また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2492018 全員に公開 ハイキング 中央アルプス

恵那山〜大判山〜廃道大回り

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年08月09日(日) [日帰り]
メンバー
 muo_jp(感想)
 itog(CL)
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
5時前時点で駐車場は6-7台
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間49分
休憩
1時間16分
合計
8時間5分
S林道ゲート05:1605:37恵那山広河原ルート登山口05:4006:334合目(休憩所)06:3407:171,990m展望地07:2207:53恵那山一等三角点08:0208:09恵那山頂避難小屋08:1808:24恵那山08:36恵那山前宮ルートと神坂峠ルート分岐08:4209:59大判山10:1510:50鳥越峠10:5411:13千両山11:2511:30富士見台パノラマコース入口11:3712:54恵那山広河原ルート登山口12:5513:16林道ゲート13:1913:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
メジャーなエリアは整備されていて歩きやすい。恵那山頂から大判山へと下っていく途中は木の根を乗り越える場所も多く、ところにより滑りやすかったり切り株がささくれていたりするので注意

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

はじまりのトンネル
2020年08月09日 05:35撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はじまりのトンネル
川を渡ってトレイルへ
2020年08月09日 05:38撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を渡ってトレイルへ
1
時折ガスが取れる
2020年08月09日 06:38撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折ガスが取れる
エナサン
2020年08月09日 07:55撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エナサン
1
胞山?と思ったけれど、後で意味を知って納得
2020年08月09日 07:55撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胞山?と思ったけれど、後で意味を知って納得
最も高所の人
2020年08月09日 07:55撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最も高所の人
山頂避難小屋の奥の見晴スポット(未訪)
2020年08月09日 08:12撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂避難小屋の奥の見晴スポット(未訪)
最高点は避難小屋の少し先に
2020年08月09日 08:21撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高点は避難小屋の少し先に
1
せっせと進む
2020年08月09日 08:33撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっせと進む
森林の雰囲気が良い
2020年08月09日 08:33撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林の雰囲気が良い
大判山に向けてもう少しのぼる
2020年08月09日 09:57撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大判山に向けてもう少しのぼる
千両山に向けてもう少々のぼる
2020年08月09日 10:55撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千両山に向けてもう少々のぼる
ラストの登り
2020年08月09日 11:14撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラストの登り
笹の中を進む。幸い足元に石などはほとんどない
2020年08月09日 11:25撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の中を進む。幸い足元に石などはほとんどない
1
笹がどんどん深くなる
2020年08月09日 11:29撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹がどんどん深くなる
1
もう何も見えない
2020年08月09日 11:32撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう何も見えない
1
あとはひたすら脚にやさしくないコンクリートロードを
2020年08月09日 12:22撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとはひたすら脚にやさしくないコンクリートロードを
燃えるような緑のトンネル。おつかれさまでした
2020年08月09日 12:57撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燃えるような緑のトンネル。おつかれさまでした

感想/記録
by muo_jp

ゆるキャン△の斉藤さんですよねというイメージが強かったけれど登る機会のなかった恵那山。
広河原駐車場からスタート、20分少々歩くと登山口に到着。ここから900mほど登る。

ちょいちょいitogが熊避けにホイッスルを吹きつつ進む。
4合目や1,990m展望地は眺望あったりなかったり、ガス次第。

山頂避難小屋は結構しっかりした作りでストーブもある(木材があって火を点けられれば)。
同所から20mほどの場所に設置されたトイレはバイオトイレで、かなり最近建てられたしっかりした造りだけど、よくある山トイレ100円箱をさがすと「2018年に募金箱が破壊されたので2019年時点で募金箱は設置していません」という悲しい注意書きがされていた。世知辛い。

原っぱから富士見台パノラマコース入り口までの約500mは笹が茂っていて、下るにつれて背丈を超えるまでになる。
足元に石などはなく歩きやすいけれど雨ががっつり降るとしんどいかも。
背丈を超える笹の中を歩き続けるのはやばいのではないかと思い始めるあたりで唐突におわって富士見台パノラマコース入り口へ到着。
そこからしばらく行くと廃道に入る。

広河原ルートの出入り口にあたるトンネルは、特に昼頃は前を行く同行者が緑に包まれてこれは絶対流行る撮影スポットだと思った。

下山後、恵那ってなんだろうという話になって調べたら、もとの表記は胞衣という。
それっぽいなーと思ってはいたけれど完全に二瓶勉だった(気になる方はシドニアの騎士または人形の国という漫画を読んでください)。

序盤せっせとのぼって後半はゆっくり楽しめる山行でした。

感想/記録
by mka10

3連休、日帰りのお山3連お伴させていただく2日目は、百名山に興味がないため聞いたことあるようなないような恵那山へ。

20分程度林道を歩いたあとのハイクアップは調子悪くなく、脚が少し山用に戻ってきたなと感じました。
実は前日のお気楽乗鞍で体温下がらないようなペースで行こうと同行者が先を歩いていた際、脚がのってこず「今日こんな状況だと2日目3日目は厳しいのでは」などと思っていました。
杞憂に終わりよかったです。平日の寝不足が原因だったかもしれません。

時節雨もパラつきましたが気持ちよく感じる程度、霧も晴れてお日様も見えてくると暑さを感じました。
林道を歩きながら、空と山を眺めるとすっかり夏山の様相に変わっていました。

神坂峠からの縦走路があるようで、興味が湧いたら調べて見ようと思います。

感想/記録
by itog

3連投の2日目。

2/3で行きたい山は決まっていたので、アクセスいいとこで行ける山ないかなと思って探していたら、百名山だしハズレはないだろう、位の気持ちで選びました。

天候が微妙だったので、悪ければ恵那山ピストンで帰ってこれる周回コース時計回りを計画。

雨は一瞬ぱらついた程度でしたが、恵那山山頂へはなかなかの急登、急降で、泥濘んだ足元では難儀しました。

恵那山から北へ伸びる富士見台縦走コースの途中までの周回コースで、今回は残念ながら眺望は開けませんでしたが、それでも楽しめるコースだったので、次は縦走コースをさらに北まで行きたいと思いました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:187人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ