また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1560522 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

南八ヶ岳の王道周遊〜美濃戸口→南沢から赤岳を反時計廻り@行者テン泊

日程 2018年08月17日(金) 〜 2018年08月18日(土)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口に駐車500円/日(コーヒー1杯サービス付き)。私的に美濃戸まで普通に車乗り入れできそうでした。桜平P道路よりもだいぶ良い状態と思いました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間40分
休憩
2時間15分
合計
9時間55分
S美濃戸口04:5704:57八ヶ岳山荘05:33やまのこ村05:3405:39美濃戸山荘05:4006:40中ノ行者小屋跡07:35行者小屋08:3508:53赤岳鉱泉08:5809:00大同心沢(大同心ルンゼ)分岐09:0109:06ジョウゴ沢09:0709:59赤岩の頭10:18硫黄岳10:26硫黄岳山荘10:46台座ノ頭10:4811:03奥ノ院(横岳)11:43横岳11:50三叉峰(横岳)12:01鉾岳12:07日ノ岳12:0912:20二十三夜峰12:24地蔵の頭12:2812:33赤岳天望荘12:3612:57赤岳頂上山荘13:0113:04赤岳13:5114:08文三郎尾根分岐14:48阿弥陀岳分岐14:5214:52行者小屋
2日目
山行
7時間0分
休憩
16分
合計
7時間16分
行者小屋04:3004:57阿弥陀岳分岐05:22中岳のコル登山道水場05:3305:41中岳のコル06:36阿弥陀岳06:3706:50中岳のコル07:11中岳07:1307:27文三郎尾根分岐07:56阿弥陀岳分岐07:5710:18中ノ行者小屋跡11:05美濃戸山荘11:09赤岳山荘11:1011:46美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
南沢ルートで何カ所か軽く道迷いしました(初八ッにもかかわらず、数人にルート聞かれるし)。

装備

個人装備 ホッカイロ多数 モンベル ダウンハガー 800 #2 アライ オニドーム イスカ マットレス

写真

美濃戸口Pに向かう道中より撮影(4:25)。これから登るであろう南八ヶ岳! あまりにも神秘的でしばし鑑賞。
2018年08月17日 04:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸口Pに向かう道中より撮影(4:25)。これから登るであろう南八ヶ岳! あまりにも神秘的でしばし鑑賞。
1
美濃戸の山小屋に続く道路の様子。所々で凹凸が見られましたが、徐行で行けば大丈夫(状態が確認できたので次回からは車乗り入れします)
2018年08月17日 05:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸の山小屋に続く道路の様子。所々で凹凸が見られましたが、徐行で行けば大丈夫(状態が確認できたので次回からは車乗り入れします)
1
朝5:30やまのこ村Pの様子。平日なので十分空いていますね。
2018年08月17日 05:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝5:30やまのこ村Pの様子。平日なので十分空いていますね。
1
南沢ルートで1箇所、増水のため橋先端部が着地点が少し離れていました。が、大きい石があるので大丈夫!
2018年08月17日 05:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢ルートで1箇所、増水のため橋先端部が着地点が少し離れていました。が、大きい石があるので大丈夫!
The八ヶ岳らしい光景です。しばらくは、このような景色の中をテクテクと気持ちよく進んで行きます。
2018年08月17日 07:16撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
The八ヶ岳らしい光景です。しばらくは、このような景色の中をテクテクと気持ちよく進んで行きます。
1
美濃戸口Pから歩くこと、2.5時間で行者小屋到着。
2018年08月17日 07:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸口Pから歩くこと、2.5時間で行者小屋到着。
1
テントの受付記入の際、手がかじかんでいてヘロヘロ文字(恥)。小屋玄関の温度計を見たら5℃(7:40)なのね〜
2018年08月17日 07:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントの受付記入の際、手がかじかんでいてヘロヘロ文字(恥)。小屋玄関の温度計を見たら5℃(7:40)なのね〜
平日の朝とあって、テント場は2張りだけ。やっぱ、人気のお山は平日INだなーと思いました。
2018年08月17日 07:43撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日の朝とあって、テント場は2張りだけ。やっぱ、人気のお山は平日INだなーと思いました。
早々にテント設営、飲み水を確保して、いざ王道コースへ。
反時計廻りなので、まずは赤岳鉱泉。温泉もあってよさげです。
2018年08月17日 08:55撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早々にテント設営、飲み水を確保して、いざ王道コースへ。
反時計廻りなので、まずは赤岳鉱泉。温泉もあってよさげです。
赤岳鉱泉テント場の様子(8:54)
2018年08月17日 08:54撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉テント場の様子(8:54)
主峰達。いい顔つきです。
2018年08月17日 10:00撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主峰達。いい顔つきです。
The硫黄ブルー!
2018年08月17日 10:18撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
The硫黄ブルー!
こちらは硫黄岳山荘。いよいよ稜線。ここからは強風⇒寒いのでダウン着込みます。
2018年08月17日 10:27撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは硫黄岳山荘。いよいよ稜線。ここからは強風⇒寒いのでダウン着込みます。
富士山と横/赤岳
2018年08月17日 10:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と横/赤岳
横岳でお昼休憩。サラダチキンとドライご飯で簡単に。
2018年08月17日 11:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳でお昼休憩。サラダチキンとドライご飯で簡単に。
エネルギー補充完了。さー直登が魅力的な主峰赤岳にGO!
2018年08月17日 12:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エネルギー補充完了。さー直登が魅力的な主峰赤岳にGO!
地蔵ノ頭に向かう途中から見た行者小屋。
ちなみに、地蔵尾根を登られている方も写っていますが、このコームも傾斜が半端ない!
2018年08月17日 12:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵ノ頭に向かう途中から見た行者小屋。
ちなみに、地蔵尾根を登られている方も写っていますが、このコームも傾斜が半端ない!
超ズーム撮影したテント場の全景(12:11)。
朝より少し増えているのが良ーく見えました。
2018年08月17日 12:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
超ズーム撮影したテント場の全景(12:11)。
朝より少し増えているのが良ーく見えました。
お地蔵さん。良い天気でありがたいです。
2018年08月17日 12:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵さん。良い天気でありがたいです。
こちらは赤岳天望荘。山頂まで凡そCT45分の位置です。
2018年08月17日 12:33撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは赤岳天望荘。山頂まで凡そCT45分の位置です。
噂に聞く、落石の多い急登場。幸い平日なので登山者も少なく安全に登行できました。全方位眺望の山頂2899mまで30分、緊張感(落石をさせない、うけない)も感じつつ、楽しい直登でした。
2018年08月17日 12:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噂に聞く、落石の多い急登場。幸い平日なので登山者も少なく安全に登行できました。全方位眺望の山頂2899mまで30分、緊張感(落石をさせない、うけない)も感じつつ、楽しい直登でした。
こちらは赤岳頂上山荘。
2018年08月17日 13:01撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは赤岳頂上山荘。
山頂は、赤岳頂上山荘から少し先にあります。
2018年08月17日 13:01撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は、赤岳頂上山荘から少し先にあります。
登頂記念に自撮り。
2018年08月17日 13:15撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂記念に自撮り。
1
晴天に恵まれ、北・中央・南と日本の三大アルプスを堪能できました。
2018年08月17日 13:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴天に恵まれ、北・中央・南と日本の三大アルプスを堪能できました。
1
山頂より行者小屋へは、来た道を少し先に進み、ハシゴや鎖場を慎重に下ると、程なくして分岐点に着きます。そこからは文三郎尾根に下ります
2018年08月17日 13:43撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より行者小屋へは、来た道を少し先に進み、ハシゴや鎖場を慎重に下ると、程なくして分岐点に着きます。そこからは文三郎尾根に下ります
中岳の先には、これまた雄大な阿弥陀岳が。こちらは明日早朝にアタックします。
2018年08月17日 14:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳の先には、これまた雄大な阿弥陀岳が。こちらは明日早朝にアタックします。
文三郎道のマーモット階段を下って、テン場に戻ります。
14:10ですが、ちびっ子達を含む多くの方々が階段を上がって来ますが、頂上山荘に宿泊なのでしょうか。
2018年08月17日 14:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎道のマーモット階段を下って、テン場に戻ります。
14:10ですが、ちびっ子達を含む多くの方々が階段を上がって来ますが、頂上山荘に宿泊なのでしょうか。
14:50本日の山行終了。
2018年08月17日 14:51撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:50本日の山行終了。
小屋前のテーブルでしばし、もぐもぐタイム!
2018年08月17日 15:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前のテーブルでしばし、もぐもぐタイム!
16:46ですが、外はだいぶ冷え込んできました。寒いです。
なので、夕ご飯は暖かい卵入りラーメン&ドライご飯。
2018年08月17日 16:46撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:46ですが、外はだいぶ冷え込んできました。寒いです。
なので、夕ご飯は暖かい卵入りラーメン&ドライご飯。
1
カイロを2個貼り付けて、寝袋INしたら5秒で爆睡!
気づいたら、
2018年08月17日 16:31撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カイロを2個貼り付けて、寝袋INしたら5秒で爆睡!
気づいたら、
満天の星空が。流れ星や人工衛星も観られました。
ちなみに、写真中央下の光が集まっているとことが、天望山荘の明かりです。
2018年08月17日 20:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満天の星空が。流れ星や人工衛星も観られました。
ちなみに、写真中央下の光が集まっているとことが、天望山荘の明かりです。
おはよーございます。
朝4時です。皆さん出発の用意やら朝食やらで、活動が始まっています。
2018年08月18日 04:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはよーございます。
朝4時です。皆さん出発の用意やら朝食やらで、活動が始まっています。
小屋の温度計は3℃。
ん〜寒いね。芯まで冷えるね〜。
2018年08月18日 04:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の温度計は3℃。
ん〜寒いね。芯まで冷えるね〜。
空もしだいに明るくなって、本日も晴天の感じ。
2018年08月18日 04:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空もしだいに明るくなって、本日も晴天の感じ。
二日目は、CT1:40程の中岳道より阿弥陀岳を目指します。
道中から見えた富士山。
2018年08月18日 05:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目は、CT1:40程の中岳道より阿弥陀岳を目指します。
道中から見えた富士山。
阿弥陀岳も、ハシゴや鎖場、落石が多そうな急登ザレ場でしたが、幸い早朝とあって先行者2名だったので、十分間隔を開けての安全登頂。山頂では霜柱が観られました。夕べは寒かったもんね〜。
2018年08月18日 06:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳も、ハシゴや鎖場、落石が多そうな急登ザレ場でしたが、幸い早朝とあって先行者2名だったので、十分間隔を開けての安全登頂。山頂では霜柱が観られました。夕べは寒かったもんね〜。
南アルプスの北岳、甲斐駒、仙丈ヶ岳。まだ行けていないので、来シーズン登頂の目標とします。
2018年08月18日 06:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの北岳、甲斐駒、仙丈ヶ岳。まだ行けていないので、来シーズン登頂の目標とします。
北アルプスの穂高連邦、槍。
2018年08月18日 07:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスの穂高連邦、槍。
槍ヶ岳のアップを一枚。
2018年08月18日 07:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳のアップを一枚。
阿弥陀の山頂、貸し切り状態だったので、かっこつけて富士山と一緒に一枚。
2018年08月18日 06:31撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀の山頂、貸し切り状態だったので、かっこつけて富士山と一緒に一枚。
中岳のてっぺんより、阿弥陀をパチリ。ハシゴ中の方々が下の方に映っております。
2018年08月18日 06:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳のてっぺんより、阿弥陀をパチリ。ハシゴ中の方々が下の方に映っております。
1
無事、テン場に戻り帰宅前のお土産購入タイム!
2018年08月18日 08:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、テン場に戻り帰宅前のお土産購入タイム!
ちなみに、小屋の水場はこんな感じです。
2018年08月18日 08:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちなみに、小屋の水場はこんな感じです。
帰りも南沢ルートで快調に下山。土曜11:00美濃戸の赤岳山荘Pは満車のようですが、すぐ下のやまのこ村Pは空車の看板が出ていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りも南沢ルートで快調に下山。土曜11:00美濃戸の赤岳山荘Pは満車のようですが、すぐ下のやまのこ村Pは空車の看板が出ていました。
本日も無事、ケガ無く楽しい山行を終えました。下見は十分できましたので、次回は嫁や娘を連れてコマクサを観に再訪したいと思います。
2018年08月18日 11:46撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日も無事、ケガ無く楽しい山行を終えました。下見は十分できましたので、次回は嫁や娘を連れてコマクサを観に再訪したいと思います。

感想/記録

妄想5年、構想2年の思いで八ヶ岳の主峰登山、やっと実現しました。
赤岳や阿弥陀など人が多い故の落石ありとの情報から、とても人気ある山と思い、安全面を考え金曜スタートで正解でした。特に阿弥陀は土曜早朝アタックだったので先行者も2人程。赤岳も含め安全且つマイペースな登山ができました。しかも行者小屋のテント場も金曜朝一では2張りのみ。
土曜9時過ぎに下山開始しましたが、ま−すれ違う登山者の多いこと。団体も多々あり、山のキャパシティー(安全面:鎖場や岩場)が心配になるほどでした。休日登山ならヘルメット必須と感じました。ご安全に!
訪問者数:74人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ