また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1278388 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

紅葉見頃の尾瀬(アヤメ平〜至仏山)

日程 2017年10月03日(火) 〜 2017年10月04日(水)
メンバー
 ic866k(CL)
, その他メンバー1人
天候10/3(火)曇り時々晴、10/4(水)曇り一時雨(雪)
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
戸倉第一駐車場(一日1,000円)充分余裕あり。
戸倉〜鳩待峠…乗合タクシー(片道一人980円)乗客が揃い次第出発するので、待ち時間は15分ほど。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間18分
休憩
1時間15分
合計
7時間33分
S鳩待峠07:5709:07中ノ原09:31横田代09:4510:14中原山10:28アヤメ平10:2910:51セン沢田代10:5210:57富士見田代(尾瀬原分岐)10:5811:06冨士見小屋11:1611:37富士見田代(尾瀬原分岐)11:3912:08土場12:0912:22長沢頭13:30竜宮十字路14:1314:32下ノ大堀川橋14:3314:45牛首分岐(中田代三叉路)14:4614:55上ノ大堀橋15:30山ノ鼻
2日目
山行
6時間14分
休憩
28分
合計
6時間42分
山ノ鼻08:3009:15森林限界09:3011:45至仏山11:5512:43小至仏山13:16オヤマ沢田代13:57原見岩13:5815:07鳩待峠15:0915:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山届はコンパスを使用し事前に届出済み。
二日目は朝から雨が降っていたため予定を中止して鳩待峠に戻ることにし、、ビジターセンターで時間を潰して外に出ると、天気が少し回復しそうだったため、引き返すことも視野に入れながら至仏山に登ることにしました。
雨や雪により濡れた木道は滑りやすく注意が必要です。特に山の鼻から至仏山までの上り専用区間の木の階段が滑ったら大怪我に繋がる場所が多く非常に怖かったです。
二組ほど(3名と10名以上のツアー)が吹雪のため登頂を諦め引き返していました。
至仏山から鳩待峠までの下りは濡れた蛇紋岩など慎重さが求められますが、それほど怖いところはなかったと思います。
その他周辺情報温泉は、戸倉のタクシー乗り場でもらった(自由に持って行ける)、沼田ICの少し手前にある道の駅白沢の「望郷の湯」の入浴・食事パック券(1,000円)を利用しました。通常入浴560円、食事980円のメニューなので、540円もお得です。量も多く満足感があります。無料の休憩室もあるので1時間程仮眠を取ってから帰路に着くことができ良かったです。券が入手できるならまた利用すると思います。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ 調理用食材 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター

写真

鳩待峠から横田代へ向かいます。
2017年10月03日 08:16撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠から横田代へ向かいます。
横田代の湿原
2017年10月03日 09:25撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横田代の湿原
至仏山は頂上付近が雲に隠れています。
2017年10月03日 09:49撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山は頂上付近が雲に隠れています。
アヤメ平
2017年10月03日 10:23撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメ平
青空の範囲が一時的に広がりました。
2017年10月03日 10:40撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の範囲が一時的に広がりました。
アヤメ平〜富士見田代間の景色がこの日一番の感動ポイントでした。
2017年10月03日 10:44撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメ平〜富士見田代間の景色がこの日一番の感動ポイントでした。
富士見峠の小屋は営業していません。トイレは使えました。
2017年10月03日 11:05撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見峠の小屋は営業していません。トイレは使えました。
竜宮十字路から至仏山方面。山頂付近は一日雲に隠れていました。
2017年10月03日 14:03撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜宮十字路から至仏山方面。山頂付近は一日雲に隠れていました。
虹が少し出ました。
2017年10月03日 15:00撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虹が少し出ました。
至仏山は所々広範囲に紅葉している所があります。
2017年10月03日 14:58撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山は所々広範囲に紅葉している所があります。
至仏山荘の個室(一人8,000円※2名利用時)
2017年10月03日 18:13撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山荘の個室(一人8,000円※2名利用時)
翌朝。小雨状態。山荘の支配人によると山頂は吹雪いているかもとのこと。
2017年10月04日 08:33撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝。小雨状態。山荘の支配人によると山頂は吹雪いているかもとのこと。
森林限界を超えると紅葉が見頃です。
2017年10月04日 09:26撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界を超えると紅葉が見頃です。
雨の中慎重に登ります。
2017年10月04日 09:56撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の中慎重に登ります。
中間地点くらいで一度天気が回復したように見えましたが、その後雪が降り出します。
2017年10月04日 10:18撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間地点くらいで一度天気が回復したように見えましたが、その後雪が降り出します。
雨の登山も初めてでしたが、まさか雪になるとは。
2017年10月04日 11:45撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の登山も初めてでしたが、まさか雪になるとは。
なんとか至仏山頂に到着。
2017年10月04日 11:45撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか至仏山頂に到着。
1
撮影機材:

感想/記録
by ic866k

紅葉は見頃のようでしたが、天気がイマイチでした。それでも初めての快適な山荘宿泊や、雨や雪の中の登山の厳しさを味わうことができ良い経験になりました。

当初、テント泊の予定でしたが、出発前日の大雨を考慮し、急遽山荘泊にしました。それが今回の一番の良い判断だったと思います。荷物を軽くし、しっかりと睡眠を取り体調を整えたことが、二日目の至仏山登頂につながったと思います。

宿泊した至仏山荘は、予約をしていなかったため、個室しかなく少し料金が高かったですが、夫婦で泊まるなら1人2,000円アップもお得とも言えるかもしれません。
とても綺麗な山小屋で、小屋番の方も色々と相談に乗ってくれてアドバイスをいただき助かりました。
訪問者数:61人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ