また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2592247 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

秋晴れの赤岳・横岳・硫黄岳(美濃戸〜行者小屋〜赤岳鉱泉周回)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月22日(火) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
千葉自宅2:30→湾岸習志野IC→東関道,首都高,中央道→小淵沢IC→5:15赤岳山荘(美濃戸)
※八ヶ岳山荘(美濃戸口)〜赤岳山荘(美濃戸)間の林道:デコボコしているが10km以下で凹凸を見極めながら走行すれば、普通車x前輪駆動でも擦ったり空転すること無く走行可能(私のクルマ:最低地上高13cm)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間46分
休憩
1時間53分
合計
9時間39分
Sやまのこ村05:3005:36美濃戸山荘05:3706:37中ノ行者小屋跡07:26行者小屋07:3807:45阿弥陀岳分岐08:35文三郎尾根分岐08:4008:47キレット分岐08:4808:58竜頭峰分岐09:02赤岳09:2809:30赤岳頂上山荘09:3509:52赤岳天望荘09:56地蔵の頭09:5710:11二十三夜峰10:1710:22日ノ岳10:2410:28鉾岳10:2910:36石尊峰10:43三叉峰10:4410:52横岳(無名峰)10:57横岳11:1311:22台座ノ頭11:37硫黄岳山荘11:3812:00硫黄岳12:2212:40赤岩の頭12:4113:24ジョウゴ沢13:28大同心沢(大同心ルンゼ)分岐13:32赤岳鉱泉13:4414:30堰堤広場15:04美濃戸15:08赤岳山荘15:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・美濃戸〜行者小屋:歩きやすく景色も良い
・行者小屋〜文三郎道〜赤岳:稜線まではほぼ階段で一気に高度が稼げるのでラク。稜線からは鎖を使った岩登り
・赤岳〜横岳:赤岳天望荘までは急なザレ場下りだが、その後は岩稜歩きとなり楽しい
・横岳〜硫黄岳〜赤岳ノ頭:砂地やザレ場となり、ホッと一息
・赤岳ノ頭〜赤岳鉱泉:樹林内の急な下り
・赤岳鉱泉〜美濃戸:南沢と同じような道だが、林道歩きが辛い

写真

下山後に撮影した赤岳山荘までの林道。擦る事も覚悟していたが、往路も復路も擦ることはなかった
2020年09月22日 15:39撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後に撮影した赤岳山荘までの林道。擦る事も覚悟していたが、往路も復路も擦ることはなかった
但し、数カ所、大きめの凹部あり。10km/h以下で慎重に行けば問題無し
2020年09月22日 15:42撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
但し、数カ所、大きめの凹部あり。10km/h以下で慎重に行けば問題無し
駐車場到着時の気温は8.5℃。長袖+ゴアの雨具を着て出発
2020年09月22日 05:19撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場到着時の気温は8.5℃。長袖+ゴアの雨具を着て出発
赤岳山荘横の駐車場。全体的には7割程度が埋まっている感じかな?料金を集金している方に1000円/泊支払う
2020年09月22日 05:31撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘横の駐車場。全体的には7割程度が埋まっている感じかな?料金を集金している方に1000円/泊支払う
赤岳山荘の上にある美濃戸山荘。この脇にも駐車場があるが宿泊者専用みたい
2020年09月22日 05:37撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘の上にある美濃戸山荘。この脇にも駐車場があるが宿泊者専用みたい
人生初の八ヶ岳にワクワクして出発
2020年09月22日 05:38撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人生初の八ヶ岳にワクワクして出発
1
南沢を渡る橋はいずれも新しかった
2020年09月22日 05:46撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢を渡る橋はいずれも新しかった
南沢が涸れ沢になると正面に稜線が見える
2020年09月22日 07:04撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢が涸れ沢になると正面に稜線が見える
あれが大同心か?
2020年09月22日 07:05撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが大同心か?
あれが赤岳か?
2020年09月22日 07:22撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが赤岳か?
行者小屋から文三郎道で赤岳へ。階段に付いたマムートのバッジとマムート製登山靴が奇跡のコラボ
2020年09月22日 07:54撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋から文三郎道で赤岳へ。階段に付いたマムートのバッジとマムート製登山靴が奇跡のコラボ
2
文三郎道は前半もそれなりの急登
2020年09月22日 07:59撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎道は前半もそれなりの急登
傾斜が急になると階段が登場。足元を気にせずに上がれるのでラク
2020年09月22日 08:01撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜が急になると階段が登場。足元を気にせずに上がれるのでラク
とは言え、息を整えながら登る
2020年09月22日 08:03撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とは言え、息を整えながら登る
振り返ると北アルプス。右手のピークは峰の松目と言うらしい。その右手奥は蓼科山だな
2020年09月22日 08:10撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると北アルプス。右手のピークは峰の松目と言うらしい。その右手奥は蓼科山だな
北アルプス・槍穂を拡大。北アルプスも良い天気だろうなー
2020年09月22日 08:11撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス・槍穂を拡大。北アルプスも良い天気だろうなー
右:阿弥陀山、左:中岳。当初、阿弥陀山から縦走しようかと考えたけど、こちらも頂上直下は急そう
2020年09月22日 08:11撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右:阿弥陀山、左:中岳。当初、阿弥陀山から縦走しようかと考えたけど、こちらも頂上直下は急そう
これから登る横岳、硫黄岳方面。今日登って正解の写真
2020年09月22日 08:24撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る横岳、硫黄岳方面。今日登って正解の写真
稜線まであと少し
2020年09月22日 08:28撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線まであと少し
稜線着。阿弥陀岳も圧倒的な存在感
2020年09月22日 08:35撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線着。阿弥陀岳も圧倒的な存在感
1
赤岳の南側に回り込むと山頂へのビクトリーロードの入口。
あいにくガスが出てきた
2020年09月22日 08:45撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳の南側に回り込むと山頂へのビクトリーロードの入口。
あいにくガスが出てきた
1
ロープウェイのような鎖場
2020年09月22日 08:47撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイのような鎖場
1
赤岳山頂に到着するとガスが消え、富士山がどーん
2020年09月22日 09:10撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂に到着するとガスが消え、富士山がどーん
5
赤岳山頂から奥秩父方面。金峰山の五丈岩も見える
2020年09月22日 09:11撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂から奥秩父方面。金峰山の五丈岩も見える
1
赤岳山頂から南アルプス
2020年09月22日 09:17撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂から南アルプス
5
赤岳山頂から横岳、硫黄岳、蓼科山
2020年09月22日 09:20撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂から横岳、硫黄岳、蓼科山
1
赤岳山頂から北アルプス、雲の上に乗鞍岳、御嶽山
2020年09月22日 09:20撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂から北アルプス、雲の上に乗鞍岳、御嶽山
1
赤岳山頂から御嶽山と木曽駒ヶ岳
2020年09月22日 09:26撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂から御嶽山と木曽駒ヶ岳
1
休業中の赤岳頂上山荘から赤岳天望荘、横岳
2020年09月22日 09:31撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休業中の赤岳頂上山荘から赤岳天望荘、横岳
3
営業中の赤岳天望荘から赤岳を振り返る。スラブぽい下りは少し辛かった
2020年09月22日 09:53撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
営業中の赤岳天望荘から赤岳を振り返る。スラブぽい下りは少し辛かった
2
赤岳天望荘から横岳方面。まずは地蔵ノ頭へ
2020年09月22日 10:06撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳天望荘から横岳方面。まずは地蔵ノ頭へ
地蔵ノ頭への登りではカニの横ばいみたいな夏道も
2020年09月22日 10:19撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵ノ頭への登りではカニの横ばいみたいな夏道も
いくつかの小ピークを越えて横岳山頂着
2020年09月22日 10:57撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつかの小ピークを越えて横岳山頂着
2
横岳山頂から左:小同心、右:大同心。どちらも登攀者が見えた
2020年09月22日 11:03撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳山頂から左:小同心、右:大同心。どちらも登攀者が見えた
1
横岳からの下りで山頂を振り返る。鎖だらけの夏道
2020年09月22日 11:14撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳からの下りで山頂を振り返る。鎖だらけの夏道
硫黄岳との間にある台座ノ頭は頂上を通る夏道を使わず、西側の巻道を下る
2020年09月22日 11:19撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳との間にある台座ノ頭は頂上を通る夏道を使わず、西側の巻道を下る
振り返ると、左:横岳山頂〜小同心の稜線、そして大同心を真横から望めた。それにしても火山らしい特徴的な形
2020年09月22日 11:25撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、左:横岳山頂〜小同心の稜線、そして大同心を真横から望めた。それにしても火山らしい特徴的な形
最後のピーク、硫黄岳に到着
2020年09月22日 11:58撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のピーク、硫黄岳に到着
1
ロープでギリギリまで近づけられないが爆裂火口壁も少し望めた
2020年09月22日 11:59撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープでギリギリまで近づけられないが爆裂火口壁も少し望めた
硫黄岳山頂から阿弥陀岳、赤岳、横岳。ここまで来れば一安心
2020年09月22日 12:00撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂から阿弥陀岳、赤岳、横岳。ここまで来れば一安心
硫黄岳山頂から横岳〜硫黄岳間の伸びやかな稜線
2020年09月22日 12:20撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂から横岳〜硫黄岳間の伸びやかな稜線
硫黄岳山頂から北八方面。赤茶けた山は天狗岳かな?
2020年09月22日 12:23撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂から北八方面。赤茶けた山は天狗岳かな?
1
硫黄岳山頂を振り返る。広い山頂で多くの人が休憩していた
2020年09月22日 12:24撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂を振り返る。広い山頂で多くの人が休憩していた
赤岩ノ頭は火山活動の名残か?白砂が露出していた
2020年09月22日 12:34撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩ノ頭は火山活動の名残か?白砂が露出していた
1
赤岩ノ頭から硫黄岳山荘〜硫黄岳の稜線。等間隔にケルンが並んでいるのが分かる
2020年09月22日 12:39撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩ノ頭から硫黄岳山荘〜硫黄岳の稜線。等間隔にケルンが並んでいるのが分かる
1
赤岳鉱泉に到着。背後に横岳を背負っているので「横岳鉱泉」がしっくり来るけど…
2020年09月22日 13:43撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉に到着。背後に横岳を背負っているので「横岳鉱泉」がしっくり来るけど…
北沢上流部は鉄分が高いのか?赤茶けていた
2020年09月22日 13:52撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢上流部は鉄分が高いのか?赤茶けていた
赤岳天望荘から地蔵の頭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳天望荘から地蔵の頭
1

感想/記録

前日の天気予報で人生初の八ヶ岳登山を決定。コンパクトながらアルペン的要素が凝縮されており、日帰りでも十分に楽しめた。
次回はゆっくり山小屋泊まりで北八ヶ岳に行きたい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:291人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ