また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1984599 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

浄土山から立山縦走 - 初心者随行登山 -

日程 2019年08月18日(日) 〜 2019年08月19日(月)
メンバー
 Nishiden(CL)
, その他メンバー4人
天候18日:晴れ後曇り、19日: 晴れ後雨
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
立山駅からケーブルカー、高原バスで室堂へ
日曜日の8時時点で空き駐車場は称名川右岸の2ヶ所だった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間18分
休憩
1時間33分
合計
3時間51分
Sスタート地点10:4912:37浄土山12:44浄土山南峰14:0314:12龍王岳14:2614:40浄土山南峰
2日目
山行
4時間32分
休憩
2時間49分
合計
7時間21分
浄土山南峰05:2605:43一の越山荘05:4906:39雄山07:0507:17立山07:3007:31大汝休憩所08:2208:31富士ノ折立08:4809:17真砂岳09:2610:00別山南峰10:2110:40剱御前小舎10:4811:34新室堂乗越11:51浄土橋11:55雷鳥沢キャンプ場12:0812:15雷鳥沢ヒュッテ12:1612:23雷鳥荘12:36みくりが池温泉12:3912:40みくりが池12:4112:47室堂G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

立山仰ぐ青空の室堂に5人でやって来た。
2019年08月18日 10:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山仰ぐ青空の室堂に5人でやって来た。
2
K場先生と学生3人
2019年08月18日 10:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
K場先生と学生3人
室堂山ルートで浄土山に上がる。若者は元気よく歩くが、30分で2回目の休憩。
2019年08月18日 11:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂山ルートで浄土山に上がる。若者は元気よく歩くが、30分で2回目の休憩。
浄土山北峰への急登
2019年08月18日 12:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浄土山北峰への急登
1
龍王岳登頂
2019年08月18日 14:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍王岳登頂
1
夏山の雪渓を体験
2019年08月18日 14:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏山の雪渓を体験
2
浄土山施設の夕暮れ
2019年08月18日 18:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浄土山施設の夕暮れ
夕焼けの龍王岳に再登
2019年08月18日 18:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕焼けの龍王岳に再登
1泊快適に過ごした小屋を締めて出発
2019年08月19日 05:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1泊快適に過ごした小屋を締めて出発
雄山にかかる雲の下から朝日
2019年08月19日 05:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山にかかる雲の下から朝日
二ノ越から室堂を眺める
2019年08月19日 06:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ越から室堂を眺める
1
雄山山頂。頂上拝観はパス
2019年08月19日 06:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山山頂。頂上拝観はパス
龍王、鬼岳、獅子岳、五色ヶ原に鷲岳、鳶山、越中沢岳に薬師岳まで縦並び
2019年08月19日 06:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍王、鬼岳、獅子岳、五色ヶ原に鷲岳、鳶山、越中沢岳に薬師岳まで縦並び
3
皆人生初の3015m絶頂に立つ。この時は剱岳が見えている。
2019年08月19日 07:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆人生初の3015m絶頂に立つ。この時は剱岳が見えている。
1
別山まで来たらガスガスで剱は見えず。
2019年08月19日 10:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山まで来たらガスガスで剱は見えず。
1
雷鳥平からは試練の雨で室堂に戻って来た。
2019年08月19日 12:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥平からは試練の雨で室堂に戻って来た。
2

感想/記録

 富山大学のK場先生と学生3人とで立山登山の計画となった。K場先生はサイクリングを趣味としている人で、数年前に五色ヶ原のテント山行で同行したことがある。学生3人は登山の初心者である。大学関係者が利用できる浄土山山頂の小屋に1泊するが、寝袋と食料、そして水を持参する必要がある。

 18日: 立山駅に朝8時集合。一部メンバーの都合と、浄土山に上がるだけの日程でこの時間にした。車を停める場所が一番遠くの駐車場になってあるくことにはなったが、ケーブルカーは待たされることなく、券を買って直ぐ乗れた。室堂で飲食料の買い足しと水汲みで11時前の出発となった。水は1人4リットル持つように指示してあった。

 室堂山ルートから浄土山北峰に上がる。若い学生たちは歩き出しのペースは速いが30分と持たずに休むことになる。3ピッチで浄土山北峰、南峰に移って小屋入りする。ランチタイムの後龍王岳を往復して夕食の支度にかかる。室堂では綺麗な晴れだったが、浄土山に着いた時には大分雲が増え、夕食時の小屋は霧に巻かれていたが、日の入り時には西側に雲の切れ目があり、夕焼けタイムとなった。ほろ酔いのK場先生が龍王岳で夕焼けを見たいと言い出し、結局全員で再登頂、暗くなるのと競争して小屋に戻った。

 19日: 当初朝7時頃の出発と計画していたが、午後雨になる予報だったのでなるべく早く出発しようと、4時起きとしていた。6時出発を目標としていたが、小屋の清掃、小屋締めも協力して順調に進み、5時半に出発できた。出発時雄山には雲がかかっていたが、一ノ越から登って行くと次第に晴れて、青空の雄山登頂となった。

 7時前だが雄山神社の社務所はもう開いていて営業開始している。3003mの頂上祠に行く時には神主さんのお祓いを受けお神酒とお札がいただけると説明して勧めたが、若い学生さんたちには拝観料を払うだけの興味はないようで、全員パスして大汝山に向かった。僕以外は皆ここで人生初の3000m越えとなった。大汝の休憩所に下りて、ちょっと早いがランチタイム。湯沸かししてカップ麺とレトルトのシチュー類を温める。レトルトパックを人数分担いで来たK場先生は早くそれを減らしたかったのだ。

 縦走登山路と外れてピークがある富士ノ折立には荷物を置いて往復するが、K場先生は最初からパス。学生3人は僕に着いてきたが、O田君は岩場に気が引けて戻り、H森君とH部君とで往復してきた。真砂岳を越えて別山への登りではペースの差が出て遅れるものが出てくるが、致命的な遅れではない。

 真砂岳を過ぎてからガスが上がって来て、別山では期待した剱岳の展望は見られなかった。剱御前小屋に移り、そこで下山ルートを相談、足の詰めが痛い者もいて、幾分緩やかな新室堂乗越経由のルートで雷鳥平に下りた。

 雷鳥平のキャンプ場で、時間的には十分余裕があるのでベンチでゆっくりしようとしたが、ポツポツと雨が降り出した。休憩を切り上げて室堂へ急ごうと出発したが、間もなく急に雨が強くなり、急いで雨具を着込んで雷鳥荘への坂を上がるが、階段横の溝の水流が一部の階段には溢れ出る状況だった。その後は雨が弱まったりまた強くなったりする中を室堂に到着。

 初心者を連れた山行としては、トラブルは想定内の小さな範囲で、危険な状況はなく全員完歩できた。夏のアルプスの眺め、夕景、山小屋の一夜を味合わせることができたと思う。期待していたがなかったものは、星空、雷鳥と剱岳の近景だろうか。最後の雨の1時間もプチ試練であり、早出していなかったらその分余計に雨の中にいることになっていた。
訪問者数:311人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ