また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1288617 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

南アルプスのキー Mt 塩見 with Mt 蝙蝠(田代-伝付峠-二軒小屋-塩見岳-野呂川越-両俣小屋-広河原)

日程 2017年10月10日(火) 〜 2017年10月12日(木)
メンバー
天候10日 晴れ
11日 晴れ 稜線 風強め
12日 稜線ガス、曇り 前日より風弱め
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR下部温泉駅 → 伝付峠入口バス停(バス)
広河原 → 甲府 バス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間30分
休憩
30分
合計
6時間0分
S田代入口08:2010:40東京電力管理小屋10:5011:10出合12:40伝付峠13:0014:20二軒小屋ロッジ
2日目
山行
9時間40分
休憩
30分
合計
10時間10分
二軒小屋ロッジ05:3006:50中部電力施設07:0010:00徳右衛門岳11:30蝙蝠岳14:20塩見岳14:4015:40塩見小屋
3日目
山行
10時間30分
休憩
1時間10分
合計
11時間40分
塩見小屋06:1007:00塩見岳09:10新蛇抜山09:2010:20熊の平小屋10:5012:00三峰岳12:1014:00野呂川越14:1015:00両俣小屋15:1017:50広河原山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートは手入力です。
コース状況/
危険箇所等
■伝付峠入口バス停 - 伝付峠(転付峠) - 二軒小屋ロッジ
・平日ダンプ 3台とすれ違い、工事車両あり
・広い谷筋から小尾根を超すが登り下り共にとても急
・保利沢小屋まで左岸沿いの道、ハシゴなどかけているが曲がっているので慎重に行く
・保利沢小屋からは赤布たくさんあるが沢沿いから大きくは離れず、その後右岸に渡る。
・概ね踏み跡が少し分かりづらいです。
・伝付峠水場手前の笹が出てくるところは蜘蛛の巣多め

■二軒小屋ロッジ - 蝙蝠尾根 - 塩見岳 - 塩見小屋
・ロッジ前の掲示板で水場情報を確認
・2100m付近のシラビソと苔の森がとても綺麗です。
・徳右衛門岳の先2700m付近まで森林限界を超えないです。登りは非常に長いです。
・徳右衛門岳手前の水場は急坂で慎重に 水量は少なめですが概ね水は流れているようです。水場地図 写真参考
・蝙蝠岳付近のハイマツは朝露あると結構濡れます。ハイマツ付近の踏み跡を見逃しやすいかもしれません。北俣岳からは概ね稜線沿いに行きました。北側にトラバースの踏み跡もあり
・塩見岳直下 落石注意の看板3つあり

■塩見小屋 - 三峰岳 - 両俣小屋 - 広河原
・三峰岳までアップダウンあるが道しっかりしてる 三峰岳直下の尾根が細くなるところは岩尾根なので慎重に歩く。
・熊ノ平小屋 冬季小屋あり トイレなし 水場しっかり出てます。
・三峰岳から野呂川越 の仙塩尾根 下部は倒木が所々出てくる
・両俣小屋 9月いっぱいで終了後冬季小屋あると思っていたが仮補修中で冬季小屋利用は11月からとのこと、事前の下調べ不足。
・林道で道迷いの影響ないので広河原まで歩く。黄葉が綺麗。
その他周辺情報12日は広河原山荘に後泊 

写真

ココがスタート標高400m台
2017年10月10日 08:25撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココがスタート標高400m台
1
広い河原入り小尾根に取り付く
2017年10月10日 09:26撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い河原入り小尾根に取り付く
1
鉄ハシゴも曲がっているし木のハシゴもしっかり確認してからがいいかも
2017年10月10日 10:23撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄ハシゴも曲がっているし木のハシゴもしっかり確認してからがいいかも
保利沢小屋付近 東京電力管理小屋
2017年10月10日 10:38撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保利沢小屋付近 東京電力管理小屋
保利沢小屋あとで右岸にわたったところ。対岸に赤布見えます。
2017年10月10日 10:58撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保利沢小屋あとで右岸にわたったところ。対岸に赤布見えます。
出合登ったあとに大ブナ
2017年10月10日 11:29撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出合登ったあとに大ブナ
4
稜線あげると笹原にカラマツの黄葉が美しいが蜘蛛の巣多め
2017年10月10日 12:10撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線あげると笹原にカラマツの黄葉が美しいが蜘蛛の巣多め
4
サルオガセがすごい
2017年10月10日 12:32撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルオガセがすごい
伝付峠前から富士山の手前に毛無山。その手前の大きな尾根は富士見山の尾根かな
2017年10月10日 12:33撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伝付峠前から富士山の手前に毛無山。その手前の大きな尾根は富士見山の尾根かな
2
伝付峠展望台から悪沢岳 これが見たかった。
2017年10月10日 12:43撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伝付峠展望台から悪沢岳 これが見たかった。
4
聖岳 懐かしい聖東尾根
2017年10月10日 12:43撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳 懐かしい聖東尾根
5
今回はココ徳右衛門岳。小さく見えているのが蝙蝠岳、左が塩見岳と思われる
2017年10月10日 12:53撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はココ徳右衛門岳。小さく見えているのが蝙蝠岳、左が塩見岳と思われる
2
二軒小屋付近も散策コースがある。カエデの大木
2017年10月10日 14:09撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二軒小屋付近も散策コースがある。カエデの大木
2
二軒小屋の避難小屋もチェック ○
2017年10月10日 14:12撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二軒小屋の避難小屋もチェック ○
1
テント場も綺麗
2017年10月10日 14:14撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場も綺麗
1
二軒小屋ロッジ
2017年10月10日 14:14撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二軒小屋ロッジ
1
徳右衛門直下水場の情報 
2017年10月10日 14:16撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳右衛門直下水場の情報 
泊まってみたい小屋で上位にありました。
2017年10月10日 14:52撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泊まってみたい小屋で上位にありました。
4
小屋前に滝
2017年10月10日 14:59撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前に滝
2
夕食はコース 前菜
2017年10月10日 18:06撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食はコース 前菜
1
きのこピザ
2017年10月10日 18:18撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きのこピザ
1
イワナ燻製 
2017年10月10日 18:34撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワナ燻製 
1
ジビエシチュー
2017年10月10日 18:52撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジビエシチュー
2
リゾットも上品な味 
2017年10月10日 19:12撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リゾットも上品な味 
1
デザートと満足しました。次の日はお弁当オニギリ3個
2017年10月10日 19:30撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デザートと満足しました。次の日はお弁当オニギリ3個
1
朝早いので暗いがいい色してます
2017年10月11日 05:40撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝早いので暗いがいい色してます
2
蝙蝠尾根で展望開ける箇所 中部電力施設付近。
2017年10月11日 06:44撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝙蝠尾根で展望開ける箇所 中部電力施設付近。
2
黄葉がすばらしい。その後とにかく森の中を長く歩きます
2017年10月11日 06:46撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄葉がすばらしい。その後とにかく森の中を長く歩きます
2
一番印象に残るのは2100m付近のシラビソと苔のトレイルです
2017年10月11日 08:14撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番印象に残るのは2100m付近のシラビソと苔のトレイルです
3
倒木の切株に幼木が何本も
2017年10月11日 08:18撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木の切株に幼木が何本も
1
とても雰囲気のいいところでしたがまだ先は長いです。
2017年10月11日 08:19撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても雰囲気のいいところでしたがまだ先は長いです。
2
 悪沢岳 黄葉の上にカール
2017年10月11日 09:06撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 悪沢岳 黄葉の上にカール
3
水場の標識はこちら。急な水場ですので慎重に、水場少しでしたがもう少し下れば水音しっかり聞こえてました。
2017年10月11日 09:09撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場の標識はこちら。急な水場ですので慎重に、水場少しでしたがもう少し下れば水音しっかり聞こえてました。
ザレ場手前で展望が開けます。手前のずんぐりした山は白根南嶺の別当代山かな
2017年10月11日 09:13撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレ場手前で展望が開けます。手前のずんぐりした山は白根南嶺の別当代山かな
7
登り返して徳右衛門岳 まだ森林限界ではないです。ここからも長いです。
2017年10月11日 10:00撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返して徳右衛門岳 まだ森林限界ではないです。ここからも長いです。
1
樹間越しに途中農鳥、間ノ岳が重なって見えるところがあり、
2017年10月11日 10:11撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間越しに途中農鳥、間ノ岳が重なって見えるところがあり、
3
蝙蝠岳もやっとのお目見え、左が森林限界付近です。ここから
2017年10月11日 10:12撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝙蝠岳もやっとのお目見え、左が森林限界付近です。ここから
2
40分、本当に長かった森林限界です。2700m 
2017年10月11日 10:57撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
40分、本当に長かった森林限界です。2700m 
5
間ノ岳、農鳥岳、広河内岳
2017年10月11日 10:57撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳、農鳥岳、広河内岳
2
悪沢岳含めて荒川三山
2017年10月11日 10:58撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳含めて荒川三山
6
塩見岳 見る方向によって山容がどんどん変わる魅惑の山です。
2017年10月11日 10:58撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳 見る方向によって山容がどんどん変わる魅惑の山です。
3
右から烏帽子岳、前小河内岳、小河内岳 
2017年10月11日 10:59撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から烏帽子岳、前小河内岳、小河内岳 
2
ハイマツの中に佇むダケカンバ 森林限界越えているいるのに、ここまでの大木になるとは生命力に感心します。  
2017年10月11日 11:06撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツの中に佇むダケカンバ 森林限界越えているいるのに、ここまでの大木になるとは生命力に感心します。  
5
蝙蝠岳 達成感が素晴らしいです。百高山以外には特に選ばれていないですが、今度は蝙蝠尾根を下りで来てみたいと思う
2017年10月11日 11:29撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝙蝠岳 達成感が素晴らしいです。百高山以外には特に選ばれていないですが、今度は蝙蝠尾根を下りで来てみたいと思う
9
南で目立つのは笊ヶ岳と布引山
2017年10月11日 11:30撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南で目立つのは笊ヶ岳と布引山
4
間ノ岳、農鳥岳のジャイアントぶりに感心
2017年10月11日 11:31撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳、農鳥岳のジャイアントぶりに感心
2
仙塩尾根越しに仙丈ヶ岳
2017年10月11日 11:31撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙塩尾根越しに仙丈ヶ岳
2
塩見岳までまだ遠いです。
2017年10月11日 11:33撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳までまだ遠いです。
8
南アからは富士が大きく見えるのがいい
2017年10月11日 11:41撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アからは富士が大きく見えるのがいい
4
間ノ岳、天気良ければ三峰岳から登る尾根
2017年10月11日 11:44撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳、天気良ければ三峰岳から登る尾根
2
振り返る蝙蝠岳はハイマツが結構多いです。紛らわしい肩地形も多いのでこちらから登るとぬか喜び多そうです。
2017年10月11日 12:13撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る蝙蝠岳はハイマツが結構多いです。紛らわしい肩地形も多いのでこちらから登るとぬか喜び多そうです。
3
塩見岳の形が変わってきました。
2017年10月11日 13:04撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳の形が変わってきました。
6
今後の参考に広河内岳もアップで撮って置く
2017年10月11日 13:17撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今後の参考に広河内岳もアップで撮って置く
2
次の日歩く道、歩いたときはあいにくのガスでしたが、脳内には前日のイメージしっかり
2017年10月11日 13:50撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の日歩く道、歩いたときはあいにくのガスでしたが、脳内には前日のイメージしっかり
2
北俣岳からの岩場はコチラのピーク
2017年10月11日 13:57撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北俣岳からの岩場はコチラのピーク
塩見付近からの蝙蝠尾根、蝙蝠山頂まででも十分長いです。そこから二軒小屋まで長いです。
2017年10月11日 14:01撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見付近からの蝙蝠尾根、蝙蝠山頂まででも十分長いです。そこから二軒小屋まで長いです。
3
塩見岳のバットレス 
2017年10月11日 14:12撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳のバットレス 
2
もう登りは勘弁状態でした。
2017年10月11日 14:23撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう登りは勘弁状態でした。
5
次の日の分岐もしっかり確認
2017年10月11日 14:25撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の日の分岐もしっかり確認
1
塩見小屋まであと一息です。
2017年10月11日 14:59撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見小屋まであと一息です。
1
振り返る塩見岳、夕食はボリュームたっぷりだったがグロッキーであまり食べれず、夕日も綺麗だったが、タイミングよく外に行けず残念。薬飲んで体力回復に努めました。飯残してしまい小屋には申し訳なかったです。
2017年10月11日 15:35撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る塩見岳、夕食はボリュームたっぷりだったがグロッキーであまり食べれず、夕日も綺麗だったが、タイミングよく外に行けず残念。薬飲んで体力回復に努めました。飯残してしまい小屋には申し訳なかったです。
3
塩見小屋朝食、筋肉疲労あったが、だいぶ回復、天気はガスだが風がそこまで強くなかったので助かりました。
2017年10月12日 05:27撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見小屋朝食、筋肉疲労あったが、だいぶ回復、天気はガスだが風がそこまで強くなかったので助かりました。
5
北荒川岳キャンプ場跡 手前のダケカンバのまばらな林がガスと相まって異様な雰囲気を醸し出してました。
2017年10月12日 08:06撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北荒川岳キャンプ場跡 手前のダケカンバのまばらな林がガスと相まって異様な雰囲気を醸し出してました。
2
熊ノ平小屋
2017年10月12日 10:18撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊ノ平小屋
三峰岳直下の岩場は細くなりますがマークはしっかりついてます。
2017年10月12日 11:44撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰岳直下の岩場は細くなりますがマークはしっかりついてます。
静岡、長野、山梨の県境です。
2017年10月12日 12:02撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静岡、長野、山梨の県境です。
2
北岳の内院を分ける野呂川
2017年10月12日 12:30撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳の内院を分ける野呂川
アサヨ峰が見えました。左は甲斐駒
2017年10月12日 14:19撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサヨ峰が見えました。左は甲斐駒
両俣小屋手前でここをスルーするのは予想外でした。
2017年10月12日 14:49撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両俣小屋手前でここをスルーするのは予想外でした。
2
オオシラビソのヤニ袋 爪で押すと芳香のある樹脂
2017年10月12日 14:50撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオシラビソのヤニ袋 爪で押すと芳香のある樹脂
2
広河原までは少し走ったりしたが、比較的平坦か下りなので快調に飛ばす、普段バスで行くところを歩いたので
2017年10月12日 16:55撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原までは少し走ったりしたが、比較的平坦か下りなので快調に飛ばす、普段バスで行くところを歩いたので
1
黄葉をじっくり堪能できたのは良かった。
2017年10月12日 16:57撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄葉をじっくり堪能できたのは良かった。
3
なんとか18時前に着、灯が見えた時は嬉しいですね。
蝙蝠、塩見のジャイアントぶりをしっかり味わえました。
2017年10月13日 08:44撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか18時前に着、灯が見えた時は嬉しいですね。
蝙蝠、塩見のジャイアントぶりをしっかり味わえました。
2

感想/記録

南アルプスのジャイアントを等距離で見れる塩見岳を
登り残して置いて良かったなと思わせる展望でした。

伝付峠から二軒小屋は想定より厳しいコースでしたが
二軒小屋ロッジが素晴らしいので、再度泊まりに来ると思う。

蝙蝠岳から眺める悪沢岳は絶品、このまま静かなピークであると嬉しい。
途中のシラビソと苔の森も非常に印象に残る道。

塩見小屋から登り返して仙塩尾根へガスの中黙々歩く
大井川源流域や野呂川の源流付近の山深さを十分に味わう。
両俣小屋で予定外のアクシデントでしたが野呂川左岸の林道から
眺める黄葉はピークで疲れ果てながらも広河原山荘へ

天気良ければ北岳方面へ縦走予定でしたが、
結果として塩見岳や蝙蝠岳の印象が、とても鮮明に残る山旅となりました。
訪問者数:538人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/8/21
投稿数: 198
2017/10/14 8:15
 やはり南アルプス良いですね!
sarari22さん、こんにちは。

南アルプスの魅力が伝わってくる写真満載のレコですねhappy02
人工的な音が一切しない、山深き静かな南アルプス♪
最近、南アから足が遠のいているので、sarari22さんのレコを拝見して、久しぶりに南アに登りに行きたくなりました。
4日晴天が続き、仕事の都合さえつけば、「鳥倉林道→塩見岳→蝙蝠岳→二軒小屋→悪沢岳→小河内岳→鳥倉林道」とテントを担いで周回したいんですけどね…。
どうなることやら。

山行お疲れ様でしたjapanesetea
登録日: 2012/3/27
投稿数: 45
2017/10/14 23:32
 Re: やはり南アルプス良いですね!
usofuyuさんコメントありがとうございます。

山深き静かな南アルプス おっしゃる通りですね。
平日で10月に入るとめっきり人がまばらになります。
usofuyuさん検討のルート またまたすごいルートをお考えで、
天気、時間と都合がつくといいですね。
私も一気には難しいですが烏帽子岳〜小河内岳も今回しっかり確認できて
、中々渋めで良さそうと思いました。避難小屋泊などでいずれ訪れたいと思ってます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ