また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1389409 全員に公開 山滑走北陸

籾糠山

日程 2018年02月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候薄曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道除雪末端に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間38分
休憩
8分
合計
7時間46分
Sスタート地点07:0712:36籾糠山12:4414:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
クラストしている斜面があるのでクトーは必要と思います。特に危険は箇所はありませんでした。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

天生峠への国道の除雪末端から出発です。雪は豊富ですが、表面はクラストしてました。
2018年02月25日 07:13撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天生峠への国道の除雪末端から出発です。雪は豊富ですが、表面はクラストしてました。
尾根に登り上げていくが、最初は急斜面でクラストしているため、早めにクトーを装着する。標高1000mを超えると新雪も15センチほど積もり緩斜面になり歩きやすくなりました。
2018年02月25日 09:04撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に登り上げていくが、最初は急斜面でクラストしているため、早めにクトーを装着する。標高1000mを超えると新雪も15センチほど積もり緩斜面になり歩きやすくなりました。
途中まであった前日のトレースが、1000mを超えると新雪でほとんでわからなくはなった。でもバージンスノーを進むのは気持ちの良いものです。
2018年02月25日 09:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中まであった前日のトレースが、1000mを超えると新雪でほとんでわからなくはなった。でもバージンスノーを進むのは気持ちの良いものです。
何かを訴えるような枯木が・・・
2018年02月25日 09:44撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何かを訴えるような枯木が・・・
巻のポイントにはトレースが何とか残っていた。ありがたく使用させていただく。
2018年02月25日 10:16撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻のポイントにはトレースが何とか残っていた。ありがたく使用させていただく。
地形図とGPSとトレースを確認しながらルートファインディング。今日は寒くもないし、楽しみながら登行しました。
2018年02月25日 10:20撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図とGPSとトレースを確認しながらルートファインディング。今日は寒くもないし、楽しみながら登行しました。
100mほど沢を下降します。この辺りはパウダースノー。
2018年02月25日 10:32撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
100mほど沢を下降します。この辺りはパウダースノー。
沢を詰めていきます。気温が高くなってきているので木からの落雪が多く見られました。
2018年02月25日 10:36撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を詰めていきます。気温が高くなってきているので木からの落雪が多く見られました。
途中の台地。風もなく陽気はもう春山。とてもリラックスできる山行になった。
2018年02月25日 11:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の台地。風もなく陽気はもう春山。とてもリラックスできる山行になった。
1
またまた、沢を詰めていきます。
2018年02月25日 11:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた、沢を詰めていきます。
上部は20センチくらいは新雪が降ったようで、パウダースノーが楽しめた。
2018年02月25日 12:08撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部は20センチくらいは新雪が降ったようで、パウダースノーが楽しめた。
やっと籾糠山が見えてきた。
2018年02月25日 12:17撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと籾糠山が見えてきた。
1
振り返れば妙法山、野谷庄司山、三方岩岳などが揃い踏み。迫力あるね。
2018年02月25日 12:30撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば妙法山、野谷庄司山、三方岩岳などが揃い踏み。迫力あるね。
笈ヶ岳方面も。
2018年02月25日 12:30撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笈ヶ岳方面も。
山頂直下もクトーで突破しました。
2018年02月25日 12:33撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下もクトーで突破しました。
山頂到着。無風でなんとも気持ちが良い。360度の展望を十分に楽しみました。もう春なのかな〜
2018年02月25日 12:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。無風でなんとも気持ちが良い。360度の展望を十分に楽しみました。もう春なのかな〜
御前岳方面。
2018年02月25日 12:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前岳方面。
天生峠方面
2018年02月25日 12:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天生峠方面
北方面だけど、あまり馴染みがないので山座同定ができません。
2018年02月25日 12:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方面だけど、あまり馴染みがないので山座同定ができません。
暖かくて余裕があったのであまりしないけど、セルフタイマーで自撮りしてみました。
2018年02月25日 12:57撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暖かくて余裕があったのであまりしないけど、セルフタイマーで自撮りしてみました。
2
猿が馬場山方面。
2018年02月25日 12:58撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿が馬場山方面。
1
山頂から滑降できるのがやっぱり気持ち良いね。
2018年02月25日 13:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から滑降できるのがやっぱり気持ち良いね。
標高1000m以下は雪が重くなっていて、ちょっと手こずりました。
2018年02月25日 14:06撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1000m以下は雪が重くなっていて、ちょっと手こずりました。
国道看板。やっぱり雪は多いんだろうね。
2018年02月25日 14:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道看板。やっぱり雪は多いんだろうね。

感想/記録

山スキーのレジェンドに会う機会が山で何回かあったが、その度に籾糠山の話しが出てくるので面白いなと思っていた。山スキーの達人たちを魅了する籾糠山とはどんなところだろうと、挑戦してみることにした。合理的なルートも公開していただいているので、それを利用させていただいて登ってみよう。

除雪末端からシール歩行で登行開始できるが、ここのところの好天で雪の表面がクラストしている。いきなりの急斜面ではクトーを装着して突破する。標高1000mを超える辺りから斜度も緩み、新雪が気持ちよくなった。前日と思われるトレースはわからなくったが、今日はルートファインディングを楽しむルートなので好都合だ。地形図とGPSを確認しながら、巻のポイントを見逃さないように慎重に進む。何しろ巻が重要なのだから。性格的にはガーと登って、ガーと滑り降りるという単純な山行が好きなのだが、地形図を確認しながら登るのもなかなか楽しい。今日は春山のように陽気も良いしね。

山頂直下で再びクトーを装着して、山頂到着。360度の大展望だ。無風で寒くもなく気持ちの良い山頂だ。今日は他の登山者はいないようで貸切の籾糠山だった、ルートファインディングを楽しむには最適の日だったかもしれない。

さて、山頂からスキーで滑降だ。数ターンで山頂斜面は終わってしまうが、この瞬間がたまらない。あとはほぼ登りのトレースを辿って下山となる(一箇所100mほどの登り返しがある)。標高1000m以下は重い雪に変わっていて、快適とは言い難いがモナカ雪よりはマシだったかな。

春スキーかと思うような陽気の中、山を彷徨うカモシカになったような気分になる楽しい山行でした。変化のあるルートでもあり、山スキーレジェンドが好むのもわかるような気がしました。

訪問者数:242人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

カモシカ GPS 山座同定 山スキー 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ