また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 249979 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 霊仙・伊吹・藤原

伊吹山 南東尾根 もうコリゴリ

情報量の目安: S
-拍手
日程 2012年12月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
関ヶ原 石田光成陣地(笹尾山)無料駐車場に駐車
上野口からタクシーで石田光成陣地へ(3200円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

石田光成陣地駐車場    7:00
ドライブウェイ第2ヘアピンカーブ  8:00
781.8m4等三角点(未確認) 9:10
905.5m3等三角点     10:15
ドライブウェイ重複       11:00
ドライブウェイからの尾根取付き 11:35
頂上東遊歩道       13:50
山頂           14:10
上野登山口        16:00  
コース状況/
危険箇所等
国土地理院の地図の破線をたどって行ったが、
ほとんど廃道に近い。崩れている所は無かったが、
藪化していて、とても歩きづらい。
過去天気図(気象庁) 2012年12月の天気図 [pdf]

写真

関ヶ原の戦い 石田光成陣地跡がある笹尾山。
伊吹山山頂から続く南東尾根の最後が笹尾山。
2012年12月02日 18:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関ヶ原の戦い 石田光成陣地跡がある笹尾山。
伊吹山山頂から続く南東尾根の最後が笹尾山。
冷え込む、朝7時。誰もいないかと思ったら、なんと「歴女」がいた!
2012年12月02日 18:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷え込む、朝7時。誰もいないかと思ったら、なんと「歴女」がいた!
7
出発から5分で迷う。地図の破線の道が見当たらない。
2012年12月02日 18:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発から5分で迷う。地図の破線の道が見当たらない。
GPSを頼りに、この林の中に突撃!
2012年12月02日 18:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GPSを頼りに、この林の中に突撃!
とにかく今回は「尾根を行く!」が鉄則。尾根を目指す。
2012年12月02日 18:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく今回は「尾根を行く!」が鉄則。尾根を目指す。
1
切り通しの舗装路。尾根がぶった切られている。降りるのに一苦労。巻いて降りる。
2012年12月02日 18:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切り通しの舗装路。尾根がぶった切られている。降りるのに一苦労。巻いて降りる。
1
反対側の尾根に上るため、ここから登る。
2012年12月02日 18:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側の尾根に上るため、ここから登る。
1
振り返る。
2012年12月02日 18:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。
2
とにかく尾根を目指す
2012年12月02日 18:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく尾根を目指す
1
このような横に張り出した枝が邪魔をする。
この先、この手の枝に苦しまされ続けた。
2012年12月02日 18:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような横に張り出した枝が邪魔をする。
この先、この手の枝に苦しまされ続けた。
杉林で人の手が入ってるので、ここらへんは歩きやすかった。
2012年12月02日 18:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林で人の手が入ってるので、ここらへんは歩きやすかった。
ドライブウェイが見えた。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドライブウェイが見えた。
ドライブウェイゲートから2つ目のヘアピンコーナー。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドライブウェイゲートから2つ目のヘアピンコーナー。
ココから登ります。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココから登ります。
今回、もしハンターにあって間違って撃たれない様に派手な赤色のシャツを着た。ハンターには結局、出会わなかった。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回、もしハンターにあって間違って撃たれない様に派手な赤色のシャツを着た。ハンターには結局、出会わなかった。
6
なかなか良い尾根です。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか良い尾根です。
半分が杉林。半分が自然林。紅葉は終わっていたが、紅葉時期は最高じゃないかな、と言う感じでした。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半分が杉林。半分が自然林。紅葉は終わっていたが、紅葉時期は最高じゃないかな、と言う感じでした。
枝が出現し始めて少し歩きにくい。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝が出現し始めて少し歩きにくい。
中部電力 58番鉄塔 到着。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中部電力 58番鉄塔 到着。
その先に保安道があります。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先に保安道があります。
鉄塔越しの藤原岳・御池岳
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔越しの藤原岳・御池岳
保安道を少し進むと、GPSの破線からはづれてしまった。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保安道を少し進むと、GPSの破線からはづれてしまった。
おぉ、「とにかく尾根を行く」と言う鉄則を忘れてた。保安道から90度向きを変え、尾根を目指す。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おぉ、「とにかく尾根を行く」と言う鉄則を忘れてた。保安道から90度向きを変え、尾根を目指す。
1
おそらく関ヶ原町と揖斐川町の境界の目印と思われます。これで町境の尾根に乗ったことを確認。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おそらく関ヶ原町と揖斐川町の境界の目印と思われます。これで町境の尾根に乗ったことを確認。
ピンクテープも在った。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクテープも在った。
ここら辺りから藪がひどくなる。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここら辺りから藪がひどくなる。
いやーん
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやーん
3
横に張り出した枝がめんどくさいったらありゃしない!
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横に張り出した枝がめんどくさいったらありゃしない!
これを行けと言うのか!(誰も言っていない)
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを行けと言うのか!(誰も言っていない)
4
枝 枝 枝 押せば跳ね返って鞭の様に顔に当たり、突っ込むと剣道の突きの様に体に突き刺さり、歩くスピードががた落ち。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝 枝 枝 押せば跳ね返って鞭の様に顔に当たり、突っ込むと剣道の突きの様に体に突き刺さり、歩くスピードががた落ち。
2
初めて伊吹山本体が見えた。遠いなー。前半は、ほとんど見える所がありませんでした。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて伊吹山本体が見えた。遠いなー。前半は、ほとんど見える所がありませんでした。
枝 くぐるには低すぎて、跨いで越すには高すぎる。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝 くぐるには低すぎて、跨いで越すには高すぎる。
1
岐阜県と滋賀県の県境標。やっと県境尾根に乗った。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岐阜県と滋賀県の県境標。やっと県境尾根に乗った。
2
黄色いほうが県境の印。この先、結構、短いピッチで敷設してあったので、目印としてありがたかった。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色いほうが県境の印。この先、結構、短いピッチで敷設してあったので、目印としてありがたかった。
分りにくいが、ヌタ場が凍ってます。しかし、林の中で風はほとんど無く、歩いていると暑いくらいだった。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分りにくいが、ヌタ場が凍ってます。しかし、林の中で風はほとんど無く、歩いていると暑いくらいだった。
もう、いやー
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう、いやー
4
破線と林道の重複区間
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破線と林道の重複区間
1
今回、いろいろ不安もあったので、地図も印刷して持って行きました。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回、いろいろ不安もあったので、地図も印刷して持って行きました。
1
藤原・御池が山頂で見るより近く見える。
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原・御池が山頂で見るより近く見える。
藪漕ぎから開放されて、しあわせ〜
2012年12月02日 18:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪漕ぎから開放されて、しあわせ〜
しかし、破線と林道はココで別れる。サヨウナラー
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、破線と林道はココで別れる。サヨウナラー
破線に戻るポイントにはピンクテープがありました。
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破線に戻るポイントにはピンクテープがありました。
またか!やめてーたすけてー。
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またか!やめてーたすけてー。
1
枝地獄も続く。
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝地獄も続く。
1
もう、許してー!
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう、許してー!
3
突然、標高905.5m3等三角点が表れた。
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然、標高905.5m3等三角点が表れた。
1
2,3枚、到達記念のプレートが木に括り付けてありました。来ている人いるんですねぇ。
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2,3枚、到達記念のプレートが木に括り付けてありました。来ている人いるんですねぇ。
3
雪も少しづつ増えてきた。
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪も少しづつ増えてきた。
こんな所に記念碑が。
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所に記念碑が。
2
尾根上に踏み跡はありますが、ほとんど獣道です。
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上に踏み跡はありますが、ほとんど獣道です。
藪漕ぎに嫌気が差したころすぐ横に林道が現れた。
予想タイムもオーバーしてるので林道に乗り換え。
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪漕ぎに嫌気が差したころすぐ横に林道が現れた。
予想タイムもオーバーしてるので林道に乗り換え。
1
林道からは伊吹山が良く見えます。しかし、まだ遠い。
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道からは伊吹山が良く見えます。しかし、まだ遠い。
2
あれが笹又登山道かな?
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが笹又登山道かな?
1
1300m級のくせに2500m級の面構え(笑)これが伊吹山の魅力(?)
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1300m級のくせに2500m級の面構え(笑)これが伊吹山の魅力(?)
10
やっとドライブウェイに出た
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとドライブウェイに出た
南尾根 あそこもいってみたいが、藪が・・・(笑)
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南尾根 あそこもいってみたいが、藪が・・・(笑)
今日は琵琶湖が良く見える。
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は琵琶湖が良く見える。
2
せっかくだから、道の真ん中を歩いてみる。
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくだから、道の真ん中を歩いてみる。
れっ・・れっ・・霊仙山!
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
れっ・・れっ・・霊仙山!
1
濃尾平野方向。変な雲
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濃尾平野方向。変な雲
日陰は昼でも路面凍結。
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰は昼でも路面凍結。
笹又の九十九折れ
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹又の九十九折れ
第2駐車場と南東尾根。まだ、あんなに登らなきゃいけないのか、トホホ
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2駐車場と南東尾根。まだ、あんなに登らなきゃいけないのか、トホホ
ここで写真をパチパチ撮ってて、しばらくして第2駐車場の建物を見たら、1人の登山者が建物に寄りかかって座っていた。人はいないと思ってたので超びっくりしてしまい「こっ、こっ、こんにちは」と言うのが精一杯だった(笑)
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで写真をパチパチ撮ってて、しばらくして第2駐車場の建物を見たら、1人の登山者が建物に寄りかかって座っていた。人はいないと思ってたので超びっくりしてしまい「こっ、こっ、こんにちは」と言うのが精一杯だった(笑)
2
ここが取付きです。ここを登り切れば・・・しかし、落とし穴が!
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが取付きです。ここを登り切れば・・・しかし、落とし穴が!
南東尾根の古い登山道がどうなっているか?が今回の目的のひとつだったが、雪で分らなくなってしまった。
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東尾根の古い登山道がどうなっているか?が今回の目的のひとつだったが、雪で分らなくなってしまった。
道を見失う。とりあえず尾根直登。
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道を見失う。とりあえず尾根直登。
ペットボトルが目印です。
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペットボトルが目印です。
3
道の形は成しているようです。
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の形は成しているようです。
1
雪が少し解けている所で分ったが、結構ガレガレです。
2012年12月02日 18:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が少し解けている所で分ったが、結構ガレガレです。
こんな感じ
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じ
こんな感じ
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じ
また、枝かぁー!
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また、枝かぁー!
1
もう少し!
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し!
登り切った!・・・あれっ?
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切った!・・・あれっ?
次!ここを登り切れば!
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次!ここを登り切れば!
1
斜度はこれくらい。
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度はこれくらい。
1
手前に藪の防衛線が!特攻!
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前に藪の防衛線が!特攻!
あと少し!
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少し!
登り切った!・・・あれっ?
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切った!・・・あれっ?
振り返って。第2駐車場からの尾根は3段構造になっていて、駐車場からは第1のピークしか見えません。第1のピークを越えても第2のピークしか見えず第3のピーク(山頂)は見え無いのです。
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って。第2駐車場からの尾根は3段構造になっていて、駐車場からは第1のピークしか見えません。第1のピークを越えても第2のピークしか見えず第3のピーク(山頂)は見え無いのです。
ここらへんの雰囲気が藤原岳に似ています。
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらへんの雰囲気が藤原岳に似ています。
本当に最後の登り。
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当に最後の登り。
こんな所に小さな祠があった。
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所に小さな祠があった。
2
字は薄く読めなかった。
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
字は薄く読めなかった。
本当に、あと少し。
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当に、あと少し。
能郷白山と伊吹山北尾根
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能郷白山と伊吹山北尾根
南東尾根を振り返る。辛かった。
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東尾根を振り返る。辛かった。
1
南斜面と琵琶湖
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南斜面と琵琶湖
1
頂上手前。こんどは笹薮の防衛線が。特攻!
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上手前。こんどは笹薮の防衛線が。特攻!
あら、こんな所に出るのね。
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あら、こんな所に出るのね。
サヨナラ南東尾根。二度と来ねーよ(#゜д゜)プンスコ
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サヨナラ南東尾根。二度と来ねーよ(#゜д゜)プンスコ
3
終わった気でいたが、山頂まで遠い。辛い。悲しい(笑)
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終わった気でいたが、山頂まで遠い。辛い。悲しい(笑)
1
誰だ、こんなことした奴は(笑)
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰だ、こんなことした奴は(笑)
5
変なオブジェも
2012年12月02日 18:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
変なオブジェも
2
午後2時。もう誰もいない。ずっと一人だったから、山頂の賑わいを感じたかった(笑)
2012年12月02日 18:09撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後2時。もう誰もいない。ずっと一人だったから、山頂の賑わいを感じたかった(笑)
2
誰もいない
2012年12月02日 18:09撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない
いたー!
2012年12月02日 18:09撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いたー!
8
もう皆さん、下山中でした。
2012年12月02日 18:09撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう皆さん、下山中でした。
2
無事、下山完了。
2012年12月02日 18:09撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、下山完了。
2

感想/記録

国土地理院の地図の破線。なぜか魅かれます(笑)
すでに何回かひどい目にあってるのに、つい行ってしまう。

伊吹山南東尾根。ドライブウェイの通ってる尾根ですが、
ドライブウェイの横に破線があります。
前から気になって、いろいろ調べましたが、ネット上には、
ほとんど情報が無く、やっとあったのが、
三角点を歩いて見つけている方のHPでしたが、
尾根を通しで登った記録は見つけることができませんでした。
情報が無いので、カシミールでルート図を作ったり標高グラフ作ったり、
国土地理院の航空写真見たりして計画しました。
本当は先週、ドライブウェイを車で走り、各所で下見をしたかったのですが、
三連休が三連休日出勤になっため出来ず、ぶっつけ本番になってしまいました。

予想タイムは5時間30分と見ていましたが、
あまりに藪かした所が多く、途中、林道に逃げてたにもかかわらず、
予想タイムを1時間30分もオーバーしてしまいました。
また、標高差は上野口登山道とそう変わらないが距離は2倍。
単純に平均斜度は半分のはづですが、なんか、きつい登りが沢山あり、
これも計算違いでした。
「また行くか?」と聞かれれば「いかない」と答えます(笑)
ただ、雪があったのもありますが、第2駐車場からの登りは、
大変でしたが、かなり楽しかったし景色も最高でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2976人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/2/7
投稿数: 260
2012/12/2 21:09
 すばらしい
僕もこの点線登山道は気になっていました。
行くなら雪がある時期と考えていましたが,
途中一泊が必要そうなのでなかなか踏み出せないでいました。
途中林道を使われたようですが,それでも全ルートを歩かれたのは素晴らしいです。

南東尾根だけは歩いていますが,それだけでもうんざりでした。
最後の鳥居の所にぽっかり出たときに,本当に脱力したのをよく覚えています。
ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2012/12/2 21:59
 すばらしい!
yama-yoshiさん、こんばんは。

かつて、ドライブウェイは第二駐車場(正式には上平寺越駐車場)まで開通した時に、一年だけここまでの区間を暫定営業したことがあったようです。
ウソか真か、うちの母親、その時にそこから歩いたとか言うので、南東尾根は興味があります。
ただし、上平寺越駐車場から上について。

南東尾根の上平寺越駐車場の少し上からの取り付きと、遊歩道に出るところのお墓(お墓と言うか御嶽教関係の遥拝所か霊場:白龍さん又は八頭)、その下の祠(徳心霊神:これも御嶽教関係か)までは知っていますが、あとは、藪っぽくて面倒 なので歩いてません。
播隆上人修業跡も立ち寄ってみたいのですが、ドライブウェイからが近くて楽かなーと。
私の場合、同じ事しようとするなら体力的に一泊かも。

南東尾根の祠の少し上から、右に古道なのかトラバース道があり、白龍さんより下の東遊歩道に出るのを先週知りました。

紅葉のときは良いかもしれませんね。
でも、麓から通しで行くかと言われると、「行かない」と答えます(笑)

13時まで山頂に居ました

追伸:オブジェは私ではありません
登録日: 2011/12/30
投稿数: 14
2012/12/2 22:13
 abeyさん こんばんは
初めまして。
ありがとうございます。でも、私、藪に完敗しましたので
歩いていて思ったのは、藪に関しては、
雪の締まった残雪期が一番いいかな?と思いました。
ただ、ドライブウェイ側に切れ落ちた所が沢山あり、
斜度もきつい所も沢山在るので滑落の危険はありますが。
第2駐車場からの南東尾根の登り、見た目よりキツイですよね。
登録日: 2011/12/30
投稿数: 14
2012/12/2 22:52
 todokitiさん こんばんは
ずっと、この南東尾根登山道の存在を少し不思議に思っていました。
そのような歴史があったのですね。

お墓じゃなくて、霊場なんですね。
ずっと、お墓だと思っていました
今日、初めて、じっくり見て、
「墓にしては変な墓だなぁ」と思ってました
日本武尊の像といい、御嶽教と伊吹山は何か関係あるんですかねぇ。

播隆上人修業跡は多分ですがドライブウェイ側から行くのは、
困難じゃないかなと現地で思いました。
「この石、どっから持ってきたんだ?」と思ったとき、
近くに、自分が逃げた林道があるので、
「林道からもってきたんだろうなぁ」と思いました。
レコ写真にも写ってますが、林道入口の近くに、
駐車スペースがあるので、そこから歩いた方が、
距離はありますが確実かと思います。
何かトラブルがあったときドライブウェイにエスケープ
するつもりでしたが、尾根からは、とても降りるのが、
危険なほどの急斜面でエスケープ不可能と思いましたので
全てを見て知っているわけではないので、一応ご参考までに

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ