また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1328600 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

初冬の八方尾根から唐松岳

日程 2017年12月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八方ゴンドラ乗り場P 600円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間29分
休憩
1時間57分
合計
5時間26分
Sスタート地点08:5809:30八方池山荘09:51石神井ケルン10:02第2ケルン10:0310:08八方ケルン10:0910:18第三ケルン10:19八方池11:36丸山13:3113:54八方池13:57八方ケルン14:00石神井ケルン14:05八方池山荘14:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

こんなものに乗っていく
2017年12月03日 08:46撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなものに乗っていく
昨日の滑降あと
2017年12月03日 09:04撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日の滑降あと
1
晴れてよく見える
2017年12月03日 09:49撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてよく見える
1
ついていくよ
2017年12月03日 09:49撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついていくよ
1
不帰も同高度になってきた
2017年12月03日 12:23撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰も同高度になってきた
1
出た小屋の上
2017年12月03日 13:00撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出た小屋の上
本峰まで少しだが
2017年12月03日 13:00撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本峰まで少しだが
1
さっさと下る
2017年12月03日 13:56撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっさと下る
1
夏でも冬でも唐松岳
2017年12月03日 15:09撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏でも冬でも唐松岳
今宵やスーパームーンだった
2017年12月03日 17:10撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今宵やスーパームーンだった
1
二日前のK校山岳部OB会(池袋)。みんなおやじだ。
梶田くんは2個下だが、いないよ。
2017年12月01日 21:23撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日前のK校山岳部OB会(池袋)。みんなおやじだ。
梶田くんは2個下だが、いないよ。
2

感想/記録
by sptaka

グレートサミッツ国内編 NO231
 初冬の八方尾根から唐松岳
栂池ではクマが出る(先週)そうだから、ヤブのない八方へ。ここは1800mで森林限界と土壌の関係で低い。ハイマツがある。
 ゴンドラとリフト1で1600mへ。130センチ積雪とあって、15年間で20回くらい来ているが、この時期では多い方だ、有難い。
 30分くらい遅れて出たのは(ゴンドラスタート8時)他人ラッセル期待して、オヤジのずる。50人くらいが先行した。最後のリフト下あたり急斜面でもガンガン登れて、トップからは、わずかに夏の手すりが出ているくらいで、雪はパウダー。昨日も10センチくらい降り足されたようで、今年はいい感じかなあ。
 トイレ過ぎて、池も越えて、下カバ、上カバから丸山辺りまで一気にいく。半数くらいがドンドン上がる。ところが今日は天気がいい。
 いつものような景色で、不帰の1〜3までもでかくて、3の左に本峰見えて、そのまま五竜とか鹿島槍も。逆は白馬槍から杓子、白馬、小蓮華など。後ろには焼岳が遠くで一番白いかな。この景色も慣れるよ、さすがに。
丸山上部はいつも風で敗退するが、チャンスらしいから付いていくか。雪稜帯に入るわけで、さっさとスキー脱いで、せめてアイゼンで行く。この5月にも来たから覚えていて、雪の時には稜線沿いのまま、一気に小屋の上の主稜線に出る。おお毎度のようにここまでくると剱も毛勝も見えるが、ややガス。下って本峰に行こうと思ったところで、急に風、ガス、なんじゃ。昼過ぎでガスが巻くとはいつものことで、ほんの10分でいいのだが、急速に気力なくして戻る、ああ。
 稜線直下の不安定雪を慎重に下って、スキーに戻る。さあ下るでよと、ややガスっぽいの注意して、その下からは本気で、カバの上下は斜面からパウダー下って、どんどん。ゴンドラ駅まで1000m下降も最後が長いが、ああ満喫。
 夏でも冬でも唐松岳!

訪問者数:417人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ