また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1676147 全員に公開 沢登り 甲信越

南会津・白戸川〜メルガ岐沢

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年09月17日(月) ~ 2018年09月21日(金)
メンバー
 yo_olll(CL)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自家用車で都内より田子倉湖へ。電車でアクセスする場合、田子倉湖最寄りの田子倉駅はすでに廃止されているため、何駅か忘れたが少し離れた駅に行かなければならない。
田子倉湖の渡し舟について。06年くらいにあった土砂崩れの事故を機に原則的に登山者には出さない方針になっています。自分らは
・安全策(非常時の対応、ケース想定)をしっかり講じている
・丸山岳および会津朝日岳山頂で渡し主の方に連絡を取る
・複数人パーティである
ことなどから特別に出していただけることになりました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

9/17 雨
730 渡し舟より上陸(倒木により前進できず予定地点によりだいぶ手前の左岸台地へ降り立つ)
820-850 赤安沢出合へWR1p
1000 抱返り滝
1020-1300 抱返り滝二段目高巻きSt2p 終了後ゴルジュを右岸へ渡渉
1410 タッパ沢出合
1555 下五沢出合左岸台地TS

9/18 晴れ
545 発
750 洗戸沢(荒淀沢)出合
825 滝の沢出合
1015 三羽折沢出合
1030-1255 白滝St1p/WR1p
1325 前沢出合
1440 上の沢出合
1515 メルガ岐
1545 co900m付近左岸台地TS

9/19 快晴
535 発
625 三角点沢出合
725 co1038m二股(平沢出合)
745-800 4m小滝二段目St1p
840-900 5m小滝1p(川村が引き上げ)
1015-1200 co1250m二又15m滝高巻きSt1p/WR1p
1300-1325 8m滑滝St1p
1540 稜線出
1640 丸山岳

9/20 曇のち雨
520 発
835 1738P
1515 三角山手前co~~mTS

9/21 曇り
610 発
710 三角山
1230 鋸刃ピーク
1335-1355 会津朝日岳
1730 赤倉沢登山口

※06年のKWVの記録に載っていた白滝での滑落事故だが、おそらく太田が空身で直登した個度の左岸壁が現場と思われる。
コース状況/
危険箇所等
4m白滝の高巻きは取りつきをミスると個度の壁になってしまう
過去天気図(気象庁) 2018年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 行動食 非常食 ハイドレーション 地図(地形図) トポ コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ナイフ カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ スリング ロープスリング セルフビレイランヤード アングルハーケン 渓流シューズ ルート図
備考 特にない

写真

つりのじゅんび
2018年09月17日 16:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つりのじゅんび
釣れるか・・・・
2018年09月17日 16:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釣れるか・・・・
・・・・・・
2018年09月17日 16:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
2018年09月17日 16:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・・・・・・・・・・
(´・ω・`)
2018年09月17日 16:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(´・ω・`)
稜線出た
2018年09月19日 15:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線出た
丸山岳の池塘
2018年09月19日 16:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山岳の池塘
撮影機材:

感想/記録

 ナルミズ沢の感想でもふれたが、沢が終わり丸山岳へ詰め上げたときには「これぞ楽園」という感があった。天井の楽園と謳われているらしいが、まさにそうである。マイナー12名山を選んだ人のセンスは良い。
 丸山岳〜会津朝日にはむかーし登山道があって、OBの記録を見ると数時間で抜けていたりした。我々は1日強藪を漕いだのだが、かつての登山道は所々で名残がある。この話をOBにしたところ、「オマエらはおれたちよりも藪漕ぎが遅いな!」というジョークを食らわされてしまった。
 勿論旧登山道に頼ってルートファインディングをすると迷うだろうが、廃道というのは中々興味深いなと個人的には思えた。会津には新旧様々な踏み跡が埋もれているだろうためか、下山後ほっとした気持ちとともに謎の高揚感も残った山行であった。
 あの、山上からながめたパノラマ風景すべてをフィールドにしている沢登りの無限の可能性を感じたという人間もいて、行ってよかった対象であったと感じている。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:933人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

藪漕ぎ 高巻き 山行 廃道 池塘
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ