また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2211063 全員に公開 ハイキング丹沢

大界木山南尾根・畦ヶ丸周回

日程 2020年02月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
箒杉P(トイレあり)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間42分
休憩
24分
合計
8時間6分
S箒杉07:4707:55大滝橋バス停08:05箱根屋沢08:1409:42東峰10:00屏風岩山10:0110:48地蔵沢林道11:40赤沢出合11:4612:50大界木山12:5213:18モロクボ沢ノ頭13:36畦ヶ丸避難小屋13:40畦ヶ丸13:4214:46鬼石沢14:49一軒屋避難小屋14:5015:08マスキ嵐沢標識15:1115:39大滝橋バス停15:53箒杉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
半分はバリエーションルート・危険部分多数

装備

個人装備 ヘルメット チェーンスパイク GPS

写真

出発前、箒杉P前の広場にヘリコプター。何かの運搬用かな?
2020年02月08日 07:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発前、箒杉P前の広場にヘリコプター。何かの運搬用かな?
1
車道を30分歩いて箱根橋の南側。標高400m。
2020年02月08日 08:10撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を30分歩いて箱根橋の南側。標高400m。
ガードレールの奥に作業径路あり。急なのは最初の一瞬だけ。
2020年02月08日 08:12撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガードレールの奥に作業径路あり。急なのは最初の一瞬だけ。
階段を上がるとすぐ箱根屋沢右岸尾根。しっかりした作業径路がある。
2020年02月08日 08:13撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を上がるとすぐ箱根屋沢右岸尾根。しっかりした作業径路がある。
ジグザグ径路が一段落すると気持ちの良い尾根。560m
2020年02月08日 08:32撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジグザグ径路が一段落すると気持ちの良い尾根。560m
1
植林の中に入っても径路は続く。633m標高点近く。
2020年02月08日 08:43撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林の中に入っても径路は続く。633m標高点近く。
1
径路は標高800mまであった。その先、植林地内を50mほど登る。
2020年02月08日 09:10撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
径路は標高800mまであった。その先、植林地内を50mほど登る。
明るい自然林もあり。860m。最後は植林地になります。
2020年02月08日 09:20撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい自然林もあり。860m。最後は植林地になります。
1
屏風岩山東尾根に合流し、登って来た尾根を振り返る。930m。
2020年02月08日 09:28撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩山東尾根に合流し、登って来た尾根を振り返る。930m。
20分少しで屏風岩山に到着。1051.3m。寒いのですぐ出発。畦ヶ丸方向に10分ほど下る。
2020年02月08日 09:51撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分少しで屏風岩山に到着。1051.3m。寒いのですぐ出発。畦ヶ丸方向に10分ほど下る。
1
GPSで確認しつつ、西に下る広い尾根を下ります。
2020年02月08日 10:03撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GPSで確認しつつ、西に下る広い尾根を下ります。
正面に富士山が見えます。でも1000m付近はRF難しい。広い方でなく、斜め右に曲がってから斜め左に下る。説明できません。
2020年02月08日 10:04撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に富士山が見えます。でも1000m付近はRF難しい。広い方でなく、斜め右に曲がってから斜め左に下る。説明できません。
2
中間部分は急坂。ザレている場所もあり、スパイク付ければよかった。820m。右にセギノ沢が見えたらもうすぐ。
2020年02月08日 10:19撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間部分は急坂。ザレている場所もあり、スパイク付ければよかった。820m。右にセギノ沢が見えたらもうすぐ。
1
地蔵沢林道に下りてきて取付きを振り返る。700m。ここから地蔵沢林道を北に進む。
2020年02月08日 10:29撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵沢林道に下りてきて取付きを振り返る。700m。ここから地蔵沢林道を北に進む。
1
ナンジャコリャーというほど崩壊している。(何か所もあります)
2020年02月08日 10:54撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナンジャコリャーというほど崩壊している。(何か所もあります)
1
ついに大崩壊、上巻きも下巻きもできない。標高800m。
2020年02月08日 11:01撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに大崩壊、上巻きも下巻きもできない。標高800m。
1
少し戻って植林地内を40mほど下にある地蔵沢に下ってみる。
2020年02月08日 11:02撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し戻って植林地内を40mほど下にある地蔵沢に下ってみる。
地蔵沢に出て、何回も渡渉しながらゴーロを登って行く。小滝とかもなく登山靴で登って行ける。
2020年02月08日 11:13撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵沢に出て、何回も渡渉しながらゴーロを登って行く。小滝とかもなく登山靴で登って行ける。
美しい釜もあちこちに。暖かくなったらウォーターウォーキングも楽しそう。
2020年02月08日 11:14撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい釜もあちこちに。暖かくなったらウォーターウォーキングも楽しそう。
2
何か木にくくりつけてある。これはマーキング?
2020年02月08日 11:15撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何か木にくくりつけてある。これはマーキング?
正面に出会が見えてきた。(赤沢出会)820m。
2020年02月08日 11:29撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に出会が見えてきた。(赤沢出会)820m。
左側は赤沢。
2020年02月08日 11:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側は赤沢。
1
出会の広場?誰にも会いませんが・・・。とてもステキな場所ですが、ここに来るのは大変です。
2020年02月08日 11:33撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出会の広場?誰にも会いませんが・・・。とてもステキな場所ですが、ここに来るのは大変です。
4
右側はバケモノ沢。
2020年02月08日 11:33撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側はバケモノ沢。
今日は、中間にある大界木山南尾根を登ります。
2020年02月08日 11:37撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、中間にある大界木山南尾根を登ります。
1
気持ちの良い自然林の尾根。910m。
2020年02月08日 11:51撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い自然林の尾根。910m。
旧奥野歩道との交差点。歩道の形状はトレースできますが、踏跡はありません。960m。
2020年02月08日 11:56撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧奥野歩道との交差点。歩道の形状はトレースできますが、踏跡はありません。960m。
1070m小ピークから正面に大界木山が見えて来ました。
2020年02月08日 12:15撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1070m小ピークから正面に大界木山が見えて来ました。
1
最後はかなり急になります。1100m。
2020年02月08日 12:24撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はかなり急になります。1100m。
直登は急だし、右の方に気持ちの良い尾根が見えたので、そちらにトラバースしながら登りました。
2020年02月08日 12:25撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登は急だし、右の方に気持ちの良い尾根が見えたので、そちらにトラバースしながら登りました。
3
1200m付近から南尾根を見下ろす。下りでは尾根形状がはっきりせず、RFが難しいと思います。マーキングもありません。
2020年02月08日 12:35撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1200m付近から南尾根を見下ろす。下りでは尾根形状がはっきりせず、RFが難しいと思います。マーキングもありません。
1
大界木山に到着。1246m。正面から登って来ました。ここから畦ヶ丸へ向かいます。ここで菰吊山に向かう登山者とお話。
2020年02月08日 12:49撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大界木山に到着。1246m。正面から登って来ました。ここから畦ヶ丸へ向かいます。ここで菰吊山に向かう登山者とお話。
2
大界木山から畦ヶ丸までは何回もアップダウンがあり辛い。稜線には雪も多少残っており、かなり冷えて来ました。
2020年02月08日 13:02撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大界木山から畦ヶ丸までは何回もアップダウンがあり辛い。稜線には雪も多少残っており、かなり冷えて来ました。
1
大界木山から1時間弱、ヘロヘロで畦ヶ丸避難小屋に到着。避難小屋は誰もいませんでした。
2020年02月08日 13:35撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大界木山から1時間弱、ヘロヘロで畦ヶ丸避難小屋に到着。避難小屋は誰もいませんでした。
3
畦ヶ丸山頂(1292.3m)から南東尾根(VR)を下ります。3回目なのに迷いそうになる場所多数。尾根選択は要注意です。
2020年02月08日 13:49撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畦ヶ丸山頂(1292.3m)から南東尾根(VR)を下ります。3回目なのに迷いそうになる場所多数。尾根選択は要注意です。
3
1079mピークの東側、以前から気になっていた南西に向かう作業径路を辿ってみる。
2020年02月08日 14:06撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1079mピークの東側、以前から気になっていた南西に向かう作業径路を辿ってみる。
作業径路は1079ピーク南側からさらに西奥に続きますが、1079南尾根を下ってみました。
2020年02月08日 14:11撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業径路は1079ピーク南側からさらに西奥に続きますが、1079南尾根を下ってみました。
最後は急ですが小植林地脇で危険は少ない。鬼石沢の上流に下って来ました。
2020年02月08日 14:17撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は急ですが小植林地脇で危険は少ない。鬼石沢の上流に下って来ました。
鬼石沢900m地点から西を見ると、登りたくなるような尾根や作業径路も見える。(右写真外の沢を下って来た)
2020年02月08日 14:23撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼石沢900m地点から西を見ると、登りたくなるような尾根や作業径路も見える。(右写真外の沢を下って来た)
前の写真の反対側。沢沿いに多少判りづらい作業径路があります。ピンクリボンを辿ります。渡渉も何回かあります。
2020年02月08日 14:22撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前の写真の反対側。沢沿いに多少判りづらい作業径路があります。ピンクリボンを辿ります。渡渉も何回かあります。
1
左の沢には滝がありますが、右岸の高巻き径路になっています。この付近は偵察したことがあるので迷いませんでした。
2020年02月08日 14:34撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の沢には滝がありますが、右岸の高巻き径路になっています。この付近は偵察したことがあるので迷いませんでした。
正面の尾根から下ってきました。下の方は径路が崩れている。この後も何回か渡渉する。以前はもっと歩きやすかった。
2020年02月08日 14:40撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面の尾根から下ってきました。下の方は径路が崩れている。この後も何回か渡渉する。以前はもっと歩きやすかった。
2
何回か渡渉しながら一軒屋避難小屋に到着。あとは大滝沢沿いの登山道を下って終了。
2020年02月08日 14:46撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何回か渡渉しながら一軒屋避難小屋に到着。あとは大滝沢沿いの登山道を下って終了。

感想/記録

今日は寒いので日当たりの良さそうなコースを回ってきました。
大界木山南尾根は、1100m以下は歩きやすいですが、1100-1200mは急斜面で尾根形状が判りづらいので下りのRFは難しそうでした。
地蔵林道は崩壊で終点まで行けませんでしたが、地蔵沢右岸にも古い径路があるそうなので、いつか探索してみたいです。
訪問者数:150人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ