また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1516700 全員に公開 ハイキング 剱・立山

立山・雄山、梅雨明け、山開き直前

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年06月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り、一時大雨、最後に晴れ間
アクセス
利用交通機関
電車飛行機
羽田18:15発 富山行き。富山空港から富山駅のバスは、遅れても飛行機に合わせてくれますが、電鉄富山からの立山行き最終電車20:22発は待ってくれません。ぎりぎりでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間54分
休憩
45分
合計
7時間39分
Sスタート地点08:4010:05一の越山荘10:1912:14雄山12:2714:58一の越山荘15:1616:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
雄山前後からGPSログを一時きっていたので、おかしくなっています。
コース状況/
危険箇所等
一ノ越山荘までは雪渓、山荘から頂上までは夏道
その他周辺情報大汝山休憩所はまだ空いておらず、みくりが池温泉は7/5までお休み。雷鳥荘はオープンしていますが、かき氷をしていないそう(結局どこも行けなかったのですが調べたので)
過去天気図(気象庁) 2018年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 熊すず 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック

写真

羽田から富山に向かいます。
2018年06月29日 18:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羽田から富山に向かいます。
3
電鉄富山駅。飛行機が遅れたのに合わせ空港バスはでますが、富山駅で夕飯を食べる時間がなくなった。夕食を調達する時間が欲しい私たちはタクシーでここに。最終電車20:22に間に合う。ます寿司等を購入し電車で夕飯。
2018年06月29日 20:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電鉄富山駅。飛行機が遅れたのに合わせ空港バスはでますが、富山駅で夕飯を食べる時間がなくなった。夕食を調達する時間が欲しい私たちはタクシーでここに。最終電車20:22に間に合う。ます寿司等を購入し電車で夕飯。
2
立山駅の階段を上る。インバウンドを感じるいろんな言葉での説明。今日の宿泊は立山駅前 千寿荘。早朝から朝ごはんいただけます。
2018年06月29日 21:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山駅の階段を上る。インバウンドを感じるいろんな言葉での説明。今日の宿泊は立山駅前 千寿荘。早朝から朝ごはんいただけます。
翌朝、ケーブルカーの始発は、この時期7:00。あらかじめ予約していました。
2018年06月30日 07:15撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、ケーブルカーの始発は、この時期7:00。あらかじめ予約していました。
美女平からは高原バス、約1時間名所の説明が流れます。
2018年06月30日 07:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美女平からは高原バス、約1時間名所の説明が流れます。
荷物を預けて、出発
立山玉殿の水で飲料水を補充
2018年06月30日 08:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷物を預けて、出発
立山玉殿の水で飲料水を補充
すぐに雪渓。アイゼンをつける。実は初めて。山岳ガードらしいおじさまに声をかけられる。そして雪渓に入ってすぐにアイゼンが外れ すっころぶ。「早いんじゃないの~(笑)」と言われ、恥ずかしいスタート。
2018年06月30日 08:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに雪渓。アイゼンをつける。実は初めて。山岳ガードらしいおじさまに声をかけられる。そして雪渓に入ってすぐにアイゼンが外れ すっころぶ。「早いんじゃないの~(笑)」と言われ、恥ずかしいスタート。
1
日本最古の室堂山荘、きれい。泊まってみたい。
2018年06月30日 08:54撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本最古の室堂山荘、きれい。泊まってみたい。
1
雪渓をしずしず。今回は、私は友人ほど早く進めない。
2018年06月30日 08:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓をしずしず。今回は、私は友人ほど早く進めない。
1
一ノ越山荘見えてきた。
2018年06月30日 09:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ越山荘見えてきた。
山荘直前でアイゼンをオフ。山荘までほぼ必要です。
2018年06月30日 09:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘直前でアイゼンをオフ。山荘までほぼ必要です。
一ノ越山荘前。富山湾が見えます。ここまではなんとか、ほどほどに来たのだが、ここで休憩してもなんだかすっきりしない。
2018年06月30日 10:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ越山荘前。富山湾が見えます。ここまではなんとか、ほどほどに来たのだが、ここで休憩してもなんだかすっきりしない。
一ノ越山荘、中で休憩できます。アイゼン不調でペンチお借りしました。ありがとうございました。
2018年06月30日 10:08撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ越山荘、中で休憩できます。アイゼン不調でペンチお借りしました。ありがとうございました。
後半のガレ場を登り始める。すぐに友人にまた遅れ始める。なんだか疲れがすごい。心臓のバクバクもいつもと違う。
2018年06月30日 10:33撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後半のガレ場を登り始める。すぐに友人にまた遅れ始める。なんだか疲れがすごい。心臓のバクバクもいつもと違う。
1
山荘から1時間で頂上のところ、まだこの時間で半分くらい。友人が見えなくなる。今日はやばい。あれ、吐き気がする、めまいがする・・・ 3歩で休憩を繰り返す、これは高山病だと気づき始める。ここから写真撮っている場合ではなくなる。
2018年06月30日 11:23撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘から1時間で頂上のところ、まだこの時間で半分くらい。友人が見えなくなる。今日はやばい。あれ、吐き気がする、めまいがする・・・ 3歩で休憩を繰り返す、これは高山病だと気づき始める。ここから写真撮っている場合ではなくなる。
1
やっとの思いで雄山まで来た。しばらくベンチで横になる。かなり休憩して、ランチタイム。友人の処置がよくかなり復活。バターチキンカレー。
2018年06月30日 12:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとの思いで雄山まで来た。しばらくベンチで横になる。かなり休憩して、ランチタイム。友人の処置がよくかなり復活。バターチキンカレー。
2
雄山からの景色
2018年06月30日 13:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山からの景色
1
なんとか頂上の雄山神社へ、そこそこ復活。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか頂上の雄山神社へ、そこそこ復活。
3
頂上の石に願い事書きます。ペン 持参してね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の石に願い事書きます。ペン 持参してね!
天気はころころ変わるが、剣岳には雲がかかる(左)
2018年06月30日 13:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気はころころ変わるが、剣岳には雲がかかる(左)
1
剣岳見えた!神様ありがとう!
2018年06月30日 13:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣岳見えた!神様ありがとう!
4
お参りの後。来れてよかった・・・。明日から山開きの準備されていました。
2018年06月30日 13:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お参りの後。来れてよかった・・・。明日から山開きの準備されていました。
気圧のせいでお菓子のふくろがパンパンです。
2018年06月30日 13:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気圧のせいでお菓子のふくろがパンパンです。
時間を見ていただければわかりますが、相当休憩していましたが、結構ひどい雨になり下山。でも一の越まで戻ったところであっという間に晴れ間。
2018年06月30日 14:17撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間を見ていただければわかりますが、相当休憩していましたが、結構ひどい雨になり下山。でも一の越まで戻ったところであっという間に晴れ間。
1
一ノ越山荘の前の花畑
2018年06月30日 14:54撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ越山荘の前の花畑
2
一ノ越山荘オリジナルの缶バッチ。だからカンバーバッチ。
2018年06月30日 15:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ越山荘オリジナルの缶バッチ。だからカンバーバッチ。
1
戻りの雪渓をゆっくり進む。本当は富士ノ折立まで周遊だったのに、Melody2018さんごめんね。
2018年06月30日 15:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻りの雪渓をゆっくり進む。本当は富士ノ折立まで周遊だったのに、Melody2018さんごめんね。
2
戻った、まだこんなに雪深かったんだ。
2018年06月30日 16:08撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻った、まだこんなに雪深かったんだ。
ホテル立山に今日は宿泊。振り返ると、晴れ始めた。次は高所順応をちゃんと考え、周回コースでいくと再チャレンジを誓う。
2018年06月30日 16:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホテル立山に今日は宿泊。振り返ると、晴れ始めた。次は高所順応をちゃんと考え、周回コースでいくと再チャレンジを誓う。
2
これは翌朝の、みくりが池散策。
2018年07月01日 09:23撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは翌朝の、みくりが池散策。
3
立山・黒部アルペンルートを長野に抜けます。黒部ダム。
2018年07月01日 11:35撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山・黒部アルペンルートを長野に抜けます。黒部ダム。
2
ダムカレー。関電トンネルのトロリーはもうすぐお別れ。外国人がたくさん。扇沢経由、信濃大町からあずさで東京に戻りました。
2018年07月01日 11:59撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムカレー。関電トンネルのトロリーはもうすぐお別れ。外国人がたくさん。扇沢経由、信濃大町からあずさで東京に戻りました。
1
撮影機材:

感想/記録

初級の山をいくつか登ったので、憧れの立山にチャレンジしました。なめてました。いつも「標高差」しか気にしていなかった。600m弱の標高差だから初級者でもと思っていましたが、こんな高山病の症状になるとは。後で思い出しました私はヘモグロビン値が低めなのです。本当に一の越山荘の後は苦しかった。それに、この時期にこれほど雪渓が残っているとも思いませんでした。それでも頂上で少し晴れ間もあり、お参りができ、本当によかった。
頂上には7月1日の山開きを控え準備をする方々が登っていました。天気は非常に変わりやすく、戻りの一ノ越山荘までは大雨でした。一ノ越山荘はまだ宿泊はできないそうですが、暖かいココアを飲みました(おしるこ売り切れだった)。そこで、外国人連れの英語と韓国語を話すおじさま達、お菓子をくださりありがとうございました。そこからは本当にゆっくり、雪渓を戻り、スキーを楽しむ人たちの姿も横目に下りました。次は、本来予定していた大汝山、富士ノ折立ルートから雷鳥荘での温泉・・・というルートにリベンジしたいです。ぜったいまた来る!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:506人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ