また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1987678 全員に公開 ハイキング道東・知床

北海道山旅/2.羅臼岳

日程 2019年08月24日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場 ホテル地の涯未舗装ゾーン
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間53分
休憩
40分
合計
7時間33分
Sホテル地の涯05:2805:32木下小屋05:3306:53弥三吉水 天場06:5307:02極楽平07:0207:55銀冷水 天場07:5608:12大沢08:1308:43羅臼平08:4408:57岩清水08:5709:22羅臼岳直下の岩場09:2309:34羅臼岳10:1210:18羅臼岳直下の岩場10:1910:35岩清水10:3610:45羅臼平10:4511:06大沢11:0611:18銀冷水 天場11:1811:52極楽平11:5311:59弥三吉水 天場11:5913:05木下小屋13:0713:08ホテル地の涯13:0913:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道の状況 迷う事なく問題ない。
足元ぬかるみの箇所、木の幹が横に張り出し、頭上注意の箇所もあり

写真

昨夜の嵐が嘘のように、穏やかな朝。木下小屋の前で登山届を記入して出発
2019年08月24日 05:30撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨夜の嵐が嘘のように、穏やかな朝。木下小屋の前で登山届を記入して出発
1
クマの好物であるミズナラの森に入る。足元には夕べの風で落ちたと思われる、まだ青いドングリの枝が所々に
2019年08月24日 05:41撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマの好物であるミズナラの森に入る。足元には夕べの風で落ちたと思われる、まだ青いドングリの枝が所々に
2
まだ、これからのドングリ
2019年08月24日 12:39撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ、これからのドングリ
2
入るぞーと、大声でクマに断りをかけながら進む
2019年08月24日 05:48撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入るぞーと、大声でクマに断りをかけながら進む
2
おや、もう、ハギが咲き出している
2019年08月24日 06:05撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おや、もう、ハギが咲き出している
1
海が見える。オホーツク海なのだ
2019年08月24日 06:07撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海が見える。オホーツク海なのだ
2
ダケカンバのゾーンになって来た
2019年08月24日 06:14撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバのゾーンになって来た
2
でも、ミズナラも健在
2019年08月24日 06:14撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、ミズナラも健在
1
山肌が見えた。羅臼岳山頂だろうか
2019年08月24日 06:27撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山肌が見えた。羅臼岳山頂だろうか
1
東方向だから、硫黄岳方面のようだ
2019年08月24日 06:38撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東方向だから、硫黄岳方面のようだ
1
これも違うようだ
2019年08月24日 06:42撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも違うようだ
1
ダケカンバのトンネルになって来た
2019年08月24日 06:48撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバのトンネルになって来た
2
弥三吉水、冷たい清水が流れている
2019年08月24日 06:52撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥三吉水、冷たい清水が流れている
1
これが羅臼岳。姿を現して来た
2019年08月24日 07:00撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが羅臼岳。姿を現して来た
2
斜度が緩くなったと思ったら極楽平
2019年08月24日 07:00撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度が緩くなったと思ったら極楽平
1
昨夜の嵐の影響なのか、登山路がせせらぎになっている。頭上も気をつけなければならない。幹が低く横に張り出している
2019年08月24日 07:01撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨夜の嵐の影響なのか、登山路がせせらぎになっている。頭上も気をつけなければならない。幹が低く横に張り出している
1
銀冷水の側に広場があり、携帯トイレのブースが向こうにある
2019年08月24日 07:54撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀冷水の側に広場があり、携帯トイレのブースが向こうにある
1
夕べの嵐が嘘のようだ
2019年08月24日 08:00撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕べの嵐が嘘のようだ
3
大沢の登り。シーズン始めには雪渓が残っている
2019年08月24日 08:08撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢の登り。シーズン始めには雪渓が残っている
2
おや、リンドウ
2019年08月24日 08:20撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おや、リンドウ
3
朝日を浴びて
2019年08月24日 08:20撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を浴びて
2
道を外さないようロープ内を歩く。登り積めれば羅臼平
2019年08月24日 08:24撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道を外さないようロープ内を歩く。登り積めれば羅臼平
1
羅臼平に出たら、さっそく山頂が見える
2019年08月24日 08:33撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼平に出たら、さっそく山頂が見える
1
広がる海がオホーツクだと思うと感慨ひとしお
2019年08月24日 08:33撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広がる海がオホーツクだと思うと感慨ひとしお
2
羅臼岳マジマジと
2019年08月24日 08:38撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼岳マジマジと
4
山頂が特異的な形をしている
2019年08月24日 08:40撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が特異的な形をしている
4
木下弥三吉のレリーフの向こうが硫黄岳方面
2019年08月24日 08:40撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木下弥三吉のレリーフの向こうが硫黄岳方面
2
カメラを左に
2019年08月24日 08:40撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラを左に
2
海の向こうに島が浮いているように見えるが、何もないはず
2019年08月24日 09:00撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海の向こうに島が浮いているように見えるが、何もないはず
1
眼下に知床五湖が見える。昨日、雨の中、第一湖までの高架木道を往復したが、風が凄まじいこと。今朝は穏やか、遊覧船も浮かんでいる
2019年08月24日 09:05撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に知床五湖が見える。昨日、雨の中、第一湖までの高架木道を往復したが、風が凄まじいこと。今朝は穏やか、遊覧船も浮かんでいる
2
硫黄岳がさらに低くなって来た。オホーツク側はくっきりだが羅臼側は常に雲が湧いている。昨日、学習した通りだ
2019年08月24日 09:06撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳がさらに低くなって来た。オホーツク側はくっきりだが羅臼側は常に雲が湧いている。昨日、学習した通りだ
1
立ちはだかる溶岩ドームの前にもう一登り
2019年08月24日 09:12撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ちはだかる溶岩ドームの前にもう一登り
1
カライトソウの白花のようなタカネトウウチソウ
2019年08月24日 09:14撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カライトソウの白花のようなタカネトウウチソウ
1
イワギキョウ
2019年08月24日 09:18撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワギキョウ
3
頼もしげな最後の登り
2019年08月24日 09:24撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頼もしげな最後の登り
1
イワブクロ。樽前山にはいっぱい咲いていたな
2019年08月24日 09:26撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワブクロ。樽前山にはいっぱい咲いていたな
3
そして、山頂に着きました
2019年08月24日 09:38撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、山頂に着きました
5
狭い岩場。風もさほど強くもなく、快適
2019年08月24日 09:39撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い岩場。風もさほど強くもなく、快適
2
眼下に見えるのはウトロの町だろうか
2019年08月24日 09:45撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に見えるのはウトロの町だろうか
2
稜線を挟んで羅臼側は常に雲が発生している
2019年08月24日 09:47撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を挟んで羅臼側は常に雲が発生している
2
雲海の向こうに見えるのは、国後島ではないか
2019年08月24日 09:56撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の向こうに見えるのは、国後島ではないか
3
硫黄岳はもう、雲の中だが
2019年08月24日 09:57撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳はもう、雲の中だが
2
一瞬、黄色い岩肌が見えた。数組いた登山者が皆降りて、ツバメが頭をかすめていく。我々も帰ろう
2019年08月24日 10:07撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬、黄色い岩肌が見えた。数組いた登山者が皆降りて、ツバメが頭をかすめていく。我々も帰ろう
1
下山後、知床峠から見た羅臼岳。随分大きな山だった
2019年08月24日 14:02撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、知床峠から見た羅臼岳。随分大きな山だった
2
国後島展望台から見た国後島と羅臼漁港。国後島はすぐそこにあるのだ
2019年08月24日 15:06撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国後島展望台から見た国後島と羅臼漁港。国後島はすぐそこにあるのだ
3
撮影機材:

感想/記録

オホーツク雲海の向こうに国後か 地の果ての山おお羅臼岳

羅臼岳を目指すというだけで、私の中ではザワザワと落ちつかくなってしまう。知床世界自然遺産のゾーンにあり、我々が登れる日本最東北端の山であること。ヒグマの出没多発地であること。天候が不安定な山で中々好日のチャンスに恵まれないことなど、他の山以上にプレッシャーがかかる。
現に昨年も道東の山を目指してやって来たのに、1週間ほとんど雨で、寒い観光旅行に終わってしまった。昨日も夕方から雨が降り出し、登山口では夜半には嵐のような暴風雨となり、変わらぬ天気予報を何度も確認していた。
しかし、翌朝には嘘のように雨も風も収まり、穏やかな登山日和と相成り、クマに断りの声をかけながら山に入った。
山頂から見えた青いオホーツク海、沸き立つ雲の向こうに薄っすら見えた国後島に、ここがシリ・エトク、羅臼岳なのだ、と、実感する。
訪問者数:289人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ