また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1845221 全員に公開 トレイルラン奥多摩・高尾

雲取山から三峯神社参拝

日程 2019年05月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間41分
休憩
1時間5分
合計
7時間46分
S鴨沢バス停07:0307:18丹波山村村営駐車場07:21小袖緑道あがり07:55茶煮場07:5608:09堂所08:38七ッ石小屋下分岐08:4408:45七ツ石小屋08:5408:57七ツ石山の水場08:5809:05上段と下段の分岐09:0609:11ブナ坂09:30奥多摩小屋09:36ヨモギノ頭09:3709:56小雲取山09:5710:09雲取山避難小屋10:1110:13雲取山10:2910:39雲取山荘10:4410:54大ダワ11:31白岩山11:38白岩小屋11:4111:55前白岩山11:5712:02前白岩山の肩12:0712:21お清平12:2212:36霧藻ヶ峰休憩舎12:3712:40霧藻ヶ峰12:4113:08妙法ヶ岳分岐13:0913:20三峯神社バス停13:33三峯神社13:4014:19薬師堂跡14:2014:43大輪駅跡地14:49大輪バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
三峯神社に向かう道は急峻で、ところどころ道幅狭いところがあり注意していけば
危険な個所はなし

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ 靴下 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 行動食 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル

写真

昨年7月以来に鴨沢に訪れたが奥多摩湖の水量が相当少なかったのには驚きました。
2019年05月11日 06:50撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年7月以来に鴨沢に訪れたが奥多摩湖の水量が相当少なかったのには驚きました。
お決まりのスタート前の鴨沢バス停を撮影。
始発バスには10人ほどのハイカーがいてトイレ待ちの間にしっかりと準備体操を行いました。
2019年05月11日 06:50撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お決まりのスタート前の鴨沢バス停を撮影。
始発バスには10人ほどのハイカーがいてトイレ待ちの間にしっかりと準備体操を行いました。
1
七ツ石小屋に立ち寄る。ここから富士山が見える?見えない?
でここからの雲取山山頂に向かうモチベーションはおのずと変わります。今日はうっすら雲がかかっていますが、雪がかぶさった富士山が見えるのでまずまずの感じです。
2019年05月11日 08:50撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋に立ち寄る。ここから富士山が見える?見えない?
でここからの雲取山山頂に向かうモチベーションはおのずと変わります。今日はうっすら雲がかかっていますが、雪がかぶさった富士山が見えるのでまずまずの感じです。
1
よーく見ると屋根とかがだいぶ傷んでいる。屋根もつぎはぎしている様子。大丈夫かなと心配になる。
奥多摩小屋が2019年3月31日に閉鎖となったが理由は
設備の老朽化で宿泊者の安全を確保できないから。
ここでテン泊はないが、いつかここでテント泊してみたいと
思ったのでとても残念でならない。
2019年05月11日 08:50撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よーく見ると屋根とかがだいぶ傷んでいる。屋根もつぎはぎしている様子。大丈夫かなと心配になる。
奥多摩小屋が2019年3月31日に閉鎖となったが理由は
設備の老朽化で宿泊者の安全を確保できないから。
ここでテン泊はないが、いつかここでテント泊してみたいと
思ったのでとても残念でならない。
この山頂を示す標識も立派に刷新されたが、
ここにお金が出る分のいくらかでも山小屋に
補助金等を出して継続してほしかった。
雲取山 大事な自然遺産です。
東京・山梨・埼玉県でお金を出し合ってほしい。
2019年05月11日 10:14撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山頂を示す標識も立派に刷新されたが、
ここにお金が出る分のいくらかでも山小屋に
補助金等を出して継続してほしかった。
雲取山 大事な自然遺産です。
東京・山梨・埼玉県でお金を出し合ってほしい。
以前、お世話になった雲取山荘
でも、その時はテント泊でした。
2019年05月11日 10:42撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前、お世話になった雲取山荘
でも、その時はテント泊でした。
いつもながら、この水の放水量はすばらしい。
少々お水を拝借させていただきました。
2019年05月11日 10:42撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもながら、この水の放水量はすばらしい。
少々お水を拝借させていただきました。
白岩小屋のところが開けていてとても景色がよかった。
2019年05月11日 11:41撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白岩小屋のところが開けていてとても景色がよかった。
和名倉山の展望はよかった。
2019年05月11日 11:41撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和名倉山の展望はよかった。
白岩小屋 どうもここも閉鎖されているらしい。
窓越しから、部屋の中の様子が少しうかがえたが
ふとんが散乱していた。ちょっと怖い感じ
2019年05月11日 11:41撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白岩小屋 どうもここも閉鎖されているらしい。
窓越しから、部屋の中の様子が少しうかがえたが
ふとんが散乱していた。ちょっと怖い感じ
三峰雲取自然研究路 案内図
この案内地図がいくつか設置されていたが
現在地が記載されて、自分が今、どの位置にいるのか?
とてもわかりやすくて親切な案内図です。
三峰神社までの距離表示も約500m間隔であり
とても安心します。
2019年05月11日 12:22撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰雲取自然研究路 案内図
この案内地図がいくつか設置されていたが
現在地が記載されて、自分が今、どの位置にいるのか?
とてもわかりやすくて親切な案内図です。
三峰神社までの距離表示も約500m間隔であり
とても安心します。
悲恋に泣いた炭焼の娘、お清の物語または
修験者が小石に経文を書いて埋めた所とも言われているそうです。
2019年05月11日 12:22撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悲恋に泣いた炭焼の娘、お清の物語または
修験者が小石に経文を書いて埋めた所とも言われているそうです。
霧藻ヶ峰休憩舎(きりもがみねきゅうけいしゃ)
土日祝に不定期営業、コーヒー・ペット飲料・ビール・カップ麺など。休憩舎前に「霧藻ヶ峰」の山名標識あり。
2019年05月11日 12:36撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧藻ヶ峰休憩舎(きりもがみねきゅうけいしゃ)
土日祝に不定期営業、コーヒー・ペット飲料・ビール・カップ麺など。休憩舎前に「霧藻ヶ峰」の山名標識あり。
ドリンク陳列棚もあるくらいここでのドリンク販売は
長い歴史がありそう。
ここまでドリンクを荷揚げするご苦労には感銘を受けるが
ただ、常温でコーラで400円は遠慮させていただいた。
2019年05月11日 12:36撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドリンク陳列棚もあるくらいここでのドリンク販売は
長い歴史がありそう。
ここまでドリンクを荷揚げするご苦労には感銘を受けるが
ただ、常温でコーラで400円は遠慮させていただいた。
このきりもがみねの標識が倒れそうだった。
2019年05月11日 12:37撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このきりもがみねの標識が倒れそうだった。
霧藻ヶ峰休憩舎からの眺め1
2019年05月11日 12:37撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧藻ヶ峰休憩舎からの眺め1
霧藻ヶ峰休憩舎からの眺め2
たいして違いがなく すみません。
2019年05月11日 12:37撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧藻ヶ峰休憩舎からの眺め2
たいして違いがなく すみません。
秩父宮両殿下御尊影レリーフ。さっきの霧藻ヶ峰(きりもがみね)の名前は昭和8年に秩父宮様が命名したそうです。
「霧藻」とはサルオガセのことで、 ブナ林など落葉広葉樹林の霧のかかるような森林の樹上に絡んで垂れ下がる様に着生する植物とのこと。
2019年05月11日 12:38撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父宮両殿下御尊影レリーフ。さっきの霧藻ヶ峰(きりもがみね)の名前は昭和8年に秩父宮様が命名したそうです。
「霧藻」とはサルオガセのことで、 ブナ林など落葉広葉樹林の霧のかかるような森林の樹上に絡んで垂れ下がる様に着生する植物とのこと。
鳥居が見えてきて一安心
2019年05月11日 13:16撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居が見えてきて一安心
三つ柱の鳥居が見えてきました。
これもパワースポットらしい
2019年05月11日 13:23撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ柱の鳥居が見えてきました。
これもパワースポットらしい
下山道から歩いてくると左手に
随身門(ずいじんもん)が見えてきます。
2019年05月11日 13:30撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山道から歩いてくると左手に
随身門(ずいじんもん)が見えてきます。
随身門(ずいじんもん)
随身1の姿の守護神像を左右に安置した神社の門?
さっぱりわかりませんが、まずはここから拝まなければ!
2019年05月11日 13:26撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
随身門(ずいじんもん)
随身1の姿の守護神像を左右に安置した神社の門?
さっぱりわかりませんが、まずはここから拝まなければ!
1
随身門(ずいじんもん) 下部からの画像
2019年05月11日 13:27撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
随身門(ずいじんもん) 下部からの画像
揺拝殿からの眺め1
2019年05月11日 13:29撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
揺拝殿からの眺め1
揺拝殿からの眺め2
2019年05月11日 13:29撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
揺拝殿からの眺め2
先に見えるのが三峰神社奥宮 ちゃんと拝みました。
ここもパワースポットらしい。
2019年05月11日 13:29撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に見えるのが三峰神社奥宮 ちゃんと拝みました。
ここもパワースポットらしい。
ヤマトタケルノミコト銅像があります。
三峰神社の名前の由来は三峰とは、雲取山・白岩山・妙法ヶ岳の三山を表し、は日本武尊(やまとたけるのみこと)が創建したそうです。
2019年05月11日 13:31撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマトタケルノミコト銅像があります。
三峰神社の名前の由来は三峰とは、雲取山・白岩山・妙法ヶ岳の三山を表し、は日本武尊(やまとたけるのみこと)が創建したそうです。
神楽殿(かぐらでん)
神楽を奏するための建物
2019年05月11日 13:35撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神楽殿(かぐらでん)
神楽を奏するための建物
800年御神木
2019年05月11日 13:38撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
800年御神木
畠山重時が奉納されたと伝わる御神木
樹齢800年前(鎌倉時代)と言われているそうです。
触るとパワーを貰える神木なので、触ってきました。
2019年05月11日 13:43撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畠山重時が奉納されたと伝わる御神木
樹齢800年前(鎌倉時代)と言われているそうです。
触るとパワーを貰える神木なので、触ってきました。
拝殿です。
2019年05月11日 13:43撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拝殿です。
三峰神社からの下山道は古いいにしえの時代から
使われていた三峰表参道を下っていきました。
ロープウェイもなかった時代ここが三峰神社に向かう
メインルートで参拝者の休憩所だったところです。
2019年05月11日 14:18撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰神社からの下山道は古いいにしえの時代から
使われていた三峰表参道を下っていきました。
ロープウェイもなかった時代ここが三峰神社に向かう
メインルートで参拝者の休憩所だったところです。
清浄の滝
2019年05月11日 14:28撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清浄の滝
三峰表参道の登山道はここからはじまります。
朱塗りの【登竜橋】
2019年05月11日 14:46撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰表参道の登山道はここからはじまります。
朱塗りの【登竜橋】
うどん屋さん ほそぼそと営んでいる感じです。
2019年05月11日 14:48撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うどん屋さん ほそぼそと営んでいる感じです。
帰りは秩父駅ちかくにある珍達そばに立ち寄って
一人でご褒美の一杯をいただきました。
2019年05月11日 16:59撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは秩父駅ちかくにある珍達そばに立ち寄って
一人でご褒美の一杯をいただきました。
うっししし うまそう! この秩父でしか食べられない
珍達そば
2019年05月11日 17:00撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっししし うまそう! この秩父でしか食べられない
珍達そば
2
餃子もうまい! ペロッと平らげました。
2019年05月11日 17:06撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餃子もうまい! ペロッと平らげました。
2
これだー しょう油ベースのスープが最高にうまい。
ネギがふんだんに入って本当においしい。
鍋の中でタレとスープを合わせ、麺と具を投入
ゴマ油で香りを加え、鍋で調理を完結するので熱々で
うまかったです。また来たいです。
2019年05月11日 17:09撮影 by 506SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これだー しょう油ベースのスープが最高にうまい。
ネギがふんだんに入って本当においしい。
鍋の中でタレとスープを合わせ、麺と具を投入
ゴマ油で香りを加え、鍋で調理を完結するので熱々で
うまかったです。また来たいです。
4

感想/記録
by ohto

一度、鴨沢から登って雲取山を経て三峯神社に参拝したいと思っていたので
今回、念願が叶ってよかった。
通常コースタイムで最終ゴール地点に向かうと到着は夜になってしまい
バスに乗れなくなってしまうので、トレランスタイルでコースタイム×0.7の
計画をヤマプラで立てた。バスに乗れなくなってしまう強迫観念をバネに
雲取山頂を目指し、そこから先は大休止を取らずに進んだおかげで三峰神社で
ゆっくりと参拝する時間も取れて、大輪バス停到着14時48分で15時台の
西武秩父行きのバスに乗れてよかった。この動画は白岩小屋からの眺望です。
200名山 和名倉山の眺望がいいです。



三峰神社に立ち寄り、パワースポットでよい気をいただいた。
また、ゆっくりと参拝することが出来た。
限られた時間で、神社の境内を散策して拝殿で拝んできた。
帰りは、車もロープウェイのなかった時代にメインルートだった
表参道を下った。歴史ある山道を下ってきたが、次回はここから登って
神社に向かいたい。
訪問者数:118人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ