また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1284391 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

今シーズン板納めは白馬大雪渓を小滑降 #68

日程 2017年10月08日(日) 〜 2017年10月09日(月)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
栂池高原の駐車場 初日はまだ半分くらい 下山時は満車
猿倉→栂池高原 タクシーで5400円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間23分
休憩
46分
合計
6時間9分
S栂池パノラマウェイ 自然園駅08:3508:38栂池ヒュッテ08:3908:43栂池山荘08:4409:47天狗原/白馬岳神社09:51風吹大池方面分岐09:5210:41乗鞍岳11:04白馬大池山荘11:2912:10船越ノ頭12:50小蓮華山13:0013:48三国境14:20白馬岳14:2814:44白馬山荘
2日目
山行
3時間7分
休憩
25分
合計
3時間32分
白馬山荘06:0006:09白馬岳頂上宿舎06:34避難小屋06:3706:48岩室跡08:26白馬尻小屋08:4608:47白馬尻荘09:29猿倉荘09:3109:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

朝7時前には第一駐車場?は満車
2017年10月08日 06:51撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝7時前には第一駐車場?は満車
チケット購入の列の後はゴンドラ乗車の列・・・
2017年10月08日 07:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チケット購入の列の後はゴンドラ乗車の列・・・
1
ロープウェイを降りたらシートラで歩きます
2017年10月08日 08:34撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイを降りたらシートラで歩きます
1
白馬大池
2017年10月08日 10:58撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬大池
2
稜線に上がります
2017年10月08日 12:07撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に上がります
小蓮華山にシートラ登頂
2017年10月08日 13:04撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華山にシートラ登頂
10
次は白馬岳
2017年10月08日 13:27撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は白馬岳
1
ハート型?お尻型?
2017年10月08日 14:05撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハート型?お尻型?
2
最後の登り
2017年10月08日 14:09撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登り
1
山頂は賑わってます
2017年10月08日 14:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は賑わってます
29年ぶりの白馬岳はシートラで!
2017年10月08日 14:31撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
29年ぶりの白馬岳はシートラで!
14
白馬山荘は運良く3階をゲット
2017年10月08日 15:00撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘は運良く3階をゲット
3
寝過ごして夕陽を見過ごしました・・・
2017年10月08日 17:39撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝過ごして夕陽を見過ごしました・・・
2
星空はいまひとつでした
2017年10月08日 20:18撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星空はいまひとつでした
1
朝の大雪渓
2017年10月09日 05:39撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の大雪渓
1
ご来光はゲット
2017年10月09日 05:49撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光はゲット
8
大雪渓を無事に滑れますように
2017年10月09日 05:50撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓を無事に滑れますように
5
大雪渓に向かって下山します
2017年10月09日 05:52撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓に向かって下山します
小さく月も出てます
2017年10月09日 06:23撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さく月も出てます
2
雪渓が見えて来ました
2017年10月09日 06:36撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓が見えて来ました
蜘蛛?を捕食中
2017年10月09日 06:45撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蜘蛛?を捕食中
1
大雪渓の先端はこんな状態、ちょっと危険。
2017年10月09日 07:00撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓の先端はこんな状態、ちょっと危険。
3
大丈夫そうなところから入ります。落石多し。
2017年10月09日 07:14撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大丈夫そうなところから入ります。落石多し。
1
大雪渓先端部を滑降、地獄のようなハードさ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓先端部を滑降、地獄のようなハードさ。
5
It's over. 途中で止めました(苦笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
It's over. 途中で止めました(苦笑)
3
大雪渓中心部はまだ落石少ないほうでした。
2017年10月09日 07:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓中心部はまだ落石少ないほうでした。
1
大雪渓のメイン部分を小滑降!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓のメイン部分を小滑降!
4
下から見上げます
2017年10月09日 07:55撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下から見上げます
5
大雪渓下部は崩壊
2017年10月09日 07:58撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓下部は崩壊
1
ここまで滑らないように(笑)
2017年10月09日 08:04撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで滑らないように(笑)
4
そして最後は紅葉ラッシュ
2017年10月09日 08:07撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして最後は紅葉ラッシュ
1
雪渓とのコラボ
2017年10月09日 08:14撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓とのコラボ
1
いい感じ
2017年10月09日 08:16撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じ
3
青空とのコラボ
2017年10月09日 08:25撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空とのコラボ
2
コントラストが素晴らしい
2017年10月09日 08:38撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コントラストが素晴らしい
4
黄色と赤
2017年10月09日 08:55撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色と赤
3
なぜか咲いてます
2017年10月09日 08:59撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜか咲いてます
3
岩場に咲く花のよう
2017年10月09日 09:10撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場に咲く花のよう
猿倉に到着
2017年10月09日 09:29撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉に到着
タクシーお世話になりました
2017年10月09日 09:32撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タクシーお世話になりました
2

感想/記録

念願の10月に雪渓をスキーで滑ってきました。締めくくりに相応しい白馬大雪渓です。
当初は猿倉からのピストンにしようかと思ってましたが、そうすると白馬岳山頂にスキーを担ぐ意味合いが不純なものになってしまいます(笑)
そこで栂池から周回コースとして、スキー担いで小蓮華、白馬、そして目的地の大雪渓に行くことにしました。
さて三連休の初日は雨。この日は移動日にします。翌朝は晴れて、6:30に栂池高原の駐車場に着くとまだ駐車場余裕があり一番近いところに停めることができました。
しかしそこからチケット購入の長い列、ゴンドラ乗車の長い列を経てようやくゴンドラの乗り込みます。もちろんスキー板持って。スキー場のゴンドラにはスキー板が似合います(笑)
ゴンドラがまた長い…終わったら今度はロープウェイ。こちらも待ち時間が長く、終着駅の自然園駅に着くのに1時間半かかりました。
スキーを背負うシートラーゲンの準備をしている間に次のロープウェイがやってきます。シートラも楽ではありません(笑)
混雑した登山道、海外からの登山者も見えます。もちろんスキー背負ってる人は他にはいません。今回もよく声をかけていただきます。「スキー?!どこで滑るんですか?」「初滑りですか?」などなど。
今回はさすがに荷物が重いのでテント泊は諦めて素泊まりで小屋に泊まることにしました。私の場合「小屋」と言うと避難小屋になりますが(笑)、今回は営業小屋の白馬山荘です。ちょうど小屋じまいの日でした。
夕方4時に自炊で夕飯を済ませ、ちょっと寝入ったと思ったら夕陽が沈んでました(涙)
夜8時に星空を見に行きましたが少し雲が出ていていまひとつ…今年は星空に恵まれません。
翌朝は4時に起きて朝ご飯にします。自炊コーナーで得意の雑煮です。そして強い風が吹く寒いなか御来光はバッチリ。拝んだら早速スキー背負って大雪渓に向かいます。雪渓が出てくるまで黙々と歩き、ようやく雪渓先端に来ました。しばらくロープが張ってあったのでロープがなくなるところまで下ります。一応立ち入り禁止区域には入らないように気をつけます。自らの欲望や記録のためにルールを破るのは自制したいところです。
そこから雪渓に下って、スキーを履いて滑りますが、スプーンカットは仕方ないとして落石が多くクラックもあり大変苦労します。全力で滑りますが何度かターンを繰り返したところで終わり。筋力も肺活量も目一杯。ハード過ぎます。
また登山靴に履き替えて、一般登山者も雪渓を横断するところに来ました。最初はシートラで歩いてましたが、ここはやはり滑るべきでは?という思いが募ってまたまたスキーに履き替えます。今度は落石もクラックも少ないので雪渓を幅広く使えてまあまあ滑れます。もちろんものすごく難しいことには変わりありませんが…
もちろんスキー板はドロドロ。平蔵谷の時よりはマシですが。
無事に大雪渓のスキーを終え、再びシートラで下山します。登って来られる方は少な目ですが、それでも10名以上の方に声をかけていただいたと思います。
猿倉まで戻ればタクシーを呼んで、栂池高原まで戻ります。白山の中宮から上小池の戻るより1/5くらいの値段で戻れます(笑)
戻れば栂池高原の駐車場は満車で、人気振りを伺わせます。観光客比率は結構高いようです。

さて10月の雪渓滑走も無事に終え、もう来月からは新しいシーズンを迎えることができるでしょう。スキー板もブーツもボロボロですが、68日の山スキーシーズンを終えてからシームレスで次のシーズンにつなげられそうです(笑)
来シーズンはノルマめいたものは設定せずにコンディションに合わせた自由な山スキーを楽しみたいと思います(笑)
訪問者数:406人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/2/21
投稿数: 938
2017/10/10 21:36
 ゴンドラにスキー
ようやく長かった今シーズンも終わりましたね。。
締めはやっぱり白馬大雪渓とは流石です。
栂池高原のゴンドラにスキーは確かに当たり前の光景ですが
季節がねぇ〜
周りの人の目が点になる様子が伺えます

板納めして来月には立山初滑りとなりそうですね!
登録日: 2013/11/14
投稿数: 524
2017/10/10 22:26
 さすがです‼
ホントに大雪渓滑りましたか‼
さすがモノホンのタイヘンはやる事違いますね(^o^)。
栂池高原から乗鞍岳辺りは季節が違えばわんさかスキーヤー居るところですよねー。
シートラで新緑見るなら普通ですが紅葉見るのはどんな気分なのでしょうか?

もはやウケ狙いでやっているとしか思えません(笑)。
登録日: 2011/2/23
投稿数: 622
2017/10/11 0:51
 29年ぶりとは
山スキーの聖地とも言える白馬岳エリア、その最高峰にモモちゃんが29年ぶりとは意外でした。
それにしても、年間毎月スキーの最後の難関10月の、鮮やかなクリアですね。これで11、12月に怪我するとかのヘマしなければ達成確実ですね。
僕にとってこのルートは、30数年前の5月、白馬大池で幕営して大雪渓を稜線から猿倉まで全線滑降した懐かしいものです。常識的なスキーシーズン内なら思い出一杯に再来したいと思います。
登録日: 2015/12/28
投稿数: 89
2017/10/11 1:09
 凄いです笑
まさかこの時期にスキー板担いで登る人がいるとは…!
現地にいた誰もがそう思ったことでしょう笑
雪あらばいつ何時でも滑ることにこだわるモモちゃんさんの生き様は素晴らしいです!
登録日: 2011/12/14
投稿数: 2749
2017/10/11 6:22
 ネタ山行も見納めか・・・
これで板納めかと思うと寂しい気がします(笑)
花火大会で言うところの最後のスターマインが終わった感じ。
石ゴロゴロの滑走で板もボロボロでしょう。
さあ、いよいよ来月から初すべりですね
登録日: 2011/10/18
投稿数: 1175
2017/10/11 19:24
 Re: ゴンドラにスキー
テカポさんこんばんは!
昨年11/12に白山で初滑りしてから11ヶ月、長かったです(笑)
周りの一般の方は目を剥いてびっくりされてました
短い板納め期間なのでワックスがけしたりメンテが忙しくなりそうです!(笑)
登録日: 2011/10/18
投稿数: 1175
2017/10/11 19:31
 Re: さすがです‼
kabukiyaさんこんばんは!
変態の格の違いを感じますでしょ(笑)
あの凸凹雪渓を滑るのはものすごくハードで、数ターンするごとに休憩しないと心臓が破裂しそうなんです。なので単に物好きでドMなだけでなくて一応スキー技術も要求されますから誰でもできるものではない・・・って誰もしようと思いませんね
これで春夏秋冬シートラやりましたからシートラ紅葉も日常のシーン、極めて普通の気分でした(笑)
はい、人生とはネタなんです(笑)
登録日: 2011/10/18
投稿数: 1175
2017/10/11 19:35
 Re: 29年ぶりとは
ニシデンさんこんばんは!
白馬エリアはとっても魅力的なのですが如何せん遠く、かなり気合い入れないと行けないんですね・・・
あとは11月に予定通り積雪があれば問題ないのですが、異常気象で積雪が遅れるとまた大雪渓に行かなくてはなりません(笑)
このルートがすべて雪で埋まってることを想像するとヨダレが出て来そうです。来シーズンには是非!
登録日: 2011/10/18
投稿数: 1175
2017/10/11 19:40
 Re: 凄いです笑
henjintakkunさんこんばんは!
登山道を下ってる方が私を見かけるとすぐにその異様な姿を識別できるのですが、登りの方は視界が下方になるのでスキー背負ってることに気づかれなかった方も多いと思います。
危険でなく、不可能でなければネタを見つけてはチャレンジしたいと思ってます
登録日: 2011/10/18
投稿数: 1175
2017/10/11 19:43
 Re: ネタ山行も見納めか・・・
サンちゃんこんばんは!
ごく短い板納めなので・・・(笑)
すぐにまた刺激的なシーズンが到来します!
雪渓の落石はあまり踏まずに済みますが、それでもスプーンカットのトップが硬いので結構擦れキズだらけになってます。
来月からもガンガン行きましょう!是非コラボ山スキーお願いします

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ