また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1829172 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

白馬鑓ヶ岳:大雪渓から杓子岳経由

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候約束された快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
猿倉荘の登山者用駐車場。
下山時でも半分ほどの埋まり具合。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間29分
休憩
1時間30分
合計
8時間59分
S猿倉登山口駐車場04:2805:22白馬尻荘05:2505:27白馬尻小屋05:3207:15岩室跡07:2609:20杓子岳09:3510:39鑓ヶ岳11:1611:40白馬鑓温泉小屋11:5012:53小日向のコル(1824m)13:0213:12猿倉台地(1502m)13:15水芭蕉平13:21猿倉荘13:26猿倉登山口駐車場13:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
駐車場のすぐ上からシールで歩けます。
その他周辺情報みみずくの湯。
600円のところモンベルカードで100円引き。
いつも混んでいる。
おびなたの湯。
600円のところ、モンベルカードで100円引き。
浴槽は露天のみで広いですが、洗い場が3箇所しかないので、順番待ちになることが多いです。

装備

個人装備 ザック(mhmパウダーケグ32) スキー板(ディナフィットバルトロ 158cm) ビンディング(G3タルガアッセント) クトー(G3アッセントクランポン) テレマークブーツ(スカルパT2X) セルフアレストピック(BDウィペット×2) ヘルメット(ベアールアトランティス) ビーコン(マムートエレメントバリーボックス) プローブ(オルトボックス320cm) スコップ(BDディプロイ) ヘッドランプ(ペツルアクティック) クランポン(BDセラッククリップ) サングラス(オークリーレーダーパス) 日焼け止め リップクリーム ビーニー(BD) ヘルメットビーニー(テルヌア) ヘッドバンド(マムート) テムレス インナーグローブ スキーシール(BDグライドライトモヘアミックスカスタムSTS) シールワックス スキーワックス カメラ(CANON IXY32S) GPS(ガーミンeTrex20J) スマホ 携帯 予備電池(単3 単4 モバイル用) 予備ランプ 財布 保険証 ドライバー(+ -) コンパス ナイフ(ビクトリノックススイスチャンプ) 飲料 行動食 非常食 防寒着(ユニクロウルトラライトダウンジャケット) ファーストエイドキット

写真

薄っすらと夜が明けてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄っすらと夜が明けてきた
下山時はここから下りてくる予定
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時はここから下りてくる予定
朝焼け
今一つです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼け
今一つです
大雪渓
デブリが酷いな〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓
デブリが酷いな〜
2
スキーではなく、登山者は主稜に行く人が多い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーではなく、登山者は主稜に行く人が多い
1
デブリのクライマーズレフトを行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリのクライマーズレフトを行く
正面に見えるのが最低鞍部
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に見えるのが最低鞍部
いい天気です
暑くなりそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい天気です
暑くなりそう
1
かなり上がってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり上がってきました
左に天狗菱が大きくなる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に天狗菱が大きくなる
葱平を過ぎて小雪渓側へ入り込む
向こうは白馬岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葱平を過ぎて小雪渓側へ入り込む
向こうは白馬岳
もう少しで最低鞍部
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで最低鞍部
最低鞍部に出ると剱がドーンと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最低鞍部に出ると剱がドーンと
3
雲一つない最高の天気
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲一つない最高の天気
こうやって見ると大雪渓の斜度もかなりある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうやって見ると大雪渓の斜度もかなりある
杓子岳に寄りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子岳に寄りました
1
ここから一旦下って向こうの鑓ヶ岳へ登り返す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから一旦下って向こうの鑓ヶ岳へ登り返す
明日行く予定の頸城方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日行く予定の頸城方面
剱は何度見てもいいね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱は何度見てもいいね!
1
この雪庇もうすぐ落ちそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この雪庇もうすぐ落ちそう
2
さあ後はここを登るのみ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ後はここを登るのみ
つがいの雷鳥がいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つがいの雷鳥がいました
5
雄の方が夏毛が多いですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄の方が夏毛が多いですね
1
ここにも雷鳥さん
雌だけです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも雷鳥さん
雌だけです
岩の上にも雷鳥さんがひょっこり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の上にも雷鳥さんがひょっこり
あなたも雌ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あなたも雌ですね
1
最高の天気と展望です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の天気と展望です
2
穂高に雲がかかっているのみです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高に雲がかかっているのみです
2
何度見ても格好いいな〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度見ても格好いいな〜
2
撮っていただきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮っていただきました
3
ではようやく滑走
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ではようやく滑走
鑓沢は怖いので行きません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鑓沢は怖いので行きません
右側の大出原へ滑り込みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の大出原へ滑り込みます
すべすべザラメの大斜面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すべすべザラメの大斜面
2
鑓温泉に少し浸かって行こうと思ってたら、大盛況なのでそのまま通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鑓温泉に少し浸かって行こうと思ってたら、大盛況なのでそのまま通過
1
この辺りから若干腐ってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから若干腐ってきた
鑓温泉手前で団体さんが列を作っています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鑓温泉手前で団体さんが列を作っています
1
杓子沢も良さそう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子沢も良さそう!
山頂で一緒になった方はあの細い鑓沢を滑ってきたそうだ
痺れたらしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で一緒になった方はあの細い鑓沢を滑ってきたそうだ
痺れたらしい
小日向のコルに登り返す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小日向のコルに登り返す
これでもう登らなくて済む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これでもう登らなくて済む
夏道に沿って下りるが、意外と尾根滑走も楽しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道に沿って下りるが、意外と尾根滑走も楽しい
1
一気に登山口まで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に登山口まで
1

感想/記録
by ktn92

GW後半は天気が良さそうで、この日から山へ入ることが出来た。
翌日は妙高北面に入る予定だったので、その前に猿倉へ寄り、昨年は白馬岳に登ったので、今回は白馬鑓ヶ岳に向かうこととした。
駐車場からすぐにシールで歩き始め、長走沢はまだしっかりとしたブリッジがあったので楽々渡るが、白馬尻小屋まで来るとデブリの山がお出迎えだった。
登山者は皆さん主稜へ向かう人ばかりで、大雪渓方面へのシールハイクは、わたくしが一番乗り。
デブリを避けて左側を進むが、ツボ足トレースが固くなっており、これまた歩き難いこと。
そのうちにデブリもなくなり、クトーを装着して大雪渓とおさらばし、小雪渓側へと進んでいく。
最低鞍部まではシールで登り、稜線は土が出ていたのでまずはブーツのまま進んでいく。登山者さんたちはそのままアイゼンで歩いていた。
しばらく進み、杓子岳と杓子沢コルの分岐からアイゼンを装着し、とりあえず杓子岳も踏んでいく。
杓子沢コルから鑓ヶ岳への登りでは、雷鳥さんがトータル4羽お目見え。
ペアになっていないと思われる雌2羽は早く雄を見つけて繁殖に励んでください。
鑓ヶ岳山頂からはボーダーの方1名は大出原へ、スキーの方1名は鑓沢方面に飛び込んでみるとのこと。
私は安全第一で大出原からちょっと温泉に浸かろうと進んでいく。大斜面を貸し切りで滑り、温泉に着くと流石GWですね。たくさんの人・・・
諦めてそのまま下っていくことにしました。またのチャンスに・・・
小日向のコルへもうひと踏ん張りし、後は登山口目指してナイスザラメの斜面を滑って終了しました。
訪問者数:279人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/4/6
投稿数: 22
2019/5/6 18:55
 無題
いつも素晴らしい記録拝見してます。
当日私達3人も白馬鑓温泉に向かっていました。小日向のコルと猿倉台地の途中ですれ違いだったようです。お会いして話をさせていただきたかったですが残念(ー ー;)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ