また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1412503 全員に公開 ハイキング北陸

駅から城めぐり『穴水城』〜さくら駅−能登大仏−城山−潮騒の道−穴水駅〜を巡る

日程 2018年04月12日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
___【 タイトルについて 】___

● 駅から城(跡)に上がり駅に戻る−−と言うことでタイトルは
⇒ 駅から城めぐり『穴水城』

● 往復登城ではなく−−周遊しましたのでサブタイトルは
⇒ 〜さくら駅−能登大仏−城山−潮騒の道−穴水駅〜を巡る

〜となりました。のと鉄道「七尾駅」から列車で「能登さくら駅」に向かい、「能登さくら駅」から歩き出します。穴水を流れる小又川河口から城山(穴水城跡)に登り城跡を散策。次に、城跡をあとにし穴水湾に下ります。湾岸の「潮騒の道」を巡り、帰路は「穴水駅」まで歩きます。最後は、のと鉄道で「七尾駅」に戻り終了です。

___【 穴水城(あなみずじょう)跡 】___

 所在地は、石川県鳳至郡「穴水町」川島。幾つかの別名があり、うち一つの別名が[白波城]でした。そのお城は、穴水湾の白波で城壁が洗わていたのかもしれません。城の位置は、穴水町を横断するように流れる[小又川]の河口から聳え立つ城山(標高約65m)の山頂付近にありました。守護大名「畠山氏」の重臣『長一族』の居城で、長らく城下町(能登国大屋荘の穴水保=穴水村)が繁栄していました。鎌倉時代の文治2年(1186年)、長氏(ちょうし)の祖にあたる長谷部信連(はせべのぶつら)によって築城されたと伝えられています。
 上杉軍の来襲で起こった[七尾城の戦い=1576〜1577年]で、畠山家が滅亡したことに伴い、穴水城は一時、上杉軍の手に渡ってしまいます。しかし天正6年(1578年)、七尾城の戦いで憤死した長続連(ちょうつぐつら)の次男〜長連龍(ちょうつらたつ)が、織田信長の支援のもと奪還に成功(菱脇の戦い)しました。 その後状況の変化があり、奪還から5年後の天正11年(1583年)、能登の大名となっていた「前田利家」が七尾の小丸山城から尾山城(のちの金沢城)に本拠地を移したのと時を同じくして、長氏が本拠地を穴水から田鶴浜へ移動させてしまいました。この時点で、穴水城は廃城となりました。現在は「穴水城址公園」として整備されています。

___【 鉄道と徒歩の旅 】___

 旅の行き帰りは「のと鉄道」を利用します。

−−−< 線路が続くのは穴水まで >−−−

 『のと鉄道』は、1987年、国鉄が民営化された事に伴い、設立された第三セクターの鉄道会社です。現在、七尾駅(※1)から穴水駅まで1路線のみが運行されていますが、かつては穴水駅から2本に分岐して、輪島と蛸島まで運行されていました(※2)。

※1:[七尾駅−和倉駅]間は、JR七尾線を間借り(乗り入れ)しています。念のためですが、[七尾線」という呼称は、のと鉄道七尾線とJR西日本七尾線の2つで用いられています。

※2:のと鉄道で現在、運用されている路線は、[のと鉄道七尾線=七尾駅−穴水駅]のみです。
・2001年廃止の路線:のと鉄道輪島線(七尾線の一部)=穴水駅−輪島駅(輪島市)
・2005年廃止の路線:のと鉄道能登線=穴水駅−蛸島駅(珠洲市)

−−−< 「能登さくら駅」から歩き始めました >−−−
 
 主目的地は、穴水の城山にある[穴水城跡]です。「能登さくら駅」を徒歩で出発し、穴水城跡への登城と周辺の名所を巡りしてから、「穴水駅」に入ります。
 能登鹿島駅(通称=能登さくら駅)の住所は鳳珠郡穴水町曽福です。曽福集落よりも、隣り村の鹿島集落からのほうがこの駅に近かったためか、駅名は曽福駅〜とはならず、『鹿島駅』となりました。皆がこの駅のことを[能登さくら駅]という愛称で呼んでいるからこそ、駅名をめぐった諍いは起きなかったのかもしれません。

−−−< 「穴水駅」から「七尾駅」に帰投 >−−−

 七尾駅−穴水駅は、始発終着駅を含めて計8駅、片道約40分の行程です。1日17本程度、うち2,3本は特別な「のと里山里海号」が片道約50〜60分のスローペースで運行されています。専任アテンダントによるガイド、ビューポイントで一時停車〜などの特典があります。

 屬里販せ確こす罅廚罎辰燭螢魁璽后Я柑慊蠕福瞥縮鸚)
◆屬里販せ確こす罅廛ジュアルコース:全席自由席(予約不要)

〜の2コースに分かれています(注:いずれも普通運賃より割高になります)。

● のと鉄道[終着駅]=穴水駅

 住所は穴水町字大町。駅の愛称名は『まいもんの里駅』です。春夏秋冬の4シーズン、4回の「まいもんまつり」が行われています。「まつり」といっても、宗教色のある儀式の祭りではなく、加盟店による地産地消・旬菜旬食のキャンペーンの事です。特に、冬の陣の一大イベントとしては2月初旬、『雪中ジャンボかきまつり』が、穴水港あすなろ広場で、盛大に開催されます。

● のと鉄道[始発駅]=七尾駅

 住所は七尾市御祓(みそぎ)町。JR西日本七尾線/のと鉄道七尾線〜の両方の駅になっています。

___【 穴水へのアクセス 】___

ー家用車/⇔鷦屐伸H行機〜の3通りのアクアエス方法があります。

 ー家用車で穴水ICへ

(a):[北陸自動車道]−金沢−[のと里山海道]−大津JCT(七尾市)−[のと里山海道]−穴水IC

(b):[東海北陸道]−小矢部砺波JCT−[能越道]−七尾IC−大津JCT−[のと里山海道]−穴水IC

◆[鷦屬之蠖紊

 電車(新幹線または北陸本線)で金沢駅にアクセス⇒金沢駅−−<JR西日本七尾線>−−七尾駅−−<のと鉄道七尾線>−−穴水駅〜で到着です。

 飛行機で能登空港へ

 能登空港は穴水の北部(輪島市・能登町との境界)に所在します。愛称は「のと里山空港」。フライトは、羽田空港と1日往復2便のみです。空港から、穴水・和倉・七尾方面へは、乗合タクシー(ジャンボタクシー)の利用が便利です。

___【 穴水城跡の登城ルート 】___

 登山(登城)ルート=散策路は、3本あります。また、車で直接、城山に登ることも出来ます。町役場から町道城山線を東に進み、城山の東側にある由比ヶ丘(ゆうひがおか)団地の入口から林道に入り西に進むと、本丸跡のそばまで上がることが出来ます。

)明沼ΑХ蠖緜役場からのルート
南側:長谷部住宅(城山団地)からのルート
F酖貘Α長谷部神社(歴史民俗資料館の隣)からのルート

−−−< 登山口 >−−−

〃蠖緜役場の横:ケーブルネットの放送センターのそばに所在
長谷部住宅(城山住宅団地):歴史民俗資料館の100m西側に所在
D甲部神社:二ノ鳥居のそばの城山遊歩道入口

−−−< 駐車場 >−−−

…役場の駐車場、△覆掘↓7蠖緜歴史民俗資料館の駐車場

−−−< トイレ >−−−

〔鮠譴離肇ぅ譴鮗擇蠅襦↓△覆掘↓D甲部神社境内のトイレ、(番外)本丸跡そばのトイレ(調査時点では使用不可)

−−−< 水場 >−−−

´↓:すべてなし。ちなみに、役場の約200m手前の[役場口交差点]の角にコンビニがあります。

___【 穴水の城山にある三角点 】___

● 四等三角点「城山」=61.75m、穴水城跡の本丸趾に所在します。

___【 周辺の観光スポット 】___

 今回のコースで立ち寄った名所を紹介します。

−−−< 潮騒の道 >−−−

 七尾北湾に突き出た由比ヶ丘台地の沿岸に沿って設置された遊歩道。片道約2kmで、地元ではジョギングコースとしても人気です。潮騒の音と風光明媚な穴水湾の眺望が、秀逸です。

−−−< 穴水町歴史民俗資料館(長家史料館) >−−−

 長谷部神社の隣りにあり、由比ヶ丘の入口近くに位置しています。ここでは、穴水の歴史のみならず、能登の歴史や民俗も学べます。入館料は100円です。

−−−< 長谷部神社 >−−−

 能登国大屋荘(※)の地頭で、鎌倉武士の長谷部信連(はせべのぶつら)公を祀っています。7月の例大祭(長谷部まつり)は、多彩な行事が開催されます。

※:鳳至郡の東保・西保と鹿島郡の穴水保〜で構成。現在の輪島市の河原田川流域から穴水町、能登町の一部を含む地域を擁した荘園でした。

−−−< パーシバル・ローエル上陸の地 >−−−

 パーシバル・ローエルは、冥王星の存在予知で知られたアメリカ人天文学者です。明治時代に来町されました。能登旅行の折り返し地として穴水を訪問、船で和倉温泉から出航して着いた場所が、穴水町川島の真名井川の川縁です。穴水駅から道を歩いて約400mです。また、「パーシバル・ローエル顕彰記念碑」が、キャッスル真名井(穴水湯ったり館)のそば(穴水灯台が見下ろせる位置)に設置されています。

−−−< 道の駅「あなみず」 >−−−

 のと鉄道の終着駅「穴水駅」と一体になった駅舎併設型の道の駅です。駅舎と建物が繋がっている穴水物産館「四季彩々」や、地域交流施設「さわやか交流館プルート」などの施設に、駐車場などが整備されています。

−−−< 穴水大宮 >−−−

 千年以上の歴史があるといわれています。穴水駅にほど近い穴水町大町に鎮座しています。正式には、延喜式内社の辺津比弯声辧覆悗弔劼瓩犬鵑犬磧砲箸覆蠅泙后

−−−< 来迎寺(らいこうじ) >−−−

 高野山真言宗の勅定山『来迎寺』です。穴水城の城主だった長谷部氏の祈祷寺でありました。穴水駅から北西方向に1kmほどの所にあります。5月初旬に咲く菊桜(ライコウジキクザクラ)が有名です。
 ちなみに、京都府には、同名のお寺が2つあります。京都市西京区松尾井戸町の来迎寺/相楽郡(そうらくぐん)精華町(せいかちょう)の来迎寺〜です。

−−−< 能登大仏  >−−−

 住所は、穴水町乙ヶ崎甲。国道249号線の新崎口から200mほど横道に入った場所(乙ケ崎地区の高台)です。2003年6月、宗教施設「真和園」に建立されました。大仏の高さは、8.4mです。周囲は公園になっており、11もの仏像が安置されています。『真和園11ケ所巡り』として親しまれています。

___【 花見だよ!in能登さくら駅 】___

 桜のトンネルで有名な 能登鹿島駅(能登さくら駅)、桜の咲く時期に合わせて開催されています。まいもん屋台(美味しい食べ物の屋台)が出展し、花見気分を盛り上げます。2018年は、4月15日(日 )の開催です。

___【 穴水町まいもんまつり 】___

 「まつり」といっても、実際のお祭り(行事)があるわけではありません。[まいもんまつり加盟店]により食のキャンペーンです。4シーズンに分けて開催されます。

 ―佞凌悄瓩い気競侫襯魁璽后↓◆_討凌悄瓩気兇┘侫襯魁璽后↓ 秋の陣=牛フルコース、ぁ‥澆凌悄瓩きフルコース

−−−< いさざ=シロウオ >−−−

 イサザとは、シロウオ(素魚、白魚、ハゼ科シロウオ属)という小魚のことです。四つ手網を川に沈め、産卵のため川を遡上してくるイサザが通りかかったところを捕まえます。

※:関西では、シラウオ科の[シラウオ]のことを「シロウオ」と呼ぶことがあり、しばし、ハゼ科のイサザと混同されています。

−−−< 雪中ジャンボかきまつり >−−−

 い療澆凌悄覆き貝コース)の一大イベントとしては2月初旬、「雪中ジャンボかきまつり」が、穴水港あすなろ広場で、盛大に開催されます。

___【 長谷部まつり 】___

 能登国大屋荘地頭の長谷部信連(はせべのぶつら)公を偲ぶ祭です。神輿を先頭に、武者行列が練り歩き、雅やかな時代絵巻を繰り広げられます。開催は7月中旬の予定です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間21分
休憩
1時間51分
合計
6時間12分
S能登さくら駅07:5608:09鹿島神社08:1508:32ボラ待ちやぐら・ぼら待ち市場08:4409:21能登大仏・真和園09:5010:26穴水町役場10:2710:34穴水城跡10:5011:06長谷部神社11:0911:10穴水町歴史民俗資料館11:2711:29潮騒の道入り口11:3011:38ボラ待ちやぐら11:3912:07内浦漁港12:0812:19のとふれあい文化センター12:2112:32キャッスル真名井・穴水湯ったり館12:3312:34ローエル顕彰記念碑12:3512:37穴水灯台12:3912:55ボラ待ちやぐら12:5613:02潮騒の道入り口13:0313:06穴水城跡公園入口13:0713:12穴水城跡13:1513:45ローエル上陸の地13:4613:52穴水大宮13:5513:58さわやか交流館プルート14:0314:04物産館「四季彩々」14:0714:08穴水駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
___【 今回のコース 】___

 列車(電車ではなく気動車)の旅と、七尾湾と穴水湾に沿って長い距離を歩く山行〜を組み合わせました。

《開始》:七尾駅⇒< のと鉄道 >⇒能登さくら駅(能登鹿島駅)−能登大仏−穴水町役場(登城口※)−穴水城跡(城山)−長谷部神社(城山遊歩道口※)−穴水町歴史民俗資料館−潮騒の道入り口−ボラ待ちやぐら−内浦漁港−のとふれあい文化センター−キャッスル真名井・穴水湯ったり館−ローエル顕彰記念碑−穴水灯台−ボラ待ちやぐら−潮騒の道入り口−穴水城跡公園入口(※)−穴水城跡(2廻り目の登城)−穴水町役場−ローエル上陸の地−穴水大宮−さわやか交流館プルート−道の駅穴水−穴水駅⇒< のと鉄道 >⇒七尾駅:《帰投》

※:穴水城跡への登り口(登城口)が3ヶ所あります⇒(※印)
コース状況/
危険箇所等
___【 コースの状況等 】___

 車道と遊歩道を歩きますので、危険な箇所はありません。比較的ですが、穴水城跡に登る遊歩道では、登山気分が味わえます。
その他周辺情報___【 コース近くの温泉 】___

● 穴水湯ったり館

 住所は穴水町字川島井で、由比ヶ丘(ゆうひがおか)の南側に所在。穴水湾の高台にある宿泊施設「キャッスル真名井」に併設されている日帰り入浴施設です。

・泉質:本当の温泉ではありませんが、天然鉱石を利用した人工温泉です。
・営業時間:午前12時00分〜午後10時00分
・休館日:年中無休
・入浴料:510円
・岩盤浴(1080円/60分/土日祝日のみ)
・宿泊施設「キャッスル真名井」が併設。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 小型ザック キャップ 軍手2 一眼レフデジカメ スマートホン GPS 予備電池 タオル2本 おにぎり 水1L

写真

< 今回の山行マップ >
[ 能登さくら駅−能登大仏−穴水城跡−潮騒の道−穴水城跡(2度目の登城)−穴水駅 ]〜総歩行距離:約20km、所要時間:約6時間分〜になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 今回の山行マップ >
[ 能登さくら駅−能登大仏−穴水城跡−潮騒の道−穴水城跡(2度目の登城)−穴水駅 ]〜総歩行距離:約20km、所要時間:約6時間分〜になりました。
2
< 七尾駅発07:12 >
〜の列車(始発列車)に乗ります。のと鉄道七尾線は[七尾−穴水]駅間のみです。終点の穴水の一つ手前の「能登鹿島駅」で降ります。
2018年04月12日 06:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 七尾駅発07:12 >
〜の列車(始発列車)に乗ります。のと鉄道七尾線は[七尾−穴水]駅間のみです。終点の穴水の一つ手前の「能登鹿島駅」で降ります。
2
< ラッピング列車 >
〜です。 屮泪献鵐ーZ」/◆峅嶌蕕いろは HOME SWEET HOME」/「NEW 花咲くいろは(改)」〜の3両あります。この始発便は、 柄亜法椨(後)〜2両編成だと思います。
2018年04月12日 07:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ラッピング列車 >
〜です。 屮泪献鵐ーZ」/◆峅嶌蕕いろは HOME SWEET HOME」/「NEW 花咲くいろは(改)」〜の3両あります。この始発便は、 柄亜法椨(後)〜2両編成だと思います。
3
< NO TO GO! >
NAGAI GO(永井豪)! の「マジンガーZ」〜の先頭車両に乗り込みました。
2018年04月12日 07:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< NO TO GO! >
NAGAI GO(永井豪)! の「マジンガーZ」〜の先頭車両に乗り込みました。
3
< キャラクターたち >
〜が車内を彩っています。「兜 甲児」の他に、「キューティーハニー」と「デビルマン」が共演しています。
2018年04月12日 07:03撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< キャラクターたち >
〜が車内を彩っています。「兜 甲児」の他に、「キューティーハニー」と「デビルマン」が共演しています。
2
< 田鶴浜の田園 >
〜風景が開けてます。田鶴浜を抜けると、中島町深浦と中島町小牧(おまき)の中間にある[牡蠣の養殖場]が見えました。
2018年04月12日 07:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 田鶴浜の田園 >
〜風景が開けてます。田鶴浜を抜けると、中島町深浦と中島町小牧(おまき)の中間にある[牡蠣の養殖場]が見えました。
< 31分で到着 >
能登鹿島駅(通称=能登さくら駅)です。鹿島駅ではありますが、この駅の住所は鳳珠郡穴水町曽福です。
※:敷地の北側半分は穴水町鹿島になっています。
2018年04月12日 07:45撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 31分で到着 >
能登鹿島駅(通称=能登さくら駅)です。鹿島駅ではありますが、この駅の住所は鳳珠郡穴水町曽福です。
※:敷地の北側半分は穴水町鹿島になっています。
1
< さくら駅の周辺 >
〜グーグル写真を改変しました。今回、駅の北側で駐車場を造っていました。今までは、路上駐車だけが頼みの綱でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< さくら駅の周辺 >
〜グーグル写真を改変しました。今回、駅の北側で駐車場を造っていました。今までは、路上駐車だけが頼みの綱でした。
1
< 喜翠荘の方々 >
〜を見送りました。アニメ『花咲くいろは』のキャラクターたちが、手を振っているかのように描かれています。
2018年04月12日 07:45撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 喜翠荘の方々 >
〜を見送りました。アニメ『花咲くいろは』のキャラクターたちが、手を振っているかのように描かれています。
1
< 桜の花のトンネル >
〜ですが、少し散りかけています。3日後の4月15日(日)に『花見だよ!in能登さくら駅』が開催されますが、少し見頃が過ぎてしまうでしょう。今年は、大雪だったため開花時期が遅いと予測されていましたが、実際は、かなり早咲きの年になってしまいました。
2018年04月12日 07:46撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 桜の花のトンネル >
〜ですが、少し散りかけています。3日後の4月15日(日)に『花見だよ!in能登さくら駅』が開催されますが、少し見頃が過ぎてしまうでしょう。今年は、大雪だったため開花時期が遅いと予測されていましたが、実際は、かなり早咲きの年になってしまいました。
3
< チューリップたち >
〜も饗宴しているかのように、華やいでいます。
2018年04月12日 07:47撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< チューリップたち >
〜も饗宴しているかのように、華やいでいます。
1
< シンプルな駅舎 >
建物の3分の1はトイレで占められていて、残りは休憩所になっています。
2018年04月12日 07:48撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< シンプルな駅舎 >
建物の3分の1はトイレで占められていて、残りは休憩所になっています。
< ソメイヨシノ(染井吉野) >
バラ科サクラ属。ピンクの駅舎より南側に進むと、小公園に出ます。
2018年04月12日 07:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ソメイヨシノ(染井吉野) >
バラ科サクラ属。ピンクの駅舎より南側に進むと、小公園に出ます。
3
< ニホンズイセン(日本水仙) >
ヒガンバナ科スイセン属〜も桜に負けないくらい咲いています。
2018年04月12日 07:51撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ニホンズイセン(日本水仙) >
ヒガンバナ科スイセン属〜も桜に負けないくらい咲いています。
1
< ヤエザキスイセン(八重咲水仙) >
ヒガンバナ科スイセン属。ご覧のように〜桜にヤエザクラがあるように、水仙にも八重咲があります。
2018年04月12日 07:52撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ヤエザキスイセン(八重咲水仙) >
ヒガンバナ科スイセン属。ご覧のように〜桜にヤエザクラがあるように、水仙にも八重咲があります。
2
< 駅に愛称 >
〜が付けられています。ここ能登鹿島駅の愛称は『能登さくら駅』ですが、のと鉄道の他の駅にも愛称が付けられています。
2018年04月12日 07:53撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 駅に愛称 >
〜が付けられています。ここ能登鹿島駅の愛称は『能登さくら駅』ですが、のと鉄道の他の駅にも愛称が付けられています。
1
< 能登島と本州を繋ぐ >
〜中能登農道橋(愛称:ツインブリッジ)〜が遠くに見えています。
2018年04月12日 07:54撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 能登島と本州を繋ぐ >
〜中能登農道橋(愛称:ツインブリッジ)〜が遠くに見えています。
< 駅前?に戻ります >
桜の花の期間だけ出店される屋台は、まだ開いていませんでした。たぶん、9:00頃の開店になると思います。
2018年04月12日 07:55撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 駅前?に戻ります >
桜の花の期間だけ出店される屋台は、まだ開いていませんでした。たぶん、9:00頃の開店になると思います。
1
< さくらの駅を >
〜あとにします。国道249号線を穴水の市街地まで歩きます(北上します)。
2018年04月12日 07:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< さくらの駅を >
〜あとにします。国道249号線を穴水の市街地まで歩きます(北上します)。
< 七尾北湾 >
〜を見渡しました。東方向の太陽の下には「大口瀬戸(おおぐちせと※)」、南東方向には「能登島」、南方向には「ツインブリッジ」〜が見えます。
※:能登島と、穴水町の鹿波(かなみ)・大郷(だいごう)との間の海峡(七尾北湾の出口)です。
2018年04月12日 07:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 七尾北湾 >
〜を見渡しました。東方向の太陽の下には「大口瀬戸(おおぐちせと※)」、南東方向には「能登島」、南方向には「ツインブリッジ」〜が見えます。
※:能登島と、穴水町の鹿波(かなみ)・大郷(だいごう)との間の海峡(七尾北湾の出口)です。
< さくらに被われた >
〜さくら駅の映像を網膜に焼き付けるように眺めてから、先を急ぎました。
2018年04月12日 07:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< さくらに被われた >
〜さくら駅の映像を網膜に焼き付けるように眺めてから、先を急ぎました。
2
< 突然、工事現場 >
〜が現れました。駅を出て150m位の場所です。能登さくら駅の駐車場を新設していました。来月(5月)一杯までの工期になっていますので、今度の「さくら祭り」には、間に合わないみたいです。下の写真は、帰りの列車の車窓から撮影しました。
2018年04月12日 08:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 突然、工事現場 >
〜が現れました。駅を出て150m位の場所です。能登さくら駅の駐車場を新設していました。来月(5月)一杯までの工期になっていますので、今度の「さくら祭り」には、間に合わないみたいです。下の写真は、帰りの列車の車窓から撮影しました。
< 小さな森=「鹿島の森」 >
〜が小島のように見えます。
2018年04月12日 08:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 小さな森=「鹿島の森」 >
〜が小島のように見えます。
< 鹿島神社 >
〜です。お参りさせて頂きました。能登さくら駅の繁栄(人気)は、こちらの神様のご利益かも知れませんね。
2018年04月12日 08:09撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 鹿島神社 >
〜です。お参りさせて頂きました。能登さくら駅の繁栄(人気)は、こちらの神様のご利益かも知れませんね。
1
< 先代の鳥居 >
〜が石材のようになっています。2007年(平成19年)3月25日9時41分58秒に発生した[能登半島地震]で倒壊したとのことです。
2018年04月12日 08:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 先代の鳥居 >
〜が石材のようになっています。2007年(平成19年)3月25日9時41分58秒に発生した[能登半島地震]で倒壊したとのことです。
< 由来碑 >
祭神は、『武甕槌神(たけみかずちのかみ)』です。[武+雷]の神様らしいです。さて、坂道(参道)を50mほど登ります。
2018年04月12日 08:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 由来碑 >
祭神は、『武甕槌神(たけみかずちのかみ)』です。[武+雷]の神様らしいです。さて、坂道(参道)を50mほど登ります。
< お山の上の拝殿 >
神拝詞(となえことば)が必要でした。三唱二拍手一拝(さんしょうにはくしゅいっぱい)。
2018年04月12日 08:12撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< お山の上の拝殿 >
神拝詞(となえことば)が必要でした。三唱二拍手一拝(さんしょうにはくしゅいっぱい)。
1
< 身の来し方を >
〜神社の裏手から返り見ました。さくら駅から500mほど来ましたが、駅周辺の桜たちが輝いていました。
2018年04月12日 08:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 身の来し方を >
〜神社の裏手から返り見ました。さくら駅から500mほど来ましたが、駅周辺の桜たちが輝いていました。
1
< 鹿島の集落 >
〜を通行します。鹿島川の河口に架かる鹿島橋の所から、『鹿島の森』を振り返りました。
2018年04月12日 08:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 鹿島の集落 >
〜を通行します。鹿島川の河口に架かる鹿島橋の所から、『鹿島の森』を振り返りました。
1
< お次は、根木(ねぎ) >
〜の集落です。
2018年04月12日 08:23撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< お次は、根木(ねぎ) >
〜の集落です。
< 煌めいている瀬戸 >
「大口瀬戸」です。能登島の反対側には「小口瀬戸(※)」があります。左側に長細い半島のように見える部分は、鹿波(かなみ)・大郷(だいごう)地区になります。
※:能登島と崎山半島との間の海峡(七尾南湾の出口)です。
2018年04月12日 08:24撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 煌めいている瀬戸 >
「大口瀬戸」です。能登島の反対側には「小口瀬戸(※)」があります。左側に長細い半島のように見える部分は、鹿波(かなみ)・大郷(だいごう)地区になります。
※:能登島と崎山半島との間の海峡(七尾南湾の出口)です。
< のと鉄道のビューポイント >
〜の一ヶ所に来ました。そばを通っている線路沿いには、乗客のための案内板が設置されています。
2018年04月12日 08:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< のと鉄道のビューポイント >
〜の一ヶ所に来ました。そばを通っている線路沿いには、乗客のための案内板が設置されています。
< えっちゃん? >
ボラ待ちやぐらには、等身大のフィギャーが乗っています。根木集落在住の『えっちゃん』という方が、人形のモデルかも知れない〜と、この後の帰りの列車=[のと里山里海号]のアテンダントさんからお聴きしました。
2018年04月12日 08:31撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< えっちゃん? >
ボラ待ちやぐらには、等身大のフィギャーが乗っています。根木集落在住の『えっちゃん』という方が、人形のモデルかも知れない〜と、この後の帰りの列車=[のと里山里海号]のアテンダントさんからお聴きしました。
< ぼら待ちやぐらの由緒 >
江戸時代からの伝統漁法で使われた、海中櫓です。明治時代に穴水町を訪れたパーシバル・ローエルが、[怪鳥ロックの巣]と形容したとのこと。
2018年04月12日 08:32撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ぼら待ちやぐらの由緒 >
江戸時代からの伝統漁法で使われた、海中櫓です。明治時代に穴水町を訪れたパーシバル・ローエルが、[怪鳥ロックの巣]と形容したとのこと。
< 根木ポケットパーク >
駐車帯に休憩舎・売店(ぼら待ち市場)・トイレが併設されています。
2018年04月12日 08:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 根木ポケットパーク >
駐車帯に休憩舎・売店(ぼら待ち市場)・トイレが併設されています。
< ぼら待ち市場 >
〜は、定休日(毎週木曜日)でした。
2018年04月12日 08:39撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ぼら待ち市場 >
〜は、定休日(毎週木曜日)でした。
< 案内板の一部分 >
〜から抜粋しました。今回の山行(ロングウォーク)のルートをラインマークしてみました。この後、[ 能登大仏→穴水城跡→潮騒の道→穴水駅 ]〜と進みます。
2018年04月12日 08:44撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 案内板の一部分 >
〜から抜粋しました。今回の山行(ロングウォーク)のルートをラインマークしてみました。この後、[ 能登大仏→穴水城跡→潮騒の道→穴水駅 ]〜と進みます。
1
< あと0.8km >
〜歩けば「能登大仏(真和園)」です。穴水町の『まいもんまつり』は、年4回(4シーズン)あります。旬の味覚を味わうキャンペーンのような物です。催事としては、2月初旬、「雪中ジャンボかきまつり」が、穴水港あすなろ広場で盛大に開催されます。
2018年04月12日 09:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< あと0.8km >
〜歩けば「能登大仏(真和園)」です。穴水町の『まいもんまつり』は、年4回(4シーズン)あります。旬の味覚を味わうキャンペーンのような物です。催事としては、2月初旬、「雪中ジャンボかきまつり」が、穴水港あすなろ広場で盛大に開催されます。
< 新崎口 >
〜で国道から横道に入ります。200mほど横道を進むと大仏様のいらっしゃる「真和園」の山門に行き着きます。真和園の住所は、穴水町乙ヶ崎甲です。この横道をあと1.5kmほど奥に進んだ先の「イナヘズミ鼻」に『真和園温泉』がありましたが、現在は休止中です。
2018年04月12日 09:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 新崎口 >
〜で国道から横道に入ります。200mほど横道を進むと大仏様のいらっしゃる「真和園」の山門に行き着きます。真和園の住所は、穴水町乙ヶ崎甲です。この横道をあと1.5kmほど奥に進んだ先の「イナヘズミ鼻」に『真和園温泉』がありましたが、現在は休止中です。
< 山門から入園しました >
車で来た場合は、山門の手前で曲がり、奥の駐車場に進むことになります。現在、山門の隣で工事が進められていて、完成すれば直接、正面から車が入れるようになります。
2018年04月12日 09:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 山門から入園しました >
車で来た場合は、山門の手前で曲がり、奥の駐車場に進むことになります。現在、山門の隣で工事が進められていて、完成すれば直接、正面から車が入れるようになります。
< 太子堂 >
聖徳太子の像を祀った仏堂です。
2018年04月12日 09:21撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 太子堂 >
聖徳太子の像を祀った仏堂です。
1
< 極楽大仏コース >
〜を反時計回りに進み、お参りします。一周約60分のコースですが、私は、はしょいで30分ほどで済ませました。
2018年04月12日 09:22撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 極楽大仏コース >
〜を反時計回りに進み、お参りします。一周約60分のコースですが、私は、はしょいで30分ほどで済ませました。
< 観音様 >
「真和園」の奥に座っておられる大仏様を〜前衛しているかのような場所に立たれています。
2018年04月12日 09:22撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 観音様 >
「真和園」の奥に座っておられる大仏様を〜前衛しているかのような場所に立たれています。
1
< 駐車場 >
〜の一段上の場所に「釣鐘堂」があります。左手の道に入った所が、大仏様の広場になります。
2018年04月12日 09:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 駐車場 >
〜の一段上の場所に「釣鐘堂」があります。左手の道に入った所が、大仏様の広場になります。
< 能登大仏 >
能登長寿大仏とも呼ばれています。大仏さまの高さは、8.4メートルだそうです。立像の高さが1丈6尺(約4.8メートル)あるものを、『丈六仏(じょうろくぶつ)』と呼ばれます。一説なのかも知れませんが、「丈六仏」以上の大きさのあるものを『大仏』とよぶのだそうです(坐像の場合はその半分)。
2018年04月12日 09:26撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 能登大仏 >
能登長寿大仏とも呼ばれています。大仏さまの高さは、8.4メートルだそうです。立像の高さが1丈6尺(約4.8メートル)あるものを、『丈六仏(じょうろくぶつ)』と呼ばれます。一説なのかも知れませんが、「丈六仏」以上の大きさのあるものを『大仏』とよぶのだそうです(坐像の場合はその半分)。
2
< 平和の鐘の釣鐘堂 >
マップが掲示されていました。ここ真和園の11ケ所巡りが案内されています。
2018年04月12日 09:29撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 平和の鐘の釣鐘堂 >
マップが掲示されていました。ここ真和園の11ケ所巡りが案内されています。
< 三重塔 >
塔の上についている「相輪(そうりん)」の部分は、この後、私が巡った[潮騒の道]からも確認出来ました。
2018年04月12日 09:34撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 三重塔 >
塔の上についている「相輪(そうりん)」の部分は、この後、私が巡った[潮騒の道]からも確認出来ました。
1
< 観音堂 >
石灯籠、桜の花、松の木〜がアレンジされた石畳の先にございました。
2018年04月12日 09:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 観音堂 >
石灯籠、桜の花、松の木〜がアレンジされた石畳の先にございました。
1
< 真和橋 >
〜を渡った先の右手に、「弘法大師」のお堂があります。
2018年04月12日 09:39撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 真和橋 >
〜を渡った先の右手に、「弘法大師」のお堂があります。
< 阿弥陀堂 >
一人居て喜ばは 二人と思ふべし 二人居て喜ばは 三人(みたり)と思ふべし その一人は 親鸞なり
2018年04月12日 09:41撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 阿弥陀堂 >
一人居て喜ばは 二人と思ふべし 二人居て喜ばは 三人(みたり)と思ふべし その一人は 親鸞なり
< 裏手に出てきました >
「仏心堂」の前に出ます。
2018年04月12日 09:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 裏手に出てきました >
「仏心堂」の前に出ます。
< 仏心堂 >
広場に咲く桜の花が、青空に輝いて見えました。
2018年04月12日 09:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 仏心堂 >
広場に咲く桜の花が、青空に輝いて見えました。
< タムシバ(田虫葉) >
モクレン科モクレン属。タムシバは、同属のコブシ(辛夷、モクレン科モクレン属)とよく似ています。このあと訪れた「潮騒の道」では、ハクモクレン(白木蓮、モクレン科モクレン属)が沢山見られましたが、遠く離れて見るとタムシバやコブシと区別がつきにくいです。
2018年04月12日 09:45撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< タムシバ(田虫葉) >
モクレン科モクレン属。タムシバは、同属のコブシ(辛夷、モクレン科モクレン属)とよく似ています。このあと訪れた「潮騒の道」では、ハクモクレン(白木蓮、モクレン科モクレン属)が沢山見られましたが、遠く離れて見るとタムシバやコブシと区別がつきにくいです。
1
< 蓮如像 >
御詠歌です=『 かたみには 六字の御名を のこしおく  なからんあとの かたみともなれ 』
2018年04月12日 09:46撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 蓮如像 >
御詠歌です=『 かたみには 六字の御名を のこしおく  なからんあとの かたみともなれ 』
< シダレザクラ(枝垂桜) >
桜の枝垂れ品種(主にエドヒガンの系統)。スマホ自撮り用ネコ耳リングライトを使って見ました。
2018年04月12日 09:47撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< シダレザクラ(枝垂桜) >
桜の枝垂れ品種(主にエドヒガンの系統)。スマホ自撮り用ネコ耳リングライトを使って見ました。
< 真和園を出ました >
国道249号線を再び歩きます。あと2.5kmほど歩けば、穴水町役場そばにある城山入口(登城口)にたどり着けます。
2018年04月12日 09:51撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 真和園を出ました >
国道249号線を再び歩きます。あと2.5kmほど歩けば、穴水町役場そばにある城山入口(登城口)にたどり着けます。
< マンホールの蓋 >
ボラ待ちやぐらを中心に、湾・岬・鳥・ヨットが描かれ、外側を星形の入ったリングで囲んでいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< マンホールの蓋 >
ボラ待ちやぐらを中心に、湾・岬・鳥・ヨットが描かれ、外側を星形の入ったリングで囲んでいます。
2
< 乙ヶ崎 >
岬の方に桜の花道が延びています。道の奥には、「穴水浄化センター」があります。向こう岸が、由比ヶ丘で、「キャッスル真名井」の建物が見えています。
2018年04月12日 10:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 乙ヶ崎 >
岬の方に桜の花道が延びています。道の奥には、「穴水浄化センター」があります。向こう岸が、由比ヶ丘で、「キャッスル真名井」の建物が見えています。
< 乙ヶ崎隧道 >
〜の隣りに通された遊歩道トンネルに進みます。
2018年04月12日 10:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 乙ヶ崎隧道 >
〜の隣りに通された遊歩道トンネルに進みます。
1
< タイル絵 >
〜が、隧道内に飾られていました。絵の題材は、イサザ漁、沖波大漁まつり、ボラ待ちやぐら〜などです。
2018年04月12日 10:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< タイル絵 >
〜が、隧道内に飾られていました。絵の題材は、イサザ漁、沖波大漁まつり、ボラ待ちやぐら〜などです。
2
< 大町大橋 >
真名井川の橋です。大町と川島を繋ぐ架け橋(高架型)になっています。橋の中央の高い場所から、穴水城跡のある城山がよく見えました。
2018年04月12日 10:17撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 大町大橋 >
真名井川の橋です。大町と川島を繋ぐ架け橋(高架型)になっています。橋の中央の高い場所から、穴水城跡のある城山がよく見えました。
< 下流と上流 >
〜を見回しました。真名井川の河口側(上の写真)と上流方向(下の写真)。1kmほど上流で隣の[小又川]に合流している[山王川]から分流しているのがこちらの[真名井川]です。
2018年04月12日 10:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 下流と上流 >
〜を見回しました。真名井川の河口側(上の写真)と上流方向(下の写真)。1kmほど上流で隣の[小又川]に合流している[山王川]から分流しているのがこちらの[真名井川]です。
< 役場口交差点 >
〜に出てきました。右折して約200mで町役場になります。交差点の手前で、右手を向くと、桜の花ざかりの城山が見えます。また、合同庁舎と消防署の間には[小又川]が流れています。
2018年04月12日 10:22撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 役場口交差点 >
〜に出てきました。右折して約200mで町役場になります。交差点の手前で、右手を向くと、桜の花ざかりの城山が見えます。また、合同庁舎と消防署の間には[小又川]が流れています。
< 町役場 >
[小又川]にかかる「長谷部橋」を渡ると穴水町役場です。
2018年04月12日 10:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 町役場 >
[小又川]にかかる「長谷部橋」を渡ると穴水町役場です。
< イサザ漁 >
イサザとは、シロウオ(ハゼ科シロウオ属)という小魚のことです。四つ手網を川に沈め、産卵のため川を遡上してくるイサザが通りかかったところを捕まえます。
※:関西では、シラウオ科の[シラウオ]のことを「シロウオ」と呼ぶことがあり、しばし、ハゼ科のイサザと混同されています。
2018年04月12日 10:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< イサザ漁 >
イサザとは、シロウオ(ハゼ科シロウオ属)という小魚のことです。四つ手網を川に沈め、産卵のため川を遡上してくるイサザが通りかかったところを捕まえます。
※:関西では、シラウオ科の[シラウオ]のことを「シロウオ」と呼ぶことがあり、しばし、ハゼ科のイサザと混同されています。
1
< 町役場 >
能越ケーブルネットの穴水放送センターの横を上がった所に登山口(登城口)があります。
2018年04月12日 10:26撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 町役場 >
能越ケーブルネットの穴水放送センターの横を上がった所に登山口(登城口)があります。
< 穴水城の登城道 >
穴水城(あなみずじょう)跡の登城道(散策路)は3本あります。穴水町歴史民俗資料館に散策路マップが置かれていましたが、判りにくかったので(特に△離襦璽箸記載されていない)、グーグルの写真を改変してマップにしてみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 穴水城の登城道 >
穴水城(あなみずじょう)跡の登城道(散策路)は3本あります。穴水町歴史民俗資料館に散策路マップが置かれていましたが、判りにくかったので(特に△離襦璽箸記載されていない)、グーグルの写真を改変してマップにしてみました。
< 登城口(散策路口) >
〜を少し上がった所で、小又川を見下ろしました。イサザ漁の足場が小さく見えます。
2018年04月12日 10:27撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 登城口(散策路口) >
〜を少し上がった所で、小又川を見下ろしました。イサザ漁の足場が小さく見えます。
< タチツボスミレ(立坪菫) >
スギやアテ(=能登ヒバ、ヒノキアスナロ)の落葉の下から、咲いています。
2018年04月12日 10:31撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< タチツボスミレ(立坪菫) >
スギやアテ(=能登ヒバ、ヒノキアスナロ)の落葉の下から、咲いています。
< 城跡に到着 >
城の見取り図(縄張図)が残されていないので、郭の正確な構造は判りませんが、出てきた場所は、腰曲輪のような部分です。斜面になっている腰曲輪を下り、三の丸まで行ってから、引き返し本丸に上がります。
2018年04月12日 10:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 城跡に到着 >
城の見取り図(縄張図)が残されていないので、郭の正確な構造は判りませんが、出てきた場所は、腰曲輪のような部分です。斜面になっている腰曲輪を下り、三の丸まで行ってから、引き返し本丸に上がります。
1
< 腰曲輪から >
〜城下町と湊を見下ろしました。埠頭にある広い場所は、「穴水港あすなろ広場」です。毎冬の2月初旬、『雪中ジャンボかきまつり』が開催されている広場です。
2018年04月12日 10:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 腰曲輪から >
〜城下町と湊を見下ろしました。埠頭にある広い場所は、「穴水港あすなろ広場」です。毎冬の2月初旬、『雪中ジャンボかきまつり』が開催されている広場です。
< 城下町をズーム >
真名井川に架かる「大町大橋」を渡り、小又川に架かる「長谷部橋」を渡って参りました。
2018年04月12日 10:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 城下町をズーム >
真名井川に架かる「大町大橋」を渡り、小又川に架かる「長谷部橋」を渡って参りました。
1
< 三の丸 >
一段低い場所で小さめの郭です。三の丸から背後を振り返ると、林道が延びています。本丸直下にあるトイレの前を通り、由比ヶ丘団地まで道が伸びています。実は、トイレ前の車止めの所まで車で上がって来られます。
2018年04月12日 10:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 三の丸 >
一段低い場所で小さめの郭です。三の丸から背後を振り返ると、林道が延びています。本丸直下にあるトイレの前を通り、由比ヶ丘団地まで道が伸びています。実は、トイレ前の車止めの所まで車で上がって来られます。
< 腰曲輪を登り >
〜本丸の手前で、二の丸に入ります。
2018年04月12日 10:39撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 腰曲輪を登り >
〜本丸の手前で、二の丸に入ります。
< 二の丸 >
垣根で囲まれているため、城下が見渡せません。しかし、桜の花で華やいでいます。
2018年04月12日 10:40撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 二の丸 >
垣根で囲まれているため、城下が見渡せません。しかし、桜の花で華やいでいます。
< 本丸に上がります >
すごくのどかな城跡です。城下の桜は散り始めていますが、ここではちょうど見頃でした。
2018年04月12日 10:41撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 本丸に上がります >
すごくのどかな城跡です。城下の桜は散り始めていますが、ここではちょうど見頃でした。
< 来た方を振り返りました >
見晴らしは腰曲輪、桜の花は本丸です。
2018年04月12日 10:41撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 来た方を振り返りました >
見晴らしは腰曲輪、桜の花は本丸です。
< 眼が▲ >
〜になりました。四角い四等三角点「城山」=標高61.75m〜の標石は、ほぼ土中に埋まっていました。上の写真は、本丸の東側入口付近で振り返りました。
2018年04月12日 10:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 眼が▲ >
〜になりました。四角い四等三角点「城山」=標高61.75m〜の標石は、ほぼ土中に埋まっていました。上の写真は、本丸の東側入口付近で振り返りました。
1
< 苔むした桜の木 >
〜が、『春の荒城』の雰囲気を醸しています。
2018年04月12日 10:43撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 苔むした桜の木 >
〜が、『春の荒城』の雰囲気を醸しています。
< 本丸の東入口 >
〜を降ります。大手門はなかったのでしょか?
2018年04月12日 10:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 本丸の東入口 >
〜を降ります。大手門はなかったのでしょか?
< 炭入れ? >
〜にするにはもったい感じのする〜上品さのある『スミぃレ』を見つけました。
2018年04月12日 10:44撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 炭入れ? >
〜にするにはもったい感じのする〜上品さのある『スミぃレ』を見つけました。
2
< 本丸口(東側) >
〜には、石碑や由緒などが置かれています。掲示されている[健康の道のマップ]に登城道を書き入れてみました。…役場から、長谷部住宅から、D甲部神社から〜の3本です。の神社境内からの散策路は、近年新しく造られました。
2018年04月12日 10:45撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 本丸口(東側) >
〜には、石碑や由緒などが置かれています。掲示されている[健康の道のマップ]に登城道を書き入れてみました。…役場から、長谷部住宅から、D甲部神社から〜の3本です。の神社境内からの散策路は、近年新しく造られました。
1
< トイレは使用不能? >
残念ながら、今回訪問した時点では、こちらのトイレのは鍵が掛けられていました。長谷部神社に下ると綺麗な水洗トイレがありました。林道の車止めにある位置に、長谷部団地(城山住宅)へ下り口があります。また、ここから車止めの奥に進むと、三の丸に出ます。
2018年04月12日 10:46撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< トイレは使用不能? >
残念ながら、今回訪問した時点では、こちらのトイレのは鍵が掛けられていました。長谷部神社に下ると綺麗な水洗トイレがありました。林道の車止めにある位置に、長谷部団地(城山住宅)へ下り口があります。また、ここから車止めの奥に進むと、三の丸に出ます。
< 穴水城趾の石碑 >
現在は東京に在住されている長氏34代『長昭連』さまの揮毫によるものです。
2018年04月12日 10:47撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 穴水城趾の石碑 >
現在は東京に在住されている長氏34代『長昭連』さまの揮毫によるものです。
1
< 古城追想 >
穴水城は、鎌倉時代、能登国大屋荘地頭の長谷部信連(はせべのぶつら)が築いた城でした。
2018年04月12日 10:47撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 古城追想 >
穴水城は、鎌倉時代、能登国大屋荘地頭の長谷部信連(はせべのぶつら)が築いた城でした。
< 穴水城跡の由緒 >
前田利家は能登の城持ち大名から、能登+加賀の大大名になった事に伴って、穴水城は廃城になりました。
2018年04月12日 10:48撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 穴水城跡の由緒 >
前田利家は能登の城持ち大名から、能登+加賀の大大名になった事に伴って、穴水城は廃城になりました。
< 林道を東方向に >
〜進みます。600mほど先に由比ヶ丘(ゆうひがおか)団地があります。
2018年04月12日 10:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 林道を東方向に >
〜進みます。600mほど先に由比ヶ丘(ゆうひがおか)団地があります。
< 本丸口から250m >
〜ほど進みました。観音様の横から、下ります。長谷部神社の境内に繋がる比較的新しい散策路です。
2018年04月12日 10:54撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 本丸口から250m >
〜ほど進みました。観音様の横から、下ります。長谷部神社の境内に繋がる比較的新しい散策路です。
< 岩屋堂観音 >
昔の絵図に載っていた石地蔵さまを、平成2年(1990年)7月、長谷部まつりの際に復元されたものだという。
2018年04月12日 10:55撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 岩屋堂観音 >
昔の絵図に載っていた石地蔵さまを、平成2年(1990年)7月、長谷部まつりの際に復元されたものだという。
< アテの木の林 >
〜を尾根沿いに下る道です。さわやかな海かでが吹き上げてきました。崖の所が、見晴台のようになっています。
2018年04月12日 10:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< アテの木の林 >
〜を尾根沿いに下る道です。さわやかな海かでが吹き上げてきました。崖の所が、見晴台のようになっています。
< 穴水湾と小又川河口 >
〜が見渡せます。
2018年04月12日 10:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 穴水湾と小又川河口 >
〜が見渡せます。
< 視線を右方向に >
〜向けてみました。眼下に、長谷部住宅(木造一軒家の町営住宅)があり、別の登城口が確認出来ます。私がマッピングで示した△離襦璽箸任后「穴水城跡公園入口」の標識は、この場所ともう一ヶ所、由比ヶ丘団地側の林道口にも同じ物があります。
2018年04月12日 10:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 視線を右方向に >
〜向けてみました。眼下に、長谷部住宅(木造一軒家の町営住宅)があり、別の登城口が確認出来ます。私がマッピングで示した△離襦璽箸任后「穴水城跡公園入口」の標識は、この場所ともう一ヶ所、由比ヶ丘団地側の林道口にも同じ物があります。
1
< 長谷部神社の境内 >
〜に下り立ちました。
2018年04月12日 11:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 長谷部神社の境内 >
〜に下り立ちました。
< 長谷部神社の拝殿 >
能登国大屋荘地頭の長谷部信連(はせべのぶつら)公を祀っています。毎年7月に、例大祭「長谷部まつり」が開かれています。今年2018年7月は、第56回の[長谷部まつり]となります。
2018年04月12日 11:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 長谷部神社の拝殿 >
能登国大屋荘地頭の長谷部信連(はせべのぶつら)公を祀っています。毎年7月に、例大祭「長谷部まつり」が開かれています。今年2018年7月は、第56回の[長谷部まつり]となります。
1
< 遊歩道入口を振り返りました >
拝殿の横に入ると、由緒碑や子宝石が安置されています。
2018年04月12日 11:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 遊歩道入口を振り返りました >
拝殿の横に入ると、由緒碑や子宝石が安置されています。
< 御由緒 >
能登国大屋荘地頭の長谷部信連(はせべのぶつら)公の御影像を、穴水の来迎寺に安置したのが、当社の起こりという。江戸時代になり、穴水城の麓の現在地に移転されました。
2018年04月12日 11:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 御由緒 >
能登国大屋荘地頭の長谷部信連(はせべのぶつら)公の御影像を、穴水の来迎寺に安置したのが、当社の起こりという。江戸時代になり、穴水城の麓の現在地に移転されました。
< 子寶石 >
強力な呪力が秘められた陰陽石!
2018年04月12日 11:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 子寶石 >
強力な呪力が秘められた陰陽石!
< 陰陽石 >
陽石は能登珠洲産、陰石は越中八尾産〜です。
2018年04月12日 11:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 陰陽石 >
陽石は能登珠洲産、陰石は越中八尾産〜です。
< 二の鳥居を >
〜くぐり、歴史民俗資料館に向かいます。広場に観光協会の説明板が設置されています。神社の説明が大変判りやすいです。
2018年04月12日 11:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 二の鳥居を >
〜くぐり、歴史民俗資料館に向かいます。広場に観光協会の説明板が設置されています。神社の説明が大変判りやすいです。
< 広場から >
〜資料館と長谷部神社を眺めました。「長谷部太鼓会館」に公衆トイレが設けられています。用をたしてから、入館しました。
2018年04月12日 11:09撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 広場から >
〜資料館と長谷部神社を眺めました。「長谷部太鼓会館」に公衆トイレが設けられています。用をたしてから、入館しました。
1
< 穴水町歴史民俗資料館 >
「長家史料館」とも呼ばれています。こちらでは、七尾城の畠山氏など、近隣の歴史や文化も勉強できました。
2018年04月12日 11:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 穴水町歴史民俗資料館 >
「長家史料館」とも呼ばれています。こちらでは、七尾城の畠山氏など、近隣の歴史や文化も勉強できました。
< 一の鳥居を >
〜くぐり、次の目的地(潮騒の道)に向かいます。町道城山線を100mほど進んだ所で右手に曲がります。
2018年04月12日 11:27撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 一の鳥居を >
〜くぐり、次の目的地(潮騒の道)に向かいます。町道城山線を100mほど進んだ所で右手に曲がります。
< 横道に入ります >
約200m先で突き当たり、「潮騒の道」が始まります。
2018年04月12日 11:29撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 横道に入ります >
約200m先で突き当たり、「潮騒の道」が始まります。
< 宝山マリーナ >
〜の横を通り過ぎます。「潮騒の道」の入口そばに漁船が係留されていました。穴水ワン(湾)ダフル〜です。
2018年04月12日 11:32撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 宝山マリーナ >
〜の横を通り過ぎます。「潮騒の道」の入口そばに漁船が係留されていました。穴水ワン(湾)ダフル〜です。
1
< 潮騒の道 >
入口に別の登り口があります。「潮騒の道」前半部分では、キャッスル真名井(宿泊施設)のある高台に上がる登り口が途中5ヶ所もあります。後半部分では、文化センター方面に上がる遊歩道が何本か分岐しています。
2018年04月12日 11:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 潮騒の道 >
入口に別の登り口があります。「潮騒の道」前半部分では、キャッスル真名井(宿泊施設)のある高台に上がる登り口が途中5ヶ所もあります。後半部分では、文化センター方面に上がる遊歩道が何本か分岐しています。
< 周辺案内図 >
そばには、モクレン(木蓮)=シモクレン(紫木蓮)の花が咲き始めています。この後見かけた、同属のハクモクレン(白木蓮)は、花の時期が終わりかけていました。
2018年04月12日 11:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 周辺案内図 >
そばには、モクレン(木蓮)=シモクレン(紫木蓮)の花が咲き始めています。この後見かけた、同属のハクモクレン(白木蓮)は、花の時期が終わりかけていました。
1
< 城跡を見上げました >
本丸跡に繋がる、散策路(登城道)と林道をイメージしてみました。さて、心地よい潮騒を聴きながら、先に進みます。
2018年04月12日 11:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 城跡を見上げました >
本丸跡に繋がる、散策路(登城道)と林道をイメージしてみました。さて、心地よい潮騒を聴きながら、先に進みます。
< ボラ待ちやぐら >
200m程は入ったところに、ボラ待ちやぐらが設置されています。こちらのやぐらには人形さんはいません。
2018年04月12日 11:39撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ボラ待ちやぐら >
200m程は入ったところに、ボラ待ちやぐらが設置されています。こちらのやぐらには人形さんはいません。
1
< 対岸は乙ヶ崎 >
〜です。かすかに、七尾市との境にある「別所岳」が確認出来ました。向こう岸の綺麗な建物は「穴水浄化センター」です。
2018年04月12日 11:41撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 対岸は乙ヶ崎 >
〜です。かすかに、七尾市との境にある「別所岳」が確認出来ました。向こう岸の綺麗な建物は「穴水浄化センター」です。
1
< ヤブツバキ(藪椿) >
ツバキ科ツバキ属。素朴な美しさを感じます。
2018年04月12日 11:40撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ヤブツバキ(藪椿) >
ツバキ科ツバキ属。素朴な美しさを感じます。
1
< ヤマザクラ(山桜) >
バラ科サクラ属。ヤマザクラは、葉っぱと花が同時に開き出します。ちなみに、ソメイヨシノは、葉が伸びる前に花咲くから、白さが映えて見えるのです。
2018年04月12日 11:45撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ヤマザクラ(山桜) >
バラ科サクラ属。ヤマザクラは、葉っぱと花が同時に開き出します。ちなみに、ソメイヨシノは、葉が伸びる前に花咲くから、白さが映えて見えるのです。
< 潮騒の道の中間点 >
〜付近です。小さな入り江(岸が凹んだ部分)があります。「親水護岸」と言います。
2018年04月12日 11:48撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 潮騒の道の中間点 >
〜付近です。小さな入り江(岸が凹んだ部分)があります。「親水護岸」と言います。
< 穴水湾の出口 >
〜七尾北湾の方向です。七尾北湾の日本海への出口である「大口瀬戸」が確認でいます。薄く伸びている陸地は「能登島」です。右手前の[イナヘズミ鼻]にはかって、能登大仏と関連する「真和温泉」がありました。
2018年04月12日 11:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 穴水湾の出口 >
〜七尾北湾の方向です。七尾北湾の日本海への出口である「大口瀬戸」が確認でいます。薄く伸びている陸地は「能登島」です。右手前の[イナヘズミ鼻]にはかって、能登大仏と関連する「真和温泉」がありました。
< 殿様睡蓮 >
穴水城主は愛育したという紅睡蓮を、ここに移植したとのこと。
2018年04月12日 11:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 殿様睡蓮 >
穴水城主は愛育したという紅睡蓮を、ここに移植したとのこと。
< 親水護岸を過ぎた所 >
〜で、東から南、西へと180°見渡しました。
2018年04月12日 11:54撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 親水護岸を過ぎた所 >
〜で、東から南、西へと180°見渡しました。
< 南西方向 >
拡大すると、能登大仏のある「真和園」の三重塔の相輪(そうりん)が確認出来ました。たまたま、携帯電話の基地局のアンテナの方が目立って見えました。
2018年04月12日 11:55撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 南西方向 >
拡大すると、能登大仏のある「真和園」の三重塔の相輪(そうりん)が確認出来ました。たまたま、携帯電話の基地局のアンテナの方が目立って見えました。
< スダジイの森 >
〜とこちらでは、銘打っています。付近には、ウラジロガシ(裏白樫、ブナ科コナラ属)も繁殖しています。樹形が、このスダジイ(椎の木、ブナ科シイ属)と似ています。鑑別には、葉っぱを見ます。
2018年04月12日 11:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< スダジイの森 >
〜とこちらでは、銘打っています。付近には、ウラジロガシ(裏白樫、ブナ科コナラ属)も繁殖しています。樹形が、このスダジイ(椎の木、ブナ科シイ属)と似ています。鑑別には、葉っぱを見ます。
< 「潮騒の道」の終点 >
〜は内浦漁港です。およそ20軒ほどの漁村です。
2018年04月12日 12:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「潮騒の道」の終点 >
〜は内浦漁港です。およそ20軒ほどの漁村です。
< 沖之崎神社の前 >
〜を通り、「文化センター」のある方向に進みます。
2018年04月12日 12:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 沖之崎神社の前 >
〜を通り、「文化センター」のある方向に進みます。
< テニスコートやキャンプ場 >
〜のある場所に出ました。沖之崎神社からは、坂道(車道)を300mほど登って来ました。ここは、「ふれあい文化センター」の裏手に位置しています。
2018年04月12日 12:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< テニスコートやキャンプ場 >
〜のある場所に出ました。沖之崎神社からは、坂道(車道)を300mほど登って来ました。ここは、「ふれあい文化センター」の裏手に位置しています。
< ふれあい文化センター >
〜の入口部分に寄り道していきます。
2018年04月12日 12:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ふれあい文化センター >
〜の入口部分に寄り道していきます。
< 坂本三十次(さかもとみそじ) >
〜の像。穴水町出身の政治家です。第2次中曽根内閣の労働大臣と第2次海部内閣の内閣官房長官を勤められています。論語からの出典の格言〜[無信不立(むしんふりゅう)]=「信なくば立たず」〜を座右の銘としていました。2006年、86歳で没せられました。
2018年04月12日 12:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 坂本三十次(さかもとみそじ) >
〜の像。穴水町出身の政治家です。第2次中曽根内閣の労働大臣と第2次海部内閣の内閣官房長官を勤められています。論語からの出典の格言〜[無信不立(むしんふりゅう)]=「信なくば立たず」〜を座右の銘としていました。2006年、86歳で没せられました。
< 真名井交差点 >
直進すると、資料館と長谷部神社の前を通り、町役場に行き着きます。ここで左折して坂道に入ります。
2018年04月12日 12:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 真名井交差点 >
直進すると、資料館と長谷部神社の前を通り、町役場に行き着きます。ここで左折して坂道に入ります。
< 桜の花の坂 >
〜を約350m登ります。
2018年04月12日 12:27撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 桜の花の坂 >
〜を約350m登ります。
1
< 木陰から見下ろしました >
「穴水湾あすなろ広場」が見えました。ハクモクレンが坂道で咲き誇っています。ただし、白い花びらが所々、茶色がかってきているます。花のピークは過ぎかけているのでしょう。
2018年04月12日 12:29撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 木陰から見下ろしました >
「穴水湾あすなろ広場」が見えました。ハクモクレンが坂道で咲き誇っています。ただし、白い花びらが所々、茶色がかってきているます。花のピークは過ぎかけているのでしょう。
1
< ハクモクレン(白木蓮) >
モクレン科モクレン属。上から覗かせて頂きました。
2018年04月12日 12:30撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ハクモクレン(白木蓮) >
モクレン科モクレン属。上から覗かせて頂きました。
2
< お城? >
〜をイメージした建物です。能登牡蠣の宿 「キャッスル真名井」〜という地元では有名な宿泊施設です。
2018年04月12日 12:31撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< お城? >
〜をイメージした建物です。能登牡蠣の宿 「キャッスル真名井」〜という地元では有名な宿泊施設です。
1
< 穴水湯ったり館 >
「キャッスル真名井」に併設している入浴施設(人工温泉)です。隣りに、穴水灯台を見下ろす広場があります。
2018年04月12日 12:32撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 穴水湯ったり館 >
「キャッスル真名井」に併設している入浴施設(人工温泉)です。隣りに、穴水灯台を見下ろす広場があります。
< 初代町長の功績を讃える碑 >
穴水町(第三次の)初代町長「布施丑雄」氏を顕彰しています。
2018年04月12日 12:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 初代町長の功績を讃える碑 >
穴水町(第三次の)初代町長「布施丑雄」氏を顕彰しています。
< 銅板になった賞状 >
穴水町は、「スターウォッチング・・・星空の街」入選しました。
2018年04月12日 12:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 銅板になった賞状 >
穴水町は、「スターウォッチング・・・星空の街」入選しました。
< Percival・Lowell 顕彰記念碑 >
著書の『NOTO』のなかで、ここ穴水の事が紹介されています。ちなみに、『Percival』のかな表記は、「パーシバル]、[パーシヴァル]/『Lowell』のかな表記は、[ローエル]、[ロウェル]、[ローウェル ]〜などとなります。
2018年04月12日 12:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< Percival・Lowell 顕彰記念碑 >
著書の『NOTO』のなかで、ここ穴水の事が紹介されています。ちなみに、『Percival』のかな表記は、「パーシバル]、[パーシヴァル]/『Lowell』のかな表記は、[ローエル]、[ロウェル]、[ローウェル ]〜などとなります。
< 桜の花の向こうに >
〜穴水灯台があります。
2018年04月12日 12:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 桜の花の向こうに >
〜穴水灯台があります。
< 長四角ぽい灯台 >
〜です。前後から撮影して見ました。
2018年04月12日 12:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 長四角ぽい灯台 >
〜です。前後から撮影して見ました。
1
< 燈台の初点は >
〜昭和41年(1966年)12月でした。
2018年04月12日 12:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 燈台の初点は >
〜昭和41年(1966年)12月でした。
1
< 穴水港を一望 >
〜しました。[ 新崎−緑ヶ丘−乙ヶ崎 ]〜の3地区を見渡しています。
2018年04月12日 12:38撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 穴水港を一望 >
〜しました。[ 新崎−緑ヶ丘−乙ヶ崎 ]〜の3地区を見渡しています。
< 潮騒の道に下ります >
下り坂の途中で、横に伸びる散策路があるのですが、通行止めの箇所があり、引き返しました。真っ直ぐ、穴水湾に下りました。
2018年04月12日 12:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 潮騒の道に下ります >
下り坂の途中で、横に伸びる散策路があるのですが、通行止めの箇所があり、引き返しました。真っ直ぐ、穴水湾に下りました。
< 親水護岸の横 >
〜に出てきました。「潮騒の道」入口に戻ります。
2018年04月12日 12:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 親水護岸の横 >
〜に出てきました。「潮騒の道」入口に戻ります。
< 再びのボラ待ちやぐら >
護岸には小さなタイル絵が付けられています。全7種類あります。その一つが、下の写真の[櫓に人が乗っている絵]です。あとの6種類は、各自、現場で見つけて下さいませ。
2018年04月12日 12:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 再びのボラ待ちやぐら >
護岸には小さなタイル絵が付けられています。全7種類あります。その一つが、下の写真の[櫓に人が乗っている絵]です。あとの6種類は、各自、現場で見つけて下さいませ。
< マリーナの横 >
〜を抜け、町道城山線に入ります。そして、資料館前を通り過ぎます。
2018年04月12日 13:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< マリーナの横 >
〜を抜け、町道城山線に入ります。そして、資料館前を通り過ぎます。
< バス停「城山住宅前」 >
資料館前を約100m過ぎた所です。ここで横道に入り、穴水城本丸跡に再び上がることにしました。小径の右手には、築50年くらいの町営住宅団地があり、長谷部住宅とか城山住宅〜と呼ばれています。
2018年04月12日 13:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< バス停「城山住宅前」 >
資料館前を約100m過ぎた所です。ここで横道に入り、穴水城本丸跡に再び上がることにしました。小径の右手には、築50年くらいの町営住宅団地があり、長谷部住宅とか城山住宅〜と呼ばれています。
< 穴水城跡公園入口 >
町道城山線から約60m、横道を進みました。急登ですか、ここから、5分ほどで本丸跡まで登れます。
※:穴水城跡公園入口〜という標識は、由比ヶ丘団地側の入口にも立てられています。
2018年04月12日 13:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 穴水城跡公園入口 >
町道城山線から約60m、横道を進みました。急登ですか、ここから、5分ほどで本丸跡まで登れます。
※:穴水城跡公園入口〜という標識は、由比ヶ丘団地側の入口にも立てられています。
1
< トイレの所 >
〜に上がってきました。本日、2廻り目の登城です。
2018年04月12日 13:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< トイレの所 >
〜に上がってきました。本日、2廻り目の登城です。
< 本丸跡の桜の花 >
〜は、老木が多いためか、物静かな雰囲気がしました。
2018年04月12日 13:12撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 本丸跡の桜の花 >
〜は、老木が多いためか、物静かな雰囲気がしました。
< 役場側に下ります >
役場側と神社側の散策路(登城路)はともに、日当たりと風通しが良かったです。一方、城山住宅からの登り道は、谷間を通っていて薄暗かったです(たまたまか?)。
2018年04月12日 13:14撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 役場側に下ります >
役場側と神社側の散策路(登城路)はともに、日当たりと風通しが良かったです。一方、城山住宅からの登り道は、谷間を通っていて薄暗かったです(たまたまか?)。
< ケーブルネットの >
〜放送センターのある場所(登り口)に降り立ちました。
2018年04月12日 13:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ケーブルネットの >
〜放送センターのある場所(登り口)に降り立ちました。
< 役場の前を通り >
〜長谷部橋(小又川)を渡り、約250mで、真名井橋(真名井川)にさしかかります。真名井橋の上から河口方向を眺めると、午前中に通行してきた「大町大橋」が見えました。
2018年04月12日 13:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 役場の前を通り >
〜長谷部橋(小又川)を渡り、約250mで、真名井橋(真名井川)にさしかかります。真名井橋の上から河口方向を眺めると、午前中に通行してきた「大町大橋」が見えました。
< 上流方向の眺め >
一つ上流側の橋まで行くと、ローエル上陸地であった湊(河川港)が見えました。
2018年04月12日 13:40撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 上流方向の眺め >
一つ上流側の橋まで行くと、ローエル上陸地であった湊(河川港)が見えました。
< 法性寺 >
〜の裏手にかかる仮設橋架を渡り、失礼して近道させて戴きました。
2018年04月12日 13:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 法性寺 >
〜の裏手にかかる仮設橋架を渡り、失礼して近道させて戴きました。
< パーシバル・ローエル上陸の地 >
橋から遠くに見えていましたが、3分弱で渡ってきました。川岸が、船着き場(湊)のようになっています。
2018年04月12日 13:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< パーシバル・ローエル上陸の地 >
橋から遠くに見えていましたが、3分弱で渡ってきました。川岸が、船着き場(湊)のようになっています。
1
< 冥王星の存在予知で >
〜知られたパーシバル・ローエルは、能登旅行の折り返し地として穴水を訪問、和倉温泉からから船でこの場所に到着しました。冥王星の英名=プルート(PLUTO)は彼のイニシャル(P.L.)に因んでいます。
2018年04月12日 13:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 冥王星の存在予知で >
〜知られたパーシバル・ローエルは、能登旅行の折り返し地として穴水を訪問、和倉温泉からから船でこの場所に到着しました。冥王星の英名=プルート(PLUTO)は彼のイニシャル(P.L.)に因んでいます。
1
< [大町]のつかないない >
〜『大橋』を渡ります。真名井川の流れで、大町と川島の2町が境界されています。その川に架けられている橋のうち、名前が似ているのは、この「大橋」と、下流にある高架タイプの「大町大橋」です。
2018年04月12日 13:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< [大町]のつかないない >
〜『大橋』を渡ります。真名井川の流れで、大町と川島の2町が境界されています。その川に架けられている橋のうち、名前が似ているのは、この「大橋」と、下流にある高架タイプの「大町大橋」です。
< 大橋から城山 >
〜を眺めました。このあと、穴水大宮−さわやか交流館「プルート」−物産館「四季彩々」−穴水駅ホーム〜と進みます。
2018年04月12日 13:49撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 大橋から城山 >
〜を眺めました。このあと、穴水大宮−さわやか交流館「プルート」−物産館「四季彩々」−穴水駅ホーム〜と進みます。
< 大町交差点 >
穴水大宮(あなみずおおみや)にお参りします。この神社の正式名は、『辺津比弯声辧覆悗弔劼瓩犬鵑犬磧法戮如⊆匈覆榔箚郤案蘯劼任后
2018年04月12日 13:51撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 大町交差点 >
穴水大宮(あなみずおおみや)にお参りします。この神社の正式名は、『辺津比弯声辧覆悗弔劼瓩犬鵑犬磧法戮如⊆匈覆榔箚郤案蘯劼任后
< 最高位の神様 >
〜が祀られています。神様の称号は「正一位」。また、神社の地中には、神秘な石棺があり、神代の宝器等が納められているとのこと。
2018年04月12日 13:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 最高位の神様 >
〜が祀られています。神様の称号は「正一位」。また、神社の地中には、神秘な石棺があり、神代の宝器等が納められているとのこと。
< パワースポットです >
〜能登「ひめ鏡」〜だそうです。
2018年04月12日 13:55撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< パワースポットです >
〜能登「ひめ鏡」〜だそうです。
< 道の駅「あなみず」 >
駅前の大通りには、道の駅の看板がありますが、なんとなくどこからどこまでが[道の駅]なのか?分かりにくいです。実は、「穴水駅」に併設された[道の駅]です。地域交流施設「さわやか交流館プルート」+穴水物産館「四季彩々」=駅舎と接続〜となっています。
2018年04月12日 13:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 道の駅「あなみず」 >
駅前の大通りには、道の駅の看板がありますが、なんとなくどこからどこまでが[道の駅]なのか?分かりにくいです。実は、「穴水駅」に併設された[道の駅]です。地域交流施設「さわやか交流館プルート」+穴水物産館「四季彩々」=駅舎と接続〜となっています。
< さわやか交流館プルート >
地域交流施設ですが、遠藤関の展示コーナーが設けられていました。
2018年04月12日 13:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< さわやか交流館プルート >
地域交流施設ですが、遠藤関の展示コーナーが設けられていました。
< 穴水物産館「四季彩々」 >
〜を見てから、ホームに上がりました。便利なことに、物産館のトイレは、駅前からだけでなく駅のホームからも利用出来る構造になっています。
2018年04月12日 14:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 穴水物産館「四季彩々」 >
〜を見てから、ホームに上がりました。便利なことに、物産館のトイレは、駅前からだけでなく駅のホームからも利用出来る構造になっています。
< のと鉄道パノラマカー >
〜が展示されています。観光用の展望列車でしたが、2002年に廃車になりました。
2018年04月12日 14:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< のと鉄道パノラマカー >
〜が展示されています。観光用の展望列車でしたが、2002年に廃車になりました。
1
< 向かいのホーム >
〜には、3両の列車が止まっています。中央に「マジンガーZ」の車両を挟んで、左端に「NEW 花咲くいろは(改)」、右端に「花咲くいろは HOME SWEET HOME」〜が並んでいました。
2018年04月12日 14:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 向かいのホーム >
〜には、3両の列車が止まっています。中央に「マジンガーZ」の車両を挟んで、左端に「NEW 花咲くいろは(改)」、右端に「花咲くいろは HOME SWEET HOME」〜が並んでいました。
1
< 14:30発の特別列車 >
〜に乗車します。「のと里山里海号」のカジュアルコース(全席自由席)です。七尾まで片道860円の普通運賃に整理券300円分だけ割り増しになります。本日は運行されていませんでしたが、ゆったりコース(予約制)の場合は、1,500円の専用乗車券が必要となります。
2018年04月12日 14:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 14:30発の特別列車 >
〜に乗車します。「のと里山里海号」のカジュアルコース(全席自由席)です。七尾まで片道860円の普通運賃に整理券300円分だけ割り増しになります。本日は運行されていませんでしたが、ゆったりコース(予約制)の場合は、1,500円の専用乗車券が必要となります。
1
< ビュースポット[ボラ待ちやぐら] >
今朝、私は国道側からこちら側を見上げていました。地元で人気者だという「えっちゃん(※)」さんが、畑から手を振ってくれていました。
※:この列車のアテンダントさんからの説明で知りました。
2018年04月12日 14:36撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ビュースポット[ボラ待ちやぐら] >
今朝、私は国道側からこちら側を見上げていました。地元で人気者だという「えっちゃん(※)」さんが、畑から手を振ってくれていました。
※:この列車のアテンダントさんからの説明で知りました。
1
< 鹿島の森の鹿島神社 >
今朝、お参りさせて頂きました。
2018年04月12日 14:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 鹿島の森の鹿島神社 >
今朝、お参りさせて頂きました。
< 能登鹿島駅(能登さくら駅) >
[桜の花の賑わい]〜に[人出の賑わい]が加わっていました。今朝開いていなかった屋台も満員御礼中でした。
2018年04月12日 14:39撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 能登鹿島駅(能登さくら駅) >
[桜の花の賑わい]〜に[人出の賑わい]が加わっていました。今朝開いていなかった屋台も満員御礼中でした。
< 七尾湾ツインブリッジのと >
ここから、中能登町の名峰「石動山」を確認することができました。石動山の山頂の形が石ころみたいな感じがして認識しやすいです(私見)。
2018年04月12日 14:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 七尾湾ツインブリッジのと >
ここから、中能登町の名峰「石動山」を確認することができました。石動山の山頂の形が石ころみたいな感じがして認識しやすいです(私見)。
< 西岸駅 >
小牧台(おまきだい)という名所があるので、愛称が「小牧風駅」なりました。この駅にはなんと、架空の駅名があります。『湯之鷺(ゆのさぎ)駅』といいます。この駅は、アニメ[花咲くいろは]の舞台(架空の駅)とされているからです。
2018年04月12日 14:48撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 西岸駅 >
小牧台(おまきだい)という名所があるので、愛称が「小牧風駅」なりました。この駅にはなんと、架空の駅名があります。『湯之鷺(ゆのさぎ)駅』といいます。この駅は、アニメ[花咲くいろは]の舞台(架空の駅)とされているからです。
< 深浦 >
不規則に入り組むハズの入り江が四角く整形されています。何とも言えませんが、風光明媚です。
2018年04月12日 14:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 深浦 >
不規則に入り組むハズの入り江が四角く整形されています。何とも言えませんが、風光明媚です。
< 能登中島駅 >
愛称が「演劇ロマン駅」です。能登演劇堂は、俳優「仲代達矢」氏と、俳優養成所「無名塾」の方々の協力で、公演がなされています。
2018年04月12日 14:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 能登中島駅 >
愛称が「演劇ロマン駅」です。能登演劇堂は、俳優「仲代達矢」氏と、俳優養成所「無名塾」の方々の協力で、公演がなされています。
< 鉄道郵便車「オユ10」 >
昭和の30〜40年代に活躍した郵便客車です。昭和61年に鉄道郵便が廃止になり、現在も保存されているの「オユ10」は2両のみです。ここ能登中島駅にこの1両、東京都国立市の中央郵政研修センターにもう1両。他のタイプの郵便車では、「スユニ50」1両と「キハユニ25」1両の2両が、小樽市総合博物館で保存されています。
2018年04月12日 14:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 鉄道郵便車「オユ10」 >
昭和の30〜40年代に活躍した郵便客車です。昭和61年に鉄道郵便が廃止になり、現在も保存されているの「オユ10」は2両のみです。ここ能登中島駅にこの1両、東京都国立市の中央郵政研修センターにもう1両。他のタイプの郵便車では、「スユニ50」1両と「キハユニ25」1両の2両が、小樽市総合博物館で保存されています。
< 笠師保(かさしほ)駅 >
愛称が「恋火駅」です。この駅は、のと鉄道の駅で唯一、[1面1線]のホームになっています。つまり、恋する男女の乗った列車が決してここではすれ違うことがありません。夜になるとLEDのパネルは光ります。恋運があればハートのマークが煌めきだすことでしょう。
2018年04月12日 15:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 笠師保(かさしほ)駅 >
愛称が「恋火駅」です。この駅は、のと鉄道の駅で唯一、[1面1線]のホームになっています。つまり、恋する男女の乗った列車が決してここではすれ違うことがありません。夜になるとLEDのパネルは光ります。恋運があればハートのマークが煌めきだすことでしょう。
1
< 田鶴浜駅 >
愛称は「たてぐのまち駅」。田鶴浜は、建具の町です。田鶴浜の建具屋さんには、『組子細工』という特技があります。
2018年04月12日 15:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 田鶴浜駅 >
愛称は「たてぐのまち駅」。田鶴浜は、建具の町です。田鶴浜の建具屋さんには、『組子細工』という特技があります。
1
< 組子細工の衝立 >
〜を1枚製作するのに、ピンセットでの組合せを数万回も繰り返すそうです。上の写真は、衝立に輪島塗の蒔絵のプレートが組み込まれたものです。
2018年04月12日 15:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 組子細工の衝立 >
〜を1枚製作するのに、ピンセットでの組合せを数万回も繰り返すそうです。上の写真は、衝立に輪島塗の蒔絵のプレートが組み込まれたものです。
1
< 和倉温泉駅−七尾駅 >
カジュアルな「のと里山里海号」が、特急サンダーバード(停車中でした)を追い抜きました。約5分後に、七尾駅の[のとホーム]に到着。
2018年04月12日 15:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 和倉温泉駅−七尾駅 >
カジュアルな「のと里山里海号」が、特急サンダーバード(停車中でした)を追い抜きました。約5分後に、七尾駅の[のとホーム]に到着。
1
< 改札口と駅舎出口 >
〜に、七尾の名物が展示されています。青柏祭のでか山(山車)の車輪/花嫁のれん〜です。
2018年04月12日 15:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 改札口と駅舎出口 >
〜に、七尾の名物が展示されています。青柏祭のでか山(山車)の車輪/花嫁のれん〜です。
2
< 七尾駅前 >
本日も晴天。あたりをきょろきょろ見回してから帰宅しました。〜おしまい...
2018年04月12日 15:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 七尾駅前 >
本日も晴天。あたりをきょろきょろ見回してから帰宅しました。〜おしまい...
1
< おっと、おまけ >
〜がありました。「のと里山里海号」の記念乗車証を頂きました。
2018年04月12日 15:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< おっと、おまけ >
〜がありました。「のと里山里海号」の記念乗車証を頂きました。
2
< 2週間後 >
〜再び穴水に出かけました。今回は、自家用車でのドライブです。目的は、「来迎寺(らいこうじ)」の菊桜です。
2015年09月17日 02:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 2週間後 >
〜再び穴水に出かけました。今回は、自家用車でのドライブです。目的は、「来迎寺(らいこうじ)」の菊桜です。
< ICからお寺までのアクセス >
のと里山海道穴水IC−此木(くのぎ)交差点−白山町(しらやまちょう)交差点−小又川に架かる白山橋(しらやまばし)を渡る−山王川にかかる待橋(まつはし)を渡ってすぐ右折−穴水中学の裏手を通行−県道50号線に入る−約200mで来迎寺〜に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ICからお寺までのアクセス >
のと里山海道穴水IC−此木(くのぎ)交差点−白山町(しらやまちょう)交差点−小又川に架かる白山橋(しらやまばし)を渡る−山王川にかかる待橋(まつはし)を渡ってすぐ右折−穴水中学の裏手を通行−県道50号線に入る−約200mで来迎寺〜に到着。
< 来迎寺に到着 >
穴水ICから車で約5分でした。手前の坂道を上がると駐車場があります。50m先に山門の入口(石段)があります。来迎寺には秘宝があります。『普賢菩薩』とよばれ、6本の牙を持つ白像の背に座る仏様です。
2018年04月26日 14:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 来迎寺に到着 >
穴水ICから車で約5分でした。手前の坂道を上がると駐車場があります。50m先に山門の入口(石段)があります。来迎寺には秘宝があります。『普賢菩薩』とよばれ、6本の牙を持つ白像の背に座る仏様です。
< 高野山真言宗 >
〜の勅定山『来迎寺』です。穴水城の城主だった長谷部氏の祈祷寺でありました。ちなみに、京都には同名のお寺が、2つあります。京都市西京区松尾井戸町の来迎寺/相楽郡(そうらくぐん)精華町(せいかちょう)の来迎寺〜です。
2018年04月26日 14:03撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 高野山真言宗 >
〜の勅定山『来迎寺』です。穴水城の城主だった長谷部氏の祈祷寺でありました。ちなみに、京都には同名のお寺が、2つあります。京都市西京区松尾井戸町の来迎寺/相楽郡(そうらくぐん)精華町(せいかちょう)の来迎寺〜です。
< 菊桜は咲き始めでした >
私は七尾市に在住していますので七尾を基準にして考えると、桜などの春の花の開花は、金沢が七尾より1週間早く、穴水は1週間遅く咲く〜と捉えています。例年より開花が早く、金沢の「兼六菊桜」は先週のうちに見頃が過ぎていました。穴水は、そろそろかなと思いましたが、来週辺りが見頃だったかも知れません。
2018年04月26日 14:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 菊桜は咲き始めでした >
私は七尾市に在住していますので七尾を基準にして考えると、桜などの春の花の開花は、金沢が七尾より1週間早く、穴水は1週間遅く咲く〜と捉えています。例年より開花が早く、金沢の「兼六菊桜」は先週のうちに見頃が過ぎていました。穴水は、そろそろかなと思いましたが、来週辺りが見頃だったかも知れません。
< 山門をくぐると >
〜大きなシャクナゲが目立っていました。『セイヨウシャクナゲ(西洋石楠花、ツツジ科ツツジ属)』です。
2018年04月26日 14:05撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 山門をくぐると >
〜大きなシャクナゲが目立っていました。『セイヨウシャクナゲ(西洋石楠花、ツツジ科ツツジ属)』です。
< 園芸種です >
セイヨウシャクナゲと言う呼び方は総称です。この花には、なにか品種名があるのかも知れません?
2018年04月26日 14:05撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 園芸種です >
セイヨウシャクナゲと言う呼び方は総称です。この花には、なにか品種名があるのかも知れません?
< 菊桜 >
〜と言う呼び方も総称です。花弁が100枚以上あるオオシマザクラ系の園芸品種を菊桜と呼びます。
2018年04月26日 14:07撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 菊桜 >
〜と言う呼び方も総称です。花弁が100枚以上あるオオシマザクラ系の園芸品種を菊桜と呼びます。
< ライコウジキクザクラ >
〜として石川県指定の天然記念物です。こちらのキクザクラの樹齢は600年を越ています。
2018年04月26日 14:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ライコウジキクザクラ >
〜として石川県指定の天然記念物です。こちらのキクザクラの樹齢は600年を越ています。
< 下から見上げた菊桜 >
菊桜のはるか上空におわしますは、お日様です。
2018年04月26日 14:08撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 下から見上げた菊桜 >
菊桜のはるか上空におわしますは、お日様です。
< 菊の花のような >
〜[桜の花]をアップ。紅色の蕾が沢山ついています。たぶん、来週の大型連休には、菊咲き満開になることでしょう。
2018年04月26日 14:08撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 菊の花のような >
〜[桜の花]をアップ。紅色の蕾が沢山ついています。たぶん、来週の大型連休には、菊咲き満開になることでしょう。
< アズマシャクナゲ(東石楠花) >
ツツジ科ツツジ属シャクナゲ亜属。この花も、沢山の蕾が控えていますが、見頃になっています。
2018年04月26日 14:09撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< アズマシャクナゲ(東石楠花) >
ツツジ科ツツジ属シャクナゲ亜属。この花も、沢山の蕾が控えていますが、見頃になっています。
< 花びら5枚 >
〜です。アズマシャクナゲとホンシャクナゲの区別は、明確です。アズマの花びら5枚/雄しべ10本に対して、本シャクナゲの花びら7枚/雄しべ14本です。ちなみに、白山シャクナゲも5枚/10本です。
2018年04月26日 14:09撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 花びら5枚 >
〜です。アズマシャクナゲとホンシャクナゲの区別は、明確です。アズマの花びら5枚/雄しべ10本に対して、本シャクナゲの花びら7枚/雄しべ14本です。ちなみに、白山シャクナゲも5枚/10本です。
< アカバナミツマタ(赤花三椏) >
ジンチョウゲ科ミツマタ属。ミツマタの園芸種です。
2018年04月26日 14:12撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< アカバナミツマタ(赤花三椏) >
ジンチョウゲ科ミツマタ属。ミツマタの園芸種です。
< ヒマラヤが原産 >
〜です。その枝が、三つに分かれるから「三叉(みつまた)」となりました。
2018年04月26日 14:12撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ヒマラヤが原産 >
〜です。その枝が、三つに分かれるから「三叉(みつまた)」となりました。
< トキワイカリソウ(常盤碇草) >
メギ科イカリソウ属。イカリソウでも日本海側限定の種です。シロバナイカリソウ(イカリソウの白花種)とは別物です。さて、来迎寺をあとにします。
2018年04月26日 14:13撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< トキワイカリソウ(常盤碇草) >
メギ科イカリソウ属。イカリソウでも日本海側限定の種です。シロバナイカリソウ(イカリソウの白花種)とは別物です。さて、来迎寺をあとにします。
< 一週間前の「兼六菊桜」 >
先週、兼六園にお邪魔しました。通常の菊桜は、花弁の数が100〜200枚ですが、「兼六菊桜」は250枚位もあり、より豪華な感じがします。昔々、小野小町さんもおっしゃっていました〜[花の色はうつりにけりないたづらに]〜となどと。実は、「兼六菊桜」も同じのようです〜花の咲き始めは、黄色っぽく、やがて紅色に色づき、花の終わり頃は白っぽくなる〜とのことです。
2018年04月19日 12:13撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 一週間前の「兼六菊桜」 >
先週、兼六園にお邪魔しました。通常の菊桜は、花弁の数が100〜200枚ですが、「兼六菊桜」は250枚位もあり、より豪華な感じがします。昔々、小野小町さんもおっしゃっていました〜[花の色はうつりにけりないたづらに]〜となどと。実は、「兼六菊桜」も同じのようです〜花の咲き始めは、黄色っぽく、やがて紅色に色づき、花の終わり頃は白っぽくなる〜とのことです。
< 兼六園の「楊貴妃」 >
〜と名付けられた八重桜です。サトザクラ(里桜※)の一品種ですが、来迎寺の『ライコウジキクザクラ』とよく似ています。
※:オオシマザクラを基にしてつくられた園芸種の総称です。菊桜なども、いわゆる「サトザクラ」に分類されます。
2018年04月19日 11:56撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 兼六園の「楊貴妃」 >
〜と名付けられた八重桜です。サトザクラ(里桜※)の一品種ですが、来迎寺の『ライコウジキクザクラ』とよく似ています。
※:オオシマザクラを基にしてつくられた園芸種の総称です。菊桜なども、いわゆる「サトザクラ」に分類されます。
< 帰路、寄り道しました >
のと里山海道別「所岳SA」のスカイデッキ『ゆめてらす』に登りました。本日は快晴なり〜で、久しぶりに立山連峰が拝めました。
2018年04月26日 14:40撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 帰路、寄り道しました >
のと里山海道別「所岳SA」のスカイデッキ『ゆめてらす』に登りました。本日は快晴なり〜で、久しぶりに立山連峰が拝めました。
< 後立山連峰 >
〜右側のピークが、「白馬三山」です。手前の七尾湾には、「能登島」が浮かんでいます。
2018年04月26日 14:41撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 後立山連峰 >
〜右側のピークが、「白馬三山」です。手前の七尾湾には、「能登島」が浮かんでいます。
< 立山連峰 >
画面の左側が「毛勝三山」で右方向に、「劒岳」−「立山三山」−「薬師岳」〜と連山しています。〜以上で追加したスライドはお終いです。
2018年04月26日 14:41撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 立山連峰 >
画面の左側が「毛勝三山」で右方向に、「劒岳」−「立山三山」−「薬師岳」〜と連山しています。〜以上で追加したスライドはお終いです。

感想/記録

___【 良かったこと 】___

● 天候と桜の花に恵まれました。

● 桜、大仏、城山、潮騒〜そして鉄道の旅〜4拍子以上のそろい踏み〜となりました。

___【 悪かったこと 】___

● 時間と体力の勝負でした。なんとか、帰りの「のと里山里海号」に間に合いましたが、長距離ウォークは運動不足の私にはやっとの事でした。

● 穴水町まいもんまつり『春の陣=いさざフルコース』に挑戦(賞味)するだけの時間的余裕がなかった。

___【 最後に 】___

 穴水城跡は、旧蹟としては余り多くの物が残されていませんでした。しかし、公園としては、風光明媚な場所となっています。また、穴水町の名所の数々も、良いところでした。
 そのうち、隣県のお城=越前福井の『一乗谷城』+『一乗谷朝倉氏遺跡』〜を訪れてみたいと思います。

___【 山城の山行記録のリンク 】___

 近年は、近隣の城跡めぐりをしています。

● 冬の[城ヶ平山・ハゲ山]⇒再びの[城ヶ平山]⇒[天湖森キャンプ]
                  2017年12月23日〜 30日
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1339376.html

● 駅から登山『小谷山』〜河毛駅から小谷城跡を巡る〜
                  2017年12月07日
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1313767.html

● 駅から登山『春日山』〜春日山駅から春日山城跡に登る〜
                  2017年10月26日
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1286914.html

● 駅から登山『末森山』〜「末森城址」と「春の山野草」散策〜
               2017年04月29日
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1110141.html

● 特別名勝『兼六園』回遊・『金沢城公園』遊歩〜金沢駅からハイキング〜
               2016年11月23日
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1009137.html

___【 2017年4月もさくら駅で花見をしました 】___

● 駅から登山『別所岳』〜のと鉄道『能登さくら駅』からの登る〜
                 2017年04月13日
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1103210.html
訪問者数:7655人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ