また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1465216 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

甲武信ヶ岳・破風山・雁坂峠

日程 2018年05月12日(土) 〜 2018年05月13日(日)
メンバー
天候1日目:晴れ
2日目:曇のち小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西沢渓谷駐車場に駐車した。
雁坂峠から降りてくるのであれば、道の駅みとみでも良かったと思う。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間37分
休憩
1時間54分
合計
7時間31分
S西沢渓谷駐車場06:2806:44ねとりインフォメーション06:5206:57近丸新道登山口07:01徳ちゃん新道登山口07:0509:36徳ちゃん新道分岐09:4611:44戸渡尾根分岐11:50木賊山12:08甲武信小屋13:1013:19甲武信ヶ岳13:4913:59甲武信小屋
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
徳ちゃん新道はずっと登り。展望はほとんどない。
1,600〜1,700m付近のシャクナゲがよく咲いていた。
5月下旬になればさらに上部の開花が進むだろう。
木賊山の山頂付近は雪が残っているが、注意して進めば問題ない。
その他周辺情報みとみ笛吹の湯(市外大人510円)で入浴。
山梨市方面へ9kmほど南下し、雁坂みちを少しそれたところにある。

写真

安全登山でいきましょー。
2018年05月14日 20:10撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安全登山でいきましょー。
少し歩くと徳ちゃん新道登山口。
2018年05月15日 00:53撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し歩くと徳ちゃん新道登山口。
食べたいとは思いませんが、シャクナゲには毒がある。
2018年05月14日 20:07撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食べたいとは思いませんが、シャクナゲには毒がある。
2
標高1700m付近
2018年05月15日 00:58撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1700m付近
花咲く登山道を歩くのは楽しい。
2018年05月14日 20:11撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花咲く登山道を歩くのは楽しい。
3
近丸新道と合流
2018年05月15日 00:58撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近丸新道と合流
木賊山山頂付近は雪が残っている
2018年05月15日 00:58撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木賊山山頂付近は雪が残っている
1
お世話になった甲武信小屋
2018年05月15日 00:53撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になった甲武信小屋
山頂より黒金山、国師ヶ岳、金峰山方面
2018年05月14日 19:17撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より黒金山、国師ヶ岳、金峰山方面
1
19:40頃、山頂にて。星空を取りたかったが雲が出ていた。
2018年05月15日 00:59撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
19:40頃、山頂にて。星空を取りたかったが雲が出ていた。
5
破風山への登りより西沢渓谷方面を見下ろす
2018年05月14日 20:11撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風山への登りより西沢渓谷方面を見下ろす
1
あっちにもこっちにも山名板
2018年05月15日 01:00撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちにもこっちにも山名板
1
「西」破風山・・・?
2018年05月15日 01:00撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「西」破風山・・・?
1
東破風山があった。
山梨市観光協会のページによると、南から見ると屋根の形をしているのが山名の由来らしい。
2018年05月15日 01:00撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東破風山があった。
山梨市観光協会のページによると、南から見ると屋根の形をしているのが山名の由来らしい。
1
山梨百名山らしい
2018年05月15日 01:01撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨百名山らしい
雁坂峠へと下る
2018年05月15日 01:01撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁坂峠へと下る
1
沢沿いをせっせと下ると、亀田林業所の作業道にでた
2018年05月15日 01:01撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いをせっせと下ると、亀田林業所の作業道にでた
【おまけ】夏の大三角形方面(登山前夜、道の駅みとみにて)
2018年05月14日 18:40撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【おまけ】夏の大三角形方面(登山前夜、道の駅みとみにて)
3
【おまけ】いて座方面(登山前夜、道の駅みとみにて)
2018年05月14日 18:43撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【おまけ】いて座方面(登山前夜、道の駅みとみにて)
2

感想/記録

今回は、なかなか行けなかった甲武信ヶ岳へ。
昨年、乾徳山・黒金山から見て今年こそは行こうと思っていたのだった。

自宅から一般道で行くなら、雁坂トンネルを経て西沢渓谷入口から登るのが近い。
毛気平や大弛峠より標高差もあるし充実するだろうと、この登山口を選んだ。

深夜2時過ぎ、道の駅みとみに到着して車中泊。
5時過ぎに起床し、車に詰め込んでいた山道具から必要なものをパッキング。
歩き始めたのは6時過ぎだった。


【1日目】
新緑の木々の中をせっせと登る。
久しぶりのテン泊装備で思ったよりペースが上がらない。
とはいえ、昼過ぎには小屋に到着する余裕の行程であるから、写真を撮りながらのんびり登った。

1600mを過ぎるとシャクナゲが出迎えてくれる。
1800m以上は、日当たりの良い一部を除いてまだつぼみすらない。

木賊山の山頂付近は残雪があったが、土や小枝に覆われており特に問題はない。
「山と高原地図」のコースタイムどおりで甲武信小屋についた。

しばらく休憩、テントを立ててから山頂へ。
若干曇っていたが富士山、南アの一部、八ヶ岳も見えて気持ちよい。
週末の百名山のくせに人が少ないのもポイントだろう。
テン場に戻って酒に興じた。

19時ごろから再び山頂に上がり、夜空を撮ろうと晴れ間を狙っていたがずっと曇り。シュラフに包まって粘っていたが、2時頃あきらめてテントに戻った。



【2日目】
2日目は5時に起きるも、体調不良。寝不足か、二日酔いか。
他のテントは7時までにはほとんど居なくなっていた。
回復するのを待って、8時に出立。

木賊山の巻き道を通って破風山方面へ。
この日すれ違ったのは10名ほど。静かな稜線歩きだ。
下山までの6時間、珍しくザックを一度も肩から下ろさなかった。
僅かな小休止と、ポケットに忍ばせたチョコバーを1本食べただけ。

ところで雁坂峠からの下山はひたすら長く感じた。
標高差1,000mは確かに長いし、峠から登山口のループ橋を見て覚悟はしていたが、降りれば終わり!という気持ちもあってとにかく長い。
舗装路に出てからの3.5kmが、この山行の核心部分であった。
訪問者数:243人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ