また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1286923 全員に公開 ハイキング剱・立山

黒部五郎岳・薬師岳(折立登山口)

日程 2017年10月08日(日) 〜 2017年10月09日(月)
メンバー
 no2
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
帰りの下見を兼ねて 北陸道 富山ICより 県道43号線→6号線→有峰林道で折立へ
立山ICからの方が県道6号線にて一本道にて分かりやすいかと思います。

有峰林道は、ご周知のとおりPM8:00〜AM6:00まで通行禁止です。
ネットにて亀谷ゲートが前記の時間以外は閉鎖されているのでPM8:00迄に通過との書き込みを見ておりまして、当日折立にて車中泊のプランでしたので余裕をもってPM7時過ぎにゲートに到着しましたが、料金所の係員さんは「危なかったね。ゲート通過は7:20迄だからね」と言っておられました。係員さんに因るところがありそうですけど??

帰りは、ゆっくり走って40分程度かかるでしょうから、折立をPM7:20迄に出るようにとのことです。参考にまでに、普通に走って30分でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間44分
休憩
1時間16分
合計
11時間0分
S折立04:1505:52青淵三角点(青淵山)05:5707:25五光岩ベンチ07:3008:18太郎平小屋08:4009:06薬師峠09:51薬師平09:5411:00薬師岳山荘11:1011:58薬師岳避難小屋跡12:20薬師岳12:4313:30薬師岳山荘13:3814:16薬師平14:52薬師峠15:15太郎平小屋
2日目
山行
12時間14分
休憩
2時間10分
合計
14時間24分
太郎平小屋03:4005:40北ノ俣岳05:5006:40赤木岳06:4407:13中俣乗越07:2809:04黒部五郎の肩09:1209:25黒部五郎岳09:4009:50黒部五郎の肩10:1011:33中俣乗越11:5712:38赤木岳12:4013:24北ノ俣岳13:2614:50太郎平小屋15:1015:10太郎兵衛平15:0415:36五光岩ベンチ16:39青淵三角点(青淵山)16:4917:12太郎坂(アラレちゃん)17:53折立17:58駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
折立〜太郎平小屋
 三角点までは一気に標高500mほど上がる急登ですが、歩きやすいルートです。小屋迄は、低い登り返しはありますが緩やかな勾配です。石畳状になっているところは結構歩きにくいです。

太郎平小屋〜薬師平
 薬師峠から薬師平迄が、谷か登山道かわかりにくい感じの急登があります。

薬師平〜薬師岳
 なだらかですが、結構足にきます。薬師岳山荘から山頂まではザレ場でスリップ注意。

太郎平小屋〜北ノ俣岳
 木道が多い。スリップ事故が多いとのことです。霜で結構滑りました。

北ノ俣岳〜中俣乗越
 赤木岳を始め、ピークが何カ所かあり。赤木岳付近は大ガレ場です。

中俣乗越〜黒部五郎岳
 P2578のピークが何気にしんどいです。登り返しのP2555からはガレ場の急登ですが、九十九折で大丈夫です。
 
その他周辺情報薬師岳山荘は営業終了。太郎平小屋も10/25で終了とのこと。

帰りの入浴施設
 アクセスで書きましたように、帰りに富山ICに近い「長八温泉 花の湯館」に寄りたかった為、立山ICではなく富山IC利用です。
富山ICの北側のアピタ近くにあり、年中無休でPM11:30まで営業です。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル 防寒着 雨具 行動食 非常食 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット ツェルト

写真

薬師岳を踏んで太郎平小屋へ戻る為、車中泊して折立登山口を夜明け前に出発です 4:15
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳を踏んで太郎平小屋へ戻る為、車中泊して折立登山口を夜明け前に出発です 4:15
振り返ると雲海です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると雲海です
12
なだらかな木道の上り道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな木道の上り道
6
太郎平小屋到着 8:18 折立から4時間掛かりました。小屋の隣に公衆トイレと水場があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平小屋到着 8:18 折立から4時間掛かりました。小屋の隣に公衆トイレと水場があります。
1
今日は薬師岳へ。木道を薬師峠へ下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は薬師岳へ。木道を薬師峠へ下ります。
5
薬師峠 キャンプサイトです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師峠 キャンプサイトです
振り返ると…雲海と太郎平小屋 いい景色です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると…雲海と太郎平小屋 いい景色です
10
薬師岳手前の避難小屋跡が見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳手前の避難小屋跡が見えます
7
槍ヶ岳、穂高連山が見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳、穂高連山が見えます
9
眼下に薬師岳山荘と太郎平小屋、明日のルート北ノ俣岳が見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に薬師岳山荘と太郎平小屋、明日のルート北ノ俣岳が見えます
山頂手前の避難小屋跡
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前の避難小屋跡
1
山頂が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えました
4
写真を撮ってもらいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真を撮ってもらいました。
22
太郎兵衛平(太郎平小屋)に戻ってきました。今日は、ここにお世話になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎兵衛平(太郎平小屋)に戻ってきました。今日は、ここにお世話になります。
4
2日目 今日もロングルートの為、夜明け前に出発しました。薬師沢(雲ノ平方面)の分岐 木道が霜で滑ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目 今日もロングルートの為、夜明け前に出発しました。薬師沢(雲ノ平方面)の分岐 木道が霜で滑ります。
2
稜線が明るくなってきました。槍の穂先が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が明るくなってきました。槍の穂先が見えます。
3
北ノ俣岳到着 木道が滑るのでゆっくり目のペースで丁度2時間でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ノ俣岳到着 木道が滑るのでゆっくり目のペースで丁度2時間でした。
3
黒部五郎岳が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳が見えました
2
雷鳥にお目にかかれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥にお目にかかれました。
26
冬毛に代わる途中でしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬毛に代わる途中でしょうか
21
黒部五郎岳までまだ距離がありますね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳までまだ距離がありますね
4
赤木岳 山頂付近は大ガレ場です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤木岳 山頂付近は大ガレ場です
9
中俣乗越到着 えっ?なんじゃこのピークは。P2578を捲くのかと思ったら地図を見るとピーク越えです。休憩していると、マムートのヘッドバンドが無いことに気が付きます。落としてしまった〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中俣乗越到着 えっ?なんじゃこのピークは。P2578を捲くのかと思ったら地図を見るとピーク越えです。休憩していると、マムートのヘッドバンドが無いことに気が付きます。落としてしまった〜。
ピークを越えると黒部五郎岳が正面に。九十九折のルートが確認できます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークを越えると黒部五郎岳が正面に。九十九折のルートが確認できます。
7
振り返ると薬師岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると薬師岳
4
ガレ場の九十九折道を上がり、黒部五郎の肩に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場の九十九折道を上がり、黒部五郎の肩に到着
3
ここにザックをデポして山頂へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにザックをデポして山頂へ
2
写真撮影ありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真撮影ありがとうございました。
19
さあ、長い帰り道を帰ろっか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、長い帰り道を帰ろっか。
6
振り返るとガスが出てきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとガスが出てきました
3
赤木岳への上りです。赤木岳を越えたあたりで暑くなってヘッドバンドを取ったよな〜 ポケットに入れてたんだけど…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤木岳への上りです。赤木岳を越えたあたりで暑くなってヘッドバンドを取ったよな〜 ポケットに入れてたんだけど…
2
あれっ?もしかして?近づいてみると…拾っていただいた方、有難うございます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれっ?もしかして?近づいてみると…拾っていただいた方、有難うございます。
9
今度は北ノ俣岳への上りです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は北ノ俣岳への上りです
1
北ノ俣岳到着 ここから小屋まで約1:30 なんとか15:00迄に着けそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ノ俣岳到着 ここから小屋まで約1:30 なんとか15:00迄に着けそうです。
6
朝は霜で恐る恐るの木道も乾いていると快適に下れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝は霜で恐る恐るの木道も乾いていると快適に下れます
3
太郎兵衛平まで帰ってきました 14:50 折立への時間制限は、まだ間に合います。時間オーバーか疲労困憊だったら小屋にお世話になろうと思っておりましたが休憩後下山開始です。15:05
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎兵衛平まで帰ってきました 14:50 折立への時間制限は、まだ間に合います。時間オーバーか疲労困憊だったら小屋にお世話になろうと思っておりましたが休憩後下山開始です。15:05
2
五光岩ベンチ 15:36 区間タイム60分なので 29分貯金できました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五光岩ベンチ 15:36 区間タイム60分なので 29分貯金できました。
三角点 16:39 ここは区間タイム通りでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点 16:39 ここは区間タイム通りでした。
皆さんがよくアップされているアラレちゃん 暗くなるまでに下山できるかな〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆さんがよくアップされているアラレちゃん 暗くなるまでに下山できるかな〜
5
暮れちゃいました。登山口到着 17:53 ここのコーラを楽しみにしていたんですけど…殆ど売り切れです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暮れちゃいました。登山口到着 17:53 ここのコーラを楽しみにしていたんですけど…殆ど売り切れです。
5

感想/記録
by no2

 今期は休みが中々取れず、天候ともシンクロせず今になってしまいました。
連休には混雑するでしょうから平日にと考えておりましたが、問い合わせてみると10月に入ると混雑しませんとのことと、天候も安定しているようで決行です。小屋では当日も定員の半分ほどだったようです。

京都からは6時間は掛かりますのと、初日に薬師岳を踏んで太郎平小屋に帰ってくる必要があったため、折立にて車中泊して早朝出発しました。
前泊は楽ですね〜車中泊マットでグッスリ寝られましたので、体調ばっちりです。

黒部五郎岳へのルートは、折立までの下山を入れると結構な距離と時間が必要です。特に健脚でもない私では、休憩を入れると小屋迄のピストンで11時間かかっています。
予定時間のタイムオーバーか体調の都合で、太郎平小屋に連泊してもいい程度に考えておりましたが小屋迄戻って来た際、ゲート閉鎖時間にも充分間に合いそうなので予定通り下山することにしました。

太郎平小屋では、いろんな方とお話しさせていただき、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。また、落とし物も無事に帰ってきて嬉しかったです。皆さん、ありがとうございました。
訪問者数:428人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/9
投稿数: 1539
2017/10/11 23:26
 最高でしたね。
no2さん、こんばんは〜。
レコが待ち遠しかったですよ。
最高の2日間でしたね、お疲れ様でした。
この夏のストレスが吹っ飛んだんじゃないですか?
私も黒部五郎に行きたいのですごく参考になりました。来年挑戦してみます。
師匠抜きで・・・。
no2
登録日: 2012/6/14
投稿数: 185
2017/10/12 2:55
 shige1966さん、いつもありがとうございます。
 天気は良すぎるぐらいでした。暑くて暑くて。先週、中頃に雪が降った話も聞きましたけどね。
黒部五郎岳でお逢いした方は半数以上、縦走か三俣山荘、双六小屋方面からの方でした。時間があれば、雲ノ平廻りか縦走でカールルートを歩きたいです。

日が短くなりましたね。今回はヘッデン使用時間が長そうだったので、新しいのを買ってみました。使っていたのは90lmだったんで350lmのやつを。最新のは使い易くなっていますね〜 1つのボタンを長押しとか何秒以内にもう一回とか、ややこしい多機能もありますけど、サイドをタッチするだけで全灯最大照度に切り替えられるんで使い易かったです。

shige1966さん、次は何処へ? 
登録日: 2012/7/15
投稿数: 219
2017/10/13 15:05
 こっちからも見えてました
no2さん こんにちは

2日で薬師・黒部五郎お疲れさまでした。

私も同じ日に白山を歩いていました。
no2さんのコメントには触れられていませんが、写真12の太郎小屋の遥か遥か彼方に白山の稜線がきれいに写ってて、“あ〜 あの稜線を歩いてたんだなぁ・・”なんてまた自分の山行を思い出し余韻に浸っちゃいました

白山からもきれいに薬師・五郎含む北アの稜線が見えてたんで、当たり前だけどこちらも素晴らしい景色 を見ながらの山行だったんですね。

雷鳥のおまけまでついてて、ホントに裏山です!
no2
登録日: 2012/6/14
投稿数: 185
2017/10/14 13:04
 hoyanさん、こんにちは。
 hoyanさんの白山レコを拝見していて、こんなロングなルートもあるんだなとカシミール3Dで確認しておりました。
縦走なんでアプローチの足はどうされたのかと考えておりましたが納得です。いいお連れさんですね。

南アの仙丈ケ岳へ行ったとき仙流荘でお逢いした奥様なんですが、ご主人さん一行をパジェロで仙流荘まで送って来て、自分の時間を過ごしてから夜叉神峠へ降りてくる主人を迎えに山梨側へ廻ると言っておられまして、凄い嫁さんも居られるんだなとびっくりしたことを思い出しました。

白山は、混雑を避けるため南竜山荘さんにお世話になって展望歩道を歩きました。北アルプスを眺めながらの最高なルートだったことを思い出します。

今回の二日間とも暑すぎるぐらいの最高の天候で、雷鳥との出逢いは諦めていたのですが、早朝に出た甲斐があって見ることができました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ