また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1103210 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走北陸

駅から登山『別所岳』〜のと鉄道『能登さくら駅』からの登る〜

日程 2017年04月13日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
___【 なぜ「駅から登山」なのか? 】___

 能登半島は、南北に「口能登+中能登+奥能登」の区分されます(※1)。「別所岳」は、中能登と奥能登の境界に位置しています。山頂(※2)そばに、七尾市と穴水町の行政境界が通っています。山頂周辺の西側が「七尾市中島町別所(べっしょ)」、東側が「鳳至郡穴水町志ケ浦(しがうら)」になります。
 実は、「のと里山海道」の「別所岳SA」から短時間で、別所岳山頂に登ることが出来ますが、今回はあえて、麓から登ることを思い立ちました。東麓の海辺(七尾北湾の沿岸)からの登山です。しかも、自家用車を使用せず、列車でのアクセスです。
 JR「七尾駅」から「のと鉄道」に乗り込み、終点「穴水駅」の1つ手前の「能登鹿島駅」で下車します。『能登鹿島駅』は、別所岳の東に位置し、内浦海岸(七尾北湾の沿岸)にある駅です。桜の名所になっていて、愛称は『能登さくら駅』です。「桜の咲く駅から始める登山」を決行しました。
 なぜ「駅から登山」なのか?と問われると、ある場所に、≪ 駅があって山がある ≫〜からです。特に今回は、桜の花もありましたので、やる気が出ました。

※1:行政上では、奥・中・口〜の表現は使われません。能登北部+能登南部〜になります。

※2:山頂部分は、七尾市の区域に入っています。個人的な想いでは、『別所岳は七尾の名山』です。

___【 別所岳SAへのアクセス 】___

 「のと里山海道」の別所岳SAからの登山(片道約2km)が、気軽に楽しめるハイキング(登山)になります。健脚の方なら、登り1時間下り30分で往復登山が可能です。

−−−< のと里山海道から >−−−

 北陸道の金沢東ICもしくは金沢森本ICで降り、津幡バイパスを通行し、白尾ICから「のと里山海道」に入る。徳田大津JCTから「のと里山海道(※1)」を北上し、『別所岳SA(※2)』に駐車します。上り側のSAにある登山口からの登山になります。

−−−< 能越道から >−−−

 「能越道」(小矢部砺波JCTで北陸道と交差)を北上し、七尾ICで降ります。国道249号線(能越道の未完成部分)を通行し、徳田大津JCTから「のと里山海道」に入ります。さらに北上して、『別所岳SA』に駐車し、登山に臨みます。

※1:「能越道」は、小矢部砺波JCTから輪島ICまで〜で全線になりますが、七尾ICから輪島ICまでが未完成です。「のと里山海道」の徳田大津JCTから穴水ICの区間は、「能越道」と共有部分になっていますが、現時点では、「のと里山海道」としか認識されていません。

※2:上り側と下り側が南北に繋がっています。相互に乗り入れ(移動)が可能です。始めて来られる方は、SAから車を出す時、上り(金沢方面)と、下り(穴水方面)の出口を取り間違えないように注意が必要です。


___【 能登鹿島駅(能登さくら駅)へのアクセス 】___

 遠方からお越しの場合は、「北陸本線」や「北陸新幹線」もしくは「IRいしかわ鉄道+あいの風とやま鉄道」を利用し、金沢駅ホームに降り立ちます。金沢駅で、JR西日本「七尾線(※1)」に乗り換えます。終点の和倉駅か、一つ前の七尾駅からは「のと鉄道七尾線(※2)」に乗り換えます。

● 七尾駅−和倉温泉駅−田鶴浜駅−笠師保駅−能登中島駅−西岸駅−能登鹿島駅(次が、終点の穴水駅)〜と進みます。のと鉄道名物『ラッピング列車』に乗り移動し、「能登さくら駅(能登鹿島駅)」で下車します。

● オプションルート:IRあいの風「高岡駅」もしくは、北陸新幹線「新高岡駅」で、和倉温泉直行バス『わくライナー』に乗換え、七尾駅か和倉温泉駅で「のと鉄道」に乗り、「能登さくら駅(能登鹿島駅)」向かうことも出来ます。金沢駅から七尾線にアクセスするよりも、時間的に待ち時間が少なくなる場合があります。

※1:正確には、津幡駅からが七尾線になります。七尾線の電車は、「金沢−津幡」間の部分で、『IRいしかわ鉄道』に乗り入れさせてもらっています。

※2:のと鉄道の「七尾−和倉」間は、JR西日本「七尾線」に乗り入れています。「津幡−和倉」の区間は、『JR西日本「七尾線」』ですが、のと鉄道の「七尾−穴水(終点)」の区間のことも、『のと鉄道「七尾線」』と呼ばれます。かっては、「穴水−蛸島(珠洲市)」間を走る『のと鉄道「能登線 」』がありましたが、2005年に廃止されました。

−−−< 能登鹿島駅(能登さくら駅) >−−−

 のと鉄道七尾線「能登鹿島駅(のとかしまえき)」は、桜の名所となっている駅です。『能登さくら駅』が愛称になっています。桜が咲くと、構内の線路とホームが、桜の花のトンネルに覆われます。所在地は、鳳珠郡穴水町曽福(そぶく)ですが、なぜかしら、隣の集落の「穴水町鹿島」の鹿島の名が駅名に採用されています。桜のシーズン(※)は、大変賑わいますが、普段は、終日無人駅です。

※:第27回『花見だよ!イン能登さくら駅』が、2017年4月16日(日)に開催れます。

−−−< 能登さくら駅の住所 >−−−

 駅舎前にあるポストが、駅の住所と違っています。ポストは
駅舎から10mほどしかれていませんが、たまたま、境界線が駅とポストの間を通っています。

● 能登さくら駅の住所:〒927-0039 鳳珠郡穴水町 曽福イ−1

● 駅前のポストの住所:〒927-0038 鳳珠郡穴水町 鹿島イ−85

−−−< のと鉄道(のとてつどう)株式会社 >−−−

 『のと鉄道』は、1987年、国鉄が民営化された事に伴い、1988年より、旧国鉄「能登線(穴水−蛸島間)」を引き受けた第三セクターの鉄道会社です。1991年、旧国鉄「七尾線」七尾−輪島間も引き受けましたが、2001年、七尾線「穴水−輪島」間廃止、2005年、能登線「穴水−蛸島」間廃止〜となりました。現在は、『のと鉄道七尾線「七尾−穴水」間』だけとなりました。
 悪い事ばかりではありません。2012年、永井豪のキャラクターを描いたラッピング列車の運行が開始されました。けっこう、評判が良く、現在は、ラッピング列車が3種類に増えました。

 屮泪献鵐ーZ」
◆峅嶌蕕いろは HOME SWEET HOME」 
「NEW 花咲くいろは(改)」 

___【 周辺の国道・県道・林道 】___

 「別所岳」登山に関係しそうな道を挙げてみました。詳細については、省略します。

● のと里山海道
● 能越自動車道
● 国道249号線
● 林道曽福線
● 林道別所岳線
● 県道192号河内藤瀬線

___【 別所岳登山道(登山ルート) 】___

 今回は、東麓の海辺にある駅から登山(能登さくら駅から開始)しましたが、「別所岳SA」からの登山(SAから開始)が、一般的で簡単です。SAから跨道橋を渡り、林道別所岳線に入り、別所岳山頂直前の登り口に行けます。SAから山頂まで、片道2km弱(標高差約120m)です。

● 今回のルート=『駅から始める登山』
● 一般的なルート=『SAから始める登山』〜と言うことになります。

※:その他、南側から登るルート(西岸駅付近から登山開始)〜も考えられます。参考までに、GPXファイルを添付しておきました。

___【 ルートの周囲にある基準点 】___

● 三等三角点「別所岳」:標高357.95m、別所岳山頂に位置します。

● 一等水準点「9291」:標高2.3957m(約240cm)、曽福川の河口より北150mほどの海岸線(国道249号線の道路脇)に位置。国道から曽福集落の町道が分岐している場所の海側です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間6分
休憩
1時間27分
合計
6時間33分
S能登さくら駅08:0008:19曽福集落08:2510:24跨道橋10:2510:29ミニ森林コース(下)10:3010:47ミニ森林コース(上)10:4811:02別所岳山頂11:2811:47跨道橋11:4811:52別所岳上りSA11:5311:58別所岳下りSA(能登ゆめてらす)12:2612:31別所岳上りSA(旧展望台)12:4112:46跨道橋12:4714:15曽福集落14:2614:33能登さくら駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
___【 今回のコース 】___

 距離の長い登山(片道約11km)ですが、意外と快適でした。開始地点の海辺(標高2m)から山頂(標高358m)まで、道(林道など)が、ちゃんと通っているからです(一部、道に藪が入り込んでいました)。

(開始):能登さくら駅−曽福(そぶく)集落−< 林道曽福線を登る >−ミニ森林コース−別所岳山頂−跨道橋−別所岳SA『能登ゆめてらす』−旧展望台−跨道橋−< 林道曽福線を下る >−曽福集落−能登さくら駅(帰投)
コース状況/
危険箇所等
___【 コースの状況等 】___

● 無理なショートカットを試みない限り、特に危険な箇所はありません。
● 人通りの少ない林道(山道)では、半ば藪に覆われている所もあります。
● 別所岳ちかくの「ミニ森林コース(片道1km弱)」は、思いの外、アップダウンがキツく感じられました。
その他周辺情報___【 参考ルートのGPXファイル 】___

 以下に、GPXファイルを添付しました。別所岳登山コースですが、お勧めできるのは,離襦璽箸任后

 (冥螻截咤舛らのルート
◆\彰澑悗らのルート
 能登鹿島(能登さくら駅)からのルート
ファイル SA=route.gpx 別所岳SAからの登山コースです。往路は「ミニ森林コース」・復路は林道を下ります。 (更新時刻:2017/04/13 17:09)
NISHIGISI=route.gpx 西岸駅から出発する登山コースです。別所岳の南の尾根を上り、のと里山海道に沿うように北上します。 (更新時刻:2017/04/13 17:13)
NOTOKASIMA=route.gpx 能登鹿島駅から開始するコースです。東麓から登ります。曽福川を遡上するように西に進みます。今回のルートの往路部分です。 (更新時刻:2017/04/13 17:16)
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 小型ザック キャップ 軍手2 スマートホン GPS 予備電池 ガベッジバッグ4L(携帯トイレ・トイレットペーパー) レインウエア(上) タオル2本 おにぎり 水2L

写真

< 別所岳SAへのアクセス >
別所岳SAからは、手軽に、「別所岳」登山が可能です。片道2.0km弱(標高差約120m)です。のと里山海道(ないしは、能越道)を車でドライブがてら、いらして下さい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 別所岳SAへのアクセス >
別所岳SAからは、手軽に、「別所岳」登山が可能です。片道2.0km弱(標高差約120m)です。のと里山海道(ないしは、能越道)を車でドライブがてら、いらして下さい。
< 能登鹿島駅の周辺 >
愛称が「能登さくら駅」です。構内に出来る『桜のトンネル』のみならず、小公園の桜も見事です。駅舎は無人ですが、綺麗なトイレが備わっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 能登鹿島駅の周辺 >
愛称が「能登さくら駅」です。構内に出来る『桜のトンネル』のみならず、小公園の桜も見事です。駅舎は無人ですが、綺麗なトイレが備わっています。
< 能登鹿島駅から林道曽福線へ >
今回の山行では、山頂の3kmほど手前まで「林道曽福(そぶく)線」を利用しました(片道約11kmの登山)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 能登鹿島駅から林道曽福線へ >
今回の山行では、山頂の3kmほど手前まで「林道曽福(そぶく)線」を利用しました(片道約11kmの登山)。
< 別所岳SA >
上り側と下り側が連結しています。下りSAから東側の山林に400mほど入り込んだ所に、「旧展望台」の広場跡があります。2010年に、別所岳スカイデッキ『能登ゆめてらす』が完成しました。また、SAの北側にある「跨道橋(こどうきょう)」を渡って、別所岳に登ることが出来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 別所岳SA >
上り側と下り側が連結しています。下りSAから東側の山林に400mほど入り込んだ所に、「旧展望台」の広場跡があります。2010年に、別所岳スカイデッキ『能登ゆめてらす』が完成しました。また、SAの北側にある「跨道橋(こどうきょう)」を渡って、別所岳に登ることが出来ます。
< エリア全体の位置関係 >
上下線が交わっています。SAから退場する時は、方向を間違えないようにお願いします。この図は、SA内の掲示物ですが、残念ながら、目立っ場所に立てられていません。
2017年04月13日 12:30撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< エリア全体の位置関係 >
上下線が交わっています。SAから退場する時は、方向を間違えないようにお願いします。この図は、SA内の掲示物ですが、残念ながら、目立っ場所に立てられていません。
< 別所岳登山ルート >
今回は、東麓の沿岸にある「能登鹿島駅」から登山しました(東からのルート)でしたが、南からのルートがお勧めかも知れません。「西岸駅」のホームには、別所岳山頂への案内が記されていました。また、県道192号線(河内藤瀬線)が、山頂の西側そばを通っています。県道から車で、山頂に向かう林道に上がることも可能です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 別所岳登山ルート >
今回は、東麓の沿岸にある「能登鹿島駅」から登山しました(東からのルート)でしたが、南からのルートがお勧めかも知れません。「西岸駅」のホームには、別所岳山頂への案内が記されていました。また、県道192号線(河内藤瀬線)が、山頂の西側そばを通っています。県道から車で、山頂に向かう林道に上がることも可能です。
< 今回の別所岳山行マップ >
能登さくら駅−曽福集落−林道曽福線を登る−別所岳ミニ森林コース−別所岳山頂−跨道橋−別所岳SA『能登ゆめてらす』−跨道橋−林道曽福線を下る−曽福集落−能登さくら駅〜と往復しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 今回の別所岳山行マップ >
能登さくら駅−曽福集落−林道曽福線を登る−別所岳ミニ森林コース−別所岳山頂−跨道橋−別所岳SA『能登ゆめてらす』−跨道橋−林道曽福線を下る−曽福集落−能登さくら駅〜と往復しました。
< 山頂周辺の道 >
登りでは、「林道別所岳線」の途中から、ミニ森林コースを通過しました。登頂後は林道を下り、SAに立ち寄りました。また、「林道別所岳線」と。「のと里山海道沿いの道」を結ぶ、森林管理路があります。能登さくら駅から「林道曽福線」を登って来た時に、この管理路を利用すれば400mほど近道になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 山頂周辺の道 >
登りでは、「林道別所岳線」の途中から、ミニ森林コースを通過しました。登頂後は林道を下り、SAに立ち寄りました。また、「林道別所岳線」と。「のと里山海道沿いの道」を結ぶ、森林管理路があります。能登さくら駅から「林道曽福線」を登って来た時に、この管理路を利用すれば400mほど近道になります。
< 今回の別所岳山行のグラフ >
総歩行距離:約23km、累積標高差(+):約580m、所要時間:約6時間30分。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 今回の別所岳山行のグラフ >
総歩行距離:約23km、累積標高差(+):約580m、所要時間:約6時間30分。
1
< 七尾駅前ロータリー >
これから、『のと鉄道』下り(穴水行き)の始発列車(気動車=ディーゼル車)に乗ります。
2017年04月13日 07:03撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 七尾駅前ロータリー >
これから、『のと鉄道』下り(穴水行き)の始発列車(気動車=ディーゼル車)に乗ります。
< JR西日本「七尾駅」 >
『R西日本七尾線(津幡−和倉)』と『のと鉄道七尾線(七尾−穴水)』の両鉄道は、[七尾−和倉]間が重複しています。七尾以北の路線は、元々、JRの路線でしたが、1991年に、「のと鉄道」に移管されました。
2017年04月13日 07:03撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< JR西日本「七尾駅」 >
『R西日本七尾線(津幡−和倉)』と『のと鉄道七尾線(七尾−穴水)』の両鉄道は、[七尾−和倉]間が重複しています。七尾以北の路線は、元々、JRの路線でしたが、1991年に、「のと鉄道」に移管されました。
< 運賃表 >
切符販売機の上に貼ってありました。「能登鹿島駅」まで680円です。約25kmの走行距離ですが、JRより割高です。
2017年04月13日 15:20撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 運賃表 >
切符販売機の上に貼ってありました。「能登鹿島駅」まで680円です。約25kmの走行距離ですが、JRより割高です。
< 時刻表 >
『七尾線金沢方面(JR)』と『七尾線のと鉄道穴水方面』の時刻票です。07:12発(下り始発)の普通列車に乗りますが、本当は普通ではない列車です。
2017年04月13日 07:06撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 時刻表 >
『七尾線金沢方面(JR)』と『七尾線のと鉄道穴水方面』の時刻票です。07:12発(下り始発)の普通列車に乗りますが、本当は普通ではない列車です。
< 「穴水」行き >
下り路線は、[七尾−和倉−笠師保−能登中島−西岸−能登鹿島−穴水]〜です。穴水の1つ前の「能登鹿島駅」で降ります。
2017年04月13日 07:06撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「穴水」行き >
下り路線は、[七尾−和倉−笠師保−能登中島−西岸−能登鹿島−穴水]〜です。穴水の1つ前の「能登鹿島駅」で降ります。
< ラッピングカーです >
No.3の「NEW 花咲くいろは(改)」です。他には、 No.1「マジンガーZ」・No.2「花咲くいろは HOME SWEET HOME」〜があります。
2017年04月13日 07:07撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ラッピングカーです >
No.3の「NEW 花咲くいろは(改)」です。他には、 No.1「マジンガーZ」・No.2「花咲くいろは HOME SWEET HOME」〜があります。
< 桜の花咲く〜 >
列車(気動車=ディーゼル車)です。2両編成の前方車両には、桜が描かれています。
2017年04月13日 07:07撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 桜の花咲く〜 >
列車(気動車=ディーゼル車)です。2両編成の前方車両には、桜が描かれています。
< 記念切符ではなく >
〜切符の記念撮影です。
2017年04月13日 07:07撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 記念切符ではなく >
〜切符の記念撮影です。
1
< 車窓から駅前を眺めました >
眼前の駐車場は、七尾駅の駐車場ではありません。「ミナ.クル」専用です。駅前に、一般駐車場(20分以内の駐車に限定)と、駅の南側に、七尾駅東駐車場(旅行者専用)があります。「ミナ.クル」は、商業施設と公共施設(図書館と市役所支所)が統合された施設です。道を挟んで、隣の「パトリア(商業施設)」と連絡橋で結ばれています。
2017年04月13日 07:08撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 車窓から駅前を眺めました >
眼前の駐車場は、七尾駅の駐車場ではありません。「ミナ.クル」専用です。駅前に、一般駐車場(20分以内の駐車に限定)と、駅の南側に、七尾駅東駐車場(旅行者専用)があります。「ミナ.クル」は、商業施設と公共施設(図書館と市役所支所)が統合された施設です。道を挟んで、隣の「パトリア(商業施設)」と連絡橋で結ばれています。
< 電車は公園の西側を >
〜走り過ぎます。線路のそばには、観光者用の駐車場が設けられています。ちなみに、車窓に見える「小丸山公園」は、戦国武将『前田利家』の出世城「小丸山城」があった場所です。
2017年04月13日 07:13撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 電車は公園の西側を >
〜走り過ぎます。線路のそばには、観光者用の駐車場が設けられています。ちなみに、車窓に見える「小丸山公園」は、戦国武将『前田利家』の出世城「小丸山城」があった場所です。
< 和倉駅に到着 >
〜しましたが、「マジンガーZ」に睨まれていて、和倉駅のホームを見られませんでした。
2017年04月13日 07:17撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 和倉駅に到着 >
〜しましたが、「マジンガーZ」に睨まれていて、和倉駅のホームを見られませんでした。
1
< 田鶴浜に入ると北方向 >
〜が開けます。七尾西湾を挟んで、目的地の「別所岳」が見えました。
2017年04月13日 07:20撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 田鶴浜に入ると北方向 >
〜が開けます。七尾西湾を挟んで、目的地の「別所岳」が見えました。
< 別所岳 >
標高は358mしかありませんが、中能登地区では、よく目立つ綺麗な山です。
2017年04月13日 07:21撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 別所岳 >
標高は358mしかありませんが、中能登地区では、よく目立つ綺麗な山です。
< 虫ヶ峰 >
別所岳の南西約8kmに位置します。山頂周辺(山頂の西より)に「虫ヶ峰風力発電所」が林立しています。1,500kw×10基です。
2017年04月13日 07:20撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 虫ヶ峰 >
別所岳の南西約8kmに位置します。山頂周辺(山頂の西より)に「虫ヶ峰風力発電所」が林立しています。1,500kw×10基です。
< 田鶴浜駅に到着 >
「のと鉄道」のほとんどの駅には、桜の木が植えられています。
2017年04月13日 07:22撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 田鶴浜駅に到着 >
「のと鉄道」のほとんどの駅には、桜の木が植えられています。
< 停まっている間に >
〜ポスターを撮影しました。4人の女子高生たちがアニメの主人公なのでしょうか?
2017年04月13日 07:23撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 停まっている間に >
〜ポスターを撮影しました。4人の女子高生たちがアニメの主人公なのでしょうか?
< トイレ横にも >
〜彼女たちが?トイレは、電車のドア(乗り込み口)そばにあるので、きっと、お客さんを出迎えているのでしょう。
2017年04月13日 07:23撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< トイレ横にも >
〜彼女たちが?トイレは、電車のドア(乗り込み口)そばにあるので、きっと、お客さんを出迎えているのでしょう。
< 湾岸道路の向こうに >
〜能登島が見えます。奥原町から中島町中島までの七尾西湾沿岸を通る道路があり、地元では、「湾岸道路」と呼んでいます。
2017年04月13日 07:27撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 湾岸道路の向こうに >
〜能登島が見えます。奥原町から中島町中島までの七尾西湾沿岸を通る道路があり、地元では、「湾岸道路」と呼んでいます。
< 笠師保駅に到着 >
「かさしほ駅」の愛称は『恋火駅(こいびえき)』です。地元の「塩津かがり火恋祭り(塩津納涼祭)」に因んで名付けられました。
2017年04月13日 07:27撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 笠師保駅に到着 >
「かさしほ駅」の愛称は『恋火駅(こいびえき)』です。地元の「塩津かがり火恋祭り(塩津納涼祭)」に因んで名付けられました。
< 恋火ホタル >
夜になると、イルミネーションが光り、ハート形を浮かび上がらせます。
2017年04月13日 15:01撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 恋火ホタル >
夜になると、イルミネーションが光り、ハート形を浮かび上がらせます。
< 能登中島駅に到着 >
笠師保駅から6分です。
2017年04月13日 07:33撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 能登中島駅に到着 >
笠師保駅から6分です。
< 西岸駅に到着 >
能登中島駅から7分です。「のと鉄道」の隣駅どうし間の時間距離は、どの区間もだいたい5〜8分です。
2017年04月13日 07:40撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 西岸駅に到着 >
能登中島駅から7分です。「のと鉄道」の隣駅どうし間の時間距離は、どの区間もだいたい5〜8分です。
< 西岸駅の名所の案内 >
4番目に「別所岳」がランクインしています。ここから、北方向に山を登ると、「のと里山海道」を乗越え、別所岳SA近くの跨道橋で、今回の山行ルートと合流するはずです。
2017年04月13日 14:47撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 西岸駅の名所の案内 >
4番目に「別所岳」がランクインしています。ここから、北方向に山を登ると、「のと里山海道」を乗越え、別所岳SA近くの跨道橋で、今回の山行ルートと合流するはずです。
< 「能登鹿島駅」に到着 >
ソメイヨシノ(染井吉野)が、フォームの両脇に100本ほど、植えられています。
2017年04月13日 07:45撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「能登鹿島駅」に到着 >
ソメイヨシノ(染井吉野)が、フォームの両脇に100本ほど、植えられています。
1
< ドア窓には「喜翠荘」 >
〜と書かれています。アニメの舞台の旅館らしい。金沢市湯涌温泉の「白雲楼ホテル」がモデルだったらしい。
2017年04月13日 07:46撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ドア窓には「喜翠荘」 >
〜と書かれています。アニメの舞台の旅館らしい。金沢市湯涌温泉の「白雲楼ホテル」がモデルだったらしい。
2
< 駅名表示は2種類あります >
能登鹿島駅の愛称『能登さくら駅』も標示されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 駅名表示は2種類あります >
能登鹿島駅の愛称『能登さくら駅』も標示されています。
< 「喜翠荘号」は走り去りました >
私が乗ってきた一番列車から、降りたのは私を含めて3名だけでした。しかし、到着直後から、車が何台も駅前に入っていました。お店(屋台)の方々みたいです。
2017年04月13日 07:47撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「喜翠荘号」は走り去りました >
私が乗ってきた一番列車から、降りたのは私を含めて3名だけでした。しかし、到着直後から、車が何台も駅前に入っていました。お店(屋台)の方々みたいです。
< 向こう側に「駅舎」 >
何名かは、カメラを携え、スタンバイ(列車の到着がシャッターチャンス?)しておられました。
2017年04月13日 07:47撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 向こう側に「駅舎」 >
何名かは、カメラを携え、スタンバイ(列車の到着がシャッターチャンス?)しておられました。
< 2本の線路の間 >
〜に立ちました。反対ホームへの連絡橋がなく、踏切を跨いで、駅舎側に渡ります。
2017年04月13日 07:48撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 2本の線路の間 >
〜に立ちました。反対ホームへの連絡橋がなく、踏切を跨いで、駅舎側に渡ります。
< お花見シーズンのみ >
〜テント村(屋台のテント)が出来ます。今年のお祭りは、2017年4月16日(日)に『花見だよ!イン能登さくら駅』が開催されます。
2017年04月13日 07:48撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< お花見シーズンのみ >
〜テント村(屋台のテント)が出来ます。今年のお祭りは、2017年4月16日(日)に『花見だよ!イン能登さくら駅』が開催されます。
< 7分咲きくらいかな >
ここ数日の気温が高いので、さくら祭りの頃(3日後)は、満開になっているかも知れません。
2017年04月13日 07:49撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 7分咲きくらいかな >
ここ数日の気温が高いので、さくら祭りの頃(3日後)は、満開になっているかも知れません。
2
< 駅前の郵便ポスト >
わざわざ、駅舎の反対側(海側)に設置されています。きっと、海からの風が、ポストの中に吹き込むのを避けるために、海を背にして建てたのかもしれません。
2017年04月13日 07:51撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 駅前の郵便ポスト >
わざわざ、駅舎の反対側(海側)に設置されています。きっと、海からの風が、ポストの中に吹き込むのを避けるために、海を背にして建てたのかもしれません。
< よく見ると >
〜住所が駅と違っています。能登さくら駅の住所=穴水町『曽福』イ−1/駅前のポストの住所=穴水町『鹿島』イ−85〜です。
2017年04月13日 07:52撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< よく見ると >
〜住所が駅と違っています。能登さくら駅の住所=穴水町『曽福』イ−1/駅前のポストの住所=穴水町『鹿島』イ−85〜です。
< さくら駅の駅舎 >
まさしく、桜の花に彩られています。コンパクトな駅舎なので、上から桜の花に覆われています。
2017年04月13日 07:52撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< さくら駅の駅舎 >
まさしく、桜の花に彩られています。コンパクトな駅舎なので、上から桜の花に覆われています。
< 能登さくら駅の由緒 >
「パノラマカー」云々〜と記されてますが、のと鉄道パノラマカー(展望列車)は、2002年に廃車になっています。廃車になった車両が、中島駅に展示されています。
2017年04月13日 07:52撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 能登さくら駅の由緒 >
「パノラマカー」云々〜と記されてますが、のと鉄道パノラマカー(展望列車)は、2002年に廃車になっています。廃車になった車両が、中島駅に展示されています。
< 駅舎の裏側に回りました >
個室型トイレが前後に2ヶ備わっています。いつもきれいなトイレで、ありがとうございます。
2017年04月13日 07:57撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 駅舎の裏側に回りました >
個室型トイレが前後に2ヶ備わっています。いつもきれいなトイレで、ありがとうございます。
< 桜色の駅舎が >
〜お花見を盛り上げてくれます。全体としては70%位の開花ですが、日当たりの良い部分の枝の花は、フルオープン(100%)の開花です。
2017年04月13日 08:00撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 桜色の駅舎が >
〜お花見を盛り上げてくれます。全体としては70%位の開花ですが、日当たりの良い部分の枝の花は、フルオープン(100%)の開花です。
< 「桜の駅」と「タルト」 >
知人から『春の桜タルト』というお菓子を頂きました。
2017年04月13日 07:58撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「桜の駅」と「タルト」 >
知人から『春の桜タルト』というお菓子を頂きました。
< 駅の北側に出てみました >
足元に、「ヒメオドリコソウ(姫踊り子草、シソ科オドリコソウ属)」を見つけました。『木の上の桜の花』に対して、この踊り子たちは、『地面の上の花』です。
2017年04月13日 08:07撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 駅の北側に出てみました >
足元に、「ヒメオドリコソウ(姫踊り子草、シソ科オドリコソウ属)」を見つけました。『木の上の桜の花』に対して、この踊り子たちは、『地面の上の花』です。
< ツタが絡まっていない? >
〜樹は、桜ではありません。
2017年04月13日 08:06撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ツタが絡まっていない? >
〜樹は、桜ではありません。
< ハクモクレン(白木蓮) >
モクレン科モクレン属。同属の「モクレン(木蓮)」とは別物です。ちなみに、紫色の花を咲かせるモクレンは、「シモクレン(紫木蓮)」とも呼ばれています。
2017年04月13日 08:06撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ハクモクレン(白木蓮) >
モクレン科モクレン属。同属の「モクレン(木蓮)」とは別物です。ちなみに、紫色の花を咲かせるモクレンは、「シモクレン(紫木蓮)」とも呼ばれています。
< キヅタ(冬蔦) >
ウコギ科キヅタ属。常緑つる性木本です。落葉性の「ツタ(ブドウ科ツタ属)」に対し、冬でも葉が見られるので『フユヅタ(冬蔦)』とも呼ばれます。このキヅタさんは、樹に絡まってないためか、果実が不作(栄養不足)?のよう見受けました。
2017年04月13日 08:06撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< キヅタ(冬蔦) >
ウコギ科キヅタ属。常緑つる性木本です。落葉性の「ツタ(ブドウ科ツタ属)」に対し、冬でも葉が見られるので『フユヅタ(冬蔦)』とも呼ばれます。このキヅタさんは、樹に絡まってないためか、果実が不作(栄養不足)?のよう見受けました。
< 駅前から下ります >
「別所岳」往復登山から戻ったら、もう一度、桜の花を鑑賞したいと思います。
2017年04月13日 07:52撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 駅前から下ります >
「別所岳」往復登山から戻ったら、もう一度、桜の花を鑑賞したいと思います。
< 国道249号線に出ます >
「のと里山海道」が能登半島の『大動脈』的な道だとするなら、こちらの「国道249号線」は、『動静脈』?みたいな物かも。
2017年04月13日 08:01撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 国道249号線に出ます >
「のと里山海道」が能登半島の『大動脈』的な道だとするなら、こちらの「国道249号線」は、『動静脈』?みたいな物かも。
< 南東方向に能登島 >
南方向に「ツインブリッジのと」が見えます。この橋は、能登島と中島(島ではない)を結んでいます。
2017年04月13日 08:01撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 南東方向に能登島 >
南方向に「ツインブリッジのと」が見えます。この橋は、能登島と中島(島ではない)を結んでいます。
< 七尾市と中能登町の山々 >
〜が、南方向に見えています。
2017年04月13日 08:03撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 七尾市と中能登町の山々 >
〜が、南方向に見えています。
1
< 「七尾城山」と「石動山」 >
〜ズームしました。「石動山(標高564m)」は、能登で、3番目に標高の高い山です。
2017年04月13日 08:02撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「七尾城山」と「石動山」 >
〜ズームしました。「石動山(標高564m)」は、能登で、3番目に標高の高い山です。
< 国道249号線 >
「能登鹿島駅」から500mほど南下すると「曽福集落」に入ります。
2017年04月13日 08:12撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 国道249号線 >
「能登鹿島駅」から500mほど南下すると「曽福集落」に入ります。
< もうすこしで曽福(そぶく) >
〜です。七尾北湾の中島方向(南側)を見ています。
2017年04月13日 08:14撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< もうすこしで曽福(そぶく) >
〜です。七尾北湾の中島方向(南側)を見ています。
< 南に「ツインブリッジのと」 >
〜が見えます。七尾西湾と七尾北湾の間にある「三ヶ口瀬戸」に架けられています。
2017年04月13日 08:14撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 南に「ツインブリッジのと」 >
〜が見えます。七尾西湾と七尾北湾の間にある「三ヶ口瀬戸」に架けられています。
< 東の方向の「七尾北湾」 >
〜を眺めました。能登島と穴水の間の海峡は、「大口瀬戸」と呼ばれています。七尾湾の北側の出口です。能登島を挟んで南側にある出口は、「小口瀬戸」といいます。
2017年04月13日 08:14撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 東の方向の「七尾北湾」 >
〜を眺めました。能登島と穴水の間の海峡は、「大口瀬戸」と呼ばれています。七尾湾の北側の出口です。能登島を挟んで南側にある出口は、「小口瀬戸」といいます。
< 曽呂神社 >
曽福では、お寺は「真浄寺」/神社は「曽呂神社」〜です。 
2017年04月13日 08:15撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 曽呂神社 >
曽福では、お寺は「真浄寺」/神社は「曽呂神社」〜です。 
< 曽福集落に入ります >
この先、集落の奥から「別所岳」方向にに伸びる林道があります。
2017年04月13日 08:17撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 曽福集落に入ります >
この先、集落の奥から「別所岳」方向にに伸びる林道があります。
< 一等水準点「9291」 >
基準点名が「9291」です。標高2.3957m(約240cm)です。水準点の2mほど後が、七尾湾です。
2017年04月13日 08:17撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 一等水準点「9291」 >
基準点名が「9291」です。標高2.3957m(約240cm)です。水準点の2mほど後が、七尾湾です。
< 失礼しました >
中には、標柱が埋まっていました。
2017年04月13日 08:18撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 失礼しました >
中には、標柱が埋まっていました。
< 来た方向(北方向) >
〜を振り返りました。桜色の森が、「能登さくら駅」の場所を示しています。
2017年04月13日 08:18撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 来た方向(北方向) >
〜を振り返りました。桜色の森が、「能登さくら駅」の場所を示しています。
< 二子山(ふたごやま) >
穴水町の東部に位置しています。二峰の山なので「双子」山です。
2017年04月13日 08:18撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 二子山(ふたごやま) >
穴水町の東部に位置しています。二峰の山なので「双子」山です。
< 青々した「ヒメオドリコソウ」 >
この花は、今が伸び盛りののでしょうか。駅で見かけた踊り子さんたちは、赤茶けた感じがしていました。
2017年04月13日 08:20撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 青々した「ヒメオドリコソウ」 >
この花は、今が伸び盛りののでしょうか。駅で見かけた踊り子さんたちは、赤茶けた感じがしていました。
< 前川橋 >
曽福川の河口に架かる「曽福橋」の前にあるから『前』川橋?にななったのでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 前川橋 >
曽福川の河口に架かる「曽福橋」の前にあるから『前』川橋?にななったのでしょうか?
< 「船着場」の手前で右折 >
〜します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「船着場」の手前で右折 >
〜します。
< 曽福の「船着場」 >
〜を覗いてきました。画面右奥に見える岬には「菅原神社」があります。
2017年04月13日 08:23撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 曽福の「船着場」 >
〜を覗いてきました。画面右奥に見える岬には「菅原神社」があります。
< 「のと鉄道」の下をくぐります >
幅の狭いこの川は、「曽福川」です。しばらく。この川に沿って歩くことになります。
2017年04月13日 08:25撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「のと鉄道」の下をくぐります >
幅の狭いこの川は、「曽福川」です。しばらく。この川に沿って歩くことになります。
< 線路下から見上げました >
『線路は続くよどこまでも〜♪』と言う唄がありますが、これから進む林道では、8kmほどにもわたって、この「曽福川」が続いてきます。
2017年04月13日 08:25撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 線路下から見上げました >
『線路は続くよどこまでも〜♪』と言う唄がありますが、これから進む林道では、8kmほどにもわたって、この「曽福川」が続いてきます。
< ちゃんと樹に絡まっている >
〜「キヅタ(冬蔦、ウコギ科キヅタ属)」です。駅で見たキヅタは、栄養不良か、果実が痩せていました。
2017年04月13日 08:26撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ちゃんと樹に絡まっている >
〜「キヅタ(冬蔦、ウコギ科キヅタ属)」です。駅で見たキヅタは、栄養不良か、果実が痩せていました。
< 「林道曽福線」の起点 >
山側の林道の本線を外れ、田んぼ側のバイパスを通ります。約1km先で、本線と合流します。
2017年04月13日 08:30撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「林道曽福線」の起点 >
山側の林道の本線を外れ、田んぼ側のバイパスを通ります。約1km先で、本線と合流します。
< 「曽福川」の川底 >
〜の地面が盛り上がっていて、木々や草花が生えています。
2017年04月13日 08:32撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「曽福川」の川底 >
〜の地面が盛り上がっていて、木々や草花が生えています。
< ネコヤナギ(猫柳) >
ヤナギ科ヤナギ属。雌雄異株(しゆういしゅ)です。雌雄の株が隣り合っていました。
2017年04月13日 08:30撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ネコヤナギ(猫柳) >
ヤナギ科ヤナギ属。雌雄異株(しゆういしゅ)です。雌雄の株が隣り合っていました。
< 雌ネコヤナギの花 >
雌花をズームしました。
2017年04月13日 08:34撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 雌ネコヤナギの花 >
雌花をズームしました。
< シャガ(射干) >
アヤメ科アヤメ属。中国原産の帰化植物です。湿った場所によく見られます。同属の「ヒメジャガ(姫射干)」は、淡紫色の花を咲かせます。シャガよりやや小型で、乾いた場所を好みます。
2017年04月13日 08:30撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< シャガ(射干) >
アヤメ科アヤメ属。中国原産の帰化植物です。湿った場所によく見られます。同属の「ヒメジャガ(姫射干)」は、淡紫色の花を咲かせます。シャガよりやや小型で、乾いた場所を好みます。
< シナレンギョウ(支那連翹) >
モクセイ科レンギョウ属。近くに畑に植えられていました。たいへん立派なレンギョウです。
2017年04月13日 08:31撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< シナレンギョウ(支那連翹) >
モクセイ科レンギョウ属。近くに畑に植えられていました。たいへん立派なレンギョウです。
1
< キブシ(木五倍子) >
キブシ科キブシ属。この木も、雌雄異株です。性別は、花の中の雄しべの有無を確認して判別します。
2017年04月13日 08:41撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< キブシ(木五倍子) >
キブシ科キブシ属。この木も、雌雄異株です。性別は、花の中の雄しべの有無を確認して判別します。
< 林道曽福線の本線に合流 >
ここで、進んできたバイパス(田んぼ側の道)と本線が1本になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 林道曽福線の本線に合流 >
ここで、進んできたバイパス(田んぼ側の道)と本線が1本になります。
< 造林作業(植林の伐採)中です >
伐採した木をクレーンで積み上げています。
2017年04月13日 08:56撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 造林作業(植林の伐採)中です >
伐採した木をクレーンで積み上げています。
< 林道曽福線を進みます >
直進するように(右方向)に進むと、穴水町根木の集落に通じる道に出ます。
2017年04月13日 09:04撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 林道曽福線を進みます >
直進するように(右方向)に進むと、穴水町根木の集落に通じる道に出ます。
< ゼンマイ(薇) >
ゼンマイ科ゼンマイ属。螺旋形(ゼンマイ形)の新芽が、名前の由来です。山菜としては、「コゴミ」とよく似ています。
2017年04月13日 08:50撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ゼンマイ(薇) >
ゼンマイ科ゼンマイ属。螺旋形(ゼンマイ形)の新芽が、名前の由来です。山菜としては、「コゴミ」とよく似ています。
1
< ワラビの仲間? >
コバノイシカグマ科のシダ植物だと思います。
2017年04月13日 09:20撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ワラビの仲間? >
コバノイシカグマ科のシダ植物だと思います。
1
< コゴミ >
クサソテツ(草蘇鉄)の若芽です。山菜として『コゴミ』と呼ばれています。ゼンマイとの違いの一つは、若芽の伸び方にあります。どちらも花束のように数本の芽が重なって伸びますが、「コゴミ」の場合は、やや外側に花束が開いたような形になります。1本1本が前屈み(前カガミ)になっているので、『カガミ→コゴミ』に転訛しました。
2017年04月13日 09:21撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< コゴミ >
クサソテツ(草蘇鉄)の若芽です。山菜として『コゴミ』と呼ばれています。ゼンマイとの違いの一つは、若芽の伸び方にあります。どちらも花束のように数本の芽が重なって伸びますが、「コゴミ」の場合は、やや外側に花束が開いたような形になります。1本1本が前屈み(前カガミ)になっているので、『カガミ→コゴミ』に転訛しました。
1
< クサソテツ(草蘇鉄) >
イワデンダ科クサソテツ属。「コゴミ」が少し成長した状態です。
2017年04月13日 09:23撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< クサソテツ(草蘇鉄) >
イワデンダ科クサソテツ属。「コゴミ」が少し成長した状態です。
1
< 曽福川が二叉に分かれています >
別所岳SAから東800m位の場所です。左側の支流を遡上すれば、SAの南側に上がれるかも?
2017年04月13日 09:27撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 曽福川が二叉に分かれています >
別所岳SAから東800m位の場所です。左側の支流を遡上すれば、SAの南側に上がれるかも?
< コスミレ(小菫)>
スミレ科スミレ属。「タチツボスミレ」によく似ていますが、小菫と言う名に反して、やや大型のスミレです。また、「タチツボスミレ」の葉っぱは、丸っぽい三角ですが、「コスミレ」の葉は、やや長い三角です。
2017年04月13日 09:30撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< コスミレ(小菫)>
スミレ科スミレ属。「タチツボスミレ」によく似ていますが、小菫と言う名に反して、やや大型のスミレです。また、「タチツボスミレ」の葉っぱは、丸っぽい三角ですが、「コスミレ」の葉は、やや長い三角です。
< 西に進めば近道です >
この谷を500mほど登れば、別所岳SAの旧展望台広場に出れるはずですが、橋が架かっていません。また、踏み跡(道)もないので、諦めました。
2017年04月13日 09:32撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 西に進めば近道です >
この谷を500mほど登れば、別所岳SAの旧展望台広場に出れるはずですが、橋が架かっていません。また、踏み跡(道)もないので、諦めました。
< 林業の管理路 >
〜が西方向に出ていました。SAの北側に回り込んだ道があるかも〜と期待して進んでみました。残念ながら、200mほどで、藪で閉ざされていました。おそらく、林業が盛んだった頃は、SAの北側に位置する旧展望台広場にまで、この道が伸びていたのでしょう?
2017年04月13日 09:40撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 林業の管理路 >
〜が西方向に出ていました。SAの北側に回り込んだ道があるかも〜と期待して進んでみました。残念ながら、200mほどで、藪で閉ざされていました。おそらく、林業が盛んだった頃は、SAの北側に位置する旧展望台広場にまで、この道が伸びていたのでしょう?
< 納屋のような小屋 >
〜がありますが、使われていません。SAから北方向約1kmの位置です。「のと里山海道」の高架が見えてきました。
2017年04月13日 09:57撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 納屋のような小屋 >
〜がありますが、使われていません。SAから北方向約1kmの位置です。「のと里山海道」の高架が見えてきました。
< 「林道曽福線」の終点 >
来た道を振り返りました。左手の道を700mほど進むと、鹿島集落に向かう道に接続するはずです。
2017年04月13日 09:59撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「林道曽福線」の終点 >
来た道を振り返りました。左手の道を700mほど進むと、鹿島集落に向かう道に接続するはずです。
< 「のと里山海道」の高架 >
私のよく通る自動車道ですが、今まで、こんな高いところを走っていたんだ〜。
2017年04月13日 09:59撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「のと里山海道」の高架 >
私のよく通る自動車道ですが、今まで、こんな高いところを走っていたんだ〜。
< 「道海山里との」の裏側? >
上で車に乗られている方々は、こちら側にお尻尾向けていることに?
2017年04月13日 10:01撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「道海山里との」の裏側? >
上で車に乗られている方々は、こちら側にお尻尾向けていることに?
< 崖の方から >
〜枝が伸びて来ています。果実のように見える花が咲いています。
2017年04月13日 10:02撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 崖の方から >
〜枝が伸びて来ています。果実のように見える花が咲いています。
< キブシ(木五倍子) >
キブシ科キブシ属。雌雄別株です。よく見ると、雄しべがないので、これは雌花でしょう。
2017年04月13日 12:59撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< キブシ(木五倍子) >
キブシ科キブシ属。雌雄別株です。よく見ると、雄しべがないので、これは雌花でしょう。
< ホクリクネコノメソウ(北陸猫の目草) >
ユキノシタ科ネコノメソウ属。「ネコノメソウ」との違いは、葯が萼裂片より高く突き出していることです。また、猫の目草属の本当の花は、『猫の目』の部分だけです。花の下の黄色い葉が、あたかも花びらのように見えています。
2017年04月13日 10:03撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ホクリクネコノメソウ(北陸猫の目草) >
ユキノシタ科ネコノメソウ属。「ネコノメソウ」との違いは、葯が萼裂片より高く突き出していることです。また、猫の目草属の本当の花は、『猫の目』の部分だけです。花の下の黄色い葉が、あたかも花びらのように見えています。
< 「曽福川」の源流 >
〜の近くにまで遡ってきました。ここで、左に曲がり、「のと里山海道」に張り付くように通っている道に上がります。
2017年04月13日 10:05撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「曽福川」の源流 >
〜の近くにまで遡ってきました。ここで、左に曲がり、「のと里山海道」に張り付くように通っている道に上がります。
< 里山海道に張り付くように >
〜「枯れススキの道」が伸びています。800mほど先で、SAと別所岳を結ぶ『跨道橋』に行き着きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 里山海道に張り付くように >
〜「枯れススキの道」が伸びています。800mほど先で、SAと別所岳を結ぶ『跨道橋』に行き着きます。
< 「おとのみち」 >
2015年6月、事故防止と観光客誘致を目的として設置されました。下り線側のみです。別所岳SAを穴水側過ぎた所から1200mに長さに「おとのみち」が施されています。メロディーロードとしては、日本最長です。
2017年04月13日 12:57撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「おとのみち」 >
2015年6月、事故防止と観光客誘致を目的として設置されました。下り線側のみです。別所岳SAを穴水側過ぎた所から1200mに長さに「おとのみち」が施されています。メロディーロードとしては、日本最長です。
< 路面に楽譜が刻まれています? >
溝の間隔が広いと低音、狭いと高音になります。曲名は、2015年上半期に放送されたNHK連続テレビ小説『まれ』オープニング曲『希空〜まれぞら〜』です。
2017年04月13日 12:54撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 路面に楽譜が刻まれています? >
溝の間隔が広いと低音、狭いと高音になります。曲名は、2015年上半期に放送されたNHK連続テレビ小説『まれ』オープニング曲『希空〜まれぞら〜』です。
< SAを示す標識が >
〜やっと見えてきました。走行する車が演奏する音楽は、スピードの出し過ぎのためか、心地よくは聴こえてきません。メロディーロードでは、時速70kmが推奨されたいます。速度を守れば、1.2kmを約1分間で演奏(走行)することになります。
2017年04月13日 10:18撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< SAを示す標識が >
〜やっと見えてきました。走行する車が演奏する音楽は、スピードの出し過ぎのためか、心地よくは聴こえてきません。メロディーロードでは、時速70kmが推奨されたいます。速度を守れば、1.2kmを約1分間で演奏(走行)することになります。
< ネコヤナギ(猫柳) >
ヤナギ科ヤナギ属。しばしですが、ネコヤナギ雌花が、疲れを癒やしてくれました。
2017年04月13日 10:17撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ネコヤナギ(猫柳) >
ヤナギ科ヤナギ属。しばしですが、ネコヤナギ雌花が、疲れを癒やしてくれました。
< 里山海道に架かる「跨道橋」 >
〜が、「別所岳」の登山口のようなものです(SAからのスタートする場合)。
2017年04月13日 10:18撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 里山海道に架かる「跨道橋」 >
〜が、「別所岳」の登山口のようなものです(SAからのスタートする場合)。
< 「跨道橋」の1段上の所 >
〜に上がってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「跨道橋」の1段上の所 >
〜に上がってきました。
< SA側から振り返ってみました >
まず、別所岳に登頂します。別所岳SAには、帰り道に寄ることにします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< SA側から振り返ってみました >
まず、別所岳に登頂します。別所岳SAには、帰り道に寄ることにします。
< 「林道別所岳線」を登ります >
歩き始めてすぐに、山頂が見えてきました。ここで、脇道を左に下れば、県道192号線に出ます。ちなみに、県道192号線を南に進むと中島町別所の集落を経由して、中島町藤瀬に出ます。さらに県道23号線を少し南下すると横田インターと接続できます。
2017年04月13日 10:28撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「林道別所岳線」を登ります >
歩き始めてすぐに、山頂が見えてきました。ここで、脇道を左に下れば、県道192号線に出ます。ちなみに、県道192号線を南に進むと中島町別所の集落を経由して、中島町藤瀬に出ます。さらに県道23号線を少し南下すると横田インターと接続できます。
< ミニ森林公園 >
〜の入り口です。数年前に別所岳に登った時は、藪で塞がり、森林公園には立ち入ることが出来ませんでした。
2017年04月13日 10:29撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ミニ森林公園 >
〜の入り口です。数年前に別所岳に登った時は、藪で塞がり、森林公園には立ち入ることが出来ませんでした。
< 往復50分のミニ森林コース >
〜に入ります。ミニ森林コースは、片道1km弱です。上の方で、「林道別所岳線」に復帰します。
2017年04月13日 10:29撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 往復50分のミニ森林コース >
〜に入ります。ミニ森林コースは、片道1km弱です。上の方で、「林道別所岳線」に復帰します。
< 昨今は珍しいですが >
〜ベンチにはゴミ箱と灰皿が設置されています。ミニ森林コースには、ベンチが数ヶ所と休憩所が1ヶ所設置されています。
2017年04月13日 10:33撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 昨今は珍しいですが >
〜ベンチにはゴミ箱と灰皿が設置されています。ミニ森林コースには、ベンチが数ヶ所と休憩所が1ヶ所設置されています。
< 倒壊した休憩舎 >
老朽化したところで、積雪で潰れたのでしょうか。
2017年04月13日 10:36撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 倒壊した休憩舎 >
老朽化したところで、積雪で潰れたのでしょうか。
< 3つの園 >
「シイタケ・ナメコ園」、「山菜園」、「クリ園」〜の標示がされていましたが、あまり収穫物がないみたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 3つの園 >
「シイタケ・ナメコ園」、「山菜園」、「クリ園」〜の標示がされていましたが、あまり収穫物がないみたいです。
< チシマザサ(千島笹) >
イネ科タケ亜科ササ属。これは、収穫物(山菜)になります。別名が、ネマガリダケ(根曲がり竹)ですが、北陸では「ススダケ」と呼ばれています。
2017年04月13日 10:41撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< チシマザサ(千島笹) >
イネ科タケ亜科ササ属。これは、収穫物(山菜)になります。別名が、ネマガリダケ(根曲がり竹)ですが、北陸では「ススダケ」と呼ばれています。
< 生のまま頂きました >
根っこ側の皮を剥いでかじりました。軟らかくてけっこういけます。しかし、あくがありますのでたくさん食べるとお腹を壊します。皆様は、ちゃんと調理をしてから召し上がって下さい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 生のまま頂きました >
根っこ側の皮を剥いでかじりました。軟らかくてけっこういけます。しかし、あくがありますのでたくさん食べるとお腹を壊します。皆様は、ちゃんと調理をしてから召し上がって下さい。
< ミニ森林コースの終了です >
林道に合流します。別所岳の山頂付近が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ミニ森林コースの終了です >
林道に合流します。別所岳の山頂付近が見えてきました。
< 山頂への登り口が見えます >
ここから、SA側に70mほど林道を引き返したところが、入り口です。
2017年04月13日 10:48撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 山頂への登り口が見えます >
ここから、SA側に70mほど林道を引き返したところが、入り口です。
< 山頂登り口を前後から >
〜撮影しました。山頂から下りて来たら、車道(林道別所岳線)を歩いて下りますので、この部分は周回コースとなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 山頂登り口を前後から >
〜撮影しました。山頂から下りて来たら、車道(林道別所岳線)を歩いて下りますので、この部分は周回コースとなります。
< カンツバキ(寒椿) >
ツバキ科ツバキ属。カンツバキは、「サザンカ」と「ツバキ」との交雑園芸品種です。
2017年04月13日 11:30撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< カンツバキ(寒椿) >
ツバキ科ツバキ属。カンツバキは、「サザンカ」と「ツバキ」との交雑園芸品種です。
< 紅色の八重咲き >
〜が見事です。
2017年04月13日 10:51撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 紅色の八重咲き >
〜が見事です。
< 小さくてクリクリした蕾 >
〜が愛らしいです。
2017年04月13日 10:51撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 小さくてクリクリした蕾 >
〜が愛らしいです。
< 青空が開けてきました >
登り口から100mほど進んできたところです。山頂かと思いきや、山頂の北西側にある小峰と山頂との間にある鞍部でした。画面の左手に小峰があり、何本かの電波塔が建っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 青空が開けてきました >
登り口から100mほど進んできたところです。山頂かと思いきや、山頂の北西側にある小峰と山頂との間にある鞍部でした。画面の左手に小峰があり、何本かの電波塔が建っています。
< 北方向(輪島方面)の景色です >
輪島の名峰たちが見えます。
2017年04月13日 10:53撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 北方向(輪島方面)の景色です >
輪島の名峰たちが見えます。
< 高洲山、鉢伏山、気勝山 >
能登の山の高さ比べでは、「高洲山」2位、「鉢伏山」4位です。高洲山〜鉢伏山の山域は、『鉢伏山地』と呼ばれています。また、北東方向には、『能登空港』が見えています。
2017年04月13日 10:53撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 高洲山、鉢伏山、気勝山 >
能登の山の高さ比べでは、「高洲山」2位、「鉢伏山」4位です。高洲山〜鉢伏山の山域は、『鉢伏山地』と呼ばれています。また、北東方向には、『能登空港』が見えています。
1
< 能登空港 >
2003年7月に開港しました。「木原岳」の山頂部分を削って、建設されました。空港の後方に見える山並みは、『宝立(ほうりゅう)山地』の北部です。「宝立山」の北側にある山々です。
2017年04月13日 10:54撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 能登空港 >
2003年7月に開港しました。「木原岳」の山頂部分を削って、建設されました。空港の後方に見える山並みは、『宝立(ほうりゅう)山地』の北部です。「宝立山」の北側にある山々です。
1
< 電波塔の建つ小峰 >
〜に立ち寄りました。この鞍部から、塔の建つ場所までは、50mほどです。
2017年04月13日 10:54撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 電波塔の建つ小峰 >
〜に立ち寄りました。この鞍部から、塔の建つ場所までは、50mほどです。
< アンテナみたいな物 >
〜が何本も建っていました。携帯電話の基地局も含まれているのかも?ほとんどの塔には標示がされていませんでしたが、南側にある1本には『集線装置』?〜と標示されていました。
2017年04月13日 10:55撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< アンテナみたいな物 >
〜が何本も建っていました。携帯電話の基地局も含まれているのかも?ほとんどの塔には標示がされていませんでしたが、南側にある1本には『集線装置』?〜と標示されていました。
< 別所岳山頂を示す標柱 >
〜が分かりました。アンテナ下から山頂方向の眺めです。この後、山頂まで3分あまりで移動出来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 別所岳山頂を示す標柱 >
〜が分かりました。アンテナ下から山頂方向の眺めです。この後、山頂まで3分あまりで移動出来ました。
< 山頂まで自動車で >
〜上がることが出来ます。私は何年か前に、車で県道192号線に入り、別所集落を抜けて、山頂まで走行したことがあります。
2017年04月13日 11:01撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 山頂まで自動車で >
〜上がることが出来ます。私は何年か前に、車で県道192号線に入り、別所集落を抜けて、山頂まで走行したことがあります。
< 「別所岳」山頂 >
〜に到着。綺麗に下草刈りがされています。
2017年04月13日 11:02撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「別所岳」山頂 >
〜に到着。綺麗に下草刈りがされています。
< 三等三角点「別所岳」 >
標高は、357.95mです。
2017年04月13日 11:02撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 三等三角点「別所岳」 >
標高は、357.95mです。
< スマホでパノラマ >
スマートフォンで撮影しました。山頂広場が南側に、斜面となって、長く伸びています(長さ100mほど)。
2017年04月13日 11:03撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< スマホでパノラマ >
スマートフォンで撮影しました。山頂広場が南側に、斜面となって、長く伸びています(長さ100mほど)。
< ゲレンデみたいな広場 >
ゲレンデ?の斜面が緩やかに下っています。遠くにみえる「七尾南湾」の向こうに、『石動山山系(宝達丘陵の北部)』の山稜が見えています。
2017年04月13日 11:03撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ゲレンデみたいな広場 >
ゲレンデ?の斜面が緩やかに下っています。遠くにみえる「七尾南湾」の向こうに、『石動山山系(宝達丘陵の北部)』の山稜が見えています。
< 東の方角 >
画面の左端に穴水の市街地の一部が見えています。穴水港の後方に突き出ている岬が、『由比ヶ丘(ゆうひがおか)』です。由比ヶ丘(岬)には、公園や文化施設があります。
2017年04月13日 11:03撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 東の方角 >
画面の左端に穴水の市街地の一部が見えています。穴水港の後方に突き出ている岬が、『由比ヶ丘(ゆうひがおか)』です。由比ヶ丘(岬)には、公園や文化施設があります。
< 私が登って来たルート >
推測で描いてみました。ここまで特に危険箇所はありませんでしたが、人通りのない(踏み跡の少ない)部分では、道が荒れていました。
2017年04月13日 11:03撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 私が登って来たルート >
推測で描いてみました。ここまで特に危険箇所はありませんでしたが、人通りのない(踏み跡の少ない)部分では、道が荒れていました。
< 南東の方角 >
「能登島」が、まるで七尾湾にはまり込んでいるかのよう存在しています。
2017年04月13日 11:03撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 南東の方角 >
「能登島」が、まるで七尾湾にはまり込んでいるかのよう存在しています。
< 能登島の中心に「四村塚山」 >
『四村』塚山(よんむらつかやま)ですが、むかし、能登島にあったのは『三つの村』でした。1955年、「東島・中之島・西島」の3村が合併し鹿島郡能登島町が成立。その後の2004年の市町村合併により、七尾市能登島となりました。
2017年04月13日 11:03撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 能登島の中心に「四村塚山」 >
『四村』塚山(よんむらつかやま)ですが、むかし、能登島にあったのは『三つの村』でした。1955年、「東島・中之島・西島」の3村が合併し鹿島郡能登島町が成立。その後の2004年の市町村合併により、七尾市能登島となりました。
1
< 南南東の方角 >
2本の橋が見えます。これらの2本が、七尾湾を〜北湾/西湾/南湾〜に分けています。
2017年04月13日 11:04撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 南南東の方角 >
2本の橋が見えます。これらの2本が、七尾湾を〜北湾/西湾/南湾〜に分けています。
1
< 2本の橋をズーム >
ツインブリッジのと(中能登農道橋)、能登島大橋〜です。
2017年04月13日 11:04撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 2本の橋をズーム >
ツインブリッジのと(中能登農道橋)、能登島大橋〜です。
1
< 七尾城山 >
〜は、ピークないしは山頂が、ハッキリしない山です。展望台のある位置(事実上の山頂)に、三角点が設置されていますが、山のピークは別の位置にあります。標高はそれぞれ、七尾城址(約300m)、展望台(379.47m)、最高所(約413m)〜です。
2017年04月13日 11:04撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 七尾城山 >
〜は、ピークないしは山頂が、ハッキリしない山です。展望台のある位置(事実上の山頂)に、三角点が設置されていますが、山のピークは別の位置にあります。標高はそれぞれ、七尾城址(約300m)、展望台(379.47m)、最高所(約413m)〜です。
1
< 『ブタナ』のロゼット >
この日は、タンポポだと思っていましたが、後日、再確認しましたら、ブタナ(豚菜、キク科ブタナ属)でした。花が咲いてから、気がつきました。『ブタナ』の別名が「タンポポモドキ」です。6月1日に再訪問した際は、このモドキの花が群生していました。
2017年04月13日 11:05撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 『ブタナ』のロゼット >
この日は、タンポポだと思っていましたが、後日、再確認しましたら、ブタナ(豚菜、キク科ブタナ属)でした。花が咲いてから、気がつきました。『ブタナ』の別名が「タンポポモドキ」です。6月1日に再訪問した際は、このモドキの花が群生していました。
< 広場の南端に行ってみました >
以前、真っ直ぐ南に下るルートがあつたようですが、廃道になっています(上の写真)。グランドカバーのタンポポの上を歩いて、山頂に引き返します(下の写真)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 広場の南端に行ってみました >
以前、真っ直ぐ南に下るルートがあつたようですが、廃道になっています(上の写真)。グランドカバーのタンポポの上を歩いて、山頂に引き返します(下の写真)。
< 再びの遠望です >
山頂でおにぎりを頂いた後の2度見です。
2017年04月13日 11:26撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 再びの遠望です >
山頂でおにぎりを頂いた後の2度見です。
< 山頂から下ります >
北西側にあるアンテナ群が、眼の高さにありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 山頂から下ります >
北西側にあるアンテナ群が、眼の高さにありました。
< 山頂登り口に下りました >
これから、南にある別所岳SAに向かいます。
2017年04月13日 11:31撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 山頂登り口に下りました >
これから、南にある別所岳SAに向かいます。
< 「虫ヶ峰」 >
〜の山頂部分だけがみえました。2峰山(双耳峰)になっていて、2つのピークの先端だけ頭を出しています。よく見ると、山頂周囲に建つ『虫ヶ峰風力発電所』の10本あるブレードタワーの数本が確認出来ます。
2017年04月13日 11:34撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「虫ヶ峰」 >
〜の山頂部分だけがみえました。2峰山(双耳峰)になっていて、2つのピークの先端だけ頭を出しています。よく見ると、山頂周囲に建つ『虫ヶ峰風力発電所』の10本あるブレードタワーの数本が確認出来ます。
< 山頂への直登ルートは閉鎖 >
「山頂登り口」から300mほど下りて来ました。山頂南側ルートの跡がありました。藪で閉ざされていますが、ここから尾根伝いに登れば、300mで山頂です。
2017年04月13日 11:36撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 山頂への直登ルートは閉鎖 >
「山頂登り口」から300mほど下りて来ました。山頂南側ルートの跡がありました。藪で閉ざされていますが、ここから尾根伝いに登れば、300mで山頂です。
< ヤブツバキ(藪椿) >
ツバキ科ツバキ属。この花が、椿族の原点です。
2017年04月13日 11:36撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ヤブツバキ(藪椿) >
ツバキ科ツバキ属。この花が、椿族の原点です。
< 林道別所岳線を下っています >
〜途中で、北方向に下る分岐がありました。恐らく、「のと里山海道沿いの道」と繋がっていると思います(未確認)。→1週間後、確認しました。予想通り、ジグザグに、のと里山海道まで下ったいました。長さ1km弱の「林業管理路」になります。「林道曽福線」の終点(里山海道との交差地点近く)からだと、400m先で「のと里山海道沿いの道」と合流しています。能登さくら駅から「林道曽福線」を登って来た場合、この「管理路」を利用すれば、近道になります。
2017年04月13日 11:40撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 林道別所岳線を下っています >
〜途中で、北方向に下る分岐がありました。恐らく、「のと里山海道沿いの道」と繋がっていると思います(未確認)。→1週間後、確認しました。予想通り、ジグザグに、のと里山海道まで下ったいました。長さ1km弱の「林業管理路」になります。「林道曽福線」の終点(里山海道との交差地点近く)からだと、400m先で「のと里山海道沿いの道」と合流しています。能登さくら駅から「林道曽福線」を登って来た場合、この「管理路」を利用すれば、近道になります。
< ミニ森林コース入口 >
〜の少し下に駐車スペースがあります。「ミニ森林コース」の入口(上の写真)/「県道192号河内藤瀬線」へ下る道(下の写真)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ミニ森林コース入口 >
〜の少し下に駐車スペースがあります。「ミニ森林コース」の入口(上の写真)/「県道192号河内藤瀬線」へ下る道(下の写真)。
< 「のと里山海道」に突き当たりました >
少し下って、跨道橋(こどうきょう)を渡ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「のと里山海道」に突き当たりました >
少し下って、跨道橋(こどうきょう)を渡ります。
< SAの北側にある「跨道橋」 >
〜の上に立ちました。別所岳SAの「上りSA」が見下ろせます。
2017年04月13日 11:47撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< SAの北側にある「跨道橋」 >
〜の上に立ちました。別所岳SAの「上りSA」が見下ろせます。
< 100mほどの北側から >
〜『希空〜まれぞら〜』のメロディーが、そよ風のように、向こうから流れて来ます。「メロディーロード」は、穴水方向に1.2km続いています。
2017年04月13日 11:48撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 100mほどの北側から >
〜『希空〜まれぞら〜』のメロディーが、そよ風のように、向こうから流れて来ます。「メロディーロード」は、穴水方向に1.2km続いています。
< 「別所岳」山頂をズーム >
山頂から、能登島に架かる2本の橋を見下ろせました。逆に、能登島大橋やツインブリッジから、この山頂を見上げることも出来ます。七尾湾越しの「別所岳」が綺麗です。
2017年04月13日 11:48撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「別所岳」山頂をズーム >
山頂から、能登島に架かる2本の橋を見下ろせました。逆に、能登島大橋やツインブリッジから、この山頂を見上げることも出来ます。七尾湾越しの「別所岳」が綺麗です。
< 「上りSA」に出ます >
正面を進むと旧展望台に出ます。
2017年04月13日 11:50撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「上りSA」に出ます >
正面を進むと旧展望台に出ます。
< 「上りSA」内から別所岳側 >
〜に、車が進入出来そうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「上りSA」内から別所岳側 >
〜に、車が進入出来そうです。
< 「上りSA」から「下りSA」まで >
〜200mほど歩きます。SAの全長(上りSAの北側端から下りSA南側端まで)は、約400mあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「上りSA」から「下りSA」まで >
〜200mほど歩きます。SAの全長(上りSAの北側端から下りSA南側端まで)は、約400mあります。
< 別所岳SA園地案内図 >
「上りSA」と「下りSA」の中間(連絡路)に展示されています。これから「スカイウォーク」を歩き、『能登ゆめてらす』に上がります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 別所岳SA園地案内図 >
「上りSA」と「下りSA」の中間(連絡路)に展示されています。これから「スカイウォーク」を歩き、『能登ゆめてらす』に上がります。
< 「下りSA」 >
〜に出てきました。駐車場は、「上りSA」より狭いですが、こちら側のほうが賑わっいます。
2017年04月13日 12:03撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「下りSA」 >
〜に出てきました。駐車場は、「上りSA」より狭いですが、こちら側のほうが賑わっいます。
< 奥能登「山海市場」 >
別所岳SA内の「道の駅」です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 奥能登「山海市場」 >
別所岳SA内の「道の駅」です。
< 別所岳スカイデッキ >
〜「能登ゆめてらす」と名付けられています。展望台の高級おしゃれバージョン〜のような施設です。夜間は、スカイデッキを利用出来ません。また、12月16日〜3月14日の期間は閉鎖されています。
2017年04月13日 12:04撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 別所岳スカイデッキ >
〜「能登ゆめてらす」と名付けられています。展望台の高級おしゃれバージョン〜のような施設です。夜間は、スカイデッキを利用出来ません。また、12月16日〜3月14日の期間は閉鎖されています。
< 巨石のような記念碑? >
ふるさと紀行『のと里山海道』の誕生を記念しています。後方の緑地は、「どんぐり広場」と呼ばれ、ヤギさんたちが、飼われています。
2017年04月13日 12:04撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 巨石のような記念碑? >
ふるさと紀行『のと里山海道』の誕生を記念しています。後方の緑地は、「どんぐり広場」と呼ばれ、ヤギさんたちが、飼われています。
< 「のと里山海道」の由来 >
1982年に全線開通した「能登有料道路」が、2013年に無料化されるにあたり、『のと里山海道』として生まれ変わりました。
2017年04月13日 12:05撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「のと里山海道」の由来 >
1982年に全線開通した「能登有料道路」が、2013年に無料化されるにあたり、『のと里山海道』として生まれ変わりました。
< 風景写真がデザインされた >
〜自販機です。スカイデッキからの眺めの写真が、飲物を購入するお客を和ませています。人や景観にやさしい自販機さんたちです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 風景写真がデザインされた >
〜自販機です。スカイデッキからの眺めの写真が、飲物を購入するお客を和ませています。人や景観にやさしい自販機さんたちです。
< お城の階段みたいな? >
〜「スカイウォーク」〜に登城します。空中廊下と階段が、三段に連なっています。
2017年04月13日 12:05撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< お城の階段みたいな? >
〜「スカイウォーク」〜に登城します。空中廊下と階段が、三段に連なっています。
< 三匹のヤギさん >
一段目の上から見下ろしました。ヤギさんたちは、「どんぐり広場」の草刈りに駆り出されているのでしょうか?
2017年04月13日 12:06撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 三匹のヤギさん >
一段目の上から見下ろしました。ヤギさんたちは、「どんぐり広場」の草刈りに駆り出されているのでしょうか?
< 「四角い塔」の中 >
〜は、螺旋階段です。『能登ゆめてらす』では、三つの塔が連なっています。初めの二つが階段塔で、三つ目が、スカイデッキ塔〜と言えるでしょう。
2017年04月13日 12:08撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「四角い塔」の中 >
〜は、螺旋階段です。『能登ゆめてらす』では、三つの塔が連なっています。初めの二つが階段塔で、三つ目が、スカイデッキ塔〜と言えるでしょう。
< 三段目の「空中廊下」 >
私はまさに、『スカイウォーカー』です。
2017年04月13日 12:08撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 三段目の「空中廊下」 >
私はまさに、『スカイウォーカー』です。
< スカイウォーク(空中廊下) >
〜を振り返ると、「別所岳」です。
2017年04月13日 12:09撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< スカイウォーク(空中廊下) >
〜を振り返ると、「別所岳」です。
< 光りの長方形(黒) >
〜まるで、美術館に来たような錯覚に陥ります。
2017年04月13日 12:10撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 光りの長方形(黒) >
〜まるで、美術館に来たような錯覚に陥ります。
< 箱の中の「海」 >
〜アート作品みたい。
2017年04月13日 12:10撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 箱の中の「海」 >
〜アート作品みたい。
1
< ‥貶向の七尾湾 >
七尾北湾のある方向です。奥の海峡は「大口瀬戸」、画面左側の入り江が「穴水港」です。
2017年04月13日 12:10撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ‥貶向の七尾湾 >
七尾北湾のある方向です。奥の海峡は「大口瀬戸」、画面左側の入り江が「穴水港」です。
< 南東方向の七尾湾 >
七尾湾に「能登島」がすっぽり収まっています。
2017年04月13日 12:10撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 南東方向の七尾湾 >
七尾湾に「能登島」がすっぽり収まっています。
< F酘酖貶向の七尾湾 >
七尾西湾のある方向です。「能登島」に架かる2本の橋が見えています。
2017年04月13日 12:10撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< F酘酖貶向の七尾湾 >
七尾西湾のある方向です。「能登島」に架かる2本の橋が見えています。
< 和倉温泉 >
〜のある方向をズーム。「七尾城山」と「石動山」がよく見えます。
2017年04月13日 12:11撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 和倉温泉 >
〜のある方向をズーム。「七尾城山」と「石動山」がよく見えます。
< スマホのパノラマ機能 >
〜で撮影。北は「別所岳」、南は「七尾市街」。
2017年04月13日 12:13撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< スマホのパノラマ機能 >
〜で撮影。北は「別所岳」、南は「七尾市街」。
< 立山連峰 >
〜は、なかなか見れません。以前の撮影した物をご覧下さい。中央が、「劒岳」と「立山」です。(※:2016年5月12日の撮影)
2016年05月12日 13:24撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 立山連峰 >
〜は、なかなか見れません。以前の撮影した物をご覧下さい。中央が、「劒岳」と「立山」です。(※:2016年5月12日の撮影)
2
< 後立山連峰 >
〜同様に、以前の撮影です。中央が、「白馬三山」です。(※:2016年5月12日の撮影)
2016年05月12日 13:24撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 後立山連峰 >
〜同様に、以前の撮影です。中央が、「白馬三山」です。(※:2016年5月12日の撮影)
2
< 光りの長方形(紅) >
2017年04月13日 12:16撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 光りの長方形(紅) >
< 反対側に「虫ヶ峰」 >
〜があります。杉の森が邪魔になっているので、ズームしないと分かりにくいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 反対側に「虫ヶ峰」 >
〜があります。杉の森が邪魔になっているので、ズームしないと分かりにくいです。
< エレベーターで下ります >
箱(昇降機)の中からも、「別所岳」が拝めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< エレベーターで下ります >
箱(昇降機)の中からも、「別所岳」が拝めました。
< 見上げると「目眩」 >
〜がしました。
2017年04月13日 12:19撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 見上げると「目眩」 >
〜がしました。
< スカイウォークの下 >
〜を通ります。
2017年04月13日 12:18撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< スカイウォークの下 >
〜を通ります。
< 「山海市場」の後 >
〜を通って、「上りSA」に戻ります。
2017年04月13日 12:25撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「山海市場」の後 >
〜を通って、「上りSA」に戻ります。
< のとキリシマツツジ >
ツツジ科ツツジ属。特に、能登にあるキリシマツツジを『のとキリシマツツジ』と呼んでいます。キリシマツツジは、ヤマツツジ(山躑躅)とミヤマキリシマ(深山霧島)との交配です。江戸初期(17世紀)、薩摩で生まれました。
2017年04月13日 12:26撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< のとキリシマツツジ >
ツツジ科ツツジ属。特に、能登にあるキリシマツツジを『のとキリシマツツジ』と呼んでいます。キリシマツツジは、ヤマツツジ(山躑躅)とミヤマキリシマ(深山霧島)との交配です。江戸初期(17世紀)、薩摩で生まれました。
< 昨年の葉が半分 >
〜残っています。ツツジ属には、落葉性のものと常緑性のものがありますが、のとキリシマツツジは半落葉性でしょうか?
2017年04月13日 12:26撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 昨年の葉が半分 >
〜残っています。ツツジ属には、落葉性のものと常緑性のものがありますが、のとキリシマツツジは半落葉性でしょうか?
< ヤシャブシ(夜叉五倍子) >
カバノキ科ハンノキ属。雌雄同株、雌雄異花です。つまり、1本の樹に雄花序と雌花序が咲きます。
2017年04月13日 12:27撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ヤシャブシ(夜叉五倍子) >
カバノキ科ハンノキ属。雌雄同株、雌雄異花です。つまり、1本の樹に雄花序と雌花序が咲きます。
< 前年の果穂(実)が残っています >
褐色の丸い物が、果穂です。枝の先の方の花序が雌で、枝の途中から下がっている大きめの花序が雄です。
2017年04月13日 11:56撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 前年の果穂(実)が残っています >
褐色の丸い物が、果穂です。枝の先の方の花序が雌で、枝の途中から下がっている大きめの花序が雄です。
< 「上りSA」 >
〜に戻りました。北側にある登山口(入山口)に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「上りSA」 >
〜に戻りました。北側にある登山口(入山口)に向かいます。
< 別所岳登山口(入山口) >
七尾北湾に向かってここから下ります。SAから下山する前に、旧展望台を見てきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 別所岳登山口(入山口) >
七尾北湾に向かってここから下ります。SAから下山する前に、旧展望台を見てきます。
< 350mほど東に進む >
〜と旧展望台広場に出ました。展望図が残されていますが、図の絵がはげ落ちています。藪で、遠望はゼロです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 350mほど東に進む >
〜と旧展望台広場に出ました。展望図が残されていますが、図の絵がはげ落ちています。藪で、遠望はゼロです。
< 展望図の後に進みました >
石川県の標石が建っています。矢印の方向に尾根を下ると、「林道曽福線」にショートカット出来るのかも知れません?藪漕ぎになるし、下を流れる「曽福川」には林道に渡る橋がありません。〜やめときましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 展望図の後に進みました >
石川県の標石が建っています。矢印の方向に尾根を下ると、「林道曽福線」にショートカット出来るのかも知れません?藪漕ぎになるし、下を流れる「曽福川」には林道に渡る橋がありません。〜やめときましょう。
< SAの北側に架かる「跨道橋」 >
〜を渡ります。
2017年04月13日 11:49撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< SAの北側に架かる「跨道橋」 >
〜を渡ります。
< 登って来た道 >
=これから下る道〜を描いてみました。
2017年04月13日 11:48撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 登って来た道 >
=これから下る道〜を描いてみました。
< 「のと里山海道」沿い >
〜に約800m歩きます。
2017年04月13日 12:48撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「のと里山海道」沿い >
〜に約800m歩きます。
< 「曽福川」の源流域 >
〜あたりで、右に折れ、「のと里山海道」の高架をくぐります。
2017年04月13日 13:01撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「曽福川」の源流域 >
〜あたりで、右に折れ、「のと里山海道」の高架をくぐります。
< すごく「高架」 >
〜です。今朝と変わらず、「キブシの花」がぶら下がっています。
2017年04月13日 13:05撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< すごく「高架」 >
〜です。今朝と変わらず、「キブシの花」がぶら下がっています。
< 2度目の「コスミレ」 >
今朝、通った時は、数株しか気がつきませんでしたが、たくさん群生していました。
2017年04月13日 13:22撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 2度目の「コスミレ」 >
今朝、通った時は、数株しか気がつきませんでしたが、たくさん群生していました。
< まだ作業されていました >
造林業の方々です。伐採作業は3人で行います。木を切るのは2名ですが、1名が離れた場所から、安全確認のため見守り続けます。
2017年04月13日 13:47撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< まだ作業されていました >
造林業の方々です。伐採作業は3人で行います。木を切るのは2名ですが、1名が離れた場所から、安全確認のため見守り続けます。
<キクザキイチゲ(菊咲一華) >
キンポウゲ科イチリンソウ属。キクザキイチリンソウ(菊咲一輪草)とも呼ばれます。咲いているのは、この一輪だけでした。
2017年04月13日 13:48撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<キクザキイチゲ(菊咲一華) >
キンポウゲ科イチリンソウ属。キクザキイチリンソウ(菊咲一輪草)とも呼ばれます。咲いているのは、この一輪だけでした。
< 林道曽福線 >
〜の分岐。往路と同じく、歩きやすい田んぼ側のルートに進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 林道曽福線 >
〜の分岐。往路と同じく、歩きやすい田んぼ側のルートに進みます。
< 2種属が入り乱れています >
川縁の良い場所を奪い合っているのか〜はたまた、共生しているのか?
2017年04月13日 14:04撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 2種属が入り乱れています >
川縁の良い場所を奪い合っているのか〜はたまた、共生しているのか?
< コハコベ (小繁縷) >
ナデシコ科ハコベ属。「春の七草」の『繁縷(はこべら)』とは、こちらの「小繁縷(コハコベ )」のことです。実は、「ハコベ」という名称の種はありません。一般的には、小繁縷のことをハコベと呼ぶのが普通です:『ハコベ』=『コハコベ』。
2017年04月13日 14:04撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< コハコベ (小繁縷) >
ナデシコ科ハコベ属。「春の七草」の『繁縷(はこべら)』とは、こちらの「小繁縷(コハコベ )」のことです。実は、「ハコベ」という名称の種はありません。一般的には、小繁縷のことをハコベと呼ぶのが普通です:『ハコベ』=『コハコベ』。
< オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢) >
オオバコ科クワガタソウ属。ヨーロッパ原産の外来種。ちなみに、国産の「イヌノフグリ」の花は薄ピンク色です。
2017年04月13日 14:15撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢) >
オオバコ科クワガタソウ属。ヨーロッパ原産の外来種。ちなみに、国産の「イヌノフグリ」の花は薄ピンク色です。
< 「曽福川」を下り >
〜「曽福(そぶく)」に戻って来ました。
2017年04月13日 14:12撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「曽福川」を下り >
〜「曽福(そぶく)」に戻って来ました。
< 林道曽福線の起点 >
林道=林さん+道さん〜大変お世話になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 林道曽福線の起点 >
林道=林さん+道さん〜大変お世話になりました。
< オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草) >
ナデシコ科ミミナグサ属。ヨーロッパ原産の外来種です。よく似ている国産の「ミミナグサ(耳菜草)」は、萼片が長めなので、花が閉じたとき白い花(花弁)が隠れてしまいます。
2017年04月13日 14:15撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草) >
ナデシコ科ミミナグサ属。ヨーロッパ原産の外来種です。よく似ている国産の「ミミナグサ(耳菜草)」は、萼片が長めなので、花が閉じたとき白い花(花弁)が隠れてしまいます。
< タネツケバナ(種浸け花) >
アブラナ科タネツケバナ属 。雄しべは6本あります。よく似た外来種の「ミチタネツケバナ(道種浸け花)」の雄しべは、4本です。
2017年04月13日 14:16撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< タネツケバナ(種浸け花) >
アブラナ科タネツケバナ属 。雄しべは6本あります。よく似た外来種の「ミチタネツケバナ(道種浸け花)」の雄しべは、4本です。
< セイヨウタンポポ(西洋蒲公英) >
キク科タンポポ属。平地では、日当たりの良い場所なら、雪の残る時期から咲き始めます。
2017年04月13日 14:19撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< セイヨウタンポポ(西洋蒲公英) >
キク科タンポポ属。平地では、日当たりの良い場所なら、雪の残る時期から咲き始めます。
< 反り返っています >
萼のように見える部分(総苞片)が開花時に反り返ることで、国産タンポポ(在来種)とは区別できます。
2017年04月13日 14:19撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 反り返っています >
萼のように見える部分(総苞片)が開花時に反り返ることで、国産タンポポ(在来種)とは区別できます。
1
< 「のと鉄道」の下 >
〜を通り、曽福の「船着場」の手前で左折します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「のと鉄道」の下 >
〜を通り、曽福の「船着場」の手前で左折します。
< 立派なお屋敷の前 >
〜を通る過ぎると、国道249号線です。
2017年04月13日 14:25撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 立派なお屋敷の前 >
〜を通る過ぎると、国道249号線です。
< 国道に出たところでズーム >
何となく、今朝より桜の花が増えたかのよう見えます。観光バスが、閉店した喫茶店の駐車場に停まっています。
2017年04月13日 14:26撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 国道に出たところでズーム >
何となく、今朝より桜の花が増えたかのよう見えます。観光バスが、閉店した喫茶店の駐車場に停まっています。
< 「能登さくら駅」に >
〜戻ってきました。路上駐車の車がいっぱいです。
2017年04月13日 14:31撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「能登さくら駅」に >
〜戻ってきました。路上駐車の車がいっぱいです。
< 花が開いてきた?>
今朝より、華々(花々)しい感じがします。
2017年04月13日 14:31撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 花が開いてきた?>
今朝より、華々(花々)しい感じがします。
< キバナスイセン(黄花水仙) >
ヒガンバナ科スイセン属。白い花の「ニホンズイセン(日本水仙)」と比べて、華やかな水仙です。〜桜の木の下では、「桜まつり」ではなく、『水仙まつり』のような雰囲気です。
2017年04月13日 07:59撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< キバナスイセン(黄花水仙) >
ヒガンバナ科スイセン属。白い花の「ニホンズイセン(日本水仙)」と比べて、華やかな水仙です。〜桜の木の下では、「桜まつり」ではなく、『水仙まつり』のような雰囲気です。
< ニホンズイセン(日本水仙) >
ヒガンバナ科スイセン属。
2017年04月13日 14:34撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ニホンズイセン(日本水仙) >
ヒガンバナ科スイセン属。
< 黄金色の >
〜ラッパ(筒状)の部分が、「本当の花ビラ」で、『副花冠』と呼ばれます。また、副花冠の背後に大きく開いている花ビラ状の6枚のことは、『花被片』と呼ばれます。
2017年04月13日 07:59撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 黄金色の >
〜ラッパ(筒状)の部分が、「本当の花ビラ」で、『副花冠』と呼ばれます。また、副花冠の背後に大きく開いている花ビラ状の6枚のことは、『花被片』と呼ばれます。
< ヤエザキスイセン(八重咲水仙) >
ヒガンバナ科スイセン属。品種名は。「フォンシオン」だと思います。
2017年04月13日 14:34撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ヤエザキスイセン(八重咲水仙) >
ヒガンバナ科スイセン属。品種名は。「フォンシオン」だと思います。
< 「八重咲のスイセン」の定義 >
花披片(外側の花ビラ)と副花冠(内側の花ビラ)のいずれか、あるいは両者が八重咲きになる品種のことを『八重咲水仙』と言います。
2017年04月13日 14:34撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「八重咲のスイセン」の定義 >
花披片(外側の花ビラ)と副花冠(内側の花ビラ)のいずれか、あるいは両者が八重咲きになる品種のことを『八重咲水仙』と言います。
< 桜の花の向こう >
〜の「七尾湾」には、「能登島」が浮かんでいます。愛称は、『ひょっこり能登島』です。
2017年04月13日 14:35撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 桜の花の向こう >
〜の「七尾湾」には、「能登島」が浮かんでいます。愛称は、『ひょっこり能登島』です。
1
< ソメイヨシノ(染井吉野) >
バラ科 サクラ属。エドヒガン系の桜と日本固有種のオオシマザクラの雑種の交配で生まれた日本産の園芸品種〜だとされています。
2017年04月13日 14:36撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ソメイヨシノ(染井吉野) >
バラ科 サクラ属。エドヒガン系の桜と日本固有種のオオシマザクラの雑種の交配で生まれた日本産の園芸品種〜だとされています。
< 「電車」じゃなくて「汽車」 >
〜を待ちます。「のと鉄道」の電化されていません。列車は、『気動車=ディーゼル車』です。〜そうこうしていると、後方から(写真は七尾の方向)、『汽車』がやって来ました。
2017年04月13日 14:37撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「電車」じゃなくて「汽車」 >
〜を待ちます。「のと鉄道」の電化されていません。列車は、『気動車=ディーゼル車』です。〜そうこうしていると、後方から(写真は七尾の方向)、『汽車』がやって来ました。
< 重い体を列車に乗せました >
疲れ切っていましたので、座席に座ると安心しました。気力が無く、2両目のラッピングを拝見するのを忘れてしまいました。本日の列車は、2両の内1両のみが、ラッピングカーでした。過去には、3両編成で全車両ラッピングカーの運行もされています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 重い体を列車に乗せました >
疲れ切っていましたので、座席に座ると安心しました。気力が無く、2両目のラッピングを拝見するのを忘れてしまいました。本日の列車は、2両の内1両のみが、ラッピングカーでした。過去には、3両編成で全車両ラッピングカーの運行もされています。
< 車窓から見る賑わい >
発車の直前です。駅舎の回りにたむろされているのは、穴水駅から乗ってこられた方々です。
2017年04月13日 14:41撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 車窓から見る賑わい >
発車の直前です。駅舎の回りにたむろされているのは、穴水駅から乗ってこられた方々です。
< ツインブリッジのと >
女性の運転士さんです。ビューポイントの「中島町田岸」で、列車を一時停止して下さいました。
2017年04月13日 14:45撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ツインブリッジのと >
女性の運転士さんです。ビューポイントの「中島町田岸」で、列車を一時停止して下さいました。
< 中能登農道橋 >
〜をズーム。「ツインブリッジのと」は愛称です。吊り橋ですが、斜めに張ったケーブルで吊られているので『斜張橋』と呼ばれるタイプになります。
2017年04月13日 14:45撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 中能登農道橋 >
〜をズーム。「ツインブリッジのと」は愛称です。吊り橋ですが、斜めに張ったケーブルで吊られているので『斜張橋』と呼ばれるタイプになります。
< 小牧台の下に『いやしの湯』 >
小牧台(おまきだい)の上に『国民宿舎「能登小牧台」』があります。この写真は、列車が西岸駅を出た直後に、ショットしました。
2017年04月13日 14:48撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 小牧台の下に『いやしの湯』 >
小牧台(おまきだい)の上に『国民宿舎「能登小牧台」』があります。この写真は、列車が西岸駅を出た直後に、ショットしました。
< 深浦の景観 >
七尾市中島町深浦地区の入り江(漁港)です。通勤(通学)時間帯以外の列車では、ツインブリッジのビューポイント(田岸)と、こちらの「深浦」の2箇所で停車して、景観を楽しませてくれます。
2017年04月13日 14:50撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 深浦の景観 >
七尾市中島町深浦地区の入り江(漁港)です。通勤(通学)時間帯以外の列車では、ツインブリッジのビューポイント(田岸)と、こちらの「深浦」の2箇所で停車して、景観を楽しませてくれます。
< 「別所岳」+「虫ヶ峰」 >
今朝の下り列車からも、同じ光景を眺めています。日差しの方向が変わっていて、コントラストが強くなっています。
2017年04月13日 15:09撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 「別所岳」+「虫ヶ峰」 >
今朝の下り列車からも、同じ光景を眺めています。日差しの方向が変わっていて、コントラストが強くなっています。
< 七尾駅に帰って来ました >
のと鉄道「のとホーム」に降り立ちました。「乗換え口」があり、ストレートに、JR七尾線のホームに移動できます。
2017年04月13日 15:18撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 七尾駅に帰って来ました >
のと鉄道「のとホーム」に降り立ちました。「乗換え口」があり、ストレートに、JR七尾線のホームに移動できます。
< 青柏祭「でか山」の車輪 >
2016年12月、青柏祭(せいはくさい)の曳山行事が、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。単独の登録ではなく、18府県33件の「山・鉾・屋台行事」の中の1つの行事としての文化遺産です。
2017年04月13日 15:19撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 青柏祭「でか山」の車輪 >
2016年12月、青柏祭(せいはくさい)の曳山行事が、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。単独の登録ではなく、18府県33件の「山・鉾・屋台行事」の中の1つの行事としての文化遺産です。
< 駅の玄関を出ました >
〜静かな駅前です。『でか山』祭りが催される『小さな』街です。ふと見た「空中廊下」が、別所岳の後に登った『能登ゆめてらす』を想い起こされます。
2017年04月13日 15:20撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 駅の玄関を出ました >
〜静かな駅前です。『でか山』祭りが催される『小さな』街です。ふと見た「空中廊下」が、別所岳の後に登った『能登ゆめてらす』を想い起こされます。
< 七尾駅を後に >
〜約8時間の旅でした。多くの花に会えました。〜桜の花、山の花、列車の花(ラッピング)。
[能登さくら駅]======[JR七尾駅]
 スライドは以上です。最後まで見て下さりありがとうございます。お疲れ様でした。
2017年04月13日 15:21撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 七尾駅を後に >
〜約8時間の旅でした。多くの花に会えました。〜桜の花、山の花、列車の花(ラッピング)。
[能登さくら駅]======[JR七尾駅]
 スライドは以上です。最後まで見て下さりありがとうございます。お疲れ様でした。
< 付録  
今回の山行の1週間後(4月20日)に、自動車で山頂に登ってみました。車が通行出来るかどうか心配でしたが、自宅からたった1時間で山頂に立つことが出来ました。帰り道は、「能登さくら駅」にも寄ってみました。
2015年09月17日 02:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 付録  
今回の山行の1週間後(4月20日)に、自動車で山頂に登ってみました。車が通行出来るかどうか心配でしたが、自宅からたった1時間で山頂に立つことが出来ました。帰り道は、「能登さくら駅」にも寄ってみました。
< 別所岳SA(下り側) >
〜に入ります。※:ドライブレコーダーの記録をキャプチャーしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 別所岳SA(下り側) >
〜に入ります。※:ドライブレコーダーの記録をキャプチャーしました。
< 別所岳SA内を移動します >
下りSA→連絡路→上りSA。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 別所岳SA内を移動します >
下りSA→連絡路→上りSA。
< 上りSAの登山口から >
〜車のまま、登山道(林道)に侵入。※:車止めが外されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 上りSAの登山口から >
〜車のまま、登山道(林道)に侵入。※:車止めが外されています。
< 林道別所岳線を進みます >
跨道橋→ミニ森林公園の入口→山頂直下の登り口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 林道別所岳線を進みます >
跨道橋→ミニ森林公園の入口→山頂直下の登り口。
< マイカーとともに登頂 >
SA内の登山口から山頂まで、5分15秒でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< マイカーとともに登頂 >
SA内の登山口から山頂まで、5分15秒でした。
< 午前7時11分の太陽 >
〜が出迎えてくれました。
2017年04月20日 07:11撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 午前7時11分の太陽 >
〜が出迎えてくれました。
< 海が輝いています >
朝陽の直下は、「大口瀬戸」です。穴水側の岬には、「円山(まるやま)」があります。標高66mしかありませんが、七尾湾の目立つ場所に位置しています。
2017年04月20日 07:11撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 海が輝いています >
朝陽の直下は、「大口瀬戸」です。穴水側の岬には、「円山(まるやま)」があります。標高66mしかありませんが、七尾湾の目立つ場所に位置しています。
< SAに下りて来ました >
上りSAには、桜が咲いていました(満開が過ぎていましたが)。※:ここ入山口での車の出入りは、関係者限定なのかも知れませんので、注意して下さい。
2017年04月20日 07:52撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< SAに下りて来ました >
上りSAには、桜が咲いていました(満開が過ぎていましたが)。※:ここ入山口での車の出入りは、関係者限定なのかも知れませんので、注意して下さい。
< 上りSAトイレ横の桜 >
この位置は、穴水側から(上り車線)、SA内に車が入ってくる場所なので、事故に注意して下さい。
2017年04月20日 07:53撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 上りSAトイレ横の桜 >
この位置は、穴水側から(上り車線)、SA内に車が入ってくる場所なので、事故に注意して下さい。
< 別所岳SAを後に >
〜しました。正面には、「跨道橋」が架かっています。後方には、『別所岳』です。画面の右端には、「登山口(入山口)」が見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 別所岳SAを後に >
〜しました。正面には、「跨道橋」が架かっています。後方には、『別所岳』です。画面の右端には、「登山口(入山口)」が見えています。
< 国道249号線を七尾方向に >
〜進んでいます。のと里山海道を「穴水IC」で降り、「能登さくら駅」に立ち寄ります。途中で、海中の『櫓』を見つけました。
2017年04月20日 08:39撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 国道249号線を七尾方向に >
〜進んでいます。のと里山海道を「穴水IC」で降り、「能登さくら駅」に立ち寄ります。途中で、海中の『櫓』を見つけました。
< ぼら待ちやぐら >
日本最古の漁法です。人形の漁師さん(飾り物)が、能登島を眺めながら、ぼら(魚)が、来るのを待っています。
2017年04月20日 08:44撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ぼら待ちやぐら >
日本最古の漁法です。人形の漁師さん(飾り物)が、能登島を眺めながら、ぼら(魚)が、来るのを待っています。
< 時期の過ぎた『さくら』駅 >
4日前(4月16日)に、桜祭りが行われています。その時は満開だったことでしょう。祭りの翌日から大風が3日間吹き荒れ、ほぼ、桜の花が散りました。
2017年04月20日 08:26撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 時期の過ぎた『さくら』駅 >
4日前(4月16日)に、桜祭りが行われています。その時は満開だったことでしょう。祭りの翌日から大風が3日間吹き荒れ、ほぼ、桜の花が散りました。
< 散り際 >
〜が、素敵です。
  ┌┘車└┐=3 =3 =3
2017年04月20日 08:21撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 散り際 >
〜が、素敵です。
  ┌┘車└┐=3 =3 =3
< 付録◆ 
付録 4月20日)の時は、車で山頂まで上がりましたが、今回(6月1日)は、PAから歩いて(再々)登頂しました。
2015年09月17日 02:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 付録◆ 
付録 4月20日)の時は、車で山頂まで上がりましたが、今回(6月1日)は、PAから歩いて(再々)登頂しました。
< 黄色い花たち >
〜が、山頂広場一面に咲いています。4月13日に登頂時は、花の咲く前のロゼットがたくさんあり、タンポポの物かと思っていましたが、咲いてみると違っていました。
2017年06月01日 12:09撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 黄色い花たち >
〜が、山頂広場一面に咲いています。4月13日に登頂時は、花の咲く前のロゼットがたくさんあり、タンポポの物かと思っていましたが、咲いてみると違っていました。
< ブタナ(豚菜) >
キク科ブタナ属。〜でした。 長さ50m以上の斜面が、ブタナの群生地帯になっています。ブタナの花期は6月から9月ですので、秋口まで、別所岳山頂は、黄色く花(華)やぎ続けることになります。
2017年06月01日 12:00撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ブタナ(豚菜) >
キク科ブタナ属。〜でした。 長さ50m以上の斜面が、ブタナの群生地帯になっています。ブタナの花期は6月から9月ですので、秋口まで、別所岳山頂は、黄色く花(華)やぎ続けることになります。
< ニガナ(花苦菜) >
キク科ニガナ属 。所々、小さな花の「ニガナ」さんたちも、ブタナさんにまざっていました。
2017年06月01日 11:59撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ニガナ(花苦菜) >
キク科ニガナ属 。所々、小さな花の「ニガナ」さんたちも、ブタナさんにまざっていました。

感想/記録

___【 良かったこと 】___

● 未明まで雨でしたが、朝から晴れてきました。
● 満開ではありませんでしたが、能登さくら駅の桜の花のトンネルをくぐることが出来ました。
● 『駅から登山』を遂行しました=「別所岳」を駅から(七尾湾の海辺から)登山することが出来ました。

___【 悪かったこと 】___

● 別所岳SAへのショートカットを考えていましたが、近道になるルートが見つからず、無理でした。
● 別所岳スカイデッキ「能登ゆめてらす」からの眺望は素晴らしかったが、『立山連峰』には、お逢いできませんでした。

___【 最後に 】___

 「能登さくら駅」の桜の開花が、例年より早かったみたいです。今年の日本列島の桜の開花は、例年と違っていたように思います。たぶん、西日本(南日本)では、開花が遅れ、東日本(北日本)では、速くなっています。ネットで調べたところでは、西日本では、暖冬傾向だったため、『休眠打破』という効果が弱く、花の蕾の成長が遅れてしまったらしいです。
 今回は、『列車での旅』+『お花見』+『駅から登山』〜の3つを体験出来ました。移動時間・移動距離的に効率の良い山行になり、満足しました。個人的には、『虱潰し?のように見て回る山行(旅)』が好きです。また、なにか面白い探検計画(登山)を考えたいと思います。

___【 奥能登(能登北部)での山行記録のリンク 】___

 奥能登の山では、今回の「別所岳」の他〜猿山、高爪山、山伏山、宝立山、高洲山〜に登っています。

● 晩猿山=「雪割草をめぐるハイキング」〜山頂に登らない周回登山〜
                2017年03月25日
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1075334.html

● 能登富士「高爪山」登山〜あわせて「能登金剛」を巡る〜
                2016年07月10日
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-911959.html

● 能登半島「山伏山・宝立山」〜さいはての地を巡る〜
                2016年05月12日
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-790647.html

● 能登半島『猿山』〜雪割草をめぐるハイキング〜
                2016年03月22日
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-832684.html

● 晩春の高洲山散策(航空自衛隊施設あり)
                2015年05月31日
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-652270.html

−−−< リンクっを追加しました(2018年4月) >−−−

2018年4月も能登さくら駅で桜の花見をしました。

● 駅から城めぐり『穴水城』〜さくら駅−能登大仏−城山−潮騒の道−穴水駅〜を巡る
                2018年04月12日
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1412503.html
訪問者数:13326人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ