また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1783893 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

奥多摩三山縦走

日程 2019年04月06日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路)JR青梅線「御嶽駅」→西東京バス「ケーブル下」 
復路)西東京バス「都民の森」→JR五日市線「武蔵五日市駅」
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間6分
休憩
20分
合計
7時間26分
S御岳山駅08:5209:09御岳山09:1109:14長尾平分岐09:29綾広の滝09:3009:45芥場峠09:4610:07大岳山荘跡10:0810:19大岳山11:05大ダワ11:0611:30鞘口山11:43クロノ尾山11:4412:12御前山避難小屋12:1312:18御前山12:1912:31惣岳山12:3212:37ソーヤノ丸デッコ12:54小河内峠12:5513:05天神山13:22月夜見第二駐車場13:31月夜見山13:3213:54風張峠駐車場14:04戸沢峯14:11砥山14:1214:17栂ノ尾14:31鞘口峠14:3214:57見晴し小屋15:21三頭山東峰15:2215:22三頭山15:2315:28三頭山西峰15:3015:36ムシカリ峠15:3715:58三頭大滝15:5916:14森林館16:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
霜柱もほとんどないようで、御前山前後のぬかるみもほとんどありませんでした。
あえて注意点を挙げれば、月夜見山⇔風張峠の斜面の切れたトラバース道くらいです。
その他周辺情報都民の森最終バスは16:45発ですが、数馬まではその後もバスがあるので、「数馬の湯」でリフレッシュするのもよいかと思います。

写真

いつものバスに乗り遅れて、ケーブルカーも8:45発と、いつもより15分遅いスタートです。都民の森発の最終バス16:45発に間に合うかどうか?
2019年04月06日 08:57撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものバスに乗り遅れて、ケーブルカーも8:45発と、いつもより15分遅いスタートです。都民の森発の最終バス16:45発に間に合うかどうか?
1
正面は奥の院のある鍋割山。奥の院経由は、かなり大変なので、今回はパス。
2019年04月06日 09:02撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面は奥の院のある鍋割山。奥の院経由は、かなり大変なので、今回はパス。
15分遅れのスタートなので、御岳山神社をパスしようとしましたが....。やっぱり、ここに来たので参詣しました。
2019年04月06日 09:19撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分遅れのスタートなので、御岳山神社をパスしようとしましたが....。やっぱり、ここに来たので参詣しました。
都心方向はややかすんでいました。
2019年04月06日 09:19撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都心方向はややかすんでいました。
長尾平。
まだ休憩には早すぎますね。
2019年04月06日 09:22撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長尾平。
まだ休憩には早すぎますね。
鉄砲水が出るのでしょうか。新しく修復されていました。
2019年04月06日 09:29撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄砲水が出るのでしょうか。新しく修復されていました。
ロックガーデン最上部の水場。ここは枯れたのを見たことがありません。2口ほどいただきました。おいしい。
2019年04月06日 09:38撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロックガーデン最上部の水場。ここは枯れたのを見たことがありません。2口ほどいただきました。おいしい。
ロックガーデンの最上部からはいよいよ登山道です。
2019年04月06日 09:38撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロックガーデンの最上部からはいよいよ登山道です。
芥場峠。
ここまでは中くらいの傾斜です。
2019年04月06日 09:54撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芥場峠。
ここまでは中くらいの傾斜です。
本日最初のピーク、奥多摩三山の一つ「大岳山」。
2019年04月06日 09:59撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最初のピーク、奥多摩三山の一つ「大岳山」。
大岳山荘(休業中)前から、神社を経る最後の登り。
2019年04月06日 10:16撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山荘(休業中)前から、神社を経る最後の登り。
10分ちょっとで山頂へ。
富士山が.....見えませんでした。
春霞でかすんでいたようです。
2019年04月06日 10:28撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ちょっとで山頂へ。
富士山が.....見えませんでした。
春霞でかすんでいたようです。
1
鋸山への稜線。はじめは急な下りがあり、クサリ場も1か所あります。
2019年04月06日 10:36撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸山への稜線。はじめは急な下りがあり、クサリ場も1か所あります。
急坂を下りきるとなだらかな稜線歩きが続きます。本来なら左手の木立の奥に富士山が応援してくれる場所なのですが....。
2019年04月06日 10:44撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を下りきるとなだらかな稜線歩きが続きます。本来なら左手の木立の奥に富士山が応援してくれる場所なのですが....。
鋸山へは登らずに大ダワヘ。
2019年04月06日 11:11撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸山へは登らずに大ダワヘ。
大ダワまでは林道が走っていて、トイレもあります。
4月からは泡式の夏トイレが使えます。
ここから御前山までが本日一番の頑張りどころ。
2019年04月06日 11:16撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワまでは林道が走っていて、トイレもあります。
4月からは泡式の夏トイレが使えます。
ここから御前山までが本日一番の頑張りどころ。
鞘口山。
三頭山手前の鞘口峠と何か関係があるのでしょうか?
2019年04月06日 11:38撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞘口山。
三頭山手前の鞘口峠と何か関係があるのでしょうか?
御前山までは山頂手前を除いても、3か所くらい長く険しいつづら折れの上り坂があります。
2019年04月06日 12:14撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山までは山頂手前を除いても、3か所くらい長く険しいつづら折れの上り坂があります。
境橋からの登山道を合わせると、もう間近。
2019年04月06日 12:18撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境橋からの登山道を合わせると、もう間近。
御前山山頂。
この日はやはり晴天にもかかわらず、富士山は見えませんでした。ここまで大ダワから1時間12分。昭文社の地図のコースタイム1時間25分はきついです。
2019年04月06日 12:27撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山山頂。
この日はやはり晴天にもかかわらず、富士山は見えませんでした。ここまで大ダワから1時間12分。昭文社の地図のコースタイム1時間25分はきついです。
1
北側の石尾根、長沢背稜の眺め。
2019年04月06日 12:30撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の石尾根、長沢背稜の眺め。
御前山チョイ下から三頭山。
まだかなり距離がありますね。
2019年04月06日 12:32撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山チョイ下から三頭山。
まだかなり距離がありますね。
惣岳山からは防火帯を下ります。
ちょっとザレた道なので太ももに来ます。
2019年04月06日 12:41撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惣岳山からは防火帯を下ります。
ちょっとザレた道なので太ももに来ます。
痩せ尾根も。
2019年04月06日 12:47撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根も。
痩せ尾根を過ぎると、再び防火帯の下りです。
この辺りは足元フカフカで歩きやすい道です。
2019年04月06日 13:03撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根を過ぎると、再び防火帯の下りです。
この辺りは足元フカフカで歩きやすい道です。
標高1,000mを少し切るくらいまで下ると、しばらくはアップダウンの道になります。この辺りは巻き道がありますので、そちらを使います。
2019年04月06日 13:03撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,000mを少し切るくらいまで下ると、しばらくはアップダウンの道になります。この辺りは巻き道がありますので、そちらを使います。
登りになると、あとは月夜見第2駐車場まできつい登りになります。いつも歩く時期(3月初旬)はぬかるんでいて、足元が滑って登りにくい場所ですが、今回は乾いていたので苦になりませんでした。
2019年04月06日 13:18撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りになると、あとは月夜見第2駐車場まできつい登りになります。いつも歩く時期(3月初旬)はぬかるんでいて、足元が滑って登りにくい場所ですが、今回は乾いていたので苦になりませんでした。
月夜見第2駐車場からは、奥多摩道路を右側に少し下ります
2019年04月06日 13:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月夜見第2駐車場からは、奥多摩道路を右側に少し下ります
。峠の走り屋のメッカで、轟音をまき散らしてバイクやスポーツカーが走っています。
2019年04月06日 13:32撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
。峠の走り屋のメッカで、轟音をまき散らしてバイクやスポーツカーが走っています。
奥多摩道路を渡って、月夜見山へ。
この登り口が一番険しい場所です。
でもわずかですけどね。
2019年04月06日 13:34撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩道路を渡って、月夜見山へ。
この登り口が一番険しい場所です。
でもわずかですけどね。
月夜見山。
展望はあまりない?いつも終盤で時間がないので、周りを眺める余裕がありません(笑)。
2019年04月06日 13:40撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月夜見山。
展望はあまりない?いつも終盤で時間がないので、周りを眺める余裕がありません(笑)。
トラバース道をいくつが通って、風張峠へ。
途中2度ほど奥多摩道路沿いを歩きます。1回はガードレールの内側を歩くので注意です。
2019年04月06日 14:03撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース道をいくつが通って、風張峠へ。
途中2度ほど奥多摩道路沿いを歩きます。1回はガードレールの内側を歩くので注意です。
鞘口峠(1,142m)までは急降下し、そこから標高1,300mまで急坂の登りかえし。鞘口峠のデッキで小休止しましたが、日陰で寒い。
2019年04月06日 14:34撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞘口峠(1,142m)までは急降下し、そこから標高1,300mまで急坂の登りかえし。鞘口峠のデッキで小休止しましたが、日陰で寒い。
三頭山「見晴らし小屋」。
いつも天気が悪くて、何も見えませんでしたが....この日は。
2019年04月06日 15:07撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭山「見晴らし小屋」。
いつも天気が悪くて、何も見えませんでしたが....この日は。
東側に御前山、中央に大岳山が見えました。
2019年04月06日 15:07撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側に御前山、中央に大岳山が見えました。
1
鞘口峠から1時間弱で、三頭山東峰に到着。
写真は展望台。
2019年04月06日 15:29撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞘口峠から1時間弱で、三頭山東峰に到着。
写真は展望台。
ここからもいつもと違い惣岳山・御前山・大岳山が見えました。
2019年04月06日 15:29撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからもいつもと違い惣岳山・御前山・大岳山が見えました。
1
三頭山東峰
2019年04月06日 15:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭山東峰
三頭山中央峰
2019年04月06日 15:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭山中央峰
三頭山西峰。
ここが一番高い峰で1,531m。
立派な石造りの山頂標が立っています。奥側は石尾根が見えます。
2019年04月06日 15:35撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭山西峰。
ここが一番高い峰で1,531m。
立派な石造りの山頂標が立っています。奥側は石尾根が見えます。
2
ムシカリ峠から三頭大滝へ。
2019年04月06日 16:06撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムシカリ峠から三頭大滝へ。
三頭大滝。吊り橋の滝見橋から眺めることができます。
いつもより水量が少ない感じです。
2019年04月06日 16:09撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭大滝。吊り橋の滝見橋から眺めることができます。
いつもより水量が少ない感じです。
滝見橋。
平成元年3月完成とのこと。
最後の平成ブームにふさわしい?
2019年04月06日 16:09撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝見橋。
平成元年3月完成とのこと。
最後の平成ブームにふさわしい?
滝見橋からはウッドチップの膝にやさしい遊歩道をゆっくりと下ります。いつもは最終バスの出発時刻との競争で駆け下るのですが...今日はまだ30分以上ありますのでゆっくりと(笑)。
2019年04月06日 16:11撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝見橋からはウッドチップの膝にやさしい遊歩道をゆっくりと下ります。いつもは最終バスの出発時刻との競争で駆け下るのですが...今日はまだ30分以上ありますのでゆっくりと(笑)。
森林館に遊歩道は出ますので、駐車場まではすぐです。
2019年04月06日 16:25撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林館に遊歩道は出ますので、駐車場まではすぐです。
この日は余裕で、最終バスの出発時刻の20分前に着きました。
今日は時間に追われなくてよかった。
2019年04月06日 16:26撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は余裕で、最終バスの出発時刻の20分前に着きました。
今日は時間に追われなくてよかった。
2
撮影機材:

感想/記録

時間を読み間違えていつも使うバスより1本後のバスになり、奥多摩三山縦走後の最終バスに間に合うかどうか心配でした。

本来はケーブリカーを使うのはちょっとずるい気もするのですが、御岳山から登るといつも最後の三頭山を駆け下らなければ間に合わなくなるので、このところケーブルカーを使っています。

この日は晴天で、すでに雪や霜柱が消えて、ぬかるみがないことも幸いしたようで、余裕をもって都民の森まで歩くことができました。

これなら、次回はケーブルカーなしで、再挑戦しようかと。
訪問者数:145人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ