また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1288112 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳〜鋸岳バリエーション入門

日程 2017年10月07日(土) 〜 2017年10月08日(日)
メンバー , その他メンバー2人
天候10/7小雨のち曇り 10/8快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸台仙流荘バス停駐車場で仮眠後、戸台大橋近くの駐車スペースに移動。
戸台大橋バス停まで徒歩2分程度のところです。トイレもあります。5台程度可能。
その奥には広い河原駐車場もありますがバス停まで15分程歩くことになります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間39分
休憩
59分
合計
5時間38分
S北沢峠09:2109:27長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)09:56仙水小屋10:0110:29仙水峠10:3611:47駒津峰12:1512:40六方石12:4413:39甲斐駒ヶ岳13:5414:59六合石室
2日目
山行
7時間29分
休憩
1時間48分
合計
9時間17分
六合石室05:3806:14三ッ頭06:2007:16中ノ川乗越07:2607:45第2高点08:1708:43鹿窓09:0709:34鋸岳09:4610:02角兵衛沢ノ頭10:0710:57岩小屋10:5912:37角兵衛沢渡渉点12:5314:40戸台登山口14:4114:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
.魁璽江紊砲4か所鎖場があり真新しい鎖が設置されています。ルートも随所にテープがあり特に難しい箇所はありませんでした。甲斐駒ケ岳からはまず尾根伝いに下って行くと長い鎖場に出す。
慎重に下ると後はほどなくして6合石室に着きます。石室からコースに入る所が少々わかりづらい所もありましたが、石碑のあるテント場から水場まだは迷うことはありません。

第二高点からは尾根上を下って行きしだいに大ギャップのルンゼに下って行きます。草付きの急な踏み跡ですが所々滑りやすいので注意。ルンゼの底は歩を進める度にガラガラと足元が崩れていきます。少し下って右側にそれとわかるバンドを登り、岩場を左にトラバースして草付きの踏み跡をジグザグに登って行くと鹿窓の直下です。ここは長い鎖があります。この鎖はおそらく途中に支点があって固定されていたのでしょうか?中間固定されていなかったので鎖を持ってなるべく右側の岩をよじ登る方が容易に登れます。鎖の終了点が鹿窓になります。

鹿窓からは踏み跡をたどり小ギャップへの下降です。しっかりした鎖がありますが、鎖のルートは足元の岩が滑りやすそうなので右側の草付きにある踏み跡を慎重に下り、最後だけ鎖をつかんで小ギャップに下りました。
小ギャップからの鎖の掛かった登りは傾斜もあります。そのまま鎖を使って上ると途中の岩がかなり急峻なので3辰曚漂燭鰺蠅蠅謀个蝓一旦鎖を離して少し登って右に移動して再び鎖を使うと意外と容易に登れました。あとは難無く第一高点に着きす。

ぢ莪豺眦世ら角兵衛沢のコルまでは所々滑りやすい急峻な下りになります。
鋸岳の頂上の後だけに、気が抜けるところですが最後まで気を抜かず慎重に下りま しょう。

ジ預羸遒僚亶腓い老い鮹Δい蚤亟澆謀肋弔靴泙靴拭

(注1)鎖場の登りは、片手(左手)で鎖をつかみ、右手で岩をつかみながら登ることで身体が振られること無く安定した登りができます。
(注2)角兵衛沢の下りは浮石だらけで何度も落石を起こしますので離れて歩く方が無難です。
その他周辺情報\舂荘の日帰り温泉は下山後すぐに入浴できるので便利です。入浴料500円。
露天風呂は小さめ。
∀休なので下山した時は仙流荘周辺の駐車場が全て満車になっていて脇道の道路まで車があふれていました。甲斐駒・仙丈は人気のある山です。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 通常の登山装備以外で準備したのはスリング60cm 120cm各2本 安全環付きカラビナ1枚 カラビナ2枚 補助ロープ8mm20m ヘルメット 上記120cmのスリングでチェストハーネスを作りました いずれも登山中は使用することはありませんでした。
備考 .薀ぅ拭爾4個持って行きましたが全て使用不能になりました。
Nさんのライターが唯一着火できました。これまでも時々ライターのトラブルはあったのですが全て使えなかったのは初めてです。あとで調べると通常のライターは高所で使えなくなる事例がよくあるようです。現在最強のライターを物色中です。

写真

戸台大橋からバスに乗りました。ここの番人にあらかじめ乗車人数を伝えておくと席を確保してくれるバスに乗れます。今日は6合石室までの予定なので朝寝坊して0815に乗車。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸台大橋からバスに乗りました。ここの番人にあらかじめ乗車人数を伝えておくと席を確保してくれるバスに乗れます。今日は6合石室までの予定なので朝寝坊して0815に乗車。
北沢峠から歩き出して仙水峠まで来ました。
天候は回復気味
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢峠から歩き出して仙水峠まで来ました。
天候は回復気味
六方岩からは直上ルートをとります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六方岩からは直上ルートをとります。
甲斐駒の山頂から鋸岳へのコースに入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒の山頂から鋸岳へのコースに入ります。
こんな岩場もありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな岩場もありました。
どんどん下って行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん下って行きます。
長い鎖場ですが、鎖を頼りに慎重に下ります。さほど難しくないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い鎖場ですが、鎖を頼りに慎重に下ります。さほど難しくないです。
6合石室に到着。以外にも僕たちが先客で誰もいませんでした。
この後、続々と到着してこの日は12名でいっぱいになりました。
この先のテント場にも1張りのテントがあり、石室の上の岩の下にもテントを張っています。水場は小屋から下り15分登り20分ですが水量は十分でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合石室に到着。以外にも僕たちが先客で誰もいませんでした。
この後、続々と到着してこの日は12名でいっぱいになりました。
この先のテント場にも1張りのテントがあり、石室の上の岩の下にもテントを張っています。水場は小屋から下り15分登り20分ですが水量は十分でした。
正面に中央アルプスを望むことができます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に中央アルプスを望むことができます。
昨日テント場のここを右に下って水を汲みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日テント場のここを右に下って水を汲みました。
この日は快晴になり素晴らしい朝焼け、仙丈ヶ岳に陽があたり始めています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は快晴になり素晴らしい朝焼け、仙丈ヶ岳に陽があたり始めています
八が岳方面は雲海です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八が岳方面は雲海です
朝日を浴びてテンションが上がりますね〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を浴びてテンションが上がりますね〜
三ツ頭からこれから登る第二高点、第一高点が望めます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ頭からこれから登る第二高点、第一高点が望めます
烏帽子岳への分岐点まで順調に来ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳への分岐点まで順調に来ました
ここを下ると中ノ川乗越です。そこからは第二高点へ正面のガリーを登るのがルートです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを下ると中ノ川乗越です。そこからは第二高点へ正面のガリーを登るのがルートです
このガリーは特に問題はありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このガリーは特に問題はありません
登り詰めると第二高点、第一高点が近くなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り詰めると第二高点、第一高点が近くなりました。
第二高点からは尾根沿いをどんどん下り、やがて大ギャップへと下って行きます。テープが随所にあるので迷うことはありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二高点からは尾根沿いをどんどん下り、やがて大ギャップへと下って行きます。テープが随所にあるので迷うことはありません。
正面の踏み跡らしきバンドを登り、岩場を左にトラバースします。容易に登れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面の踏み跡らしきバンドを登り、岩場を左にトラバースします。容易に登れます。
トラバースすると頭上に鹿窓が見えてきます。左の草付きをジグザグに進む方が安全です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースすると頭上に鹿窓が見えてきます。左の草付きをジグザグに進む方が安全です。
見下ろすと後続の人達が続いています。大ギャップの基部に下りている人、バンドを登っている人。落石には注意しましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見下ろすと後続の人達が続いています。大ギャップの基部に下りている人、バンドを登っている人。落石には注意しましょう。
ここから先は鎖があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先は鎖があります。
鹿窓まで続く長い鎖場です。なるべく右側を登る方が容易に登れます。腕力に頼らず岩のホールドを探しながら鎖は補助的に使う方が体が振られづずに安全に登れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿窓まで続く長い鎖場です。なるべく右側を登る方が容易に登れます。腕力に頼らず岩のホールドを探しながら鎖は補助的に使う方が体が振られづずに安全に登れます。
鹿窓に到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿窓に到着です。
ぽっかり穴の開いた鹿窓は遠くバスの中からも望めますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぽっかり穴の開いた鹿窓は遠くバスの中からも望めますね。
1
やがて小ギャップへの下降になります。鎖があるが滑り易そうな岩場なのでここは右側の草付きを慎重に下り、最後に鎖を使って下りきりました。草付きは滑りやすいので慎重にゆっくり下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて小ギャップへの下降になります。鎖があるが滑り易そうな岩場なのでここは右側の草付きを慎重に下り、最後に鎖を使って下りきりました。草付きは滑りやすいので慎重にゆっくり下ります。
小ギャップの登り返しは鎖を頼りに登りますが直上すると腕力に頼ることになります。5mほど登り一旦鎖を離して右に移動してから再び鎖を使うと楽に登れます。あくまで鎖は補助的にして片手でホールドをしっかりつかんで登りましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ギャップの登り返しは鎖を頼りに登りますが直上すると腕力に頼ることになります。5mほど登り一旦鎖を離して右に移動してから再び鎖を使うと楽に登れます。あくまで鎖は補助的にして片手でホールドをしっかりつかんで登りましょう。
ほどなくして第一高点に着きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなくして第一高点に着きます。
山頂から振り返ると左の甲斐駒ヶ岳、その右に北岳、間ノ岳、仙丈ヶ岳、さらに中央ア、北ア、妙高、八ヶ岳・・・一望です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から振り返ると左の甲斐駒ヶ岳、その右に北岳、間ノ岳、仙丈ヶ岳、さらに中央ア、北ア、妙高、八ヶ岳・・・一望です。
念願の鋸岳達成!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念願の鋸岳達成!
角兵衛沢の下りが石がゴロゴロしており人が歩くと常に落石を起こします。浮石も多いのでねん挫などに気をつけてゆっくりと下って行きます。長いです。途中にある大岩の水場は休憩ポイントです。美味しい水をいただきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
角兵衛沢の下りが石がゴロゴロしており人が歩くと常に落石を起こします。浮石も多いのでねん挫などに気をつけてゆっくりと下って行きます。長いです。途中にある大岩の水場は休憩ポイントです。美味しい水をいただきました。
出合いまで来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出合いまで来ました。
靴を脱いでの渡渉が待っていました。気持ちいいです〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
靴を脱いでの渡渉が待っていました。気持ちいいです〜
振り返ると遠くに甲斐駒ヶ岳、さようならー
1泊2日の縦走でしたが核心部通過が好天になり充実した楽しい登山でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると遠くに甲斐駒ヶ岳、さようならー
1泊2日の縦走でしたが核心部通過が好天になり充実した楽しい登山でした。
訪問者数:500人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ