また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1825692 全員に公開 ハイキング丹沢

東野〜蛭ヶ岳〜丹沢山〜塔ノ岳〜大倉

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
橋本駅より三ヶ木行きバス、三ヶ木乗り換えで月夜野行きに乗換
月夜野行きは朝1本午後1本の一日2本なので注意
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間58分
休憩
2時間29分
合計
10時間27分
S東野07:3508:11八丁坂ルート入口08:30Rest08:3509:57八丁坂ノ頭10:0510:25姫次10:2610:36原小屋平11:05Rest11:1312:00蛭ヶ岳12:5313:24棚沢ノ頭14:10丹沢山14:2714:44竜ヶ馬場15:19塔ノ岳16:0816:47堀山の家17:02駒止茶屋17:1017:32雑事場ノ平18:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所はない。
ヤマヒルの被害もなし。
東野〜蛭ヶ岳間はコース整備されており歩きやすい。
蛭ヶ岳〜丹沢山間はところどころぬかるんでいたり、階段が壊れていたり荒れているが問題なし。
その他周辺情報大倉より、温泉に入らず帰宅。

装備

備考 日の長い時期にやってみたかった日帰りでの丹沢縦走。
元気があれば檜洞に抜けようと思っていたが、蛭ヶ岳まででかなりばてて断念。
それなら人の多い大倉尾根を避けて、鍋割によって帰ろうと考えるも、蛭〜塔の稜線歩きのアップダウンに苦しみなかなかタイムを詰めることが出来ず、最短で大倉に下りました。
塔ノ岳まではさほど人も多くなく、落ち着いた山行を楽しめますが、塔ノ岳からは世界が変わります・・・

写真

橋本駅北口6時2分発三ヶ木行に乗車。
立たれている方もちらほらの混雑。臨時バスなどはなし。
2019年05月03日 06:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋本駅北口6時2分発三ヶ木行に乗車。
立たれている方もちらほらの混雑。臨時バスなどはなし。
1
三ヶ木での乗換はすぐ隣なので迷うことも乗り遅れる事もない。
相変わらずの混雑ですが、焼岳登山口・西野々で大分降りる。
2019年05月03日 07:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ヶ木での乗換はすぐ隣なので迷うことも乗り遅れる事もない。
相変わらずの混雑ですが、焼岳登山口・西野々で大分降りる。
東野で下車は10名、見た感じ8名が単独行。
左の道をまっすぐ進んでいく。
2019年05月03日 07:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東野で下車は10名、見た感じ8名が単独行。
左の道をまっすぐ進んでいく。
すぐに道標があります。あとはそれに従っていくだけ
2019年05月03日 07:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに道標があります。あとはそれに従っていくだけ
特に道標はありませんが、ここより林道。
2019年05月03日 08:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特に道標はありませんが、ここより林道。
写真撮り忘れましたが、途中ゲートがあります。ゲートの横から入って、そのまままっすぐ進むと、しばらくして分岐。ここから登山道です。
2019年05月03日 08:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真撮り忘れましたが、途中ゲートがあります。ゲートの横から入って、そのまままっすぐ進むと、しばらくして分岐。ここから登山道です。
登りはやや急ですが、尾根上の歩きやすい道です。
2019年05月03日 08:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りはやや急ですが、尾根上の歩きやすい道です。
途中でモノレールに合流します。乗りたい・・・
2019年05月03日 09:31撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中でモノレールに合流します。乗りたい・・・
主脈縦走路と合流。ここまで標高差900m強。縦走路へのとりつきと侮るなかれ。急登はとりあえずここまで。ここからは登山者が人が少し増えます。
2019年05月03日 10:11撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主脈縦走路と合流。ここまで標高差900m強。縦走路へのとりつきと侮るなかれ。急登はとりあえずここまで。ここからは登山者が人が少し増えます。
木の間から蛭ヶ岳が見えるようになります。まだ遠い・・・
2019年05月03日 10:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間から蛭ヶ岳が見えるようになります。まだ遠い・・・
分岐から蛭ヶ岳まで、木道がよく整備されていて、とても歩きやすいです。
2019年05月03日 10:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐から蛭ヶ岳まで、木道がよく整備されていて、とても歩きやすいです。
程なく姫次。突如目の前に富士山が姿を現します。
2019年05月03日 10:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
程なく姫次。突如目の前に富士山が姿を現します。
姫次から少し下り、そのあとは小さいアップダウンの連続。ずっと1300mちょいの標高を行ったり来たり・・・疲れる・・・
2019年05月03日 10:53撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次から少し下り、そのあとは小さいアップダウンの連続。ずっと1300mちょいの標高を行ったり来たり・・・疲れる・・・
アップダウンに飽きた頃、登りの急な階段が出てきます。ここから本格的な登り開始・・・とはいかず、この後もアップダウンが・・・
2019年05月03日 11:06撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンに飽きた頃、登りの急な階段が出てきます。ここから本格的な登り開始・・・とはいかず、この後もアップダウンが・・・
本格的な登り。登りはひたすら階段。歩きやすい。辛いけど。
2019年05月03日 11:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本格的な登り。登りはひたすら階段。歩きやすい。辛いけど。
右手にずっと富士山と檜洞が見えます。角度によってはちょうど重なることも。
2019年05月03日 11:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手にずっと富士山と檜洞が見えます。角度によってはちょうど重なることも。
1
蛭ヶ岳まで0.4kmの看板が4回出てきます。それを過ぎればもう一押し!
2019年05月03日 11:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳まで0.4kmの看板が4回出てきます。それを過ぎればもう一押し!
山頂の人口はこれ位。
すこし霞気味でしたが、富士山だけでなく、南アルプスも見えました。
2019年05月03日 12:53撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の人口はこれ位。
すこし霞気味でしたが、富士山だけでなく、南アルプスも見えました。
3
檜洞は近くに見えるのですが、かなり下ってから、アップダウンを繰り返したのち、登り返しなので、かなりハード。蛭まででバテ気味なので、今日はパス。
2019年05月03日 12:53撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞は近くに見えるのですが、かなり下ってから、アップダウンを繰り返したのち、登り返しなので、かなりハード。蛭まででバテ気味なので、今日はパス。
左が丹沢山?目立たない・・・
2019年05月03日 13:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が丹沢山?目立たない・・・
塔ノ岳の尊仏山荘がはっきり見えます
2019年05月03日 13:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳の尊仏山荘がはっきり見えます
丹沢らしからぬ鬼が岩の頭の登り。鎖も張ってありますが、なくても問題ないレベル。
2019年05月03日 13:15撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢らしからぬ鬼が岩の頭の登り。鎖も張ってありますが、なくても問題ないレベル。
2
100m位の標高差だが、丹沢山への登り返しが結構しんどい。
2019年05月03日 13:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
100m位の標高差だが、丹沢山への登り返しが結構しんどい。
丹沢山山頂。人口は蛭より少ない。
2019年05月03日 14:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山山頂。人口は蛭より少ない。
1
塔ノ岳まであとちょっと!登り返しは丹沢山よりはるかに楽。
2019年05月03日 15:16撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳まであとちょっと!登り返しは丹沢山よりはるかに楽。
塔ノ岳山頂。3時半なのにこの人口・・・昼時はどれだけいたんだろうか・・・
2019年05月03日 15:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂。3時半なのにこの人口・・・昼時はどれだけいたんだろうか・・・
1
15年ぶりの大倉尾根でしたが、砂礫地帯だった花立の登山道の両側の植生が復活している!関係者の方の努力に頭が下がります。邪道、よくない!
2019年05月03日 16:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15年ぶりの大倉尾根でしたが、砂礫地帯だった花立の登山道の両側の植生が復活している!関係者の方の努力に頭が下がります。邪道、よくない!
大倉尾根は16時を過ぎても人がたくさん。多すぎて登山者と挨拶を交わす事は殆どありませんでした。
2019年05月03日 18:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根は16時を過ぎても人がたくさん。多すぎて登山者と挨拶を交わす事は殆どありませんでした。
訪問者数:149人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 林道 道標 木道 モノレール 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ