また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1885771 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走四国剣山

剣山周回 見ノ越から反時計回りで

日程 2019年06月06日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
14時間22分
休憩
2時間45分
合計
17時間7分
S見ノ越登山口01:1402:05丸笹山02:0604:10塔の丸04:1305:50名頃登山口07:3408:06林道登山口08:54ダケモミの丘09:39三嶺ヒュッテ09:5910:09三嶺10:1410:50カヤハゲ11:40白髪避難小屋12:33平和丸13:52高ノ瀬14:0114:35丸石避難小屋14:4515:11丸石15:1616:25次郎笈16:2717:20剣山17:26剣山頂上ヒュッテ17:2717:41刀掛ノ松17:47リフト西島駅17:4818:16見ノ越登山口18:2018:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
見ノ越から丸笹山へのルートは、正規登山道ではない為バリルートのようなものです。自己責任で。
塔の丸から名頃へのルートは、急な坂が多く、迷いやすいので気を付けて。

写真

草木も眠る時間帯に登り始めます。
さすがに誰も登っている人はいない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草木も眠る時間帯に登り始めます。
さすがに誰も登っている人はいない
1
階段の上がまったく見えないくらい真っ暗です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段の上がまったく見えないくらい真っ暗です
気温13度、厚い防寒着は置いてきたので、心配だったが問題なしと確信する
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温13度、厚い防寒着は置いてきたので、心配だったが問題なしと確信する
ここから、周回ルートへ進みます。ルートは、わかりにくいが、登りならなんとかなりそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから、周回ルートへ進みます。ルートは、わかりにくいが、登りならなんとかなりそう
尾根にあがると、踏み跡を発見する。この踏み跡をしばらくなぞってみよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根にあがると、踏み跡を発見する。この踏み跡をしばらくなぞってみよう
1
大岩を何度か乗り越えて、最後の笹を適当に登ると、丸笹山山頂に到着。先輩方のアドバイスで「適当に登れば大丈夫」という事でしたが、本当に適当のぼりで登れました(^_^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩を何度か乗り越えて、最後の笹を適当に登ると、丸笹山山頂に到着。先輩方のアドバイスで「適当に登れば大丈夫」という事でしたが、本当に適当のぼりで登れました(^_^;)
2
丸笹山から次の塔の丸へは一度しゃどうにでる。
そこまでのルートも尾根ルートを進みます。
若干、思ったところじゃない所に出てしまいましたが、何とか車道に出た。道路標識以外は光を吸収するような暗闇です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸笹山から次の塔の丸へは一度しゃどうにでる。
そこまでのルートも尾根ルートを進みます。
若干、思ったところじゃない所に出てしまいましたが、何とか車道に出た。道路標識以外は光を吸収するような暗闇です
1
塔の丸までのルートは一般的なルート、勝手知ったる場所なので、問題なく進みます。
ただ、真っ暗闇を一人で歩くと、心細いものです。
ぴよんぴよんって、へんな音がずーっと着いてきてるのが気になったが、夜が明けるころには消えていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔の丸までのルートは一般的なルート、勝手知ったる場所なので、問題なく進みます。
ただ、真っ暗闇を一人で歩くと、心細いものです。
ぴよんぴよんって、へんな音がずーっと着いてきてるのが気になったが、夜が明けるころには消えていました。
2
塔の丸山頂 到着
ここで、朝日でも見ようかと思っていましたが、予定よりは早くついてしまいました。待っていてもしょうがないので、先に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔の丸山頂 到着
ここで、朝日でも見ようかと思っていましたが、予定よりは早くついてしまいました。待っていてもしょうがないので、先に進みます。
1
少し明るくなってきました。塔の丸山頂から、朝日が見ることができたかもしれませんんが、この山頂ピークのシルエットもなかなかのもの
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し明るくなってきました。塔の丸山頂から、朝日が見ることができたかもしれませんんが、この山頂ピークのシルエットもなかなかのもの
3
剣山と次郎笈が見えていて、あそこがゴールとなるが、今は進むほど離れていく(^_^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣山と次郎笈が見えていて、あそこがゴールとなるが、今は進むほど離れていく(^_^;)
2
ここからが核心部。樹林帯に侵入
急坂で、踏み跡が少なく、迷いポイントだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが核心部。樹林帯に侵入
急坂で、踏み跡が少なく、迷いポイントだ
1
名頃までの激坂ルートを下りながら、対岸の尾根を見ると、あああ、数時間後にはあそこを歩いてるのか、とおいなぁ〜なんて思ってしまった(^_^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名頃までの激坂ルートを下りながら、対岸の尾根を見ると、あああ、数時間後にはあそこを歩いてるのか、とおいなぁ〜なんて思ってしまった(^_^;)
1
激坂は、滑るので気を付けながら歩きます。歩きやすい所ばかり歩いてると、目的地を見失います。強引に進むところもあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
激坂は、滑るので気を付けながら歩きます。歩きやすい所ばかり歩いてると、目的地を見失います。強引に進むところもあります
迷いやすいルートで、動くことのない目印は、三角点地図にも表記されている。もちろんGPSを持っているし、スマートフォンに地図も入れているが、できるだけ見ないようにして、進むのが面白い所。この三角点に到達すると、ほっとするのです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷いやすいルートで、動くことのない目印は、三角点地図にも表記されている。もちろんGPSを持っているし、スマートフォンに地図も入れているが、できるだけ見ないようにして、進むのが面白い所。この三角点に到達すると、ほっとするのです。
名頃にもうすぐというところで、自然の山椒を発見。
いい香りでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名頃にもうすぐというところで、自然の山椒を発見。
いい香りでした
名頃に到着。
ここで、朝食と昼食飲料を持ってきてくれるというサポートをお願いしていたSさんと合流
食料飲料を持ってきてくれることになっていたので、前半は荷物が少なくて済んだ。Sさん有難うございます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名頃に到着。
ここで、朝食と昼食飲料を持ってきてくれるというサポートをお願いしていたSさんと合流
食料飲料を持ってきてくれることになっていたので、前半は荷物が少なくて済んだ。Sさん有難うございます
1
三嶺 名頃登山口
Sさんは、ここから一緒に縦走してくれます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺 名頃登山口
Sさんは、ここから一緒に縦走してくれます
1
林道との合流地点まできました。
なんか変だ、少し歩くだけで暑くなる。
滝のような汗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道との合流地点まできました。
なんか変だ、少し歩くだけで暑くなる。
滝のような汗
樹林帯の新緑を楽しみながら歩きますが、
涼しいはずなのに、暑くて仕方ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の新緑を楽しみながら歩きますが、
涼しいはずなのに、暑くて仕方ない
1
やたらと息を切らせながら、ダケモミの丘で休息。
ここは、旧登山道へはいらないように「Dead End」と書いてある。Dead Endとか行き止まりという意味と分かっている。わかっているが、死んで終わり と思い描いてしまうのは、かなり疲れているのか(^_^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やたらと息を切らせながら、ダケモミの丘で休息。
ここは、旧登山道へはいらないように「Dead End」と書いてある。Dead Endとか行き止まりという意味と分かっている。わかっているが、死んで終わり と思い描いてしまうのは、かなり疲れているのか(^_^;)
これは?シコクテンナンショウ?イシヅチテンナンショウ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは?シコクテンナンショウ?イシヅチテンナンショウ?
まゆみの古木
今年も、新緑の葉をちゃんとつけている。
一安心。赤い花をまた見せてくれるとうれしいなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まゆみの古木
今年も、新緑の葉をちゃんとつけている。
一安心。赤い花をまた見せてくれるとうれしいなぁ
2
森林限界を抜けて、絶景が広がります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界を抜けて、絶景が広がります
2
天気のいい日の三嶺は、どこを見てもきれいだなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気のいい日の三嶺は、どこを見てもきれいだなぁ
1
睡魔と疲労がたまって、思うような登りが出来ていない。
5分だけ寝ると決めて、避難小屋で寝る。
5分だけでも体力は回復できた。どんよりした感じが少し楽になった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
睡魔と疲労がたまって、思うような登りが出来ていない。
5分だけ寝ると決めて、避難小屋で寝る。
5分だけでも体力は回復できた。どんよりした感じが少し楽になった
2
こんな時でも、いつもの写真。
三嶺でいつもの写真を撮って来てというと、この写真をとるに決まっている(^_^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな時でも、いつもの写真。
三嶺でいつもの写真を撮って来てというと、この写真をとるに決まっている(^_^;)
3
三嶺山頂 到着
食事をされている方もいらっしゃいました。
天狗方面から縦走してこられたそうだ。
今日hいい天気で、縦走日和
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺山頂 到着
食事をされている方もいらっしゃいました。
天狗方面から縦走してこられたそうだ。
今日hいい天気で、縦走日和
2
天気がいいので天狗塚どころか、牛の瀬もしっかり見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気がいいので天狗塚どころか、牛の瀬もしっかり見えます。
1
三嶺を後にし、鎖を降ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺を後にし、鎖を降ります
笹原がきれいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原がきれいです
1
ひーひー言いながらカヤハゲ(東熊山)に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひーひー言いながらカヤハゲ(東熊山)に到着
1
こちら側からみる三嶺が一番好きです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちら側からみる三嶺が一番好きです
1
白髪小屋で昼食をとり、休憩
少し進んだところにある平和丸
山頂っぽくない山頂です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白髪小屋で昼食をとり、休憩
少し進んだところにある平和丸
山頂っぽくない山頂です
1
この縦走路の中でも一番好きなところ。
草原を歩いているような気分になる。
草ではなく笹ですけど(^_^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この縦走路の中でも一番好きなところ。
草原を歩いているような気分になる。
草ではなく笹ですけど(^_^;)
4
オオヤマレンゲの群生地は、天然記念物になっていました。
まだ、花は咲いていません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオヤマレンゲの群生地は、天然記念物になっていました。
まだ、花は咲いていません。
おお、最終目的地の剣山が見えた。
まだまだとおいなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、最終目的地の剣山が見えた。
まだまだとおいなぁ
1
高の瀬に到着
疲労がたまりにたまった感じになり、思わず腰を下ろして休憩。
へとへとです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高の瀬に到着
疲労がたまりにたまった感じになり、思わず腰を下ろして休憩。
へとへとです
1
白骨樹 こんなに多かったけ??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白骨樹 こんなに多かったけ??
1
もう、歩きたくない-と思うくらい疲れた。
丸石小屋は樹林帯の中にあり、少しジメッとしている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう、歩きたくない-と思うくらい疲れた。
丸石小屋は樹林帯の中にあり、少しジメッとしている。
丸石小屋の中の板の間に体を横たえて、冷たい床で体温を少しでも下げる。5分ほど横になれば、また少し楽になる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸石小屋の中の板の間に体を横たえて、冷たい床で体温を少しでも下げる。5分ほど横になれば、また少し楽になる
丸石 山頂到着。
この壊れかけた標識は相変わらずだ(^_^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸石 山頂到着。
この壊れかけた標識は相変わらずだ(^_^;)
1
さて、あと、2座
いつもなら、近い すぐに到着 と思って歩く場所だが、
今日は違った、、まだまだ遠いと感じる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、あと、2座
いつもなら、近い すぐに到着 と思って歩く場所だが、
今日は違った、、まだまだ遠いと感じる
1
歯を食いしばって、急登を登り切りなんとか次郎笈に到着。
日暮れまでに下山するためには、休憩などっしていてはだめだ
、すぐに出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歯を食いしばって、急登を登り切りなんとか次郎笈に到着。
日暮れまでに下山するためには、休憩などっしていてはだめだ
、すぐに出発
1
あと一つ しかし、いつも見ていた山が あんなに大きいと感じるとは、弱い心で登ると跳ね返されそうだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと一つ しかし、いつも見ていた山が あんなに大きいと感じるとは、弱い心で登ると跳ね返されそうだ
1
何度も立ち止まりながら、最後の登りを苦しみながら登る。
ひざ痛が限界を超えているが、周回縦走最後の山の剣山に到着し、感慨深い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も立ち止まりながら、最後の登りを苦しみながら登る。
ひざ痛が限界を超えているが、周回縦走最後の山の剣山に到着し、感慨深い
本日歩いた山々が全部見える。
輝いて見えるのだ、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日歩いた山々が全部見える。
輝いて見えるのだ、、
頂上ヒュッテ前で腰を下ろして休憩していると、スタッフの方に声を掛けられる。今日の行程を話すると、「えー それはすごい!!」と言っていただけた。
いや、でも、僕の周りには周回してない人の方が少ないような、、改めて、周りの山友達のすごさを痛感しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上ヒュッテ前で腰を下ろして休憩していると、スタッフの方に声を掛けられる。今日の行程を話すると、「えー それはすごい!!」と言っていただけた。
いや、でも、僕の周りには周回してない人の方が少ないような、、改めて、周りの山友達のすごさを痛感しました
下山は、楽勝と思っていたが、足を進めるたび膝が激痛だ
もう少しでゴール
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は、楽勝と思っていたが、足を進めるたび膝が激痛だ
もう少しでゴール
1
今朝は、この横を通過して登った。
ここを通過した時点で周回は完了したが、家に帰るまでが山登りです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝は、この横を通過して登った。
ここを通過した時点で周回は完了したが、家に帰るまでが山登りです
2

感想/記録

忘れもしない、2年前、剣山周回チャレンジしようとAM2時ごろに集合した、、集合したものの、豪雨で避難警告が発令し、サイレンもなりまくってた。翌日は天候は回復するとわかっていたものの、夜が明けて、中止となった。その後、縁あって剣山周回を半分回る機会に恵まれ、半分を回った。
何時かは、自分も周回するぞ!!と意志が強くなった。
しかも、できたら、誰の力も借りず一人で、、、

そういう計画を練っていた、、考えれば考えるほど、僕の実力では、無理やなと結論付ける(^_^;)
 さて、誰かに手伝って、もらわなければ、、こんなことを、お願いできるのは、お互いに三嶺を登るだけで、死にそうになってた10年近く前から一緒に登ってる、Sさんしかいなかった。計画を相談すると、「周回するけどいけるやろか?」と「完走できるんちゃう」と返事、「一緒に回りますか?」「ノーサンキュー!!」えー(^_^;) そのかわり、半分のところで食料と飲料を持ってきてくれるという、、ありがたい話です。これで荷物を大幅に軽減できる。しかも、後半はサポーターとして歩いてくれるという。
これで、計画の9割9分が決まった。
だれの力も借りず、、、という観点から、計画は直前まで誰にも言っていなかったが、、真っ暗のあやふやのルートを歩くのはちょっと心配という事で、、直前に周回するという事を発表する。。先輩たちの「てきとうに登れば着くよ」という心強い助言もあり、肝を据える(^_^;)

真っ暗闇を一人で詳しくないルートを歩くのは不安ではあったが、その場に立つと不思議と不安は消えていました。目の前の難関を乗り越えるのに必死(^_^;)
心細さも意外となかった。迷う樹林帯も、ヤバイという事はなく、変な自信があった。大きなトラブルもなく歩けました。

Sさんと合流してからは、会話をしながら歩けたので苦しさは半減するし
途中でなんども励ましてもらえたので、頑張れました。Sさん以外も メールやSNSで応援メッセージをいただき、励みになりました。
有難うございました。
何とか、皆様のおかげで歩ききることができました。

下山後、コーラーがやたらとおいしかった\(^o^)/
訪問者数:192人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/3/8
投稿数: 708
2019/6/9 15:10
 お疲れ様でした
大周回完歩できましたね!夜中2時の丸笹尾根は寂しかったでしょう?大周回を一人で出発した人はねこやま会でも数人でしょう。
誰の力も借りず、の登山なんてありませんよ。一人であっても何かしらの助けがあるから歩けるんだと思います。素晴らしい山行に励まされました!膝大事にして下さいね^^。
登録日: 2012/7/15
投稿数: 36
2019/6/9 22:45
 Re: お疲れ様でした
ありがとうございます
おっしゃる通り、すれ違う見知らぬ人との会話にも励まされました
細かく言えば、道を整備する方にも助けられています
一歩一歩を感謝しながら歩くという事が普通なのかもしれません、
まだ僕は、そこまで達観できていませんが、無事に下山したとき、道中メッセージをくれた方など、ありがたいなぁと感じる山行でした
次にどんなチャレンジをしようか とワクワクしています
登録日: 2012/2/27
投稿数: 1437
2019/6/10 12:08
 おめでとうございます‼
お疲れ様でした❗
大変な暑さのなか日陰の少ない三嶺から剣山の縦走路、想像しただけで倒れそうです‼️(;´д`)
助けといえば、道の無い所を歩くと先人の有り難さが身に染みます‼️
登りだけだった膝の痛み、下りにも及んだようですが、お大事に‼️(>_<)
とにかくお疲れ様でした🎵(^-^)
登録日: 2012/7/15
投稿数: 36
2019/6/10 12:33
 Re: おめでとうございます‼
ありがとうございます
とても暑い一日でした、今度は反対まわりでチャレンジしてみます できたら涼しい日に(^o^;)
膝の痛みは、普段の生活には支障ないのですが、山登りや、トレランをすると痛みが出ます 早く治して、今度は赤石周回ですかね😃

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ