また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1435662 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

鎌ヶ岳(イワザクラを訪ねて長石谷〜三ツ口谷)

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
御在所岳中道ルート登山口前駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間3分
休憩
55分
合計
3時間58分
S御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)07:5608:01長石谷登山口08:49犬星大滝08:5309:31県境縦走路・雲母峰道分岐09:3609:37岳峠09:3809:40鎌ヶ岳10:1910:52長石尾根・三ツ口谷分岐10:5410:55尾根道分岐2下10:5711:39武平峠・三ッ口谷・表道分岐11:4011:51一ノ谷御在所山の家11:5211:54御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

中道ルート登山口前駐車場を出発し、長石谷へ進みます。
2018年04月22日 08:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中道ルート登山口前駐車場を出発し、長石谷へ進みます。
1
堰堤を高巻いて長石谷に入ると、岩場をへつる登山道が崩れかけています。
2018年04月22日 08:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を高巻いて長石谷に入ると、岩場をへつる登山道が崩れかけています。
早速、左岸の岩場にイワザクラ第1号を発見。幸先の良い展開です。
2018年04月22日 08:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速、左岸の岩場にイワザクラ第1号を発見。幸先の良い展開です。
11
その先は右岸の岩場に見かけ、左岸の岩壁は近寄れず遠望するしかありませんが、さらに進むと手の届くところにイワザクラの群生を認めます。こちらは日差しを浴びて色合いも鮮やか。
2018年04月22日 08:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先は右岸の岩場に見かけ、左岸の岩壁は近寄れず遠望するしかありませんが、さらに進むと手の届くところにイワザクラの群生を認めます。こちらは日差しを浴びて色合いも鮮やか。
5
赤紫色の可憐な花が岩壁のそこかしこを彩ります。
2018年04月22日 08:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤紫色の可憐な花が岩壁のそこかしこを彩ります。
7
厳しい環境に咲く様子は健気そのもの。その咲き姿にすっかり魅了されます。
2018年04月22日 08:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厳しい環境に咲く様子は健気そのもの。その咲き姿にすっかり魅了されます。
7
ズームアップで迫るイワザクラ。
2018年04月22日 08:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズームアップで迫るイワザクラ。
3
そばにはヤマルリソウも見かけます。
2018年04月22日 08:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そばにはヤマルリソウも見かけます。
6
渡渉を繰り返しながら、小さな滝が連続する長石谷を遡ります。
2018年04月22日 08:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉を繰り返しながら、小さな滝が連続する長石谷を遡ります。
2
ツバキの花をくぐって先に進み、
2018年04月22日 08:37撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツバキの花をくぐって先に進み、
犬星大滝に立ち寄ります。
2018年04月22日 08:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬星大滝に立ち寄ります。
2
ミツバコンロンソウでしょうか?
2018年04月22日 09:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバコンロンソウでしょうか?
2
ボタンネコノメ、
2018年04月22日 09:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボタンネコノメ、
キランソウ?タチキランソウ?よく分かりません。
2018年04月22日 09:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キランソウ?タチキランソウ?よく分かりません。
3
登るにつれて谷の幅が狭まり、積み上がった岩の上を伝い、倒木を跨ぎながらさらに詰めます。
2018年04月22日 09:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登るにつれて谷の幅が狭まり、積み上がった岩の上を伝い、倒木を跨ぎながらさらに詰めます。
右手の急斜面に取り付き、
2018年04月22日 09:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手の急斜面に取り付き、
県境稜線上の岳峠に達し、鎌ヶ岳と対峙します。
2018年04月22日 09:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県境稜線上の岳峠に達し、鎌ヶ岳と対峙します。
1
ごつごつとした岩尾根を進んでいくと、鈴なりのアセビに迎えられて、
2018年04月22日 09:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごつごつとした岩尾根を進んでいくと、鈴なりのアセビに迎えられて、
4
鎌ヶ岳の頂上に到着します。武平峠を隔てて向き合う雨乞岳、御在所岳を見渡し、右下には小さく湯の山温泉街。建設工事中の湯の山大橋も橋の形になってきたようです。
2018年04月22日 09:46撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳の頂上に到着します。武平峠を隔てて向き合う雨乞岳、御在所岳を見渡し、右下には小さく湯の山温泉街。建設工事中の湯の山大橋も橋の形になってきたようです。
1
大岩が積み上がった鎌ヶ岳の頂上。岩の上に腰掛けて早めのお昼の時間とします。
2018年04月22日 10:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩が積み上がった鎌ヶ岳の頂上。岩の上に腰掛けて早めのお昼の時間とします。
7
東方にはアカヤシオ越しに雲母峰を眺めます。
2018年04月22日 10:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東方にはアカヤシオ越しに雲母峰を眺めます。
5
南方には、鎌尾根、入道ヶ岳、仙ヶ岳など鈴鹿南部の稜線の彼方に伊勢湾がおぼろげに見て取れます。
2018年04月22日 10:17撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方には、鎌尾根、入道ヶ岳、仙ヶ岳など鈴鹿南部の稜線の彼方に伊勢湾がおぼろげに見て取れます。
2
頂上を後にして長石尾根を下ります。下り始めは、ザレた痩せ尾根を木の枝や根を掴みながらの急降下となりますが、足下にはハルリンドウがちらほら。
2018年04月22日 10:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上を後にして長石尾根を下ります。下り始めは、ザレた痩せ尾根を木の枝や根を掴みながらの急降下となりますが、足下にはハルリンドウがちらほら。
9
頭上を彩るのはアカヤシオ。薄紅色の花越しに雨乞岳を眺めます。
2018年04月22日 10:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭上を彩るのはアカヤシオ。薄紅色の花越しに雨乞岳を眺めます。
5
アカヤシオをズームアップ。こちらは紅色が濃く、華やかな感じです。
2018年04月22日 10:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオをズームアップ。こちらは紅色が濃く、華やかな感じです。
3
バイカオウレンも見かけます。
2018年04月22日 10:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイカオウレンも見かけます。
3
御在所岳と対面しながら下ります。
2018年04月22日 10:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳と対面しながら下ります。
アカヤシオがアクセントを添える鎌ヶ岳の山肌を振り返り、
2018年04月22日 10:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオがアクセントを添える鎌ヶ岳の山肌を振り返り、
3
薄紅色の花を愛でながら長石尾根を下ります。
2018年04月22日 10:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄紅色の花を愛でながら長石尾根を下ります。
1
その先の分岐で左折し、アカヤシオとミツバツツジの競演を眺めながら下ると、
2018年04月22日 10:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先の分岐で左折し、アカヤシオとミツバツツジの競演を眺めながら下ると、
2
ほどなく三ツ口谷に降り立ち、滝を高巻いたり、渡渉を繰り返しながら下ります。
2018年04月22日 11:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく三ツ口谷に降り立ち、滝を高巻いたり、渡渉を繰り返しながら下ります。
2
岩陰に群生するイワウチワを見つけ、
2018年04月22日 11:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩陰に群生するイワウチワを見つけ、
5
大滝の迂回路に進むと、沢の源頭部に出たところで足下が覚束ないところがありましたがやり過ごし、三ツ口谷をさらに下ります。
2018年04月22日 11:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝の迂回路に進むと、沢の源頭部に出たところで足下が覚束ないところがありましたがやり過ごし、三ツ口谷をさらに下ります。
下るにつれて増えてくるのはミツバツツジ。
2018年04月22日 11:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下るにつれて増えてくるのはミツバツツジ。
3
眩しい日差しを透かして薄紫色の花を眺めます。
2018年04月22日 11:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眩しい日差しを透かして薄紫色の花を眺めます。
2
三ツ口谷川堰堤に差し掛かると視界が開け、御在所ロープウェイの赤い搬器がするすると索道を上がっていくのが目にが入ります。
2018年04月22日 11:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ口谷川堰堤に差し掛かると視界が開け、御在所ロープウェイの赤い搬器がするすると索道を上がっていくのが目にが入ります。
1
三ツ口尾根分岐の先でイワカガミを発見。これでイワザクラ、イワウチワ、イワカガミのイワの名が付くお花をコンプリートです。とその先は武平峠から下る道と合流し、鈴鹿スカイラインと離合を繰り返しながら丘陵近所の駐車場を目指します。
2018年04月22日 11:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ口尾根分岐の先でイワカガミを発見。これでイワザクラ、イワウチワ、イワカガミのイワの名が付くお花をコンプリートです。とその先は武平峠から下る道と合流し、鈴鹿スカイラインと離合を繰り返しながら丘陵近所の駐車場を目指します。
5
撮影機材:

感想/記録

 イワザクラ目当てに長石谷から鎌ヶ岳ヘ。イワザクラは申し分なく、帰路は長石尾根から三ツ口に進むと、標高の高いところではアカヤシオ、低くなるとミツバツツジが道中を彩ります。イワウチワ、イワカガミも見かけ、イワの名が付くお花をコンプリート。春のお花めぐりが楽しめました。
訪問者数:628人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ