また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2008036 全員に公開 ハイキング 甲信越

苗場山 秋山郷から小松原湿原へ

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年09月06日(金) ~ 2019年09月07日(土)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:9/5 越後湯沢駅BS(南越後交通)津南BS−見玉BS−デマンド交通 小赤沢
復路:津南BSー越後湯沢駅BS
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間5分
休憩
55分
合計
11時間0分
Sスタート地点05:3007:20小赤沢三合目登山口07:3011:10苗場山11:3012:25雷清水12:45神楽ヶ峰12:5013:00苗場山、小松原分岐13:1014:30霧ノ塔15:20釜ヶ峰15:2515:40日蔭山15:4516:30小松原避難小屋
2日目
山行
7時間30分
休憩
0分
合計
7時間30分
小松原避難小屋05:3007:00下ノ代分岐07:20小松原湿原入口08:48大場ゲート13:00津南G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小松原分岐を過ぎると、標識等が極端に少なくなります。
小松原の木道は、老朽化が進んでいます。よく滑りました(転倒二回)。
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

鳥甲山が美しい。
2019年09月06日 05:45撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥甲山が美しい。
1
小赤沢道一合目
2019年09月06日 06:00撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小赤沢道一合目
車で三合目駐車場まで上がる方が多い様で、三合目には登山ポストもありました。
2019年09月06日 06:10撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車で三合目駐車場まで上がる方が多い様で、三合目には登山ポストもありました。
檜の塔の方向でしょうか?
2019年09月06日 08:34撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜の塔の方向でしょうか?
三合目を過ぎると多くの方に抜かれました。
2019年09月06日 09:11撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合目を過ぎると多くの方に抜かれました。
六合目を過ぎると傾斜が急になり、展望も開けてきます。
2019年09月06日 09:18撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目を過ぎると傾斜が急になり、展望も開けてきます。
オオシラヒゲソウ
2019年09月06日 09:20撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオシラヒゲソウ
九合目付近。
頂上湿原の一画にただり着きました。
2019年09月06日 10:20撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目付近。
頂上湿原の一画にただり着きました。
山頂はもうすぐです。
2019年09月06日 11:09撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はもうすぐです。
神楽峰への下りから、霧ノ塔。
2019年09月06日 11:52撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神楽峰への下りから、霧ノ塔。
1
苗場山
頂上付近のイメージとは全然異なります。
2019年09月06日 12:14撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山
頂上付近のイメージとは全然異なります。
秡川コース方面
2019年09月06日 12:59撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秡川コース方面
小松原分岐を過ぎるとしばらく笹原
2019年09月06日 13:13撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小松原分岐を過ぎるとしばらく笹原
黒岩平の池塘群か?
2019年09月06日 14:37撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岩平の池塘群か?
霧ノ塔三角点
2019年09月06日 14:38撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧ノ塔三角点
1
ここから一気に200m下ります。
2019年09月06日 14:49撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから一気に200m下ります。
今回最後のピーク、日蔭山。
高くそびえて見えました。
2019年09月06日 14:59撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回最後のピーク、日蔭山。
高くそびえて見えました。
1
日蔭山の三角点
2019年09月06日 15:48撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日蔭山の三角点
今頃・・・
2019年09月06日 16:00撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今頃・・・
小松原避難小屋
2019年09月06日 16:47撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小松原避難小屋
イワショウブ(?)
2019年09月07日 05:52撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワショウブ(?)
ウメバチソウ
2019年09月07日 06:03撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウメバチソウ
モウセンゴケ
2019年09月07日 06:29撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モウセンゴケ
下ノ代
木道の先左の森の中に、暗い踏み跡がありました。おそらく物見尾根のコース。
2019年09月07日 07:10撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ノ代
木道の先左の森の中に、暗い踏み跡がありました。おそらく物見尾根のコース。
とりあえずは大場ゲートを目指し林道をひたすら歩きます。
2019年09月07日 09:31撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえずは大場ゲートを目指し林道をひたすら歩きます。
いっきに下って。
津南原から妙高山が見えました。
2019年09月07日 11:37撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いっきに下って。
津南原から妙高山が見えました。
津南名物のひまわりも、今日の暑さでうだっています。
2019年09月07日 11:48撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
津南名物のひまわりも、今日の暑さでうだっています。
スカイラインが今回のルート。
いや、長かった!
暑かった!!
2019年09月07日 12:38撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカイラインが今回のルート。
いや、長かった!
暑かった!!
1

感想/記録

ずっと気にしつつも、アプローチの悪さから後回しにしていた、苗場山から小松原へのコースを歩いてきました。
小赤沢の民宿光栄荘さんにお世話になり、明るくなるのを待って出発。苗場山を目指します。一合目の先から山道に入り、三合目の駐車場まで誰にも会いうことはありませんでした。駐車場にはすでに数台の車が止まっており、登山ポストもあることから、今はここがメインの登山口なのでしょう。そういえば下の道、少し荒れたところもありました。
六合目あたりからの急登を終えれば、いきなり「天空の楽園」、写真や画像でおなじみとは言え、実際に目にすると言葉が出ません。
結構疲れは出ていたのですが、まだ中間点。先を急ぎます。
神楽峰との鞍部までは約300mの急下降。降り立って振り返ると苗場山が、頂上で見た風景とは全く異なった、凄い威圧感をもって立ちはだかっています。とても同じ山とは思えません。
小松原分岐で秡川への道を分けると、道はやや心細くなります。途中、大岩がゴロゴロしたところでは不明瞭になりますが、注意してゆけば特に問題はないと思います。憧れの霧ノ塔までは小さなアップダウンが続き疲れた体には応えます。
霧ノ塔はピークとも言えない稜線上の点ですが、待ち構えていたのは200mの急下降。たいした登りではないのですが、這うように登り着いたところは、今回の最後のピーク、日蔭山。気持ちのいい山頂でした。
小松原避難小屋は、独り占め。
いよいよ小松原湿原の踏査です。
上ノ代、中の代に比べ下ノ代が予想より小さく、そのまま木道を歩いていたら、小松原登山口のトイレのところに出てしまいました。予定では物見尾根を下る計画だったのですが、そのルートと思われる分岐を思い出すと、戻る気にもなれず、そのまま林道を大場ゲートを目指すこととしました。
この後、真夏のような日差しの中、大場ゲート、グリーンピア津南とただただ歩き、途中知り合いのところで小一時間休ませてもらい、津南にたどり着いたのは1時前、越後湯沢行きのバスまで3時間、バス停近くの食堂で涼ませてもらいました。
津南の苗場酒造で「苗場山」を、そして湯沢のぽん酒館で「霧ノ塔」四合瓶をゲット。
まだ、栓は切っておりませんが、2本並べて思い出に浸っております。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:555人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ