また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1562110 全員に公開 沢登り槍・穂高・乗鞍

四ッ岳(大滝川左俣から・まさかの初霜!)

日程 2018年08月19日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
平湯大滝の無料駐車場を利用。
夜間でも利用可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間55分
休憩
37分
合計
12時間32分
Sスタート地点01:3202:16平湯大滝02:1708:20姫ヶ原08:2509:36四ッ岳09:5211:12姫ヶ原11:2711:41硫黄岳12:23乗鞍権現社14:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆平湯大滝〜姫ヶ原(沢登り)
・取付きは旧道を使った。
・沢に降りる場所はよく吟味する必要あり。今回降りた箇所より良い場所もありそう。
・途中で2段の大滝がある。今回は左岸から苦労して高巻いたが右岸からも行けるかも。(暗かったため不明)
・姫ヶ原は草丈も低くのんびりできる良い場所。上からの夏道もある。

◆姫ヶ原〜四ッ岳(往復)
・激藪なので覚悟する。
・ガレ場、ザレ場もあり、落石、滑落にも注意。

◆硫黄岳〜平湯(下山)
・夏道を素直に下る。途中アップダウンあり。
・水場の看板もあったが使えるかどうかは未確認。
過去天気図(気象庁) 2018年08月の天気図 [pdf]

写真

今日は平湯大滝から沢を詰めて四ッ岳を目指す。
沢に降りるためのルートの見極めが難しかった。
2018年08月19日 03:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は平湯大滝から沢を詰めて四ッ岳を目指す。
沢に降りるためのルートの見極めが難しかった。
2
途中の滝の高巻きは岩名人の大魔人さんに先行してもらいロープを垂らしてもらった
2018年08月19日 03:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の滝の高巻きは岩名人の大魔人さんに先行してもらいロープを垂らしてもらった
3
暗闇の遡行
2018年08月19日 04:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗闇の遡行
2
明るくなってもめちゃ寒い!
できるだけ水に入りたくない
2018年08月19日 05:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなってもめちゃ寒い!
できるだけ水に入りたくない
7
大魔人さんは水を避けまくり(笑)
2018年08月19日 05:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大魔人さんは水を避けまくり(笑)
6
紅葉時期に来たら良さそうな沢だった
2018年08月19日 05:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉時期に来たら良さそうな沢だった
3
大魔人さんがへつる!
2018年08月19日 05:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大魔人さんがへつる!
9
YSHR先生が登る!
2018年08月19日 06:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
YSHR先生が登る!
8
後ろを振り返ると素晴らしい秋空と笠ヶ岳の姿があった
2018年08月19日 06:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろを振り返ると素晴らしい秋空と笠ヶ岳の姿があった
16
雲海に浮かぶ笠ヶ岳。まるで利尻山のようだ。
2018年08月19日 06:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ笠ヶ岳。まるで利尻山のようだ。
15
美しい滝を登る
2018年08月19日 06:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい滝を登る
9
大魔人さん
2018年08月19日 06:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大魔人さん
8
焼岳と槍ヶ岳
2018年08月19日 06:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳と槍ヶ岳
12
なんと初霜が!
2018年08月19日 07:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと初霜が!
10
そりゃ寒いわけだ
2018年08月19日 07:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そりゃ寒いわけだ
6
姫ヶ原まできた。天国です。
2018年08月19日 08:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫ヶ原まできた。天国です。
6
姫ヶ原の池塘にて。
2018年08月19日 08:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫ヶ原の池塘にて。
6
さっきまで寒かったが陽の光を浴びて暖かくなってきた。
2018年08月19日 08:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきまで寒かったが陽の光を浴びて暖かくなってきた。
4
四ッ岳(奥)が見えてきた。
藪漕ぎ必至だなぁ・・・
2018年08月19日 08:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四ッ岳(奥)が見えてきた。
藪漕ぎ必至だなぁ・・・
5
できるだけガレ場を選んで登って行く
2018年08月19日 08:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
できるだけガレ場を選んで登って行く
3
藪漕ぎ&岩登り。アドベンチャーだ。
2018年08月19日 08:51撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪漕ぎ&岩登り。アドベンチャーだ。
7
ハイマツ辛い・・・
2018年08月19日 08:53撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ辛い・・・
3
大魔人さんはいつものようにロケットスタート
2018年08月19日 08:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大魔人さんはいつものようにロケットスタート
6
ガレ場が終わったら足場の悪いザレ場を登る。
落石注意。
2018年08月19日 09:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場が終わったら足場の悪いザレ場を登る。
落石注意。
4
振り向けば中央アルプスと・・・
2018年08月19日 09:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向けば中央アルプスと・・・
3
南アルプス。甲斐駒、北岳。
よく見ると富士山の頭も少しだけ。
2018年08月19日 09:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス。甲斐駒、北岳。
よく見ると富士山の頭も少しだけ。
9
八ヶ岳も良く見えていました
2018年08月19日 09:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳も良く見えていました
9
再びガレ場を登るYSHR先生
2018年08月19日 09:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びガレ場を登るYSHR先生
2
ここまで来ると剣ヶ峰ドン!
2018年08月19日 09:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ると剣ヶ峰ドン!
8
一足先に登頂の大魔人さん
2018年08月19日 09:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一足先に登頂の大魔人さん
6
眼下には優雅に畳平へ向かうバス。
2018年08月19日 09:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下には優雅に畳平へ向かうバス。
3
最後まで藪漕ぎ;;
2018年08月19日 09:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後まで藪漕ぎ;;
2
四ッ岳登頂!
2018年08月19日 09:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四ッ岳登頂!
16
YSHR先生と大魔人さん
2018年08月19日 09:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
YSHR先生と大魔人さん
18
白山もドン!
2018年08月19日 09:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山もドン!
8
焼岳と槍穂、吊り尾根
2018年08月19日 09:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳と槍穂、吊り尾根
10
しばらく山頂でマッタリ
2018年08月19日 09:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく山頂でマッタリ
9
さあ下山開始!
2018年08月19日 10:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ下山開始!
2
帰りも藪藪
2018年08月19日 10:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りも藪藪
3
さて、どのルートが一番効率いいかな?
2018年08月19日 10:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、どのルートが一番効率いいかな?
2
背丈よりデカいハイマツやナナカマドを分け入っていく
2018年08月19日 10:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背丈よりデカいハイマツやナナカマドを分け入っていく
4
ようやく夏道合流。やっと楽ができる。
2018年08月19日 11:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく夏道合流。やっと楽ができる。
3
三角岩と笠ヶ岳。
また冬に来ます。
2018年08月19日 11:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角岩と笠ヶ岳。
また冬に来ます。
6
登り返しもあって暑い!
2018年08月19日 11:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しもあって暑い!
2
姫ヶ原を振り返る。
2018年08月19日 11:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫ヶ原を振り返る。
4
木漏れ日の中を下山
2018年08月19日 13:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木漏れ日の中を下山
3
平湯スキー場のリフト小屋になぜか羊達が!
暑いので避暑中かな・・・?
2018年08月19日 13:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平湯スキー場のリフト小屋になぜか羊達が!
暑いので避暑中かな・・・?
14
無事下山!
お疲れさまでした!
2018年08月19日 14:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山!
お疲れさまでした!
6

感想/記録

今日はYSHR先生、大魔人さんと四ッ岳に向かう。
なにわ君も参戦予定だったがどうやら負傷して来られなくなったらしい、残念。

前日のうちにスタート地点となる平湯大滝の駐車場に向かい車中泊。
1時に起きると大魔人さんは既に到着、すぐにYSHR先生もやってきた。
いつものことながら全員気合入りまくりだ。

四ッ岳は今や山スキーのルートとしては知らない人はいないというくらいに有名になったが無雪期は全くといっていいほど登頂記録がない。
平湯スキー場から金山岩方面へ向かい硫黄岳を経由して四ッ岳の脇に出る夏道は一応付いているが四ッ岳の頂に向かうルートはない。

こんな事情によりYSHR先生から平湯大滝〜沢ルートで四ッ岳のピークを踏もう、という提案に繋がった。

もちろん3人とも初ルートなので途中何が出てくるか全く想像がつかない。
進退窮まることもあるかもしれない・・・だが誰も知らないルートを歩ける喜びは何物にも代えがたい。

しかし早速取付から難儀することになる。
事前に色々と調べたら以前平湯大滝から硫黄岳に向かう夏道ルートがあったらしい、という情報を得ていたため旧登山道を探すことに。
あった!平湯大滝の手前にうっすらと登山道らしき影が見える。
暗闇の中、一旦この夏道ルートを辿っていこう・・・とは言うものの、今回は沢登りなのでどこかで沢床に降りなければならない。
地形図を眺めながら降りられそうな場所を探す。
まずはYSHR先生を先頭に降下開始・・・しかし最後の詰めのところで崖にぶち当たって失敗。
気を取り直して大魔人さんを先頭に登り返しつつ高巻きルートを探す・・・おおっ何とか降りれそうだ!
いきなり難易度の高いルートファインディングを求められたが何とか沢床へ降り立った。

さあ楽しい沢登りの時間です。
しかし今日は寒い!寒すぎる!
吐く息は白いし水もめちゃくちゃ冷たい。
1週間前までなら猛暑の中気持ちよく遡行できたはずだが今日はまるで晩秋のようだ。
挙句の果てには初霜まで降りる始末・・・
まあでもこれも沢登り、行くしかない。

YSHR先生を先頭に進んでいくと今度は2段の大滝にぶち当たった。
これは直登できない…高巻くのも急斜面で厳しそうだ。
こんなときは岩名人の大魔人さんの出番です。
猿のようにスルスルと登ってロープを垂らしてもらい何とか高巻きに成功。
いやいや、マジ際どかった。結果的にココが今回の山旅の核心部だったと思う。

さて、そこからは割とルンルン気分で沢を詰めていく。水量は多いが寒いのであまりありがたくない。
太陽が恋しいが北面&谷間なので陽が差さない。
大魔人さんはとことん水を避けて登っていた。
姫ヶ原まで来てようやく日光を浴びることができた。
姫ヶ原はこじんまりとしているが背丈の低い草や池塘があってとても雰囲気が良い。
一応ここまでは夏道も来ているので興味のある方は是非。(バリルート扱いではあるが)

後は四ッ岳に登るだけ!と思っていたがやはり甘くはなかった。
今回四ッ岳を目指すルートとなる南東面は藪が濃くてなかなか前に進むことができない。
できるだけ歩きやすいガレ場を選んで歩こうとするがどうしても要所要所で藪を避けることができなかった。
そんな中でも大魔人さんはロケットスタート。この人、稜線とかピークを見るとじっとしていられない性分なんです(笑)
藪を漕いで岩をサクサクと登りピークに向かっていった。
YSHR先生と自分はマイペースで登って行く。
しかし暑い!さっきまでの寒さは一体何だったのか。
水が恋しいがもう沢水は枯れている。残念。

そして暑い中頑張って四ッ岳に登頂!
360度の展望に感動。
大魔人さんも眺望がある四ッ岳は初めてだと喜んでいた。(冬の地獄しか見たことがないって)

少し休憩したら下山開始。
下山は楽勝かと思っていたがやはり藪に阻まれて大苦戦。
しかしアドベンチャー感満載で楽しい。これが本当の登山なんだと思う。

・・・とその時カメラを落としたことに気付く。
多分ハイマツの藪を漕いでいた時だと思うがあの海の中から探すのは厳しいということで泣く泣く捜索断念。
買ったばかりだったのに手痛い出費となった。
藪を抜けたらあとは夏道で平湯に戻るだけ、消化試合です。
下山とはいえアップダウンもあり暑くて大変だったがバカ話をしながらの下山は楽しかった。
なぜかなにわ君がいないのになにわ君ネタで盛り上がったり・・・

ということで、色々と困難はあったが初ルートでの四ッ岳は大成功に終わった。
また冬に訪れたいと思う。
訪問者数:1960人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ