また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2406343 全員に公開 雪山ハイキング 北陸

朝日岳 小川温泉より

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年06月21日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
・小川温泉駐車場を利用。
・登山口の北俣小屋までロードレーサで越道林道を走破
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち98%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間39分
休憩
1時間54分
合計
12時間33分
S小川温泉01:5503:18越道峠03:2003:40北又小屋03:5704:00北又吊り橋04:44三合目(曲り谷)04:4905:24五合目(ブナ平)05:49七合目(白樺坂)05:5706:40イブリ山06:4207:22夕陽が原07:2908:15朝日小屋08:1908:24水谷のコル08:3209:14朝日岳09:3110:00水谷のコル10:0410:09朝日小屋10:2010:45夕陽が原10:4611:20イブリ山11:2111:45七合目(白樺坂)11:5012:09五合目(ブナ平)12:1012:32三合目(曲り谷)12:3413:01北又吊り橋13:06北又小屋13:2413:51越道峠13:5214:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・北又小屋、朝日小屋共に休業中。イブリ山の登山道は草刈り中でした。
・コース中にピンクリボンが高い位置に付けられて、雪渓通過で役立ちました。
・イブリ山手前から残雪が認められる。標高1900m辺りから雪渓が断続的に出てくる。アイゼン・ピッケルなど必要。
・前朝日西側の登山道は大きな雪渓のため少し迷いやすく、トラバース気味となる所がある。
・ブナ林が切れる上部稜線や雪渓中は日光が強く熱中症に注意。
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

今日は夏至。すぐに明るくなるだろう。夜空の星空が凄い。
ロードで越道林道に!
2020年06月21日 01:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は夏至。すぐに明るくなるだろう。夜空の星空が凄い。
ロードで越道林道に!
石も小枝もないいい道でしたが……。
2020年06月21日 02:40撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石も小枝もないいい道でしたが……。
越道峠手前で石を踏んで後輪がパンク。真っ暗だが冷静に対処できた。チューブラーなのでタイヤ毎交換。予備なし。
2020年06月21日 02:52撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越道峠手前で石を踏んで後輪がパンク。真っ暗だが冷静に対処できた。チューブラーなのでタイヤ毎交換。予備なし。
越道峠到着。パンクの影響でダウンヒルは慎重になる。再パンクしてもシューズがあるので歩いて戻れる。
2020年06月21日 03:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越道峠到着。パンクの影響でダウンヒルは慎重になる。再パンクしてもシューズがあるので歩いて戻れる。
北又小屋の方にロードをデポ。
北又ダムの赤い橋から登山スタート。標高675m(GPS読み)。
2020年06月21日 04:00撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北又小屋の方にロードをデポ。
北又ダムの赤い橋から登山スタート。標高675m(GPS読み)。
最初は急登気味で一合目(840m)。明るくなってきた。
2020年06月21日 04:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は急登気味で一合目(840m)。明るくなってきた。
一合目から北俣小屋を見下ろす。
2020年06月21日 04:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一合目から北俣小屋を見下ろす。
不意にカモシカさんとミスマッチ。いつもの通り、にらみ合いが数分。
2020年06月21日 04:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不意にカモシカさんとミスマッチ。いつもの通り、にらみ合いが数分。
ブナ林は歩きやすい。
2020年06月21日 04:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林は歩きやすい。
天然の絨毯。
2020年06月21日 04:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天然の絨毯。
4合目。確かに熊さんの相手は大変だ。
2020年06月21日 05:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4合目。確かに熊さんの相手は大変だ。
5合目。ここで休憩。
2020年06月21日 05:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目。ここで休憩。
5合目広場。左手の小道を5分ほど進むと水場があるとのこと(未確認)。
2020年06月21日 05:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目広場。左手の小道を5分ほど進むと水場があるとのこと(未確認)。
6合目。天気は快晴に近い。
2020年06月21日 05:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目。天気は快晴に近い。
残雪出現。
2020年06月21日 05:46撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪出現。
水芭蕉が咲き始め。
2020年06月21日 05:48撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水芭蕉が咲き始め。
3
初雪山と犬が岳。
2020年06月21日 05:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初雪山と犬が岳。
1
残雪出現。
2020年06月21日 06:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪出現。
雪に備えて、ウィペットのピックをセット。
2020年06月21日 06:27撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪に備えて、ウィペットのピックをセット。
1
僧が岳と越中駒ケ岳。
2020年06月21日 06:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
僧が岳と越中駒ケ岳。
2
10合目。朝日岳や長栂山とご対面。
2020年06月21日 06:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10合目。朝日岳や長栂山とご対面。
2
10合目。虫が多く暑いので先に進む。
2020年06月21日 06:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10合目。虫が多く暑いので先に進む。
鞍部まで下る。帰りは登り返しあり。
2020年06月21日 06:44撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部まで下る。帰りは登り返しあり。
イブリ山(1791m)を振り返る。
2020年06月21日 06:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブリ山(1791m)を振り返る。
鎖場(1820m)。見た目ほど急ではない。
ここを超えるとお花畑へ
2020年06月21日 06:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場(1820m)。見た目ほど急ではない。
ここを超えるとお花畑へ
1
木道を進む。
2020年06月21日 07:09撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道を進む。
1
僧が岳と越中駒ケ岳が良く見える。
2020年06月21日 07:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
僧が岳と越中駒ケ岳が良く見える。
1
雪渓の手前を歩くことになる。
2020年06月21日 07:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓の手前を歩くことになる。
1
こんな感じ。この後、道は雪渓の下になる。
2020年06月21日 07:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じ。この後、道は雪渓の下になる。
1
黒部、朝日方面を振り返る。
2020年06月21日 07:24撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部、朝日方面を振り返る。
1
いよいよ雪道。ザラメで勾配はきつくない。
2020年06月21日 07:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ雪道。ザラメで勾配はきつくない。
1
前朝日が近づく。この辺は完全雪道。
2020年06月21日 07:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前朝日が近づく。この辺は完全雪道。
2
夏道は右手、雪渓を横切る。
2020年06月21日 07:48撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道は右手、雪渓を横切る。
1
登ってきた道。奥は黒部。
2020年06月21日 07:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた道。奥は黒部。
1
雪道が連続する。奥を超えると朝日小屋。
2020年06月21日 08:06撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪道が連続する。奥を超えると朝日小屋。
1
ようやく到着。ヘリコプターで荷揚げ中。
2020年06月21日 08:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく到着。ヘリコプターで荷揚げ中。
3
大勢の人が作業中で、邪魔にならないように準備と補給を済ませる。
2020年06月21日 08:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大勢の人が作業中で、邪魔にならないように準備と補給を済ませる。
1
白馬岳から西に延びる峰々。
2020年06月21日 08:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳から西に延びる峰々。
2
小屋の方より、夏道を使いながら進めばOKとのアドバイスがあった。GPSで夏道をトレースしながら登る。
2020年06月21日 08:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の方より、夏道を使いながら進めばOKとのアドバイスがあった。GPSで夏道をトレースしながら登る。
1
まずは夏道の入口を探す。
2020年06月21日 08:24撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは夏道の入口を探す。
2
登山道だけでなく、雪渓も連続的に出てくる。
2020年06月21日 08:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道だけでなく、雪渓も連続的に出てくる。
2
朝日小屋方面。ヘリコプターが何回も往復している。
2020年06月21日 08:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日小屋方面。ヘリコプターが何回も往復している。
2
ピンクリボンが役立ちます。
2020年06月21日 08:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクリボンが役立ちます。
1
日当たりの良いところはお花畑。
2020年06月21日 08:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日当たりの良いところはお花畑。
1
雪渓歩きが長くなる。ウィペットとチェーンスパイクを活用。
2020年06月21日 09:08撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓歩きが長くなる。ウィペットとチェーンスパイクを活用。
1
天国への階段。
2020年06月21日 09:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天国への階段。
2
晴天は初めて。早くもガス発生。
2020年06月21日 09:16撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴天は初めて。早くもガス発生。
4
パワーを貰います。
2020年06月21日 09:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パワーを貰います。
1
初雪山と犬が岳。
2020年06月21日 09:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初雪山と犬が岳。
2
糸魚川方面、五輪山、長栂山?
2020年06月21日 09:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
糸魚川方面、五輪山、長栂山?
2
栂海新道の犬が岳、奥に白鳥山?。
2020年06月21日 09:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栂海新道の犬が岳、奥に白鳥山?。
2
犬が岳の東側。
2020年06月21日 09:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬が岳の東側。
小蓮華、白馬乗鞍の稜線。
2020年06月21日 09:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華、白馬乗鞍の稜線。
妙高方面はすでに雲の中。
2020年06月21日 09:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高方面はすでに雲の中。
糸魚川方面。
2020年06月21日 09:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
糸魚川方面。
去年が懐かしい。
2020年06月21日 09:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年が懐かしい。
白馬岳と旭岳。
2020年06月21日 09:24撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳と旭岳。
5
剱岳と立山連峰。
2020年06月21日 09:24撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳と立山連峰。
5
黒部方面と日本海。
2020年06月21日 09:25撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部方面と日本海。
1
白馬岳。長野県側は雲が多い。
2020年06月21日 09:25撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳。長野県側は雲が多い。
3
オールスターの面々。
2020年06月21日 09:31撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オールスターの面々。
3
小川流域。
2020年06月21日 10:00撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川流域。
朝日小屋へ戻る。
小屋の方々に無事を告げ、軽く補給を済ませて、挨拶して帰途に就く。
2020年06月21日 10:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日小屋へ戻る。
小屋の方々に無事を告げ、軽く補給を済ませて、挨拶して帰途に就く。
2
雲が湧いてきた。10時を過ぎるとどんどん増える。
2020年06月21日 10:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が湧いてきた。10時を過ぎるとどんどん増える。
雪倉岳、白馬岳、朝日岳。
2020年06月21日 10:09撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪倉岳、白馬岳、朝日岳。
1
前朝日の雪面。
2020年06月21日 10:21撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前朝日の雪面。
1
また来ます。今度は泊まろう(来年)。
2020年06月21日 10:21撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また来ます。今度は泊まろう(来年)。
2
小川ダムまで戻ろう。
2020年06月21日 10:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川ダムまで戻ろう。
1
ピンクリボンが助かった。
2020年06月21日 10:38撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクリボンが助かった。
ドンドン下る。雪渓歩きだがペースは遅め。
2020年06月21日 10:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドンドン下る。雪渓歩きだがペースは遅め。
初夏という雰囲気。
2020年06月21日 10:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初夏という雰囲気。
1
下っていくヘリコプター。
2020年06月21日 10:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下っていくヘリコプター。
1
木立(影)が欲しい。
2020年06月21日 10:52撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木立(影)が欲しい。
毛勝三山。10時を過ぎると雲が出る。
2020年06月21日 10:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛勝三山。10時を過ぎると雲が出る。
ここからの眺めが良い。
2020年06月21日 10:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの眺めが良い。
イブリ山が近づく。登り返しは雪を帽子に入れて乗り切った。
2020年06月21日 11:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブリ山が近づく。登り返しは雪を帽子に入れて乗り切った。
この稜線は暑かった。日差しが強すぎる。まだ体が慣れていない。
2020年06月21日 11:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この稜線は暑かった。日差しが強すぎる。まだ体が慣れていない。
木立がないと日向となり暑さがぶり返す。
2020年06月21日 11:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木立がないと日向となり暑さがぶり返す。
ブナの日陰が続く。
2020年06月21日 12:06撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの日陰が続く。
1合目到着。疲れが出るがまだ越道峠があるので気は抜けない。
2020年06月21日 12:47撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1合目到着。疲れが出るがまだ越道峠があるので気は抜けない。
1
最後まで日影が続いて助かった。
2020年06月21日 12:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後まで日影が続いて助かった。
1
北又ダム。
2020年06月21日 13:00撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北又ダム。
1
シューズを履き替えて荷造り。北俣小屋の水場が使えてi生き返った。
2020年06月21日 13:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シューズを履き替えて荷造り。北俣小屋の水場が使えてi生き返った。
ゲームセット。下界は暑い。
2020年06月21日 14:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲームセット。下界は暑い。

感想/記録

今回は、静かな山を味わい雪の朝日岳を見てみたくなったので、日帰りで小川温泉から往復することにした。そろそろ夏時間、天気が良さそうなので早めのスタート時間だ。

小川温泉を2時前に出発、満天の空の下、ロードで越道林道を登る。
越道峠(881m)まで約630mのヒルクライムだ。
全体では標高500〜600mと峠手前が勾配がきつい印象。
マイペースで登っていたところ、標高690m地点で登りでペダルを踏み込んだ瞬間に石を踏みつけて後輪がパンク。すぐにタイヤ交換。どうもライトだけでは視界が狭く石を発見できなかったようだ。20分ほどロスして走り出す。峠は写真だけ、すぐに下るが予備タイヤが無いので慎重にダウンヒル。登山に備えて途中の沢で水を補給。
北又小屋に3:40到着。まだ暗い。車が3台。朝日小屋の関係者だろうか?
トレランシューズに履き替えて北又ダムの赤い橋を渡る。
イブリ山頂まで標高差1000mだ。直ぐに勾配が増す。空が明るくなり1合目到着。
先に進む。不意にニホンカモシカと出会う。登山道の奥に逃げ、お見合いとなる。暫くして山の中に消えていった。
その後、ブナ林の中を延々と標高を稼ぐ。新緑の空気を味わう。今日は静かな登山だろう。
標柱を確認しながら黙々と登る。北側に、懐かしい初雪山が見えてくる。
イブリ山頂手前から残雪が出てくるが大したことはなかった。
10合目の山頂につくと朝日岳が出迎えてくれる。
虫が飛び交い暑いので先に進む。稜線を下り、すぐに登り。
ここからまだ朝日岳まで標高差600mほどある。身体ができていないとこの先スタミナ不足となる。
厳しい登り返しのあと標高1700mの鎖場をこなすとようやく高山らしくなる。
右手に毛勝三山、剣も確認できる。
上部には雪渓が確認できる。ちょうどお花畑の辺りだ。
標高1900mを超えると夏道は雪渓の下となり雪渓歩きが主となる。
トレランシューズでは少し歩くのに難儀、ウィペットも活用して朝日小屋へ向かう。前朝日手前で夏道は北(左)へ迂回する。この辺は雪の斜面が広がりどこでも歩けるので、少し分かりにくくなっている。なんとか道を見つけて朝日平へ向かう。
雪が続くかと思えば途切れるところもある。
朝日小屋が近づくと、ちょうどヘリで荷揚げしているところであった。資材など何回も往復して上げていた。今年一年は休業して小屋の修繕などを行うと聞いていたが、
この日は二十人ほど来ていたようだ。
作業の邪魔にならないように簡単な補給と身支度をして、頂上に向かう。
小屋の方から夏道をトレースすれば大丈夫と聞いたので、GPSと目視で夏道を
追った。雪はザラメで固くはない。チェーンスパイクを付け登山再開。
上に行くにしたがって雪道歩きが多くなる。所々、ピンクリボンの目印があり助かった。特に難しい斜面はなかったが、疲れが出て歩が重くなった。
最後の木道を登り山頂に到達。東の山には雲がかかり始めていたが、概ね良好な眺めであった。
下りは早い。脈拍も下がり楽になった。途中で雪渓から出てきた水をペットボトルに入れいて後半に備える。
朝日小屋手前で登山者一名とスライド。自転車で来たという。
朝日小屋では皆さんがティータイム、丁度、ヘリの輸送時間の合間らしい。
長袖を脱ぎグローブを交換、後は下るだけだ。
小屋の皆さんに挨拶して朝日平を後にする。
ガスがどんどん湧いてくる。夏山は9時までが勝負だな。
標高1800mまでは雪渓を主体に降りる。
雪渓地帯を過ぎた稜線からイブリ山までは直射日光を遮るものがなく、灼熱地獄。
雪を帽子に入れて冷やしながら山頂を超える。
ブナ林に入り日影と枯れ葉の優しい道となり暑さから解放される。
5合目から下では地元の方々が草刈をされていた。
何とか北又ダムに到着。ダムからの階段が一番疲れた。
北俣小屋に戻り、水場が利用でき汗を流し冷やす。生き返った。
自転車の仕度をして走りだす。
越道峠まで緩やかで登りやすかったが、峠のダウンヒルはパンクを避けるため
ゆっくり下ったので手や肩が痛くなった。

小川温泉に無事到着、パンクトラブルもあったが充実した一日を堪能できた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:433人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ