また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1422233 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

鷹ノ巣山と七ツ石山(東日原-鷹ノ巣山-七ツ石山-鴨沢)

日程 2018年04月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:奥多摩駅から東日原行バスで終点下車
帰り:鴨沢から奥多摩駅行バスで終点下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間12分
休憩
40分
合計
7時間52分
S日原駐車場08:0308:10中日原バス停08:40巳ノ戸尾根分岐点08:58稲村岩分岐09:0310:54ヒルメシクイノタワ11:0011:28鷹ノ巣山11:4011:58鷹ノ巣山避難小屋12:0412:33日蔭名栗山12:3413:11峰谷分岐13:22七ツ石小屋分岐13:2413:37七ツ石山13:4113:50七ッ石小屋上分岐13:5414:07七ツ石小屋14:20七ッ石小屋下分岐14:36堂所15:05小袖緑道あがり15:31丹波山村村営駐車場15:55鴨沢バス停15:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
石尾根の縦走路のうち、高丸山を巻いている巻き道の1ケ所に土砂が流出して登山道を塞いでいるところがある。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

東日原でバスを降り、登山口へ向かう
2018年04月07日 08:11撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東日原でバスを降り、登山口へ向かう
民家の庭にシャクナゲが咲いている。色から見て園芸種のようだ。
2018年04月07日 08:11撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家の庭にシャクナゲが咲いている。色から見て園芸種のようだ。
登山道へ降りる所で正面に稲村岩が聳えている。
2018年04月07日 08:12撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道へ降りる所で正面に稲村岩が聳えている。
スミレが多い。フモトスミレのようだが、詳しくは不明。
2018年04月07日 08:12撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレが多い。フモトスミレのようだが、詳しくは不明。
巳ノ戸橋から下流を見る
2018年04月07日 08:19撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巳ノ戸橋から下流を見る
この辺りから稲村岩の鞍部に向けて本格的な登りが始まる
2018年04月07日 08:42撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから稲村岩の鞍部に向けて本格的な登りが始まる
ミツバツツジ?
2018年04月07日 09:07撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ?
突然山頂になる。稲村岩尾根側はガスっていて展望も何も無かったためほとんど撮影するチャンスが無かったのである。
2018年04月07日 11:30撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然山頂になる。稲村岩尾根側はガスっていて展望も何も無かったためほとんど撮影するチャンスが無かったのである。
山頂の南側は晴れ始めていて、山頂付近にガスがかかっている山はあるものの展望がある状態だった。
2018年04月07日 11:39撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の南側は晴れ始めていて、山頂付近にガスがかかっている山はあるものの展望がある状態だった。
奥多摩方面の石尾根
2018年04月07日 11:39撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩方面の石尾根
山頂付近の様子
2018年04月07日 11:39撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近の様子
1
避難小屋へ向かう途中、日陰名栗峰を見る。右の日原側は見事にガスが湧いてきている。
2018年04月07日 11:45撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋へ向かう途中、日陰名栗峰を見る。右の日原側は見事にガスが湧いてきている。
避難小屋の中
2018年04月07日 12:05撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋の中
1
微かに富士山が見え始めた
2018年04月07日 12:26撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
微かに富士山が見え始めた
南アルプス
2018年04月07日 12:37撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス
石尾根のトラバース道、高丸山の下で1か所、土砂の流出で道が塞がれている場所があった。土砂が不安定で通過には気を使う。
2018年04月07日 12:53撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根のトラバース道、高丸山の下で1か所、土砂の流出で道が塞がれている場所があった。土砂が不安定で通過には気を使う。
1
七ツ石神社の付近
2018年04月07日 13:35撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石神社の付近
七ツ石山の山頂
2018年04月07日 13:39撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山の山頂
山頂からブナ坂と小雲取山を臨む。雲取山はまだ見えていない。
2018年04月07日 13:39撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からブナ坂と小雲取山を臨む。雲取山はまだ見えていない。
ここでこれ
2018年04月07日 13:40撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでこれ
七ツ石小屋を通過
2018年04月07日 14:07撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋を通過
堂所の先を急ぐ
2018年04月07日 14:38撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂所の先を急ぐ
鹿倉山の新緑
2018年04月07日 15:44撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿倉山の新緑
1
鴨沢のバス停
2018年04月07日 16:01撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鴨沢のバス停

感想/記録

ki2mo2が鷹ノ巣山に行きたいというので、久しぶりに峰谷から登ることを考えていたのだが、少し前に何かの記事で七ツ石山の神社を建て替えるという話を読んで、七ツ石の山頂を踏む計画にした。
朝一番電車で家を出て奥多摩発7:27の東日原行で終点下車。早速稲村岩を目指す。稲村岩の鞍部を過ぎて暫く登るとガスの中に入った。徐々に寒くなると同時に時折小雨のようなものが降り始めた。昼飯食いのタワを過ぎると残雪も出てきたが、鷹ノ巣山に着くと目の前はガスが晴れていた。
ちょっと腹に入れてすぐに七ツ石に向かう。鷹ノ巣の避難小屋でトイレに寄って先を急ぐ。日陰名栗峰の山頂を経由して高丸山は山腹のトラバース道を選択。1か所土砂の流出のために道が塞がれている場所があったが、何とかクリア、小屋の分岐でザックをデポして七ツ石山に向かう。
七ツ石山も鷹ノ巣山と同じく山頂の標識が一新されていた。
あとは16:03鴨沢発のバスに間に合うかどうかが目標となったが、幸いにも10分ほど前に着くことができた。
訪問者数:328人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ