また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1399257 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

総仕上げの八ヶ岳(硫黄岳→横岳→赤岳)

日程 2018年03月11日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ☀️。硫黄岳周辺🌪。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
○八ヶ岳山荘周辺駐車場には結構駐車車両がありましたが、登山者はそれほど多くありませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間14分
休憩
2時間34分
合計
8時間48分
S美濃戸口06:0906:46やまのこ村06:4606:51美濃戸山荘06:5307:27堰堤広場07:2707:59赤岳鉱泉08:0908:11大同心沢(大同心ルンゼ)分岐08:1208:15ジョウゴ沢08:1508:57赤岩の頭09:0409:18硫黄岳09:2709:39硫黄岳山荘09:5910:12台座ノ頭10:1310:22横岳(奥ノ院)10:3710:39横岳(無名峰)10:4110:44横岳(三叉峰)10:4610:51石尊峰10:5310:54鉾岳10:5911:01日ノ岳11:1011:12二十三夜峰11:1811:23地蔵の頭11:2411:27赤岳天望荘11:3711:54赤岳頂上山荘11:5811:59赤岳12:0912:09竜頭峰12:1112:11赤岳12:1512:21文三郎尾根分岐12:2412:47阿弥陀岳分岐12:4712:52行者小屋13:0613:29中ノ行者小屋跡13:3014:06美濃戸山荘14:1714:20赤岳山荘14:2114:57八ヶ岳山荘14:5814:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○7週連続の八ヶ岳。
○某登山用品店には、店内に「冬は八ヶ岳に通え。」とのロゴがありました。私自身も登ってみて、冬山の美しさ。魅力的なルート。そして冬山の登山力強化に八ヶ岳は最適です。
○今回は八ヶ岳一般ルートの集大成と思われる、硫黄岳→横岳→赤岳のメジャー主稜線を辿り岩稜縦走で総合力を試しました。
○美濃戸山荘までの林道は大分雪が無くなっていますが、それでも凍った氷道がかなりあります。四駆&チェーン装着車以外は八ヶ岳山荘駐車場に停めたほうが無難です。
○北沢を辿り、赤岳鉱泉まで。問題なし。雪も少なくノーアイゼンでいけます。そこから硫黄岳までも雪は多くありません。チェーン⛓アイゼンで十分です。冬登山の場合は、赤岩の頭を通過します。赤岩の頭付近は雪が緩いと雪崩れる時があるとのことでしたが、今日の雪の締まり具合ではその心配は無さそうでした。
○硫黄岳まで上り詰めると強風ですが、2週間前に味わった硫黄岳の暴風に比べればそよ風です。硫黄岳山荘でチェーンアイゼンを12本。ストックをピッケル⛏。に替えて痩せリッジを通過して横岳。素晴らしい展望が開けます。
○横岳から赤岳へは、三叉峰、石尊峰を超え、危ない下りの日ノ岳西側をアイゼンワーク&ピッケルワークで慎重に下ります。鎖は雪で埋まっていますので頼りにできません。
○地蔵の頭を過ぎ最後の赤岳の急登。急登ですが、2日前に降った雪によりピッケルを十分に効かせることができ楽しい登りとなりました。
○下りは文三郎尾根。急ですので、ピッケルを効かせながら慎重に下ります。行者小屋からはストック&チェーンアイゼンで降りましたが、所々土が見えてますので、ノーアイゼンで十分です。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

八ヶ岳山荘駐車場。結構駐車してますが、車両分の登山者はいません。皆さん、どこに潜んでいるのでしょうか?
2018年03月11日 06:08撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳山荘駐車場。結構駐車してますが、車両分の登山者はいません。皆さん、どこに潜んでいるのでしょうか?
今日は3人で臨みます。今日は目指さない阿弥陀が綺麗です。
2018年03月11日 06:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は3人で臨みます。今日は目指さない阿弥陀が綺麗です。
アイスキャンディ。朝早いので誰も登ってません。
2018年03月11日 07:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスキャンディ。朝早いので誰も登ってません。
赤岳鉱泉から目指す縦走路が確認できます。
2018年03月11日 07:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉から目指す縦走路が確認できます。
今日は目指さない阿弥陀岳。あわよくば行こうとしましたが!
2018年03月11日 08:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は目指さない阿弥陀岳。あわよくば行こうとしましたが!
1
硫黄岳への登り。冬季ルートは直登となっていて夏道よりはるかにきついです。
2018年03月11日 08:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳への登り。冬季ルートは直登となっていて夏道よりはるかにきついです。
八ヶ岳Blue。
2018年03月11日 08:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳Blue。
赤岩の頭までの急登を上り詰めるメンバー。
2018年03月11日 08:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩の頭までの急登を上り詰めるメンバー。
急登に喘ぎながらも絶景が疲れを癒してくれる。
2018年03月11日 08:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登に喘ぎながらも絶景が疲れを癒してくれる。
赤岩の頭に続くridge
2018年03月11日 09:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩の頭に続くridge
筆者も赤岩の頭を目指して登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筆者も赤岩の頭を目指して登ります。
赤岩の頭に向かう筆者。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩の頭に向かう筆者。
赤岩の頭から硫黄岳。天気も良くメンバーも喜んでいます。
2018年03月11日 09:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩の頭から硫黄岳。天気も良くメンバーも喜んでいます。
硫黄岳目指して登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳目指して登ります。
硫黄岳を目指す筆者&メンバー1。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳を目指す筆者&メンバー1。
陽光の中登る筆者&メンバー1。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽光の中登る筆者&メンバー1。
1
硫黄岳目指し登るメンバー2。
2018年03月11日 09:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳目指し登るメンバー2。
1
硫黄岳山頂から本日の縦走路を確認する筆者。
2018年03月11日 09:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂から本日の縦走路を確認する筆者。
1
メンバー2人。
2018年03月11日 09:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メンバー2人。
赤岳のUP。
2018年03月11日 09:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳のUP。
天狗岳&蓼科山。雪は大分減ってますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳&蓼科山。雪は大分減ってますね。
爆裂火口とメンバー。一応強風が吹いてました。
2018年03月11日 09:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆裂火口とメンバー。一応強風が吹いてました。
横岳へ向かう筆者&メンバー1。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳へ向かう筆者&メンバー1。
ケルン帯を降り、横岳に向かいます。
2018年03月11日 09:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルン帯を降り、横岳に向かいます。
硫黄岳山荘。営業はしていませんが、強風をしのぐために立ち寄りました。
2018年03月11日 09:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘。営業はしていませんが、強風をしのぐために立ち寄りました。
横岳に向かいます。強風に耐えながら登り詰めるメンバー2人。
2018年03月11日 10:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳に向かいます。強風に耐えながら登り詰めるメンバー2人。
顔に氷の粒が吹きつけます。
2018年03月11日 10:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顔に氷の粒が吹きつけます。
緩い傾斜を進みます。強風です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩い傾斜を進みます。強風です。
ridgeもあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ridgeもあります。
気持ちのいい雪原地帯を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい雪原地帯を進みます。
危ないところもあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危ないところもあります。
1
痩せridgeを降りるメンバー。ピッケルを十分に効かせて降ります。
2018年03月11日 10:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せridgeを降りるメンバー。ピッケルを十分に効かせて降ります。
横岳山頂。メンバー全員でファイティングポーズをとります。
2018年03月11日 10:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳山頂。メンバー全員でファイティングポーズをとります。
4
余りの美しさに見惚れる筆者。
2018年03月11日 10:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余りの美しさに見惚れる筆者。
ここを縦走します。
2018年03月11日 10:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを縦走します。
2
目指す赤岳のUP。
2018年03月11日 10:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す赤岳のUP。
1
鉄梯子もあります。
2018年03月11日 10:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄梯子もあります。
急斜面。ピッケルを十分効かせます。
2018年03月11日 10:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面。ピッケルを十分効かせます。
雪と氷のミックス帯を進みます。
2018年03月11日 10:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪と氷のミックス帯を進みます。
目指す赤岳とメンバー1。
2018年03月11日 11:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す赤岳とメンバー1。
日ノ岳の急斜面を降る筆者とメンバー2。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日ノ岳の急斜面を降る筆者とメンバー2。
日ノ岳の急斜面を降るメンバー2。
2018年03月11日 11:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日ノ岳の急斜面を降るメンバー2。
日ノ岳を降りきりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日ノ岳を降りきりました。
メンバー1。そして赤岳。
2018年03月11日 11:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メンバー1。そして赤岳。
1
赤岳を望むメンバー2。
2018年03月11日 11:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳を望むメンバー2。
赤岳を望むメンバー1&2。
2018年03月11日 11:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳を望むメンバー1&2。
1
最高の展望。
2018年03月11日 11:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の展望。
雪と岩のMIX帯を降ります。
2018年03月11日 11:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪と岩のMIX帯を降ります。
赤岳と大岩。
2018年03月11日 11:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳と大岩。
地蔵尾根の分岐。登山の無事を祈願してお地蔵さんの頭を撫でました。
2018年03月11日 11:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵尾根の分岐。登山の無事を祈願してお地蔵さんの頭を撫でました。
クラゲのような雲。
2018年03月11日 11:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラゲのような雲。
赤岳への登り。降雪のため登り甲斐がありました。ピッケル必須です。
2018年03月11日 11:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳への登り。降雪のため登り甲斐がありました。ピッケル必須です。
2日前の降雪により登りやすくなっていましたが、足に堪える急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日前の降雪により登りやすくなっていましたが、足に堪える急登。
登るメンバー1。
2018年03月11日 11:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登るメンバー1。
何とか登ったメンバー1。
2018年03月11日 11:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか登ったメンバー1。
標柱は氷柱となっていました。pauseをとるメンバー1&2。
2018年03月11日 12:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標柱は氷柱となっていました。pauseをとるメンバー1&2。
1
筆者もメンバー1と共にpause。
2018年03月11日 12:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筆者もメンバー1と共にpause。
1
雪と岩のMIX帯。文三郎尾根の急坂を降ります。凄い迫力です。
2018年03月11日 12:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪と岩のMIX帯。文三郎尾根の急坂を降ります。凄い迫力です。
2
上からはこんな感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上からはこんな感じです。
1
降ります。
2018年03月11日 12:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降ります。
行者小屋からの赤岳。
2018年03月11日 13:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋からの赤岳。
駐車場に戻りました。
2018年03月11日 14:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻りました。
今日もハルピン。
2018年03月11日 15:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日もハルピン。
お決まりのハル二郎。美味しすぎます。
2018年03月11日 15:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お決まりのハル二郎。美味しすぎます。

感想/記録
by Janine

○冬山の道場。八ヶ岳。硫黄岳周辺での強風に見舞われましたが、最高の展望の中、冬の南八ヶ岳の魅力を存分に味わいながら、雪山登山の醍醐味を満喫できました。
○日ノ岳下りからの赤岳の姿は神々しい以外の何者でもありません。雪の状態や今後の天気の様子では、今日が最後の雪山だった気がします。
○来年も八ヶ岳道場で雪山テクニックを磨くべく通い尽くしたいと思いました。
○しかしながら、無雪期ならばさほどの苦労もなく縦走できるルートですが、積雪期の本ルートの疲労感は半端ではありません。改めて、雪山の衝撃は只者ではないことを痛感しました。
訪問者数:803人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ