また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1967509 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 北海道

知床連山縦走

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年08月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間4分
休憩
1時間30分
合計
12時間34分
S木下小屋02:5804:07弥三吉水 天場04:0904:15極楽平04:2004:56銀冷水 天場04:5705:21大沢05:47羅臼平05:5106:02岩清水06:0606:23羅臼岳直下の岩場06:2706:33羅臼岳07:0107:04羅臼岳直下の岩場07:0607:17岩清水07:23羅臼平07:2507:52三ツ峰キャンプ地09:44二つ池 天場10:21南岳10:3011:42知円別岳12:40硫黄山13:0014:37新噴火口最上部14:4415:11旧硫黄採掘跡15:15展望台15:30硫黄山 登山口15:3215:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
知円別岳分岐までは危険なところはないと思う。
知円別分岐から硫黄山及び硫黄山から尾根大岩までは危険なところが多く緊張を強いられる。
尾根大岩から沢出会いまでは、足に疲労も出てくるところであり、岩と石で歩きにくい。又、下りられないような崖(2〜3m)があり、探して右手に巻道があった。
沢出会いの手前ではがけ崩れ有り、対岸に巻道ある。この巻道は硫黄山登山口から登ってきた場合は印がなく見つけにくい。
沢出会いから新噴火口までは木の根で歩きにくい。又、熊の糞があった。熊の糞は、以前来た時もあった。
過去天気図(気象庁) 2019年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 防水手袋 スパッツ 日よけ帽子 タオル ザック ツェルト SOL 化繊のダウン ウインドブレーカー 手袋(予備) Tシャツ(予備) 長袖(予備) 靴下(予備) ヘッドランプ(2個) GPS 虫よけスプレー 日焼け止め 携帯 時計 サングラス ストック カメラ スマホ(2個) バッテリー(2個) 予備電池(単三6 単四6) 朝食(コンビニおにぎり2個) 昼食(コンビニおにぎり2個) 行動食(バナナ2本 豆) 非常食(バランスパワー4袋) 水(4L) ハイドレーション 携帯トイレ 他 スタート時は15kg位

写真

明るくなってきた。これから向かう硫黄山。
2019年08月11日 04:09撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなってきた。これから向かう硫黄山。
1
サシルイ岳か
2019年08月11日 04:09撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サシルイ岳か
1
羅臼岳が見えてきた
2019年08月11日 04:24撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼岳が見えてきた
1
水場はないな
2019年08月11日 04:55撮影 by FIG-LA1, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場はないな
1
残雪期の下りでは分かりにくく見逃したことがある
2019年08月11日 05:07撮影 by FIG-LA1, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪期の下りでは分かりにくく見逃したことがある
1
羅臼平から三峰
2019年08月11日 05:43撮影 by FIG-LA1, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼平から三峰
羅臼平から羅臼岳
2019年08月11日 05:55撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼平から羅臼岳
3
テント3張りほど
2019年08月11日 05:55撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント3張りほど
頂上から斜里岳方面
2019年08月11日 06:50撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から斜里岳方面
2
頂上から硫黄山方面。遠いな。
2019年08月11日 06:52撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から硫黄山方面。遠いな。
1
岩清水は滴る程度
2019年08月11日 07:24撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩清水は滴る程度
三ツ峰から羅臼平見下ろす。登山者が増えてきている。
2019年08月11日 07:47撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ峰から羅臼平見下ろす。登山者が増えてきている。
三ツ峰の鞍部から羅臼岳
2019年08月11日 07:53撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ峰の鞍部から羅臼岳
3
三峰の鞍部からサシルイ岳
2019年08月11日 08:00撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰の鞍部からサシルイ岳
1
三ツ峰キャンプ地から三ツ峰
2019年08月11日 08:05撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ峰キャンプ地から三ツ峰
3
三ツ峰キャンプ地からサシルイ岳
2019年08月11日 08:05撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ峰キャンプ地からサシルイ岳
三ツ峰キャンプ地
2019年08月11日 08:05撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ峰キャンプ地
1
真ん中に羅臼岳、両横に三ツ峰。なんと奇妙な眺望。
2019年08月11日 08:22撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中に羅臼岳、両横に三ツ峰。なんと奇妙な眺望。
3
雲が上がってきている
2019年08月11日 08:32撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が上がってきている
サシルイ岳から羅臼岳方面
2019年08月11日 08:45撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サシルイ岳から羅臼岳方面
3
サシルイ岳から硫黄山方面。まだ遠い。
2019年08月11日 08:46撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サシルイ岳から硫黄山方面。まだ遠い。
2
二ツ池から硫黄山方面。少し近づいてきた。
2019年08月11日 09:38撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ツ池から硫黄山方面。少し近づいてきた。
1
南岳への最後の登りと思われるが、コースタイムと合っている?
2019年08月11日 10:21撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳への最後の登りと思われるが、コースタイムと合っている?
知円別岳と硫黄山。硫黄山は左が本峰。
2019年08月11日 10:21撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知円別岳と硫黄山。硫黄山は左が本峰。
2
溶岩ドーム?
2019年08月11日 10:21撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
溶岩ドーム?
1
下山先方面。オホーツク海とカムイワッカの滝。
2019年08月11日 10:21撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山先方面。オホーツク海とカムイワッカの滝。
知円別岳まで稜線を行くと思ったら、そうではないようだ
2019年08月11日 10:39撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知円別岳まで稜線を行くと思ったら、そうではないようだ
1
真ん中のトンガリが知円別岳
2019年08月11日 10:59撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中のトンガリが知円別岳
1
知円別分岐から硫黄山
2019年08月11日 11:38撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知円別分岐から硫黄山
この岩の間を通り抜ける。結構大変。
2019年08月11日 12:01撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩の間を通り抜ける。結構大変。
2
硫黄山頂上へ最後の登り
2019年08月11日 12:39撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄山頂上へ最後の登り
硫黄山頂上
2019年08月11日 12:58撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄山頂上
1
雲が上がってきて周囲は何にも見えず
2019年08月11日 13:17撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が上がってきて周囲は何にも見えず
尾根大岩から暫くはこんな感じ
2019年08月11日 13:33撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根大岩から暫くはこんな感じ
左側から下りるのに思案したが無理。周りを調べたら巻道があった。
2019年08月11日 13:47撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側から下りるのに思案したが無理。周りを調べたら巻道があった。
2
がけ崩れだが、右側に巻道ができている。ただ、登ってくるときは巻道の目印がないのでわかりにくい。
2019年08月11日 13:53撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
がけ崩れだが、右側に巻道ができている。ただ、登ってくるときは巻道の目印がないのでわかりにくい。
数年前はロープもなく、見逃して下りすぎた。
2019年08月11日 14:18撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数年前はロープもなく、見逃して下りすぎた。
1
硫黄の噴気が複数個所からでている
2019年08月11日 14:56撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄の噴気が複数個所からでている
1
硫黄山は雲の中
2019年08月11日 14:56撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄山は雲の中
1

感想/記録
by maekao

来月のアルプス百名山山行に向けての体力テストで日帰りに挑戦。
暗いうちからのスタートなのでヘッドランプと熊よけのため音楽と笛。
地元の人ではないと思うが、何も鳴らさないで登ってくる人もいる。熊が出ることは認識してない?。
羅臼平ではテント3張りほど。日の出を見るために泊まったようだ。
羅臼岳には予定より早く着いた。一緒に登ってきた愛知の方と後から来て追い越していったトレランの青年と頂上で歓談。
羅臼平では朝早くから人で賑わっていた。
これからどんどん増えてくるのではと思われる。
しかし、硫黄山方面に向かう人は、私以外誰もいなようだ。
三峰の鞍部から羅臼平を見下ろすと沢山の人が登ってきていた。
三峰、サシルイ岳、オッカバケ岳、南岳までは誰にも会わなかった。
途中すれ違ったのは、南岳すぎたあたりで1泊の若い人一人と沢出会いで7,8人のパーティ。
追い抜いたのは硫黄山登山口直前で羅臼平にテントを張っていた外国人の男性と1泊装備の東京から来た男性。その他に泊まった人はそれなりにいたようだが、既に下山したようだ。

硫黄山登山口に到着してからは次のような行程。
硫黄山登山口〜(徒歩0.5km)カムイワッカの滝バス停〜(シャトルバス利用・切符は事前購入でなければ乗車できない)岩尾別バス停〜岩尾別温泉(徒歩3.8km,標高差210m,49分)

シャトルバスでは東京から来た男性と歓談した。これから少し観光し、利尻岳に登るとのこと。自分もまだ登ってないので、登りたい誘惑にかられた。翌日、次どこに登るか検討したが、幌尻岳日帰りに挑戦することにした。

ザックは重かったが快調に行けた。疲れがでてきたのは硫黄山登山口直前かな。ザックの重量はちょっと適当だった。次回からは考えて準備しよう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:471人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ