また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2092309 全員に公開 山滑走 剱・立山

内蔵助と大走で初滑り・立山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年11月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
立山駅駐車場 三連休中日でしたが一番近いところもまだ空いてました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間16分
休憩
48分
合計
6時間4分
S室堂08:2108:28みくりが池08:32みくりが池温泉08:46雷鳥荘08:50雷鳥沢ヒュッテ08:5108:57浄土橋08:5911:13内蔵助稜線11:2511:30内蔵助氷河11:3411:49内蔵助稜線11:5812:03大走滑降準備12:0712:20大走滑降終了12:3113:20浄土橋13:2213:41雷鳥沢ヒュッテ13:4213:50雷鳥荘14:13みくりが池温泉14:1414:17みくりが池14:1814:25室堂G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
完全雪山装備で臨みましょう。
雪面は氷結しており、一瞬のミスで滑落死します。
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

7:00始発のケーブルカーは満員でしたが、それが出た後は空いてました。
2019年11月03日 07:00撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:00始発のケーブルカーは満員でしたが、それが出た後は空いてました。
2
1ヶ月ぶりの室堂
2019年11月03日 08:21撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1ヶ月ぶりの室堂
3
ミクリガ池
2019年11月03日 08:31撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミクリガ池
3
雷鳥沢にはテントが少し。もう営業していませんので要携帯トイレです。
2019年11月03日 08:45撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢にはテントが少し。もう営業していませんので要携帯トイレです。
2
橋も下の小さいのになってました
2019年11月03日 08:59撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋も下の小さいのになってました
2
大走りは中腹から雪道に。アイゼン装着要です。
2019年11月03日 10:18撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大走りは中腹から雪道に。アイゼン装着要です。
3
帰りはスキーできるかな??
2019年11月03日 10:18撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはスキーできるかな??
2
稜線から内蔵助氷河まで雪がつながってるじゃないですか〜
2019年11月03日 11:02撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から内蔵助氷河まで雪がつながってるじゃないですか〜
5
剱岳チラ見
2019年11月03日 11:05撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳チラ見
3
ズームしても誰もいませんね・・・
2019年11月03日 11:05撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズームしても誰もいませんね・・・
2
というわけで稜線から滑ります。雪は一部モナカで陥没しましたがほぼ全面硬い雪で石も出ています。
2019年11月03日 22:39撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
というわけで稜線から滑ります。雪は一部モナカで陥没しましたがほぼ全面硬い雪で石も出ています。
5
雪が硬いので滑走跡は薄いです
2019年11月03日 11:32撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が硬いので滑走跡は薄いです
3
氷穴も埋まりそう
2019年11月03日 11:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷穴も埋まりそう
2
もちろん登り返し。兼用靴にアイゼン装着して直登します。
2019年11月03日 22:40撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろん登り返し。兼用靴にアイゼン装着して直登します。
3
そのまま大走まで歩いて滑ります。雪は内蔵助よりも更に硬く、エッジが流されて難しい滑り。もちろん石を引っ掻いて前につんのめりそうになります。
2019年11月03日 22:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま大走まで歩いて滑ります。雪は内蔵助よりも更に硬く、エッジが流されて難しい滑り。もちろん石を引っ掻いて前につんのめりそうになります。
6
石多かったですがここまで滑りました。これだけ滑ったら文句なしの初滑りでしょう(笑)
2019年11月03日 12:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石多かったですがここまで滑りました。これだけ滑ったら文句なしの初滑りでしょう(笑)
4
雷鳥沢キャンプ場の小屋は閉鎖
2019年11月03日 13:32撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢キャンプ場の小屋は閉鎖
2
下界は雲海
2019年11月03日 14:11撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界は雲海
2
室堂に戻ってきました。今月もう一回来れるかな?
2019年11月03日 14:27撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂に戻ってきました。今月もう一回来れるかな?
2

感想/記録

10月22日に立山に新雪が積もり、さて内蔵助に滑りに行かないと〜と思いつつ仕事や天気が噛み合わず前回から4週間経ってしまいました。もう始発のケーブルカーは7:00で最終のバスも16:20と行動時間が短くなっています。(5日から始発ケーブルカーは8:40、最終バスは15:30と更に短く・・・)
もう立山は真冬並みの気温、ウェアーも含めて真冬の雪山装備で臨みます。まだビーコンが必要なほど雪はなさそうですが念のため。
室堂でいつものように登山届を提出します。「また内蔵助で滑ってきます」「はははー、気をつけてね!」と顔なじみに。外に出てスキーをザックにくくりつけてスタートします。
雷鳥沢を経て大走の途中までは雪もなく普通でした。大走の半分くらいからは雪が支配的になってきて、またその雪は硬いので踏み固めて歩くことは無理で、氷に突き刺せるようなしっかりしたアイゼンが必要です。
いつものように内蔵助山荘から回ろうと思っていたら、稜線に出ると内蔵助雪渓は稜線が雪がつながっていましたのでそのまま滑って入ることにしました。
まだ積雪は10〜20cmほど、雪は硬くなっているので雪の上を滑っている限りは大丈夫ですが、石があちこちに出ているので緩慢としたターンはできず、ピンポイントで超急ジャンプターンすることになります。それでも氷河のあたりまで来ると石も少なく快適な滑走ができました。
お楽しみが終わったらあとはまたスキーを担いで、兼用靴にアイゼンをセットして登り返しです。雪が硬いのでアイゼンの刺さりも良く、ほぼ直登で登ります。さすがに時間も少ないし雪質も滑るには難しいので一本だけにしました。
この調子なら大走の雪も滑れそうなので、兼用靴にアイゼンつけたまま大走に向かいます。大走を石の少なくなるところまで歩いて下って、アイゼンを外しスキーを装着して滑りだします。雪は内蔵助のよりも硬く、スキーのエッジも流れるくらいで、非常に難しいエッジ制御を強いられました。ここで転倒すればそのまま滑り落ち、出ている石で全身あちこち当たりながら斜度が緩むか大きな岩に激突して停止するまで続くでしょう。そして出ている石を避けながらピンポイントでのジャンプターン。石を踏めば急ブレーキがかかって前のめりになり危険なので、さすがに終盤で石がかなり増えたのでここまでにしました。

もう登山者も少ないので「どこで滑るんですか?!」のツッコミはほとんどありません。室堂の近くで海外の観光客から、「スキーできるんですか?」って聞かれたので、「ほらあそこの雪が見えるでしょ」って大走の雪を見てもらいました。「変態だから」とは答えませんでした(笑)
最初は内蔵助でお茶を濁すかのような初滑りだと思っていましたが、蓋を開けてみれば大走までしっかり滑ったのでこれで文句なしの初滑りだと実感しています。

昨年の同じ日は、剱沢の上部でパウダーできていたのですが今年はまだまだな感じです。実際まだ気温も平年より高めですが、今月下旬からようやく気温も下がってきそうです。さて仕事の予定もまだまだ色々入っていて今月もう一度ここで山スキーできるでしょうか。ぜひシール貼って歩きたいものですが、あまり急に降り積もると雪崩が恐ろしいのも立山。何と言っても早く護摩堂山あたりでしっかり雪が積もって欲しいなぁというのが本音です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:393人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/19
投稿数: 1049
2019/11/4 22:20
 (祝)シーズンイン
おめでとうございます。今シーズンもどうぞ安全に。

護摩堂でまた会いましょう。真冬でも出るというヒラタケも見付けましょう(笑)
登録日: 2011/10/18
投稿数: 1553
2019/11/4 23:07
 Re: (祝)シーズンイン
ありがとうございます!
ちなみに護摩堂山の北側のルートにはヤマブシタケが生えて、山スキーしながらキノコ狩りできます。(もちろん冬に )
次回はぜひ雪山とキノコのコラボで行きましょう

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ