを装着。東の方は晴れてるけど、西から分厚いくもが流れてきてます。晴れないかなーと思いながら出発。

重太郎新道の登りは勾配があって結構しんどいです。ただ、技術的難易度はそれほどでもなく、慎重に進めば大丈夫。尾根までの道のりがひたすら長く感じるので(実際長い)、折れない心は必要かも(笑)

11時過ぎに紀美子平に到着。ここでザックをデポして、身軽になって前穂の頂きを目指します。荷物なくて体は軽いけど、標高3000m越えてて、息切れ早くなりがちなので注意。また、前穂までの道は落石しやすいので気を付けましょう。

前穂山頂から槍方面はがッスガス。何も見えない。でも、くもの動きが早くて、槍が見えそうになって、でもやっぱり見えない!みたいな感じの繰り返し。寝不足だったので5分くらい仮眠(笑)

紀美子平まで戻って、さくっとお昼ご飯。持ってきたお湯でカレーリゾッタ。
ちなみに、重太郎の娘の紀美子はここで遊んでいたそうです。なかなかクレイジーな教育方針ですね(笑)
13時に奥穂に向けて出発。あれ?少し晴れてきたような?

吊尾根もそこまで難しい道ではないです。三点支持をベースに、ゆっくり慎重に進めば大丈夫。すれ違いでは山側に体を預けましょう。

そうこうしているうちに、14時30分、念願の奥穂登頂!めっちゃ晴れてる!
360度に広がる大展望!常念山脈から笠、北穂、槍、黒部五郎、三俣蓮華、立山連峰、後立山連峰!
そして眼下には桁違いの迫力のジャンダルム!もう、壁にしか見えない(笑)こんなところ歩けるんですかね?でもジャンダルムの山頂に人が立ってて、いやーすごい。

「ついに奥穂に来たんだなー」と山頂の山方位地図の上に座りながら、感慨にふける。
涸沢から眺めたあの頂に立っていると思うと、極まるものがある。よくやった。
...しかしクソ寒い!吹きすさぶ風がハンパない!吹き飛ばされそうになりながら、穂高岳山荘に向けて出発。

15時30分に穂高岳山荘に到着。荷物を整理して、早めの宴会!各自用意したお酒やらおつまみやらを並べて、外でちょい寒い中、常念や笠を眺めながら、山の話をして、楽しいひと時を過ごす。いやー、最高でした。

山小屋に戻って、晩ご飯を食べて、今日一日の山行をふりかえりながら早めの就寝。寝不足+疲れのおかげもあり、熟睡できました!ちなみに、布団は一人一枚で快適でした。

★★★9/30(土)★★★
朝5時30分に涸沢岳を目指して出発。荷物は山小屋に置いてあるので身軽です。
頂上到達と同時にご来光!朝日に染まる奥穂、北穂から槍、遠く八ヶ岳と南アルプスの山々、さらにはなんと富士山まで見えました!壮観です!
でもクソ寒くて、ぶっちゃけそれどころじゃない(笑)しかも涸沢岳山頂は切り立った崖みたいになってて、めっちゃせまくて、危険。ということで、眺めを楽しんで、すたこらさっさと下ります。

山小屋に戻って、温かい談話室で朝ご飯を食べます。朝ご飯は作ってもらったお弁当。酢飯、魚の甘露煮、鶏肉の天ぷら。どれもおいしいです。穂高岳山荘はご飯のおかずが種類豊富で、掃除も行き届いていてキレイですし、何よりゴミ箱があって、ゴミを捨てられます!山じゃ考えられないですよね!至れり尽くせりハンパないです。

談話室で隣になったご夫婦と少し話をしました。自分達とは逆のルートで登山してるとのこと。木曜日に涸沢ヒュッテ泊まったけど、布団一枚に二人で寝たそうです。紅葉の時期の涸沢は平日でも相当な混雑ですね。行くならテント泊ですね。

朝7時前に穂高岳山荘を後にして、ザイテングラートを下ります。最初から涸沢のカラフルなテン場が見えてて、目的地が見えてるので、こういう下りは気分的に楽ですね。しかも紅葉がキレイです。紅と黄色と緑のコントラストが鮮やかです。ザイテングラートは少しザレてて、登る人も下る人も多いので、落石とすれ違いに注意しながら進みます。

ってか、なんか荷物が軽い。昨日はあんなに重かったのに。計算したら、3kgくらい違いました(笑)(水1l+お湯1l+ワイン700ml)まあ、テン泊装備の重量予行演習ということで。

朝8時に涸沢ヒュッテに到着。そこには絶景が待っていました。
紅葉に萌える山々、白くむき出した岩稜、くもひとつない青い空。
...どんなに言葉で形容しても、陳腐でありきたりな表現になってしまいますね。
涸沢カール、素晴らしいの一言に尽きます。

鉄人は東京に戻る用事があるので、早帰りしなきゃいけなく、ここでお別れ。ここからはOさんと二人旅。まったり景色見ながらぼーっとして、たまに写真撮って、またぼーっとして。何時間でもいられますね(笑)

名残惜しいけど、我々も帰らなきゃいけないので、涸沢ヒュッテを出発。
パノラマコースにしようかどうか相談。地図上では点線だけど行けないことないだろう+ノーマルコースの混み具合がすごそうなので、一路パノラマコースへ。結論から言うと、大正解!

パノラマコースを歩いて10分くらいで、なんと、槍が見えてきました!涸沢からだと北穂に隠れちゃってるけど、パノラマコースで回り込むと見えるんですね!感激しながらルンルンで進みます。
パノラマコースは屏風のコルまでが注意点。水平歩道のような(行ったことないけど)崖みたいなところをアップダウンしながら進むので、ロープをつかみながら足元をしっかり確認して慎重に歩きます。

屏風のコルでザックをデポして、屏風の耳を目指すことに。そんなに深く考えずに耳まで行って、そこにはまたまた絶景がありました!360度の大パノラマビュー!すごい、すごすぎる!
槍、穂高連峰、燕、大天井、常念、蝶ヶ岳、すべてがちょうどいい距離感、ちょうどいい高度感で眺望できます。奥穂の岩肌ゴツゴツした感じや、常念のピラミダルな感じを心ゆくまで楽しめます。しかも、ここでも遠く八ヶ岳、南アルプス、富士山まで展望できました。
Oさんと、ぼーっとしながら、「ここも何時間でもいられるね」と言葉を交わしながら、またぼーっとして。思わぬ穴場がありました。

またまた名残惜しいけど、屏風のコルまで戻ります。11時頃に屏風のコルを出発して、あとはひたすら下りです。13時に徳沢に着いて、林の中を歩き、明神を通過して、14時過ぎに上高地に戻ってきました。最後はお決まりのソフトクリームを食べて、バスであかんだな駐車場まで戻って、豊田市に帰ります。

Oさん、いつもながらの安全運転ありがとうございました!
鉄人、忙しいところお付き合い頂きありがとうございました!ケーキの話はまた今度!

みなさん、長文を最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
訪問者数:341人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/10/17
投稿数: 193
2017/10/2 21:06
 絶景
丁度良い時期に行けたようで、涸沢の紅葉が最高です!
屏風の耳からの北穂の眺めは迫力が半端ないですよね。あれは写真に撮れない・・・
あと、吊り尾根は歩いてみたい。
登録日: 2015/5/10
投稿数: 8
2017/10/2 22:32
 Re: 絶景
sakoさん、こんばんは。

いやー、最高でした!
下山するのがもったいなかったです。
来年は涸沢にテント張って何日かダラダラしようかと考え中です

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ