また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1277428 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

激混み!紅葉の涸沢へ(横尾テント泊)

日程 2017年09月30日(土) 〜 2017年10月01日(日)
メンバー , その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
足湯公園駐車場、土曜午前3時半着で数台しか空いていませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
8時間2分
休憩
1時間43分
合計
9時間45分
横尾 (横尾山荘)04:1504:34横尾岩小屋跡05:04本谷橋05:1306:04Sガレ06:0506:33涸沢ヒュッテ07:0107:05涸沢07:1007:14涸沢小屋07:2507:27涸沢07:53Sガレ08:54本谷橋08:5709:42横尾岩小屋跡09:51横尾 (横尾山荘)10:3711:57新村橋(パノラマ分岐)12:09徳澤園14:00上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
復路のログが徳澤園で切れていますが、上高地バスターミナルでバスに乗車です。
コース状況/
危険箇所等
横尾〜涸沢間は渋滞。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

大正池でバスを降りてスタート!空がピンク色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大正池でバスを降りてスタート!空がピンク色。
1
横尾から蝶ケ岳へ向かう途中にある槍見台から。ちょっぴり見えますw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾から蝶ケ岳へ向かう途中にある槍見台から。ちょっぴり見えますw
蝶ケ岳への稜線に取り付くと、絶景が!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ケ岳への稜線に取り付くと、絶景が!
眼下に安曇野方面が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に安曇野方面が見えました。
蝶ケ岳への幅広い山稜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ケ岳への幅広い山稜。
槍&奥穂丸見えっ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍&奥穂丸見えっ!
2
蝶ケ岳ヒュッテから常念岳方向。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ケ岳ヒュッテから常念岳方向。
2
涸沢方面の朝焼けちょっぴり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢方面の朝焼けちょっぴり。
近くの山もキレイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くの山もキレイ。
午前6時半でこのテント数。小屋のFBだと1400張とのことでしたので、だいぶ減った後かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前6時半でこのテント数。小屋のFBだと1400張とのことでしたので、だいぶ減った後かな。
4
涸沢の紅葉。自分の眼で見ることが出来るとは・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢の紅葉。自分の眼で見ることが出来るとは・・。
2
涸沢の紅葉を見ずして穂高を語ることなかれ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢の紅葉を見ずして穂高を語ることなかれ。
2
みなさん下山開始です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みなさん下山開始です。
雪渓の上にもテント張っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓の上にもテント張っていました。
1
涸沢小屋から見下ろす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢小屋から見下ろす。
2
本谷橋。涸沢からここまで下りはずっとつながっていたのではないか?という渋滞・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷橋。涸沢からここまで下りはずっとつながっていたのではないか?という渋滞・・。
1

感想/記録
by fukasi

昔、雑誌の写真を見てあこがれていた涸沢の紅葉。しかし混雑がスゴイので自分が行くことはないだろう、と思っていましたが友人に誘われテン泊で行って見ることに。
テン泊場所は当初涸沢を考えていましたが、混雑と夜の気温(氷点下)を考慮して、手前の横尾テン泊としました。

沢渡のバスターミナル、始発から長蛇の列。大正池で降りて上高地へ歩き、横尾に到着したのは午前10時半。テントのキャパ100張ですが、僕らが受付してもらった札の番号は49番。こんな午前中で半分埋まっているなんて・・。
横尾山荘の食堂で並んで昼食を食べて12時。時間が余っているので蝶ケ岳へ登りに行きました。槍見台まで50分となっていましたが、20分で着きました。コースタイムがだいぶ甘いようです。蝶ケ岳山頂までの往復のCTは6時間20分でしたが、3時間20分でピストン。槍と穂高の絶景を見ることができました!CTを見たときは蝶ケ岳無理だなあ、昼寝しようかなあと思ったのですが、諦めずに登って良かった。

三度めのテント泊で、夜寒くて眠れないのでは?と心配していましたが、テント内は3度までしか下がらず、寒さに震えることはありませんでした。でも細引きに干していたタオルやドームシェルターの内側やは凍ってました。
前回テン泊した聖平小屋と同じく、横尾もトイレがきれい。重要なポイントですね。

翌朝は4時過ぎに涸沢に向けて出発。早くも涸沢から下山してくる方もいましたが、登る人はほとんどいませんでした。早朝から混むかと思いきや、みなさん以外にゆっくり出発みたいです。

涸沢ヒュッテに到着したのが6時半。ピークと言われる紅葉はさすがキレイ!でも赤がもう少しあったほうがもっとキレイなんだけどなw
涸沢泊りの人達は撤収作業中でテントも減っていたようでしたが、それでもスゴイ数!紅葉はもちろんキレイでしたが、テントに圧倒されました。岩の上や雪の上、斜めが当たり前な過酷な環境。トイレもものすごい長蛇の列!
こっちにテント張らなくて良かったと思いました・・w

涸沢コーヒーを飲んでから横尾に向けて下山開始!しかしすぐに渋滞!本谷橋まで、下りはほぼ繋がっているのではないかと思える行列でした。普段平日に山に行く僕は、こんなにたくさんの登山者を見たことがない!日本中の登山者の三分の一は集まっていたのでは?w
しかし本谷橋までCT70分を90分だったので、それほどの渋滞ではなかったのかな?

あとは横尾でテントを撤収して、大混雑の徳澤でお昼食べて、バスターミナルで長い列に並んで乗車。
念願の涸沢の紅葉を見ることが出来て良かった・・。何もかも混んでいたけど・・。

涸沢の混雑を見ずに、渋滞を語るなかれ。


訪問者数:441人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ