また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1320761 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

御在所岳(中道・裏道)・国見岳・青岳・ハライド

日程 2017年11月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
蒼滝トンネル西口駐車場利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間18分
休憩
1時間32分
合計
7時間50分
S蒼滝トンネル西口駐車場06:4006:53中道登山口06:5507:15おばれ石07:2307:35地蔵岩07:39キレット07:4008:30富士見岩08:3308:36第一ケルン 裏道登山道九合目08:48御在所山 一等三角点08:4908:51御在所岳08:5208:55御在所山 一等三角点09:0809:18御在所山上公園駅09:2009:23第一ケルン 裏道登山道九合目09:2609:39国見峠09:4110:04石門10:0710:08国見岳10:1310:27青岳10:2810:32きのこ岩10:3611:14腰越峠11:31ハライド12:1112:23腰越峠13:49藤内小屋13:5214:30蒼滝トンネル西口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
スタート地点〜中道登山口過ぎまでGPSロガー有効化忘れのため、手動で補間
コース状況/
危険箇所等
・晴れていましたがAM8〜9時代、気温が氷点下のため、中道の8合目〜9合目はツルツルに凍結していました。6本爪軽アイゼンで大丈夫でした。
・山頂は積雪ありません。(ロープウェイのライブカメラでも確認できます)
・腰越峠→ハライドのルートは国土地理院地図には記載ありませんが、マーカがあったので迷いはありませんでした。
・腰越峠→裏道に下る際にマイナールート(山と高原地図で破線ルート)を選んだが、落ち葉と浮石で、滑りやすい&トレースが薄く、またマーカーも枝ごと折れて地面に転がっている有様で、ルートファインディングに神経使う。
その他周辺情報湯の山温泉 よりどりみどり 大人500円〜1000円

装備

個人装備 グローブ(あったかいタイプ) あったかいタイツ フリース 毛帽子 軽アイゼン 水1.1L(300ml残)

写真

蒼滝トンネル西口駐車場(6:30時点でガラガラ)
2017年11月25日 06:40撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蒼滝トンネル西口駐車場(6:30時点でガラガラ)
朝焼けの御在所岳。
2017年11月25日 06:49撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けの御在所岳。
中道から入ります。いきなりこんな岩を這いあがります。
2017年11月25日 06:57撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中道から入ります。いきなりこんな岩を這いあがります。
ほどなくして、おぼれ岩。この山は面白い(変な)岩が多いですね。
2017年11月25日 07:18撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなくして、おぼれ岩。この山は面白い(変な)岩が多いですね。
5合目のスライム岩(勝手に命名)
2017年11月25日 07:27撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目のスライム岩(勝手に命名)
天気バッチリなので、山頂もよく見えます。
2017年11月25日 07:27撮影 by EX-Z1080 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気バッチリなので、山頂もよく見えます。
1
落ちそうで落ちない地蔵岩。下界は少し朝もやがかかっています。
2017年11月25日 07:34撮影 by EX-Z1080 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちそうで落ちない地蔵岩。下界は少し朝もやがかかっています。
1
6合目にあった積石 vs 山頂。
2017年11月25日 07:40撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目にあった積石 vs 山頂。
1
あの尾根に見えるのは、天狗岩?
2017年11月25日 07:53撮影 by EX-Z1080 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの尾根に見えるのは、天狗岩?
8合目あたりから、つららが。
2017年11月25日 08:22撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目あたりから、つららが。
1
登山道がツルツルです。軽アイゼン装着します。
2017年11月25日 08:22撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道がツルツルです。軽アイゼン装着します。
1
伊勢湾と朝日。
2017年11月25日 08:31撮影 by EX-Z1080 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊勢湾と朝日。
1
山頂のスキー場に到着。先週末は積雪があったようですが、殆ど融けてます。
2017年11月25日 08:38撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のスキー場に到着。先週末は積雪があったようですが、殆ど融けてます。
この仰々しい一等三角点は、全国的にも珍しいのではないでしょうか。
2017年11月25日 08:47撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この仰々しい一等三角点は、全国的にも珍しいのではないでしょうか。
冬の氷瀑の骨組みが組んでありました。こんな風になっているとは!
2017年11月25日 09:17撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬の氷瀑の骨組みが組んでありました。こんな風になっているとは!
裏道に降りたら、本日初めての川に遭遇。水は「ひゃっこい」です。凍ってなくてよかったです。
2017年11月25日 09:36撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏道に降りたら、本日初めての川に遭遇。水は「ひゃっこい」です。凍ってなくてよかったです。
国見峠の分岐を超えて、国見岳の登山道に入ります。落葉してるけど何かきれい。
2017年11月25日 09:44撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見峠の分岐を超えて、国見岳の登山道に入ります。落葉してるけど何かきれい。
国見岳から御在所岳を振り返る。手前の丸い石が面白いですね。
2017年11月25日 10:00撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳から御在所岳を振り返る。手前の丸い石が面白いですね。
石門どおーん。
2017年11月25日 10:04撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石門どおーん。
国見岳付近は見晴らしがよいです。伊吹山とかが写っているらしいですが、どれだがどれだか。。。
2017年11月25日 10:09撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳付近は見晴らしがよいです。伊吹山とかが写っているらしいですが、どれだがどれだか。。。
1
きのこ岩どおーん。下の岩とくっついてるのか、くっついてないのか気になります。
2017年11月25日 10:33撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きのこ岩どおーん。下の岩とくっついてるのか、くっついてないのか気になります。
1
腰越峠を下る最中、チラチラ見えてプレッシャーを感じさせる、ハライド。ヒィー、あれ登るの〜と10回ぐらい叫ぶ(心の中で)
2017年11月25日 11:12撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腰越峠を下る最中、チラチラ見えてプレッシャーを感じさせる、ハライド。ヒィー、あれ登るの〜と10回ぐらい叫ぶ(心の中で)
1
ハライドの根元にあったケルン。ハライド=祓戸 → お祓い、と関係あるのでしょうか。
2017年11月25日 11:18撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハライドの根元にあったケルン。ハライド=祓戸 → お祓い、と関係あるのでしょうか。
1
急登ですが、見掛け倒し的に(割とすぐ)山頂に。ここで昼食を、と思うが、強風のため断念。
2017年11月25日 11:31撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登ですが、見掛け倒し的に(割とすぐ)山頂に。ここで昼食を、と思うが、強風のため断念。
と思ったら、山頂から下ってすぐの斜面の岩と岩の間に、いい感じの風防ポイントがあったので、ここで昼食にします。
2017年11月25日 11:40撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったら、山頂から下ってすぐの斜面の岩と岩の間に、いい感じの風防ポイントがあったので、ここで昼食にします。
1
食後のコーヒーも欠かせません。
2017年11月25日 12:00撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食後のコーヒーも欠かせません。
帰りは腰越峠から破線ルートで裏道に向かいますが、なかなか手ごわいルートでした。
2017年11月25日 12:58撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは腰越峠から破線ルートで裏道に向かいますが、なかなか手ごわいルートでした。
裏道の澄んだ川で癒される。
2017年11月25日 13:31撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏道の澄んだ川で癒される。
藤内小屋に到着。2009年(豪雨で裏道崩落した翌年)に来たときも感じましたが、この大きい岩が転がって流れてくるのだから、恐ろしいことです。
2017年11月25日 13:46撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤内小屋に到着。2009年(豪雨で裏道崩落した翌年)に来たときも感じましたが、この大きい岩が転がって流れてくるのだから、恐ろしいことです。
透過型砂防堰堤。登山道は?と思ったら、この網目を通過するようです。ダムマニアの自分としては、ちょっと棚ぼた体験。
2017年11月25日 14:15撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
透過型砂防堰堤。登山道は?と思ったら、この網目を通過するようです。ダムマニアの自分としては、ちょっと棚ぼた体験。
登山口まで戻ってきました。上に比べると、紅葉が残っていますね。
2017年11月25日 14:24撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで戻ってきました。上に比べると、紅葉が残っていますね。

感想/記録

・2009年に登ったときは豪雨で崩落した裏道に圧倒された記憶しかなく、他がどんな感じだったか記憶がないので、再計画しました。今回、御在所だけでは味気ないので、国見岳と、もう少し頑張ってハライドまで行ってみることに。
・駐車場は、紅葉シーズン終了のためか、思ったより混雑してませんでした。AM6:30時点で、蒼滝トンネル西口駐車場に一番乗りでした。(少し上の中道駐車場は、そこそこ埋まっていました。)
・先週の寒波に続き、今週末も寒波ということで、登山道がどうなっているか気になっていましたが、ロープウェイのライブカメラで積雪ないことが事前に確認できたので助かりました。中道の凍結については、ヤマレコなどの事前の情報で軽アイゼン携行したので役に立ちました。(アイゼンなければ、撤退だったと思います。)
・時折冷たい強い風が吹くのと、晴れたり曇ったりで、ジャケットやフリースを着たり脱いだりで、せわしなかったです。
・ハライドから裏道に戻るのに、登りをできるだけ回避しようと、破線のマイナールートを行ってみましたが、なかなかの曲者でした。落ち葉と浮石で、滑りやすい&トレースが薄いので、神経使いました。また、沢を下る感じだったですが、調子に乗ってどんどん下ったら、マーカーを見失ってしまい、GPSにらめっこしながら、5分ほどウロウロし、ヒヤリとしました。
・低山ですが、いろいろなルートがあるので、春先か、この季節に、違うルートで、また来たいと思います。
訪問者数:216人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ