ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 1947783
全員に公開
無雪期ピークハント/縦走
白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳−定番コースを大雪渓から蓮華温泉へ−

2019年07月26日(金) 〜 2019年07月27日(土)
 - 拍手
odavxs その他9人
体力度
5
1泊以上が適当
GPS
30:01
距離
17.7km
登り
1,995m
下り
1,756m
歩くペース
標準
1.21.3
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

1日目
山行
8:12
休憩
1:04
合計
9:16
6:51
60
7:51
7:51
4
7:55
8:14
224
11:58
12:03
39
12:42
12:56
93
14:29
14:30
37
15:07
15:24
19
15:43
15:51
16
16:07
2日目
山行
5:54
休憩
1:39
合計
7:33
5:03
20
5:23
5:52
42
6:34
6:54
46
7:40
7:48
41
8:29
8:31
39
9:10
9:47
76
11:03
11:06
87
12:33
12:33
3
12:36
ゴール地点
天候 ガス〜晴れ
過去天気図(気象庁) 2019年07月の天気図
アクセス
利用交通機関:
バス
六郷からマイクロバスで。
糸魚川IC〜千国街道で白馬へ
その他周辺情報 前泊は、白馬グリーンスポーツの森キャンプ場。
1000円/一人。
フリーサイトで管理棟、食堂トイレあり。
炊事場あり。
よく写真で見る「猿倉荘」
もっと賑わっていると思ったが意外とまばら。
ここで登山届けを提出。
「台風が来ているので注意して登りなさい」と言うことだったらしい。
2019年07月26日 06:58撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 6:58
よく写真で見る「猿倉荘」
もっと賑わっていると思ったが意外とまばら。
ここで登山届けを提出。
「台風が来ているので注意して登りなさい」と言うことだったらしい。
猿倉荘脇から登山開始。
2019年07月26日 06:58撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 6:58
猿倉荘脇から登山開始。
ガスの中稜線が見える。
さすが北アルプス。
稜線がきれい。あの高さまで登るのかと思うと先が長い。
2019年07月26日 07:30撮影 by  DSC-RX100, SONY
1
7/26 7:30
ガスの中稜線が見える。
さすが北アルプス。
稜線がきれい。あの高さまで登るのかと思うと先が長い。
白馬尻まではこのような登山道が続く。
2019年07月26日 07:55撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 7:55
白馬尻まではこのような登山道が続く。
白馬尻小屋が見えてきた。
2019年07月26日 08:04撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 8:04
白馬尻小屋が見えてきた。
小屋すぐ手前にキヌガサソウの群落がある。
しかもロープで見学箇所を広げてくれている。
2019年07月26日 08:05撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 8:05
小屋すぐ手前にキヌガサソウの群落がある。
しかもロープで見学箇所を広げてくれている。
2019年07月26日 08:05撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 8:05
「おっかさん」に見えた(笑)
2019年07月26日 08:06撮影 by  DSC-RX100, SONY
1
7/26 8:06
「おっかさん」に見えた(笑)
ここで小休止。
ミノルさんは早速カップラーメンを注文。
10時以降でなければランチメニューは無いとのこと。
大雪渓の手ぬぐい購入。
2019年07月26日 08:07撮影 by  DSC-RX100, SONY
1
7/26 8:07
ここで小休止。
ミノルさんは早速カップラーメンを注文。
10時以降でなければランチメニューは無いとのこと。
大雪渓の手ぬぐい購入。
大雪渓はもう少し先。
2019年07月26日 08:09撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 8:09
大雪渓はもう少し先。
2019年07月26日 08:25撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 8:25
大雪渓の取り付き。
ここでアイゼン装着。
2019年07月26日 08:42撮影 by  DSC-RX100, SONY
1
7/26 8:42
大雪渓の取り付き。
ここでアイゼン装着。
さあ行こう!
2019年07月26日 08:56撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 8:56
さあ行こう!
2019年07月26日 08:56撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 8:56
土砂が流れてきている。
今年は土砂が多いらしい。
何せ初めてなもので、普通がどれくらいなのか良くわからない・
2019年07月26日 09:03撮影 by  DSC-RX100, SONY
1
7/26 9:03
土砂が流れてきている。
今年は土砂が多いらしい。
何せ初めてなもので、普通がどれくらいなのか良くわからない・
登山者の行列
2019年07月26日 09:53撮影 by  DSC-RX100, SONY
1
7/26 9:53
登山者の行列
雪渓の上にある石は確実に落ちてきたものだよね。
2019年07月26日 09:53撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 9:53
雪渓の上にある石は確実に落ちてきたものだよね。
スプーンカットをうまく利用すれば案外楽チン。
2019年07月26日 10:41撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 10:41
スプーンカットをうまく利用すれば案外楽チン。
雪渓から振り返る。
2019年07月26日 10:46撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 10:46
雪渓から振り返る。
雪渓終了で秋道へ取り付くところ。
右上のほうにトラバース気味に取り付く。
2019年07月26日 10:46撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 10:46
雪渓終了で秋道へ取り付くところ。
右上のほうにトラバース気味に取り付く。
取り付いたところは秋(夏)道が出たばかり?
浮石だらけで、石を落としながら通行する人も多し。
危険!危険!
しかもこの雪の下に滑落したら…
ああ、恐怖!
2019年07月26日 11:11撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 11:11
取り付いたところは秋(夏)道が出たばかり?
浮石だらけで、石を落としながら通行する人も多し。
危険!危険!
しかもこの雪の下に滑落したら…
ああ、恐怖!
杓子岳からの崩落多し。
2019年07月26日 11:20撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 11:20
杓子岳からの崩落多し。
ここから上部はお花が多し。
2019年07月26日 11:20撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 11:20
ここから上部はお花が多し。
2019年07月26日 11:33撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 11:33
2019年07月26日 11:33撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 11:33
クルマユリ!
「車えび」って聞こえた!
2019年07月26日 11:37撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 11:37
クルマユリ!
「車えび」って聞こえた!
ピントがかなり甘いけど「ダイモンジソウ」始めてみたような気がして感動。
なので、ピント甘し。
2019年07月26日 12:18撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 12:18
ピントがかなり甘いけど「ダイモンジソウ」始めてみたような気がして感動。
なので、ピント甘し。
初ウルップソウ
一株だけが先にお目見えする。
2019年07月26日 12:19撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 12:19
初ウルップソウ
一株だけが先にお目見えする。
シナノキンバイもお初か?
ほんとに大きい!!!
ボクは感動しております。
2019年07月26日 12:32撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 12:32
シナノキンバイもお初か?
ほんとに大きい!!!
ボクは感動しております。
ミヤマクワガタ
小学生のときは友人が「ミヤマクワガタ」の天然の昆虫を捕ってきたっけな!
2019年07月26日 12:34撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 12:34
ミヤマクワガタ
小学生のときは友人が「ミヤマクワガタ」の天然の昆虫を捕ってきたっけな!
トラバースはちゃんと管理してくれていた。
ありがとう。ほんとに感謝!!!
2019年07月26日 12:53撮影 by  DSC-RX100, SONY
1
7/26 12:53
トラバースはちゃんと管理してくれていた。
ありがとう。ほんとに感謝!!!
安全にトラバース完了。
2019年07月26日 12:53撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 12:53
安全にトラバース完了。
2019年07月26日 13:04撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 13:04
2019年07月26日 13:05撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 13:05
ただのタンポポか?
だれが植えたんじゃ!
と思ったら、これはシロウマタンポポじゃないですか!
2019年07月26日 13:16撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 13:16
ただのタンポポか?
だれが植えたんじゃ!
と思ったら、これはシロウマタンポポじゃないですか!
ウルップソウも増えてきた。
2019年07月26日 13:19撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 13:19
ウルップソウも増えてきた。
2019年07月26日 13:19撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 13:19
2019年07月26日 13:19撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 13:19
2019年07月26日 13:28撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 13:28
2019年07月26日 13:35撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 13:35
お花畑
2019年07月26日 13:36撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 13:36
お花畑
2019年07月26日 13:37撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 13:37
2019年07月26日 13:37撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 13:37
村営小屋までやっとたどり着いた。
まだ雨は降ってこない。
2019年07月26日 14:35撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 14:35
村営小屋までやっとたどり着いた。
まだ雨は降ってこない。
ウルップソウだらけ
2019年07月26日 14:40撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 14:40
ウルップソウだらけ
テント場はこやの裏手にあるようだ
2019年07月26日 14:41撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 14:41
テント場はこやの裏手にあるようだ
2019年07月26日 14:46撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 14:46
さあ白馬山荘に向かっていこう
2019年07月26日 14:51撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 14:51
さあ白馬山荘に向かっていこう
2019年07月26日 14:55撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 14:55
2019年07月26日 14:55撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 14:55
2019年07月26日 14:55撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 14:55
2019年07月26日 14:57撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 14:57
ここまでお花が多し
2019年07月26日 14:57撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 14:57
ここまでお花が多し
白馬山荘着。
2019年07月26日 15:13撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 15:13
白馬山荘着。
明日の天気はあてにならないので山頂踏めるときには踏んでおこうと重い。すぐに、山頂へ向かうこととした。
2019年07月26日 15:20撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 15:20
明日の天気はあてにならないので山頂踏めるときには踏んでおこうと重い。すぐに、山頂へ向かうこととした。
2019年07月26日 15:44撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 15:44
そこが山頂ね
2019年07月26日 15:52撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 15:52
そこが山頂ね
三角点も。
2019年07月26日 15:53撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 15:53
三角点も。
標柱も。
2019年07月26日 15:53撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 15:53
標柱も。
真っ白
2019年07月26日 16:05撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/26 16:05
真っ白
小屋では宴会
2019年07月26日 16:57撮影 by  DSC-RX100, SONY
2
7/26 16:57
小屋では宴会
翌朝は
晴れた!
日ごろの行いか?それとも強烈な晴れ男か?
2019年07月27日 04:33撮影 by  DSC-RX100, SONY
1
7/27 4:33
翌朝は
晴れた!
日ごろの行いか?それとも強烈な晴れ男か?
剣・立山方面
剣がとんがっている。
2019年07月27日 05:09撮影 by  DSC-RX100, SONY
1
7/27 5:09
剣・立山方面
剣がとんがっている。
2019年07月27日 05:09撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 5:09
そして、山頂に向かう。
2019年07月27日 05:17撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 5:17
そして、山頂に向かう。
2019年07月27日 05:27撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 5:27
山頂からの雲海
2019年07月27日 05:27撮影 by  DSC-RX100, SONY
1
7/27 5:27
山頂からの雲海
雲海2
2019年07月27日 05:38撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 5:38
雲海2
2019年07月27日 05:39撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 5:39
鹿島槍の耳二つも
2019年07月27日 05:41撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 5:41
鹿島槍の耳二つも
北部から望む「北アルプス」全山
2019年07月27日 05:41撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 5:41
北部から望む「北アルプス」全山
山頂で「スイカ」
背負ってきてくれた方ありがとう。ご馳走様。
2019年07月27日 05:47撮影 by  DSC-RX100, SONY
1
7/27 5:47
山頂で「スイカ」
背負ってきてくれた方ありがとう。ご馳走様。
2019年07月27日 05:48撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 5:48
2019年07月27日 05:50撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 5:50
2019年07月27日 05:50撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 5:50
2019年07月27日 05:50撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 5:50
2019年07月27日 06:15撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 6:15
2019年07月27日 06:16撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 6:16
2019年07月27日 06:16撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 6:16
2019年07月27日 06:16撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 6:16
2019年07月27日 06:19撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 6:19
2019年07月27日 06:19撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 6:19
2019年07月27日 06:21撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 6:21
2019年07月27日 06:40撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 6:40
2019年07月27日 06:41撮影 by  DSC-RX100, SONY
1
7/27 6:41
2019年07月27日 06:41撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 6:41
雪倉岳(栂海街道)方面
2019年07月27日 06:45撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 6:45
雪倉岳(栂海街道)方面
青空がいいね
2019年07月27日 07:39撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 7:39
青空がいいね
2019年07月27日 07:46撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 7:46
2019年07月27日 07:59撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 7:59
ハクサンイチゲと雲纏う白馬
2019年07月27日 08:13撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 8:13
ハクサンイチゲと雲纏う白馬
白馬大池まで降りてきた。
2019年07月27日 09:19撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 9:19
白馬大池まで降りてきた。
2019年07月27日 09:19撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 9:19
2019年07月27日 10:03撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 10:03
2019年07月27日 11:05撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 11:05
2019年07月27日 11:12撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 11:12
2019年07月27日 11:12撮影 by  DSC-RX100, SONY
1
7/27 11:12
2019年07月27日 11:12撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 11:12
2019年07月27日 11:12撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 11:12
2019年07月27日 12:44撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 12:44
2019年07月27日 12:44撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 12:44
下山完了
2019年07月27日 12:45撮影 by  DSC-RX100, SONY
7/27 12:45
下山完了

装備

個人装備
長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ

感想

初の白馬
初の後立山!
何度ここに着ただろう。そうだ3度目だ。
3度目にして初の白馬登頂…(ボクは感動しております)

前日のキャンプは豪雨に見舞われたらしい。ほかのメンバーはテントから逃れバスに非難していた。私は雨は気にならず一晩虫と格闘。
しまった網のファスナーがあいていた。

そして、登山開始。
猿倉から登り始め。
昨日の雨は残っておらず時折青空が見える。
白馬尻までは徐々に暑さを感じるようになってきた。

雪渓の上は、熱い風とつめたい風が尾根からの下降気流で感じる。
下降気流は天気が悪くならないと!
下山してくる方の情報によれば山頂部分は雲海の上で天気はいいらしい。
俄然、やる気が出てくる。
が、足は徐々にストップし。2500m以上になってもガスの中。しかも今度は上昇気流に変わった。
雨になる前に小屋には入りたい。
沢山のお花に歓迎されながら歩くと幸いにも雨に当たる前に白馬山荘に到着。
しかし、若干の余力があり山頂ピストンできた。
山頂はガスの中!
展望利かずすぐに下山。

小屋ではゆっくり1人1畳で休むことができた。

翌朝は打って変わって青空。
剱・立山も、裏銀座も、黒部五郎も、槍も、穂高も見えている。
感激!
白馬〜小蓮華山〜白馬大池の最高の稜線を楽しむことができた。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:974人

コメント

登頂おめでとうございます
3度目ですか。感慨ひとしおでしょう。
2日目は天気が良かったようで、何よりです。
それにしても、スイカをよくしょっていきましたね。
2019/8/4 9:17
Re: 登頂おめでとうございます
conanさん
コメントありがとうございます。
昨年のGWにも計画しましたが悪天候で断念しておりました。
今回は台風接近中の天気図でしたが、天候に恵まれて良い山になりました。
スイカはトヨバさん一人で担ぎ上げました。
うめがったっす!
2019/8/7 5:48
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

ハイキング 白馬・鹿島槍・五竜 [2日]
猿倉〜大雪渓(秋道)〜白馬山頂〜白馬鑓温泉〜猿倉
利用交通機関: 車・バイク、 電車・バス、 タクシー
技術レベル
3/5
体力レベル
4/5
積雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜 [2日]
白馬岳(猿倉から栂池)
利用交通機関: 車・バイク、 電車・バス、 タクシー
技術レベル
2/5
体力レベル
2/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら