また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2575899 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年09月19日(土) [日帰り]
メンバー
天候雨→曇→晴れ

中盤まで雨。山頂近くまでは曇。その後は晴れ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅から車で片道約3.5時間。
2時半前には駐車場。車はまばら。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間25分
休憩
1時間0分
合計
13時間25分
S尾白川渓谷駐車場05:1405:19竹宇駒ヶ岳神社05:1906:45笹の平分岐06:4507:53刃渡り07:5408:08刀利天狗08:0808:58五合目小屋跡08:5809:05屏風小屋跡09:1009:54七丈小屋09:5810:56八合目御来迎場10:5712:13駒ヶ岳神社本宮12:1412:27甲斐駒ヶ岳13:0213:05駒ヶ岳神社本宮13:0613:39八合目御来迎場13:4014:17七丈小屋14:1714:59屏風小屋跡14:5915:03五合目小屋跡15:0915:53刀利天狗15:5316:10刃渡り16:1617:13笹の平分岐17:1518:36竹宇駒ヶ岳神社18:3618:43尾白川渓谷駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備されており問題無し。

写真

さぁ出発です。雨が降っていたので様子見してたので、出発は予定より1時間遅れとなる5時でした。
2020年09月19日 05:12撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ出発です。雨が降っていたので様子見してたので、出発は予定より1時間遅れとなる5時でした。
1
吊橋。標高は770m。ここから駒ヶ岳2,967まで日帰りピストンで行ってきます。
2020年09月19日 05:23撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊橋。標高は770m。ここから駒ヶ岳2,967まで日帰りピストンで行ってきます。
1
樹林帯ではカエルをよく見かけました。雨で嬉しかったのでしょうか。しかしガサッって音と共に急に現れるとビックリしちゃうんですよね。。
2020年09月19日 06:32撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯ではカエルをよく見かけました。雨で嬉しかったのでしょうか。しかしガサッって音と共に急に現れるとビックリしちゃうんですよね。。
1
樹林帯。神秘的な感じがします。写真は撮れませんでしたが鹿の親子に遭遇しました。
2020年09月19日 07:55撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯。神秘的な感じがします。写真は撮れませんでしたが鹿の親子に遭遇しました。
1
刃渡りの岩場。鎖があるので注意して行けば特に不安無しでした。
2020年09月19日 07:59撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡りの岩場。鎖があるので注意して行けば特に不安無しでした。
1
梯子には要所にロープや鎖も設置されてるので安心して登れます。ちなみに下山時は足が笑っちゃってて不安定になり怖かったです。
2020年09月19日 08:11撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子には要所にロープや鎖も設置されてるので安心して登れます。ちなみに下山時は足が笑っちゃってて不安定になり怖かったです。
1
刀利天狗。厳かな気持ちになりますね。
2020年09月19日 08:17撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刀利天狗。厳かな気持ちになりますね。
1
まだまだ樹林帯。雨のせいもあってか空気は冷えてて気持ちいい。もう秋の空気なんですね。
2020年09月19日 08:35撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ樹林帯。雨のせいもあってか空気は冷えてて気持ちいい。もう秋の空気なんですね。
1
橋。見た目以上にしっかりした作りで、ロープも貼られてるので不安な感じはしないです。
2020年09月19日 09:29撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋。見た目以上にしっかりした作りで、ロープも貼られてるので不安な感じはしないです。
2
七丈小屋の水場で水を補給。100円でした。ここの水は素晴らしく美味しいと思います。水筒には自宅の水道水を入れて行ったのですが全く比較にならないです。当然ですが。
2020年09月19日 09:57撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋の水場で水を補給。100円でした。ここの水は素晴らしく美味しいと思います。水筒には自宅の水道水を入れて行ったのですが全く比較にならないです。当然ですが。
2
八合目の辺りからはガスが晴れてきてピークも見えてきました。この頃にはバテバテでしたがテンションが上がってきました。
2020年09月19日 10:56撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目の辺りからはガスが晴れてきてピークも見えてきました。この頃にはバテバテでしたがテンションが上がってきました。
2
鳳凰三山。オベリスクも確認できました。
2020年09月19日 11:20撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山。オベリスクも確認できました。
3
絶景。これが見たかったんです。
2020年09月19日 11:33撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景。これが見たかったんです。
2
駒ヶ岳山頂に到着。時間が遅めだったのか人の姿は少なく静かです。景観は素晴らしいのひとことに尽きます。この絶景を見るために来たようなものです。中盤まではずっと雨だったので心配でしたが素晴らしい絶景に会えてよかったです。でも長くハードな道のりでした。
2020年09月19日 12:24撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂に到着。時間が遅めだったのか人の姿は少なく静かです。景観は素晴らしいのひとことに尽きます。この絶景を見るために来たようなものです。中盤まではずっと雨だったので心配でしたが素晴らしい絶景に会えてよかったです。でも長くハードな道のりでした。
7
北岳、鳳凰三山
2020年09月19日 12:24撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳、鳳凰三山
4
仙丈ヶ岳。この山も美しいですね。
2020年09月19日 12:24撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳。この山も美しいですね。
4
鋸岳(鋸山から誤記訂正)。実力無い者が行ってはならぬ、といった趣旨の警告看板がありました。当然僕の実力では無理です。
2020年09月19日 12:26撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳(鋸山から誤記訂正)。実力無い者が行ってはならぬ、といった趣旨の警告看板がありました。当然僕の実力では無理です。
2
恒例の山頂での塩ラーメン。仙丈ヶ岳や北岳を眺めながら堪能しました。
この後、冷静に時計を見てみて失敗したと思いました。片付けしたら13時。それから下山したら暗い時間になってしまうと。
最後はヘッドライトとネックライトを装着して真っ暗な道を降りてきました。朝の出発を遅らせたことなどの影響など考慮しておらず大失敗。
2020年09月19日 12:48撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恒例の山頂での塩ラーメン。仙丈ヶ岳や北岳を眺めながら堪能しました。
この後、冷静に時計を見てみて失敗したと思いました。片付けしたら13時。それから下山したら暗い時間になってしまうと。
最後はヘッドライトとネックライトを装着して真っ暗な道を降りてきました。朝の出発を遅らせたことなどの影響など考慮しておらず大失敗。
5

感想/記録
by k-toru

甲斐駒ヶ岳に行きたくて昨年地図を買って温めてました。本当は北沢峠から甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳を目指したいと考えてましたがコロナ影響もあり断念。今回、日本三大急登である黒戸尾根からのアプローチを試みました。
体力的には、毎日5ー10kmのジョギングしてたので大丈夫と思ったのですが、想像以上で後半はバテバテでした。寝不足もあったかも知れません。
大きな反省事項は、コースタイムの読みと下山開始時刻を見誤ってしまったこと。幸い事故はありませんでしたが、リスク増加させてしまったのは大きな反省です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:225人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ