また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1818745 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走祖母・傾

美瀑を眺めて歩む「尾鈴岳」(日本二百名山)[周回コース]

日程 2019年04月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●白滝ルート登山口前にある駐車場を利用
・駐車場は2箇所に分かれており、どちらも20台以上駐車可能
・下流側の駐車場にトイレ有り
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間3分
休憩
24分
合計
5時間27分
S駐車場09:1810:40白滝10:4611:01白滝展望所11:57矢筈岳11:5912:10分岐点12:1112:22長崎尾13:01尾鈴山13:1313:17尾鈴山展望所13:2014:45駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
★登山道整備度:1〜3(良5・4・3・2・1悪)階段や木道、鎖等の整備度
★体力難易度 :3(難5・4・3・2・1易)歩行距離、累積標高差、急登等
★技術難易度 :2(難5・4・3・2・1易)岩場等の頻度及び危険性等
★登山道の眺望:2(良5・4・3・2・1悪)
★山頂の眺望 :2(良5・4・3・2・1悪)


【すれ違った登山者の数:約10人】


◆登山道の状況
・登山口から白滝までは、瀑布群を眺めながら昔のトロッコ道跡を歩く。トロッコ道は緩やかな勾配で九十九折が多いので、ショートカットできる踏み跡も付いていた。白滝は落差が75mあり、カメラの画角が入らないほどの迫力がある。分岐から5分ほど寄り道になるが、立ち寄ってみよう。
・白滝から矢筈岳までのルートは、以前は木製の階段等で整備されていたようだが、土砂災害で荒れた区間もあり踏み跡が少し薄い区間もあった。要所のマーキングテープを確認しながら歩こう。途中で森林作業道を歩く区間もある。
・矢筈岳から尾鈴山までは、稜線に沿って縦走する。尾根に沿って歩くのでルートは分かりやすいが、樹林帯に覆われ視界が悪いので、違う尾根に迷い込まないように注意したい。
・尾鈴山からの下山で利用した正面登山道は、やや急登な箇所もあるが、比較的歩きやすい。尾鈴山の山頂は樹林帯に覆われ眺望は無いが、9.5合目まで下ったところに展望所があり、東側の日向灘を一望できるスポットがあった。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

白滝登山口前の駐車場に車を止めて出発!
2019年04月27日 09:17撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白滝登山口前の駐車場に車を止めて出発!
まずは白滝まで登り、時計回りで尾鈴山を周回しよう。
2019年04月27日 09:17撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは白滝まで登り、時計回りで尾鈴山を周回しよう。
最初の取付きは山道だったが、5分ほど登ると立派な遊歩道になった。
2019年04月27日 09:22撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の取付きは山道だったが、5分ほど登ると立派な遊歩道になった。
1
立派な木橋で渡渉する。
2019年04月27日 09:39撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な木橋で渡渉する。
新緑の葉が良い季節だね〜
2019年04月27日 09:56撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑の葉が良い季節だね〜
2
昔のトロッコ道に沿って幅の広い道を進む。
2019年04月27日 09:59撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔のトロッコ道に沿って幅の広い道を進む。
お〜、トンネルだ〜
2019年04月27日 10:03撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お〜、トンネルだ〜
標高730m地点で少し水没しているアルミ板を使って対岸に渡渉する。
2019年04月27日 10:19撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高730m地点で少し水没しているアルミ板を使って対岸に渡渉する。
1
はがくれの滝を上から眺め、
2019年04月27日 10:19撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はがくれの滝を上から眺め、
1
更にはがくれの滝を下からも眺めてみた。
2019年04月27日 10:23撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更にはがくれの滝を下からも眺めてみた。
3
3箇所目の木橋を通過。
2019年04月27日 10:33撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3箇所目の木橋を通過。
標高780m地点の白滝分岐。
白滝は分岐から5分ほど寄り道となるが、せっかくなので立ち寄ってみよう!
2019年04月27日 10:36撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高780m地点の白滝分岐。
白滝は分岐から5分ほど寄り道となるが、せっかくなので立ち寄ってみよう!
1
白滝に到着。
落差が75mもあり、カメラの画角に収まらない大きさだ。
2019年04月27日 10:42撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白滝に到着。
落差が75mもあり、カメラの画角に収まらない大きさだ。
3
再び白滝分岐まで戻り、沢を渡渉して山頂を目指す。
2019年04月27日 10:50撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び白滝分岐まで戻り、沢を渡渉して山頂を目指す。
標高880m地点の白滝展望所から先ほど立ち寄った白滝を眺める。
2019年04月27日 11:00撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高880m地点の白滝展望所から先ほど立ち寄った白滝を眺める。
九州自然歩道として昔は整備されたようだが、荒れている区間もあった。
2019年04月27日 11:07撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九州自然歩道として昔は整備されたようだが、荒れている区間もあった。
主稜線に乗るため、スギ林の中を登り続ける。
2019年04月27日 11:20撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線に乗るため、スギ林の中を登り続ける。
ようやく、矢筈岳の山体が見えてきた。
2019年04月27日 11:23撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、矢筈岳の山体が見えてきた。
標高1110mまで登ると、一旦、林道を横断し、
2019年04月27日 11:24撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1110mまで登ると、一旦、林道を横断し、
森林作業道を300mほど歩く。
2019年04月27日 11:32撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林作業道を300mほど歩く。
再び樹林帯に入り急登を登ると、
2019年04月27日 11:45撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び樹林帯に入り急登を登ると、
標高1330mの矢筈岳に到着。
(正規ルートは矢筈岳のピークに上がらない)
2019年04月27日 11:58撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1330mの矢筈岳に到着。
(正規ルートは矢筈岳のピークに上がらない)
1
矢筈岳から縦走開始。まずは、林道ルートからの分岐を通過。
2019年04月27日 12:10撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢筈岳から縦走開始。まずは、林道ルートからの分岐を通過。
お〜、長崎尾が見えてきた。
2019年04月27日 12:12撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お〜、長崎尾が見えてきた。
縦走と言っても樹林帯に覆われ眺望はほぼ無い。
2019年04月27日 12:17撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走と言っても樹林帯に覆われ眺望はほぼ無い。
標高1373mの長崎尾を通過。
2019年04月27日 12:22撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1373mの長崎尾を通過。
1
ようやく、木々の隙間から尾鈴山(左手前)が見えてきた。
2019年04月27日 12:27撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、木々の隙間から尾鈴山(左手前)が見えてきた。
長崎尾から尾鈴山までは、標高差約100mほど下り、
2019年04月27日 12:46撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長崎尾から尾鈴山までは、標高差約100mほど下り、
標高差約130mを登り返す。
2019年04月27日 12:55撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高差約130mを登り返す。
ようやく、尾鈴山の山頂に到着。
山頂の眺望も全くない。
2019年04月27日 13:01撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、尾鈴山の山頂に到着。
山頂の眺望も全くない。
1
とりあえず、三角点にタッチ!
2019年04月27日 13:01撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず、三角点にタッチ!
3
山頂の尾鈴神社に参拝し、正面登山口へ下山。
2019年04月27日 13:13撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の尾鈴神社に参拝し、正面登山口へ下山。
9.5合目まで下ると展望所があり、ここだけ眺望の良い箇所があり、日向灘が一望できた。
2019年04月27日 13:17撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9.5合目まで下ると展望所があり、ここだけ眺望の良い箇所があり、日向灘が一望できた。
2
6合目を通過。
2019年04月27日 13:34撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目を通過。
正面登山道は急登区間もあるが、比較的歩きやすい。
2019年04月27日 13:44撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面登山道は急登区間もあるが、比較的歩きやすい。
林道のある正面登山口に到着。
2019年04月27日 14:00撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道のある正面登山口に到着。
登山口を振り返るとこんな感じで取付く。
2019年04月27日 14:01撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口を振り返るとこんな感じで取付く。
あとは林道を約4km歩くと、
2019年04月27日 14:29撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは林道を約4km歩くと、
駐車場に到着。
お疲れさまでした!
2019年04月27日 14:45撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に到着。
お疲れさまでした!
1
撮影機材:

感想/記録

さあ、待ちに待った10連休が始まりました。
今回の山旅は、家族から許しを得て(笑)、連休前半に九州の二百名山巡りをすることにしました。

交通手段は飛行機+レンタカーを検討しましたが、既に満席で予約できず。。
止むを得ず、新潟から1200kmの果てしない道のりを運転し、まずは宮崎県の尾鈴山にやってきました。

山頂のピークハントであれば、正面登山口からピストンするのが手っ取り早いです。
しかし、終始、樹林帯に覆われ、正直パッとしない山のようなので、尾鈴山の南側にある瀑布群も含め周回してみました。
それでも、なんで200名山と??な感じはありましたが、本日は強風だったので、これはこれで有りと考え、早速、地元の名店でチキン南蛮を頂き、運転の疲れを温泉で癒しました。


<2日目の大崩山に続く>
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1818783.html
<2日目の高千穂峰に続く>
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1818811.html
<2日目の桜島(おまけ)に続く>
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1820037.html
<3日目の市房山に続く>
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1824896.html
<4日目の三瓶山に続く>
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1824942.html
<4日目の蒜山に続く>
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1825071.html
訪問者数:183人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ