また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2101115 全員に公開 ハイキング甲信越

平標山〜谷川岳

日程 2019年11月09日(土) 〜 2019年11月10日(日)
メンバー
天候9日:快晴
10日:雪〜曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間23分
休憩
40分
合計
10時間3分
S平標登山口駐車場06:0506:13平標登山口07:16平標山四合目07:2008:00松手山08:0108:57一ノ肩09:26平標山09:3109:43平仙鞍部10:23仙ノ倉山10:3411:04エビス大黒避難小屋11:53エビス大黒ノ頭11:5513:09毛渡乗越13:30越路避難小屋14:36万太郎山14:5215:44大障子ノ頭15:4516:08大障子避難小屋
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
9日
仙ノ倉山までは問題なし。
その先はところどころ固めの残雪で滑りそうなのでたまにスノースパイクを着けたり外したり。
エビス大黒の頭に登るところ3メートルくらいは、岩と雪で滑りそうだったりで10本歯の軽アイゼン装着。
土の登山道はつるんつるん滑ります。

10日
朝から10本歯の軽アイゼンをつけて歩行。途中鎖に頼る5メートルくらいの下りが有り、雪が着いていて握っただけでは滑るでしょう。1重手首に巻きつけて対処しました。
雪がかぶっていても土の登山道はつるんつるん滑ります。
トマの耳からの下りは、しばらくは雪がかぶってましたが、濡れた蛇紋岩で滑ることを考えたら雪が完全に無くなるまでアイゼンを着けていた方が楽に降りられました。

写真

ここから出発。
2019年11月09日 06:13撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから出発。
少し登ると苗場スキー場とプリンスホテルが見えてきます
2019年11月09日 07:15撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登ると苗場スキー場とプリンスホテルが見えてきます
3
快晴の中、奥の方の平標山を目指します
2019年11月09日 08:09撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の中、奥の方の平標山を目指します
1
赤城山が見えます。
2019年11月09日 09:08撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城山が見えます。
2
振返ると左の方になだらかな山頂の苗場山が見えます。
2019年11月09日 09:12撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振返ると左の方になだらかな山頂の苗場山が見えます。
2
これから向かう方、まだまだ遠いけど、楽しそうな稜線歩き。
先ずは右の平標山へ。
2019年11月09日 09:17撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう方、まだまだ遠いけど、楽しそうな稜線歩き。
先ずは右の平標山へ。
2
平標山到着。
2019年11月09日 09:24撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山到着。
3
進行方向の右に赤城山。
2019年11月09日 09:26撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向の右に赤城山。
3
自分の行く方はなだらかな(に見える)稜線歩き。
仙ノ倉山を目指します。
2019年11月09日 09:27撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分の行く方はなだらかな(に見える)稜線歩き。
仙ノ倉山を目指します。
3
一番左が仙ノ倉山。
2019年11月09日 10:00撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番左が仙ノ倉山。
3
遠くから見るとなだらかだけど、近づくと階段です!
2019年11月09日 10:16撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くから見るとなだらかだけど、近づくと階段です!
4
仙ノ倉山に到着。うっすら雪があるけど、私の服はこの下に薄い肌着だけなんです。
ここまでは結構人が居ましたが、この先に進むのは私だけで、他の誰も行きません。
2019年11月09日 10:23撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山に到着。うっすら雪があるけど、私の服はこの下に薄い肌着だけなんです。
ここまでは結構人が居ましたが、この先に進むのは私だけで、他の誰も行きません。
3
これから向かう方、まだまだ遠い。
2019年11月09日 10:24撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう方、まだまだ遠い。
2
振返って、真ん中の平標山、遠くに苗場山。
さらに奥に見えるのは北アルプスだそうです。
2019年11月09日 10:27撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振返って、真ん中の平標山、遠くに苗場山。
さらに奥に見えるのは北アルプスだそうです。
4
先ずは、ここから下って、右の「エビス大黒の頭」に登って、350メートル下って、左の方の万太郎山1954メートルまで登ります。
2019年11月09日 10:39撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ずは、ここから下って、右の「エビス大黒の頭」に登って、350メートル下って、左の方の万太郎山1954メートルまで登ります。
4
振返ると、下の方に岩原の街とスキー場が見えます。
2019年11月09日 10:39撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振返ると、下の方に岩原の街とスキー場が見えます。
1
仙ノ倉山から下ると「エビス大黒避難小屋」があります。
2019年11月09日 11:03撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山から下ると「エビス大黒避難小屋」があります。
4
避難小屋から見た仙ノ倉山。
2019年11月09日 11:03撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋から見た仙ノ倉山。
3
天辺まで行きます。天辺まで数メートルのところでアイゼンを着けました、、、、
2019年11月09日 11:17撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天辺まで行きます。天辺まで数メートルのところでアイゼンを着けました、、、、
2
エビス大黒の頭から見た岩原。
2019年11月09日 11:53撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビス大黒の頭から見た岩原。
下って登って少し左の高い所が万太郎山。ガンバレェ〜
2019年11月09日 11:54撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下って登って少し左の高い所が万太郎山。ガンバレェ〜
5
途中で見つけた足跡。12センチくらい。クマにしては小さいかな?
2019年11月09日 12:00撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で見つけた足跡。12センチくらい。クマにしては小さいかな?
1
振返って、エビス大黒と仙ノ倉山。
2019年11月09日 12:38撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振返って、エビス大黒と仙ノ倉山。
2
越路避難小屋。力いっぱい押さないと扉は開きません。
2019年11月09日 13:35撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越路避難小屋。力いっぱい押さないと扉は開きません。
振返って、、、、
2019年11月09日 13:36撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振返って、、、、
2
先に進む、、、、
2019年11月09日 13:50撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に進む、、、、
2
やっと谷川岳が見えてきた。真ん中の二つ尖ったのがある山です。
万太郎山までもう一息。
2019年11月09日 14:06撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと谷川岳が見えてきた。真ん中の二つ尖ったのがある山です。
万太郎山までもう一息。
4
万太郎山山頂に到着!
2019年11月09日 14:37撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万太郎山山頂に到着!
3
左から茂倉岳、一ノ倉岳、谷川岳。
私は、ここから下って登って下ると、本日泊まる避難小屋に着きます。
2019年11月09日 15:05撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から茂倉岳、一ノ倉岳、谷川岳。
私は、ここから下って登って下ると、本日泊まる避難小屋に着きます。
3
真ん中には土樽駅の方が見え、奥には岩原が見えます。
2019年11月09日 15:08撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中には土樽駅の方が見え、奥には岩原が見えます。
2
振返って万太郎山。
2019年11月09日 15:09撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振返って万太郎山。
1
またまた登って、大障子ノ頭へ。
2019年11月09日 15:24撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた登って、大障子ノ頭へ。
1
ここを下れば今夜の宿。
2019年11月09日 15:44撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを下れば今夜の宿。
今夜の宿を発見!
その向こうの高い所は明日登るオジカ沢ノ頭。
2019年11月09日 16:05撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今夜の宿を発見!
その向こうの高い所は明日登るオジカ沢ノ頭。
2
広々と使って、することが無いので19時に就寝。
2019年11月09日 16:11撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広々と使って、することが無いので19時に就寝。
起きてビックリ。
一面真っ白!
2019年11月10日 07:10撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
起きてビックリ。
一面真っ白!
6
7時過ぎに出発。
2019年11月10日 07:10撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時過ぎに出発。
先ずは、先が良く見えない中、小障子ノ頭まで登って、、、
2019年11月10日 07:34撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ずは、先が良く見えない中、小障子ノ頭まで登って、、、
オジカ沢ノ頭避難小屋。
ここは、小屋の中のスノコが反っていて居心地が悪そう。
2019年11月10日 08:24撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オジカ沢ノ頭避難小屋。
ここは、小屋の中のスノコが反っていて居心地が悪そう。
1
どこだかわからないけど、多分オジカ沢ノ頭。
2019年11月10日 08:31撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこだかわからないけど、多分オジカ沢ノ頭。
あの細いところに行くのか、、、、
2019年11月10日 08:36撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの細いところに行くのか、、、、
写真ではわかりにくいけど、奥のほうを真下に降りたんですよ。鎖が1本あったけど、とてもじゃないけど握っただけでは滑って落ちてしまう。手に巻いて使います。
2019年11月10日 09:04撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真ではわかりにくいけど、奥のほうを真下に降りたんですよ。鎖が1本あったけど、とてもじゃないけど握っただけでは滑って落ちてしまう。手に巻いて使います。
どんどん進む
景色を楽しめなくてつまらない。
2019年11月10日 09:36撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん進む
景色を楽しめなくてつまらない。
これを登ると谷川岳肩の小屋に到着するはず。
結構な登りなので、上を見ると辛いので、しばらく下を見て歩き続けていたら、案外すぐに登れました。
2019年11月10日 09:46撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを登ると谷川岳肩の小屋に到着するはず。
結構な登りなので、上を見ると辛いので、しばらく下を見て歩き続けていたら、案外すぐに登れました。
肩の小屋に到着。勿論営業はしてません。
2019年11月10日 10:18撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋に到着。勿論営業はしてません。
3
せっかくここまで来たので「トマの耳」だけには行きました。
2019年11月10日 10:28撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくここまで来たので「トマの耳」だけには行きました。
6
何も見えない。さぁ〜、下ろう!
2019年11月10日 10:29撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何も見えない。さぁ〜、下ろう!
4
だいぶ下ると雪もなくなってきます
2019年11月10日 11:03撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ下ると雪もなくなってきます
1
上を見ると雲が切れてきた。
2019年11月10日 11:29撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上を見ると雲が切れてきた。
天神平からロープウェイで下り、土合駅まで歩いていると綺麗な紅葉を発見。
2019年11月10日 13:09撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平からロープウェイで下り、土合駅まで歩いていると綺麗な紅葉を発見。
1
土合駅到着。
2019年11月10日 13:23撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土合駅到着。
2
階段を下りてホームへ!!
2019年11月10日 13:29撮影 by L-01K, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を下りてホームへ!!
3

感想/記録
by tsktty

新潟県苗場スキー場近くの平標登山口から群馬県谷川岳の天神平まで歩いてきました。二日間で約20キロ、登ったり下ったりでクタクタ。
一日目は快晴の中、6時出発で、途中アイゼンを使う場面もあったけど(持ってきてよかったぁ〜)、16時に避難小屋に到着。一人で静かに一晩過ごし、翌日朝起きたら真っ白でびっくり!
先が良く見えない中アイゼンを着けて7時過ぎに出発、道迷いは無いけど標高差を見るため地図を見ながら進み、10時半には谷川岳の山頂トマの耳に到着。あとは下るだけ。雪が無くなってきたのでアイゼンをはずして上着を脱いでどんどん下り、、、、、あっ、上着を脱いだときに時計をはずして置いて来てしまったぁ〜、、、、、取りに戻るのは1時間以上登るのであきらめました。
下山後は、天神平からロープウェイに乗り、歩いて土合駅に行き、500段弱の階段を下りてホームに。来た電車に乗って越後湯沢へ、やっと風呂だ。その後は路線バスで平標登山口へ行き、車で無事に帰宅しました。
訪問者数:353人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ